どうせニートの就職は無理だよね…諦めかける人への脱出方法4つ

ニートに就職なんか無理だよね…

ニートというと、働かず家にいる印象が強く、社会的な信用度も極めて低いため、就職をするうえで不利に感じるかもしれません。

しかし、ニートからの就職は、可能だといわれています。

なぜなら、ニートでも慎重に就職活動をおこなうことで、職につくことができるからのです。

そこで、今回はニートが就職するときの注意点を5つご紹介します。

気をつけるべきポイントを理解して、就活にチャレンジしてみましょう。

この記事でわかること

  • ニートが就職できないと思う背景
  • このままニートを続けた末路
  • ニートの脱出方法4つ

ウズキャリ

  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
  • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

ニートの就職は無理…そう思ってしまう背景とは

ニートが就活を怖いと感じてしまう理由のひとつには、自分のスキルや職歴に自信を持てないことがあげられます。

就活をしても、職歴対話力がないことが不採用の原因になってしまい、ますます自信を失ってしまうのです。

特に、就活に必要な対話力に対する自信がないニートは多く、厚生労働省の調べによると、全体の約64%がコミュニケーションに難を感じています。

そのため、面接で失敗経験のあるニートも多く、自信を失ってしまうのです。

では、ニートが就職するにはどうすればいいのでしょうか。以下では、ニートから脱出するための社会の取り組みと、自分がすべきことをまとめてみました。

対社会

厚生労働省では、ニートが社会に復帰するために地域若者サポートステーションを実施しています。

地域若者サポートステーションでは、実際に仕事を体験させてもらえたり、対話の訓練を受けたりできるのです。

また、キャリアコンサルタントも配置されているため、就活などの相談相手を見つけることができるでしょう。

ただし、地域若者サポートステーションは人の向き不向きがあるので、訓練を受けたときに嫌な気持ちになるかもしれません。

そうなったときは無理をせず、ハローワークなどの機関を頼るのも手段のひとつです。

ハローワークでも職業訓練や就職の相談をおこなっているので、社会復帰を目指せるでしょう。

対自分

ニート生活から抜け出すには、自分で行動をおこしてみるのも大切になります。

しかし、いきなり就活にチャレンジするのが難しいですよね。

そんなときは、掃除や洗濯、料理などの家事を手伝うことから始めてみましょう。

家事の手伝いをおこなうことで自分を肯定できるきっかけになるのです。

さらにニートは家事や仕事をしていない若者をさすので、家事をすることによってニートではなくなります。

そのため自分にできる範囲の事から挑戦することで、社会復帰の一歩を踏み出せるでしょう。

このままニートを続けた場合の末路

ニートを続けていると、最悪の場合、アルバイトやパートになることも難しくなるといわれています。

なぜなら、年齢を重ねると体力的な作業が難しくなるうえ、雇ってもらえる会社も少なくなるのです。

さらに、ニートであり続けることで、さまざまな問題が生じてしまうこともあります。

精神面

ニートになる人には、自己肯定感の低い人がなりやすいといわれています。

そのため、社会的にも悪い印象のあるニートを続けることによって、自分はだめな人間だと落ち込むようになってしまうのです。

厚生労働省の調査では、無職状態であることを「うしろめたい」と感じているニートが82.8%いるため、働いていないことが精神的な苦痛につながっていることがわかります。

そのため、ニートから脱出することは、自分に自信をつけることにもなるでしょう。

金銭面

ニートのまま生活し続けていると、将来的には生活する資金もなくなってしまいます。

ニートの暮らしを支えているのは両親であることがほとんどなので、両親の死後に生活することさえ困難になってしまうのです。

また、近年では中高年のニートも増えており、親の高齢化が問題になっているといわれています。

そのため、ニートから脱出しなければ、生きていくことも難しくなるでしょう。

キャリア面

ニート生活が長引いてしまうと、就職が困難になることがあります。

職歴がなかったり離職後の期間が長引いたりしていると、企業からの印象が悪くなってしまうのです。

さらに、多くの企業は若手を欲しがっているので、年齢を重ねたニートでは採用されにくくなります。

そのため、就職活動を始めるならはやく行動をおこすのがよいでしょう。

諦めかける人に向けたおすすめの脱出方法4つ

ニートというだけで印象委が悪くなりやすいイメージもあるので、自分は就職できないと落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、慎重に就職活動をおこなうことで、成功できる確率があがるのです。

