仕事が苦痛なのはなぜ?人間関係や職場に対するストレス対処法を紹介

仕事 苦痛

仕事が苦痛で辞めたい」と悩んでいる20代の男女は多いもの。

人によって苦痛を感じる原因はさまざまですが、多くは人間関係や職場に対するストレスです。

しかし中には漠然とした気持ちだけで、苦痛やストレスの原因が分からない人もいるでしょう。 どういったことが苦痛になり、ストレスになっているのか、またストレスの上手な対処法について解説します。

この記事のまとめ

職場において苦痛と感じる原因には次のようなことがあります。

  • 仲間や上司など周囲との人間関係
  • 仕事にやりがいを感じていない
  • 給与や休暇などの福利厚生に不満がある
  • 自分の仕事が正確に評価されていない

それらの原因を解消するには、苦痛やストレスの原因を把握し、改善することが大切です。

ストレスの解消にはさまざまな方法があります。 自分に合った方法でストレスを解消しなげれば、精神ばかりか体まで壊してしまいます

また、仕事がつらい時の対処法も知っておくといいでしょう。

\悩むなら「行動」しよう/

仕事が苦痛に感じる要因って何?

まずは、自分にとって現在の職場で何が苦痛なのかをきちんと把握しましょう。 仕事が苦痛に感じる原因として考えられることには、次のようなものがあります。

周囲の人間関係

職場の仲間と同じ行動をしないと仲間外れにされる、陰口が多い、生理的に合わない人がいる、上司と意見が合わない、など、仕事をしていくうえで支障が多い職場にいると、仕事に集中できないものです。

毎日ストレスを感じる人と一緒にいると、仕事するのもイヤになってしまうでしょう。

仕事内容

希望通りの仕事ができない、自分の実力が発揮できずやりがいを持って仕事ができないなど、入社してあらためて仕事内容に疑問を持つことも多いです。

仕事が楽しく、やりがいがないと、苦労や苦痛を乗り越える気力もわいてきません。

給与・ボーナス・残業手当

仕事がつらくても、給料が高ければ我慢できることもありますが、少ないと買いたいものも買えず、何のために仕事しているのか、分からなくなります。

ボーナスが少ないと、家族を持っている場合は経済的にも苦しくなってしまうでしょう。

労働時間

長く仕事をしていることで、経験やスキルも身につくものの、体力的につらい、趣味が持てない、友達と食事に行くこともできないなど、プライベートがなくなってしまうことで、つらくなってしまうこともあります。

福利厚生

有給休暇が自由に取れない、育児休暇制度がないので先行き不安、などといった悩みがあると、このままこの会社にいて大丈夫なのだろうか、と疑問を抱えてしまうでしょう。

社風が合わない

若い年齢だと意見を言いにくい、歓送迎会や忘年会などには必ず出席しなければならないなど、会社の雰囲気が合わないと働きにくいものです。 自分では変えることは難しいので、苦痛を感じながら仕事をしなければなりません。

評価が労働に見合っていない

どんなに一生懸命にやった仕事でも正しい評価がされないと、やる気を失ってしまいます。 また、コネや性別によって任される仕事が異なるなど、待遇に差があると仕事をするのが苦痛になってしまうでしょう。

とにかくやる気がでない

どのような仕事も面倒、出勤することさえ苦痛など、とにかくやる気がでないという状況が続くとストレスになります。

仕事が辛い時の対処法

仕事がつらいまま時間を過ごしていると健康にも悪い影響を及ぼします。 毎日の仕事を楽しく、やりがいを感じるための対処法について解説しましょう。

信頼できる人に相談する

自分一人で悩んでいても気分が落ち込んでいくだけです。誰かに悩みを打ち明けるだけでもスッキリするでしょう。 相談する相手は、口の堅い信頼できる相手を選ぶことが大切です。

自分に反省点がないか確認する

辛い気持ちが先立つと、会社など周りのせいにしがちです。 しかし、辛くなる原因を自分で作っていることもあります。

仕事に対する姿勢や周りとのコミュニケーションの取り方など、自分に反省点がないか、改善できる点がないかを確認してみるといいでしょう

待遇改善を打診してみる

待遇に不満がある場合、何も言わないと会社は何もしてくれない場合も多いです。 上司と話す機会を作り、できそうな待遇改善を提案してみるのも一つの方法です。

小さな改善でも、それができると分かれば次につながるでしょう。

部署異動を希望してみる

違った環境に身を置くことで、変化があるかもしれません。 転職となると気軽にはできませんが、部署異動であれば対応してくれる会社もあるでしょう。 仕事や人間関係をリセットしてみるのもおすすめです。

