女性銀行員の転職は厳しい?強みを活かした有利な転職方法

職場のお局様や先輩からのいじめがしんどい…

銀行のお金を1円でもなくしたら帰れないから、毎日ストレスがたまる…

このような悩みを抱え、転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

銀行員から転職したいけど、スキルをどの仕事に活かせるかわからない」とお困りの方も多いはず。

ここでは、銀行員の強みを生かして有利に転職する方法を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 銀行員の強みは、事務処理能力接客対応力
  • 一般職と総合職で求められるスキルが違う
  • 転職する軸でおすすめする職種・サービスが変わる

女性銀行員の転職は厳しい?

結論としては、女性銀行員からの転職は厳しくはありません。

ほかの職種と同じように、転職することができます。

ここからは、女性銀行員からの転職は厳しくないということを説明していきます。

銀行員は専門的なスキルを身に付く

銀行員は、専門的なスキルを身に付きます。

具体的には、以下があげられます。

  • 事務処理能力
  • 接客対応力

銀行員は、1円のミスも許されない事務処理能力と窓口でのお客様に対応する接客対応力が身につきます。

また、様々なお客様に対応するために宅地建物取引士などの資格取得にも力を入れているので専門知識も身につきます。

銀行員の専門的なスキルを活かして転職しよう

銀行で身につけた専門的なスキルは独自のものとはいえ、中にはほかの会社でも応用できるスキルが多いです。

そのため、それらの強みを生かして転職することができます。

ここからは、女性銀行員の強みについて紹介していきます。

女性銀行員の強み

それでは、一般職・総合職別に見ていきましょう。

銀行員である強みは、一般職の場合は事務処理能力顧客対応力、総合職の場合はこれらに加えてリーダーシップ豊富な知識量です。

一般職の場合

  • 迅速で正確な事務処理能力
  • ていねいな顧客対応力

一般職の場合、多くの方がテラーなど窓口業務を行います。

この窓口業務ではどの職種でも基本となる事務処理能力や顧客対応力が身に付きます。

また、多くのお客さんが来るので、ひとつひとつの業務を素早くこなす必要もありますよね。

そのため、迅速で正確な事務処理能力やていねいな顧客対応力は、立派な強みだといえます。

総合職の場合

  • チームをまとめるリーダーシップがある
  • 資格や経営における豊富な知識量

総合職の場合は、一般職の強みである事務処理能力や顧客対応力に加えて、リーダーシップや資格取得で学習した豊富な知識量もあります。

総合職は将来的に部下を引っ張っていく立場なので、リーダーシップ性が磨かれていきます。

また、銀行員の仕事だけでなく、経営側としてのチームをまとめる仕事もするため、転職先でもその経験を生かすことができます。

ここまでは、銀行員の強みについて紹介しました。

ここからは、銀行員の強みを生かして転職する際に、おすすめの職種を見ていきましょう。

銀行員からのおすすめ職種

転職の際にライフワークバランスキャリアのどちらを重視するかによっておすすめする職種が異なります。

そのため、それぞれにおすすめの職種と転職エージェントを紹介していきます。

結論からいうと、ライフワークバランスを重視したい方は事務や経理、キャリアを重視したい方は営業や販売がおすすめです。

ライフワークバランス

ワークライフバランスを重視される方は以下の職種やサービスがおすすめです。

おすすめの種類
職種 事務
経理
転職エージェント doda
リクルートエージェント

事務・経理

ライフワークバランスを重視したい方には、窓口業務の経験が活かせる事務や経理の仕事が最適です。

銀行での顧客対応や事務作業はかなりの正確さ・素早さを求められるので、ほかの職種から見ると銀行員は高いレベルの事務処理スキルをもっているといえます。

そのため、転職する際には大きなアピールポイントにもなります。

また、事務や経理の仕事は基本的に固定業務のため、残業が少ないことや定時退社しやすいところが嬉しいポイントです。

もちろん、産休や育休も取りやすいので、兼業主婦の方にも向いている仕事といえます。

そのため、ライフワークバランスを重視したい方には、事務や経理がおすすめです。

事務や経理の仕事探しにおすすめの転職エージェントは、dodaとリクルートエージェントです。

どちらも事務や経理の求人を幅広く取り扱っているため、おすすめの転職エージェントになっています。

doda

dodaは専門スタッフのていねいなカウンセリングとサポートで好評です。

非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

応募書類の添削面接対策や、書類の提出面接日程の調整などの面倒な手続きの代行、年収や入社日の交渉まで行ってくれる、頼もしい存在です。

doda

dodaロゴ03
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
  • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職決定率も含めて転職業界No.1の転職エージェントです。

