20代で仕事が見つからない…焦りや不安を和らげる目標の探し方3つ

「20代だけど全然自分に合いそうな良い会社が見つからない…」

仕事を通して何をやりたいのかを面接で聞かれるけど、目標が見つからない…

転職活動をはじめたものの、仕事が見つからないとどうしても焦りや不安に駆られてしまいます。

しかし、仕事を通して何をやりたいのか分からない悩みに苦しむ必要はありません。

キャリアを積む中で、段々と自分がやりたいことが見つけられるように、働く目標を今から探していけばいいのです。

この記事では、20代で仕事が見つかっていない人に向けて、仕事が見つからない3つの理由と失敗しないための目標の探し方3つをご紹介します。

働く目標の探し方3つ

  1. どんな仕事にやりがいを見出すか条件を整理する
  2. 退職後のブランクをキャリアアップに繋げる
  3. 希望する条件に優先順位を付けて視野を広げる

目標を整理することで、自分に合った仕事に出会う可能性が高まります。しかし、1人では情報収取や段取りの不十分が生まれ、失敗に繋がってしまいます。

1人で取り組むことが不安な方には、20代の転職サポート実績のあるエージェントに一度相談して、一緒に転職活動に向き合っていきましょう。

\20代で転職したい方向け/

マイナビジョブ20's
  • 当サイト申込件数NO.1
  • 24歳~29歳対象のサービスなので、20代の労働環境や働き方に詳しい
  • 大都市(一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方)で働いている方におすすめ
詳細
パソナキャリア
  • 個人の状況や環境等に合わせた丁寧なサポートに定評あり。2019年オリコン顧客満足度調査第1位
  • IT・インターネット・メーカー・医療・営業が得意
  • 各業界・職種別のチーム体制なので、アドバイザーの専門性が高く他社と比較した助言がもらえる
詳細
ハタラクティブ
  • 未経験・既卒・フリーター歓迎
  • 関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にお住まいの方におすすめ
  • 今の業界や職種に疑問を持ち、今後のキャリアに自信がない方でもOK
詳細

20代で仕事が見つからない人が焦りや不安に陥る3つの理由

自分に合う会社ってどんな会社なのかいまだによくわかっていない…

このように悩んでいる方は少なくありません。

まずは20代で、なぜか希望の仕事が見つからない人にありがちな3つの理由をご紹介します。

以下の3つの理由にうち、もし自分に当てはまるものがあれば、今後の仕事の見つけ方を見つめ直しましょう。

(1)希望する業界・職種の条件に一貫性がない

希望する業界や職種をさまざまエントリーするのは良いことですが、条件に一貫性がなければ失敗してしまいます。

仕事を選ぶ条件の一貫性は、企業との信頼関係を築く上でとても重要な要素です。

  • 多くの人と関わりをもてる仕事がしたいけど、技術職を希望する
  • 専門性を身に付けたいけど、飽き性である
  • 色々挑戦できる環境がいいが、福利厚生が充実した会社がいい
  • 営業職を希望するが、残業はしたくない

このような相反する条件をまとめていくとわかりやすいのですが、仕事を通して何がしたいのかいまいち伝わりません。

一貫性のある条件を整理してから業界・職種を絞りましょう。

また、自分の強みや活かせるスキルをあらためて見直し、職種や業界の視野をを広げることをおすすめします。

(2)その会社を志望する理由が明確になっていない

気になる会社に対して明確な志望動機を持たなければ、採用面接を受けても良い結果に結びつきません。

志望する企業に関しては、「どうしてこの業界・職種が良いのか?」「なぜ、この会社でないとダメなのか?」「会社のどこに魅力を感じるのか」具体的に落とし込みましょう。

そのため、まずその会社がどんな会社なのかをしっかり理解していきましょう。

  • この会社はどんな人物を求めて、今後どんな活躍を期待しているのか?
  • 社内で活躍している人はどんな人で、なぜ高い評価を得ているのか?
  • 中途で入った社員が活躍している事例があるか?

この3点をしっかり聞いたうえで、自分が今後この業界・会社で活躍できそうか考えましょう。

また、情報収集をしっかりしておくため、企業説明会以外にOB訪問を行ったり店舗や営業所の見学に出掛けたりする明確な志望動機をアピールしましょう。

(3)キャリアにおいて退職後のブランクが長い

退職後からブランクが3ヶ月以上と長くなると、キャリアを考える際に必要な転職市場の動向や就職情報をキャッチするアンテナは鈍くなります。

中には、求人を見ていてもピンとくるものがほとんどなく、自分は何がやりたいかすら分からなくなる人も見られるようです。

そのため、転職エージェントになるべく早い段階から相談し、計画的に転職に向けて準備をしていく必要があります。

あまりにも退職後のブランクが長いと、エージェントからのフォローも難しく、企業から「本気で働く気はあるのか」と不信がられてしまいます。

転職は事前から準備を行い、自己分析や業界研究を行って、関心が持てる仕事や業界を明確にするところからスタートしましょう。

自分が活躍できた環境や大切にしていた価値観を振り返ることで、自分に必要な条件を再認識が大切です。

ハタラクティブ

  • 求人数1,500
  • 添削
  • サポート
  • 第二新卒向け正社員・転職支援プログラム
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉限定サービス
  • 求人は全てコンサルタントが実際に足を運んだことのある職場

