20代なのに仕事が見つからない!4つの原因とタイプ別対処法

全然良い会社見つからない…」 「まだ20代だしもっと簡単に見つかって内定決まると思ってたけど...

転職活動をはじめたものの、仕事が見つからず困っている方も多いと思います。 この記事では、自分ではどう手を尽くしてよいか息詰まっている方に向けて、4つの原因とタイプ別の対処法を説明します。

仕事が見つからない4つの原因

  1. 職種・業界を限定しすぎている
  2. 経歴上の空白期間が長い
  3. 志望動機が曖昧
  4. 企業が望んでいるスキルとマッチしない

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

なぜ20代なのに希望条件を満たす仕事や会社が見つからないのか?

まずは、20代という年齡にもかかわらず、なぜか希望の仕事が見つからない人にありがちな傾向をご紹介します。 以下4つのうち、もし自分に当てはまるものがあれば、仕事や会社が見つからないのは、それが原因かもしれません。

職種・業界を限定しすぎている

職種や業界を絞り込むほど、検討できる求人数は少なくなります。 自分自身の可能性を試すつもりで、目指す職種や業界を広げてみましょう。

経歴上の空白期間が長い

退職してから時間が経つほど、転職市場の動向や就職情報をキャッチするアンテナは鈍くなります。 求人を見ていても「ピン」とくるものがほとんどなく、自分は何がやりたいかすら分からなくなる人も見られるようです。

あらためて自己分析や業界研究を行って、関心が持てる仕事や業界を明確にするところからスタートしましょう。

志望動機が曖昧

明確な志望動機を持たずに採用面接を受けても、良い結果にはつながりません。 「どうしてこの業界・職種が良いのか?」「なぜ、この会社でないとダメなのか?」と、より具体的な志望動機に落とし込み、訴求力を高めます。

具体的な志望動機を作るため、OB訪問を行ったり店舗や営業所の見学に出掛けたりするのも一案です。

企業が望んでいるスキルとマッチしない

面接で不採用が続く人は、企業が望むスキルや人物像とのミスマッチが疑われます。 自分の強みや活かせるスキルをあらためて見直し、応募企業の絞り込みを進めましょう。

希望する仕事や会社が見つからないときにやるべきこと

就活のアプローチを変えるだけで状況が一気に変わるケースもあり、将来への希望が持てます。 タイプ別の対処法を理解して、就活に役立てましょう。

どんな仕事をしたいか具体的に考える

目指す職種や業界が曖昧なまま就活をしても、募集企業とのミスマッチが生じます。 幼い頃から現在に到るまでの人生をあらためて振り返り、将来のビジョンを見直してみましょう

ただし、目指す職種や業界を特定しすぎるのも危険です。

「社会に貢献できる仕事がしたい→高齢者のサポートに関心がある→介護業界(介護職員・介助員・介護事務)」など、連想ゲームのように考えます。

希望条件を引き下げる

経歴の空白期間が長かったり、実務経験が重視される仕事に未経験から挑戦したりする場合は、待遇が悪くなることもあります。

年収・残業の有無など複数あげている条件から妥協できるポイントを考え、選択肢を広げてください。

「自分の想定している条件が高いとは思えない」という人は、転職エージェントの活用を検討しましょう。 第二新卒や既卒者、フリーターの平均的な待遇から妥当なラインを教えてもらえて、想定している条件が高望みに当たるかを検証できます。

資格の勉強をしてみる

企業が望むスキルに達していないなら、資格取得を目指すのも手です。 ただし、資格取得と転職活動の優先順位は考えておかなければなりません。

希望している職種と関わりがある会社に入り、働きながら資格取得を目指す人もいます。 現実的な問題として、生活していく収入源は必要です。

一定の収入を得ながら理想のキャリアを実現する手段として、「資格取得できるまではこの会社で頑張る。合格したら、1社目の経験とスキルを武器に転職する」など、柔軟な発想が求められます。

仕事が見つからない人はプロのサポートを|転職エージェント活用

求人探しや業界・職種の絞り込みに迷ったら、転職エージェントを活用しましょう。

ここでは、20代の就活に役立つ活用法や若手のサポートに強いおすすめ転職エージェントについてまとめました。

転職エージェントのメリット

20代の就活で転職エージェントを活用するメリットは、3つあります。

転職エージェントを活用するメリット3つ

  1. 求人の選択肢が増える
  2. 自分の市場価値が分かる
  3. 自分に合う仕事が見つかる

それでは1つずつ詳しく説明していきます。

求人の選択肢が増える

転職エージェントのもとには、求人サイトには掲載されない情報も集まります。 自分だけで活動していたときには見つからなかった希望職種に応募できるチャンスがあり、夢を諦めたくない人にぴったりです。

自分の市場価値が分かる

新卒・既卒・第二新卒など、区分に応じた市場価値を教えてもらうと、現実的な視点から活動できます。 今の段階では希望の年収に届かないことが分かっても、がっかりすることはありません。

前向きな努力を続けていけば、3年後や5年後にはより良い待遇の会社に再度転職できます。

自分に合う仕事が見つかる

転職エージェントのサポートは、自己分析やキャリアプランの作成といった求人探しの前段階から行われます。

なりたい業種や職種がはっきりしない段階から相談することにより、自分の目指す将来がはっきりと見えてきて、不安なく就活できるようになる人は多いものです。

メリットが多い転職エージェントを利用したいと考えたとき、どうすれば良いのでしょうか。 大まかな利用の流れを、かいつまんで見ておきます。

転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントを利用するには、登録が必要です。 サイトの募集フォームから必要事項を送信、初回面談やカウンセリングの予約をしましょう。

初回の面談を終えた後の流れは、会社によって異なります。 無料のビジネスマナー研修や就活講座の受講後に求人の紹介を行うなど、進め方はさまざま。

担当のエージェントに胸襟を開いて相談しながら、内定獲得を目指しましょう。

仕事が見つからない人が相談できるエージェント

転職エージェントのなかには、20代では絶対数が少ないハイキャリア層の就職支援を主軸にしている会社もあります。 仕事がなかなか見つからない20代が相談するなら、JAICもしくはハタラクティブが良いでしょう。

JAIC

就活の準備から求人紹介、内定後のフォローまで、ていねいなサポートに定評があります。 入社させて終わりではなく、1年間のアフターフォローがつくところが特徴的です。

上司とのコミュニケーションや仕事の進め方など、不安なことが出てきたら、相談にのってもらえます。

ハタラクティブ

20代の若年層に特化した就活サポートを行っています。 常時1,000件以上の求人を抱えていることから自分に合う条件の紹介を受けやすく、やりたい仕事が見つからない人にぴったりです。

利用登録を行っておけば、転職エージェントへの相談や面接対策など手厚いサポートをすべて無料で利用できます。

まとめ

20代なのに仕事が見つからない人に考えられる原因と求人探しを行うコツを紹介しました。

仕事が見つからない原因

  • 仕事探しの方向性が間違っている
  • 希望条件が高すぎる
  • 企業の想定している人物像とのミスマッチ

これらの問題は転職エージェントを活用することによって解消でき、仕事探しを円滑に進める潤滑油となってくれます。 不安や焦りを感じている人は、プロのサポートを受けてみましょう。

この記事のまとめ

  1. 職種・業界を限定しすぎている
  2. 経歴上の空白期間が長い
  3. 志望動機が曖昧
  4. 企業が望んでいるスキルとマッチしない

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する3つの理由

今の仕…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

「あと半年で社会人も丸3年か~」 「そろそ…

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...