「もう一度東京でがんばりたい!」と思う方にぴったりのエージェントとなっています。

これまでの実績の多さから、どこよりも豊富な経験と転職ノウハウ、豊富な選択肢を持っており、納得感の高い転職活動を進めることができると人気です。

カウンセリング面接対策はもちろん、ワンランク上の履歴書添削、言いづらい年収交渉も引き受けてくれるので、安心です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

キャリア

キャリアを重視される方は以下の職種やサービスがおすすめです。

おすすめの種類
職種 営業
販売
転職エージェント マイナビジョブ20’s
就職SHOP

営業・販売

キャリアアップを重視したい方には、営業や販売の仕事が最適です。

銀行で窓口だけではなく金融商品の販売を行っていた方は、営業のスキルと経験を生かして、ほかの職種の商品を売る営業や販売の仕事で活躍できる可能性が高いです。

銀行でもノルマがある企業のように、営業や販売の仕事にはノルマがあるため少し大変にはなりますが、高い成績を出すことでお給料も上がります。

また、業界では不動産などで経験を活かすことができます。

銀行員では、様々なお客様に対応するために資格取得に力を入れていて、その中でも宅地建物取引士の資格は不動産業界でも役に立ちます。

そのため、キャリアアップして自分の市場価値を高めたいという方には、営業や販売の仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

営業や販売の仕事探しにおすすめの転職エージェントは、マイナビジョブ20’sと就職SHOPです。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの特徴では、サービスを全て無料で受けることができます。

マイナビジョブ20’sでは、専任のキャリアアドバイザーが個人でカウンセリングしてくれる点や履歴書面接対策なども行ってくれるので、スキルや経験がない人でも安心です。

また、企業に対しての応募や面接日程の調整など全て代行してくれるので、お仕事などで時間が取られない方でも利用することができます。

マイナビジョブ20’s

  • 応募年齢は24~29歳!若年層に特化
  • アドバイザーは全員「転職経験あり」
  • 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方の対象

就職SHOP

就職SHOPは、20代に特化した転職エージェントです。

カウンセリングはもちろん、履歴書面接対策まで行ってくれます。

また、1番の魅力はスキルや経験が無くても、求人数が多く書類選考無しで100%面接までいくことができるところ。

このようなことを可能にしているのは、若手を採用したい企業と取引が多いことや直接訪問で信頼関係が作られているからです。

就職SHOP

就職Shop
  • 20代未経験者対象の求人紹介
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業8500社以上が掲載
  • 書類選考なしで内定を近づきたい方におすすめ

この記事のまとめ

今回は、銀行員である強みを生かして有利に転職する方法を紹介しました。

  • 銀行員の強みは、事務処理能力接客対応力
  • 一般職と総合職で求められるスキルが違う
  • 転職する軸でおすすめする職種・サービスが変わる

銀行員からの転職は十分可能です。

迅速で正確な事務処理能力や、金融商品の営業の経験など、銀行で身につけたスキルをアピールして、転職を成功させましょう。

関連記事

年間休日90日は少なすぎる…上手な働き方と対処法3つ

年間休日90日と聞くと「休みが少なすぎる!」と思う方も多いのではないでしょうか。 土日祝がコンスタン…

営業からエンジニアに最短で転職する2つの方法とは

営業でのノルマがきつい… これからの時代を考えて、ITに携わってみようか悩む… このよ…

20代の未経験者が就職しやすい業界TOP5と会社を選ぶ基準

未経験の業界に転職したいけど、どこが就職しやすいんだろう… 何を基準に企業に転職すべきか…

無能と言われる人に転職先を探すことをすすめる3つの理由

仕事が出来ず、自分の無能感に落胆している… どうしたら現状を乗り越えられるか分からない… …

正社員から契約社員に転職したい。降格を考える理由5つと手続き方法

契約社員に転職しようか迷っている… 正社員から契約社員に降格するとどう変わるんだろ… …