仕事が決まらない不安や焦りはどう解決する?採用されない人の共通点

就職活動の先が見えない」「どうして仕事が決まらないのかわからない」などの不安は、多くの就職希望者が持っているもの。

不安や焦りが募るばかりで、精神的にも肉体的にも消耗してしまっているのかもしれません。

そんな時は視野を広げて自分を俯瞰で眺めてみましょう。 現状を打破するためのヒントをまとめてみました。

採用されない人の共通点

  • 志望動機が明確でない
  • 基本的な礼儀ができていない
  • 暗い印象
  • 応募数が少ない
  • 条件を高望みしている

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

仕事が決まらない人の共通点

仕事が決まらないという人には共通する特徴があります。 以下にまとめました。

志望動機が明確でない

履歴書の書き方はインターネットで検索すればすぐにわかります。 志望動機ですら検索して探すことも簡単です。

しかし、自分の本当の気持ちは、インターネットで見つけるものではありません。

仕事を探す人の多くが、仕事を見つけることが目的になってしまい、なぜその仕事なのかという動機を見失ってしまいます。 自分の本当の志望動機を明確にしないと、相手の会社にも伝わってしまうでしょう。

時間を守ることや、言葉遣い等の基本的な礼儀ができていない

就職活動では社会人としてのマナーも問われます。 時間を守ることや、挨拶はその基本でしょう。

また面接では、立ち居振る舞いや言葉遣いまでチェックされます。 意外なことに学校などでも、基本的な社会人マナーは教えていないことがあります。

このような場合は転職エージェントなどの研修で社会人マナーを身につけてから、就職活動を始めることをおすすめします。

不安や焦りが表情に出ていて、暗い印象になっている

求職期間が長くなれば長くなるほど、就職や将来への不安や焦りが強まるものです。 そんな時に面接を受けると、切迫感が出てしまうでしょう。

その結果、面接でも暗い印象になってしまったり、力が入りすぎたりしてしまいます。

そもそも応募数が少ない

努力しているのに就職が決まらないという人の中には、応募している企業数が少ない可能性もあります。

10社程度応募すれば決まるはずと楽観視して応募したものの、どこにも決まらないというパターンです。 しかし、仕事が決まる人はそもそもエントリーの数が多いということも少なくありません。 就職活動をやったつもりになっていても、周囲はより多くの応募をしているかもしれないのです。

妥協できず、条件など高望みしすぎている

学歴や職歴に自信を持つ人の多くが陥りがちなのが、高望みして就職が決まらない状態です。 できれば大きな会社に勤めたい、高い年収が欲しいというのは誰しもが持つ望みです。