では、このような状況を抜け出すにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。

これから、仕事探しを成功させるために欠かせない目標の探し方についてご紹介します。

20代で仕事が見つからない人がやるべき働く目標の探し方3つ

「今後のビジョンが掴めず、やりたい仕事が何なのかよくわからない…」

就活を行う際、何から向き合えば自分に合った仕事を見つけやすくなるのかわからず「その仕事を通じてやりたいことって何だろう」と悩む人は少なくありません。

しかし実は、やりたいことが現状でわからなくても問題ないのです。

これからキャリアを積む中で、ビジョンが段々と形成し、やりたいことを見つけていけばいいのです

やりたいことがない中でどうやって仕事を見つければいいのでしょうか?

働く目標さえ見出すことが出来れば、自分に合った会社を見つけることが出来るのです。

そして、就活のアプローチ方法を変わり、えることで滞った状況から将来への希望につながります。

これから、自分に合う仕事が探しやすくなる働く目標の探し方3つをご紹介します。

(1)どんな仕事に魅力を見出すのか条件を整理する

職種や業界が曖昧なまま就活をすると、企業とのミスマッチが生じます。

そのため、まずは仕事の何に魅力を感じるのか条件を書き出して整理してみましょう。

また、条件に関しては、具体的な項目5つを押さえて書きましょう。

項目
業界 IT・人材・不動産
職種 営業・技術・人事
スキル マネジメント経験が積める・システム開発部に携われる
環境 語学活かせる・ベンチャーマインド・未経験の挑戦
その他 風通しが良い・チームワーク重視・裁量権が大きい

条件が書き出した終わったら、魅力に感じる条件同士を組み合わせていきましょう。

例えば、「ベンチャー企業でマネージメント経験を積む」「IT業界で未経験からでも大きな裁量権を担える環境」など整理できます。

(2)希望する条件に優先順位をつけて視野を広げる

希望する条件で自分がどのような何に重きを置きたいか優先順位をつけて仕事の視野を広げていきましょう。

以下は仕事を行う上での価値観を例として挙げています。

  • マルチに様々な分野を経験したい⇔専門的分野を極めていきたい
  • 若手のうちから裁量権を持てる環境⇔ワークライフバランスが保てる環境
  • チームワークで組織に貢献できる力⇔自己スキルを向上できる力