そこで、以下の4つの方法を参考にしてニートから就職するための脱出しましょう。

ニート脱出方法4つ

  • 職業訓練を受けてみる
  • 生活リズムを整えてみる
  • 転職エージェントを利用してみる
  • 未経験採用の職種を探す

職業訓練を受けてみる

ニートの生活が長く続いていたり、働いた経験がなかったりする場合は、働くことに不安を感じるかもしれません。

そんなときは、ハローワークなどで職業訓練を受けてみるのもいいでしょう。

職業訓練ではパソコン作業の練習が多く、事務作業を前提とした訓練を受けることができます。

さらにコースによっては建設やIT、保育などの技術職の訓練を受けることができるため、自分の働く姿をイメージするとともに資格取得ができるのです。

テキストにかかる代金以外は無料で受講できることがほとんどなので、試してみるのもおすすめです。

生活リズムを整えてみる

ニートとしての期間が長いと、働きだしたときの生活リズムについていけなくなる場合もあります。

ニートなら毎日が休みになるため、食事なども自由にできることが多いですが、働き始めると起床時間や食事の時間などが労働時間によって制限されるのです。

また、家に引きこもっていると運動不足になりがちなので、いざ職についたとき体力的な辛さを感じることがあるでしょう。

そのため、食事や睡眠の時間を決め適度な運動を始めてみることがおすすめです。

転職サイトや転職エージェントを利用してみる

ニートから就職できた人の中には、リクナビNEXTやマイナビ転職などの転職サイトを利用した人も多いといわれています。

転職サイトには優良企業の求人が多く、暇な時間などで求人を探すことができます。

就職支援を行う転職エージェントが内定までサポートしてくれるのです。

さらに、転職エージェントは、面談によっておすすめの求人を紹介してくれるほか、利用者の履歴書の添削面接練習などもおこなってくれるのです。

そのため、自力で就活をするよりも成功率が高くなるためおすすめです。

未経験採用の職種を探す

一般企業に正社員として就職するなら、未経験者を採用している会社を探してみるのもおすすめです。

企業の中には、年齢が若ければ未経験から育ててようと考えているところもあるので、応募してみる価値はあるといえます。

また、運送業界介護職は人手を欲しがっているため、ニートから正社員になる職種としておすすめなのです。

そのため、キャリアがなくても就職できる可能性はあるでしょう。

この記事のまとめ

ニートで就職は無理と思っている人のためにニートを続けた末路やニート脱出の方法について紹介しました。

ニートで就職をあきらめていた方も自ら行動することによって変わります。

あなたの人生を一歩の行動で素敵な方向に変えましょう。

ウズキャリ

  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
  • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

関連記事

ニートでもできるバイト5つと始める前に確認すべき3つの注意点

人とのコミュニケーションをとるのが苦手… 体力仕事は少し自信がない…… ニートは仕事が…

ニートだけど早く働きたい…就活で武器にすべき就職サポート3選

ニートで働きたいけど雇ってくれる会社なんてあるの? と悩む方は多いと思います。 ニートであ…

29歳のニートは今すぐ就職すべき!30歳超えの就活のリスクとは

ニートから脱出したいけど職歴なし、資格なしのニートに就職は無理かな と諦めている方もいるの…

職業訓練がおすすめできない理由と今すぐ使える就職無料サービス

ニートの状態から社会復帰したいけど、職業訓練って実際どうなの? 職業訓練は離職者に向けた、…

ニートがハロワで職業相談すると?はじめて利用する人向けの解説書

ハロワとはハローワークの略で、正式名称は公共職業安定所といいます。 仕事を探している人に対して年齢…