しかし、現実的に就職活動がスムーズに進んでいないということも受け止めなければいけません。 就職するためには、ある程度の妥協も必要です。

捨てられるこだわりは捨てて、まずは働けるところで働くという選択肢を見つけることも大切です。

仕事をみつけるためにやるべきこと

今まで仕事が見つからなかったという人は、仕事を見つけるためにどんなことをすればいいのでしょうか。 仕事を見つけるためにやるべきことを紹介します。

妥協点を考える

初めに、自分の仕事に対する条件を見直してください。

例えば以下のものです。

  • 勤務地
  • 年収
  • 福利厚生

このとき業務内容等はなく、勤務地や年収などの仕事には直結しないものをあげると良いでしょう。

近いところで働きたい、車通勤したい、など希望条件は挙げたらきりがありません。 条件を増やせば増やすだけ、該当する会社数は減ってしまいます。

まずは妥協できる条件はないかを見直してみましょう。

自分に向いている仕事を考える

自己分析は就職活動に欠かすことができません。 特にこだわりが強い人ほど、希望する職種に固執して就職活動が長引きがちです。

自分がしたい仕事だけでなく、自分に向いている仕事を考えてみましょう。 求人を出す会社は、その職種に向いている人材を求めます。

人当たりがいい、忍耐強いといった長所は仕事にも結び付きやすいでしょう。 今までの経験から自分がどのようなことに向いているかを見つめなおしましょう。

自分の興味や、やりたいことを10個列記する

就職活動に悩む人の中には、やりたいことがわからないという人も珍しくありません。 そんな時には、何でもいいのでやりたいことを10個紙に書き出してみましょう。

OA機器が好き、一人でする作業が好きといった曖昧なもので構いません。 全部をすらすらと書き出すことは難しいでしょう。

しかし、書き出すことで自分でも意識していなかった、自分の興味ややりたいことが浮かび上がってきます

自分の強みと弱みを3つずつ挙げる

自己分析では、自分の長所と短所の両方を見つめることが大切です。 自分でどのようなところが長所だと感じているか、逆にどのような点を短所だと感じるか挙げてみましょう。

ただし、短所は長所の裏返しであることも少なくありません。 臆病だという人は慎重で思慮深いと言い換えることができます。

ネガティブな言葉もポジティブに置き換えることができるでしょう。

勤務条件でどうしてもゆずれない条件を3つ挙げる

就職活動は、どうしても求人ありきで動きがちです。 新しい求人を見て応募するという形でも問題はありませんが、自分にとってどうしてもゆずれない条件は何かを考えることも大切です。

職種なのか、収入なのか、自分にとっての条件を考えてみましょう。

とにかく面接の数をこなす

就職活動の方向性が定まっていないという人は、とにかく面接を受け続けるという手段もあります。 志望動機や自己PRを繰り返す中で、面接官にとって好印象である時と、まったく良い感触にならない時があるはずです。

どのような職種で感触が良かったか、話し方などはどうすればいいのか、とにかく面接を受け続けることで見えてくることがあります。

就職・転職で悩んでいたら転職エージェントに相談するのがおすすめ

就職や転職の一番の敵は、孤独感かもしれません。 自分一人で戦い続けると精神的に疲弊するうえ、視野も狭くなります。 行き詰った時には第三者の手を借りてみましょう。

転職エージェントについて紹介します。

転職エージェントの活用法

転職エージェントは、求人する企業と求職者の間に立って仲介する役割を持っています。 求職者にとっては就職活動をサポートしたり、良い求人を紹介したりしてくれる存在になるでしょう。 転職エージェントは業界について精通した存在でもあるため、自分が希望する業界の動向や就職傾向を教えてくれることもあります。

利用の流れ

一般的な転職エージェントの利用の流れは、登録してから電話もしくは対面での面談のステップに進むというものです。 面談では希望するキャリアパスや勤務条件などのヒアリングがおこなわれます。

その結果をもとにして求人が紹介され、書類選考や面接に進むことになるでしょう。

転職時に相談できるエージェント

転職エージェントは数も多く、それぞれ得意分野があります。 今回は就職活動のサポートが充実した2社を紹介します。

ハタラクティブ

ハタラクティブの利用者の3人に2人はフリーター。 そのため未経験からの就職活動を数多く支援してきました。 また、学歴不問の求人も多く扱っているため、就職活動に向けて不安がある人も安心して利用できます。

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)は、社員の教育支援サービスや、大学との連携教育を事業として行っている転職エージェントです。 そのため履歴書の書き方や面接に不安があるという人のサポートも充実しています。

集団面接会などもあるため、自分が知らない優良企業との出会いも期待できるでしょう。

この記事のまとめ

就職活動はストレスや焦りとの戦いです。 どうしてうまくいかないのか自分で考えて続けるのは、過酷で精神的な負担にもなります。

就職活動の目先を変えるのであれば、転職エージェントの活用も視野に入れましょう。 自分の可能性を拡げるのは自分だけではありません。

第三者の視点を活用して、自分という人材を見つめなおしてみてください。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する3つの理由

今の仕…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

「あと半年で社会人も丸3年か~」 「そろそ…

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...