また、なぜその価値観の順位が高いのかの理由も考えましょう。

考えに一貫性を持たせるためには、幼い頃から現在に到るまでの人生をあらためて振り返る必要があります。

「自分がどのような人生を歩んでこの条件の価値観を重要視するようになったのか」を相手に伝えることは大切です。

そのため、自己分析を行って今の自分が重要視する条件とその背景にある価値観を照らし合わせていきましょう。

こうすることで、仕事における目標が明確化され働く将来のビジョンが見い出せるようになります。

(3)自己分析で自分の価値観を再認識する

自己分析で自分の価値観を再認識することで、将来のビジョンに対する自身での納得感や企業への説得力が深まります。

まずは、自己分析を行う目的を定めてた上で人生の振り返りを行いましょう。

以下は別記事の自己分析を行うより抜粋いたしました。

  • 自分のアピールポイントを明確にする
  • 将来の目標を明確にする
  • 社会人でどう活かすか考える

自己分析ではこの目的3つを軸に過去から現在を振りを行うことで、自分が重要視する価値観を再認識しましょう。

もしも「会社のためだから」と仕事の社会的な価値観に合わせてしまうと、働く目標を見失ってしまいます

そのため、自身の価値観ときちんと向き合ってから働く目標を見定め、自分に合う仕事が探しやすくしましょう。

仕事の社会的な価値観と自分の主観的な価値観が同じ方向性かどうか判断することで、ミスマッチを減らしましょう。

しかし自分1人で動くのは、情報収集や就活への取り組み方が不十分になる恐れがあり、とても難しいです。

次では、転職活動がしやすくなるおすすめの転職サイト・エージェントについてご紹介します。

仕事が見つからない人へのおすすめ。転職サイト・エージェント

仕事が見つからない状況から抜けだくて就活しているけど、求人探しや業界・職種の絞り込みなどがなかなか上手くいかずに失敗してしまうケースがあります。

もし職活動で悩んだら、転職サイト・エージェントを活用してみましょう。

ここでは、20代の就活に役立つ活用法や若手のサポートに強いおすすめ転職サイト・エージェントについてまとめました。

転職サイト・エージェントのメリット

20代の就活で転職サイト・エージェントを活用するメリットは、3つあります。

  • 求人の選択肢が増える
  • 自分の市場価値が分かる
  • 自分に合う仕事が見つかる

それでは1つずつ詳しく説明していきます。

求人の選択肢が増える

転職サイト・エージェントでは、求人情報が沢山集まります

転職を自分だけの力で探していたときには見つからなかった希望職種に応募できるチャンスがあり、夢を諦めたくない人にぴったりです。

自分の市場価値が分かる

新卒・既卒・第二新卒など、区分に応じた市場価値をもとに、現実的な視点から活動できます。

今の段階では希望の年収に届かないことが分かっても、がっかりすることはありません。

前向きな努力を続けていけば、3年後や5年後にはより良い待遇の会社に再度転職できます。

自分に合う仕事が見つかる

転職サイト・エージェントでは、自己分析やキャリアプランの作成といった求人探しのサポートが行われます。

また、なりたい業種や職種がはっきりしない段階から相談することにより、自分の目指す将来がはっきりと見えてきて、不安なく就活できるようになる人は多いものです。

メリットが多い転職サイト・エージェントを利用したいと考えたとき、どうすれば良いのでしょうか。 大まかな利用の流れを、かいつまんで見ておきます。

転職サイト・エージェントの利用法

転職サイトとエージェントは活用法を分けてから、就活の取り組みに活かしていきましょう。

活用法
転職サイト 様々な各業界・職種の求人情報を自分のペースで確認
転職エージェント 面談やカウンセリングを通して自分に合う仕事を整理
企業への提出書類を添削・面接の対策

転職サイトを利用するには登録が必要です。 サイトの募集フォーム登録し、様々な求人情報を獲得しましょう

転職エージェントに相談するには、初回面談やカウンセリングの予約してから仕事探しの相談をしていきましょう。

無料のビジネスマナー研修や就活講座の受講後に求人の紹介を行うなど、進め方は人によってさまざまな対応を行っています。

担当のエージェントに胸襟を開いて相談しながら、内定獲得を目指しましょう。

おすすめの転職サイト・エージェント

転職サイトでは常に求人情報をチェックしていきながら、エージェントでは客観的な履歴書や面接などを見直しましょう。

なかなか仕事が見つからない20代で情報収集をたくさん方にはリクナビNEXTに、就活の方法で相談したい方はマイナビジョブ20’sやハタラクティブがおすすめです。

転職サイト・エージェント 20代に特化 対象地域 適性診断
リクナビNEXT 全て あり
マイナビジョブ20’s 首都圏・関西圏・東海圏 あり
ハタラクティブ 関東圏 なし

リクナビNEXT

この転職サイトは実際に転職した人の8割が活用しており、どこに応募するかを自分のペースで情報収集をしたい方におすすめです。

また、適性診断で自分の強みを分析出来たり、企業から直接オファーが届いたりするため、転職の可能性が広がります。

リクナビNEXT

  • 求人数5000
  • 添削
  • サポート
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載

マイナビジョブ20’s

この転職エージェントは20代の第二新卒者や既卒者を対象にしたで、転職にかかわる悩みをカウンセリングでよく理解した上で希望に沿った転職先を提案してくれます。

また、マイナビジョブ20'sに登録すると、マイナビならではのノウハウで書類添削や面接対策などを行ってくれることがのも特長です。

マイナビジョブ20's

  • 求人数1500
  • 添削
  • サポート
  • 応募年齢は24~29歳!若年層に特化
  • アドバイザーは全員「転職経験あり
  • 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方の対象

ハタラクティブ

この転職エージェントでは20代の転職活動を行う方全般を対象にし、転職エージェントが一人につき一人が対応するため、安心して転職活動に専念できます。

メール又はチャットを用いて連絡を取るため、気軽に相談したい、日中は仕事で連絡できないという人にもおすすめです。

ハタラクティブ

  • 求人数1,500
  • 添削
  • サポート
  • 専門の就活アドバイザーがあなたを徹底サポート!
  • 正社員成功率80.4%
  • 支援実績約60,000人以上

この記事のまとめ

この記事では、20代で仕事が見つからない人に向け、自分に合う仕事が探しやすくなる働く目標の探し方3つをご紹介いたしました。

  1. どんな仕事にやりがいを見出すか条件を整理する
  2. 退職後のブランクをキャリアアップに繋げる
  3. 希望する条件に優先順位を付けて視野を広げる

自分に合った仕事探しは簡単にみつかるものではありません。

1人で取り組むことに不安を覚える人は、転職サイトやエージェントを活用し、転職サポートを受けることおすすめします。

ぜひ、自分の希望する人生に近づく一歩を踏み出してみましょう。

関連記事

20代がハローワークを活用すると後悔する|その理由を現役人事に聞…

20代…

【営業職から転職したい方へ】おすすめ職種と身についたスキル6つ

ノル…

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する4つの理由

新卒1年…

仕事決まらない20代|ストレス焦りから脱出できるたった1つのコツ

転職…

入社3年目の転職理由は?タイミングを迷う人におすすめしたい思考法

転職することは8割決心しているものの、はじめての転職活動はわからないことだらけですよね。 …