転職を本気で考える前に、まず退職するリスクを想像する

現在の職場を辞めることで、どのようなリスクがあるかを考えてみましょう。

転職したからといって、今よりも希望の仕事ができるか分からない、転職先を見つける期間のお給料はどうするか、また最初から人間関係を築かなければならないなど、考えられるリスクを確認してみることです。

リスクも踏まえ、転職をした方がいいか、今のまま様子をみた方がいいか、検討してみましょう。

自己啓発本を読んでみる

成功者の体験談や辛い時期にどう乗り越えたかなど、さまざまな経験談や考え方を知ることで、目の前が明るくなることもあります。 自己啓発本は、いい刺激となり、仕事に対しても前向きになれる可能性があります。

転職先として可能性がある会社の求人を検索してみる

アクションを起こすことで、気持ちが切り替わることがあります。

転職先を検索してみることで、転職が現実的になり、現在の生活を変える気になれば変えられることが分かり、気持ちも楽になるでしょう

仕事が苦痛なときは転職を検討するのもおすすめ

辛い気持ちを抱えたまま仕事をしていても、生産性も低く、何より体調を崩したり、精神を病んでしまったりしては元も子もありません。 どうしても我慢できない場合は、転職を検討するのもおすすめです。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは転職希望者の要望にマッチした会社を選んでくれます。 さらに面接や履歴書の書き方などについてアドバイスをくれるなど、採用に向けたサポートをしてくれるのです。

そのため、一人で就職活動をするよりも、効率的に自分の希望に合った企業に転職できるでしょう。

転職エージェントの利用の流れ

自分の希望に合った転職エージェントを見つけたら、登録を済ませた後、担当者と面談を行います。

転職エージェントは、面談でヒアリングした内容と登録内容に記入した希望職種や勤務地、年収などを確認し、それに合った求人を探し、紹介してくれます。

転職時に相談できるエージェント

転職を考えているなら、次のような転職エージェントがおすすめです。

JAIC(ジェイック)

ビジネスマナーから面接対策など、就職活動をサポートしてくれるので安心です。 紹介してくれる企業については、しっかり調査してくれるので信頼度も高く、就職後も定期的に相談に乗ってくれる点も心強いです。

ハタラクティブ

20代に特化した就職サポートをしてくれる転職エージェントです。 未経験の職種や、正社員で仕事をしたことがない人に対するサポートも充実しています。

この記事のまとめ

現在の仕事が苦痛と感じている人に向けて、仕事がつらくなる原因と、仕事が原因のストレス対処法について紹介しました。

  • 仕事がつらくなる原因
  • 仕事から生まれるストレス対処法
  • 転職エージェントの活用

仕事が苦痛に感じる原因は、職場環境や仕事内容などによるストレスが挙げられます。 ストレスを解消するにはまず、なぜつらいのかを自分で把握することが必要です。

その要因を認識することが、転職を成功させるためにも大切です。 現在のストレスを解消できる転職をするためにも、転職エージェントを活用してみるといいでしょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

転職決断できないなら転職NG|転職エージェント登録だけしておこう

目次転職決断できない理由はまだ懸念点があるから転職を決断できない状態で転職はするな|よくある失敗例転職が決断できない人は最低でもサイト・エージェント登録だけやっておこう 転職決断できない理由はまだ懸念 ...

仕事をしたくない心理とは? 今すぐにできる対策を紹介【20代向け】

希望を持って就職したはずでも、 「仕事したくない。

仕事疲れによるイライラやモヤモヤを解消!おすすめのリフレッシュ…

仕事で疲れたときのイライラ・モヤモヤ、何とかしたいですよね。 ストレスがたまり続け「

仕事で人生を変えたい!最適な転職方法や理想の会社の見つけ方

「転職で人生を変えるにはどうしたらよいのか」と悩んでいる人も多いので…

正社員で楽な仕事はある?希望条件にあう仕事や会社の探し方ガイド

「仕事はつらいけど、正社員だし我慢するしかない」そう考えたことはない…