29歳のニートは今すぐ就職すべき!30歳超えの就活のリスクとは

29歳 ニート

ニートから脱出したいけど職歴なし、資格なしのニートに就職は無理かな

と諦めている方もいるのではないでしょうか。

無職から正社員へと、いきなり生活をがらりと変えることは難しいかもしれませんが、30歳になる前に挑戦すればまだ間にあうのかもしれません。

では、30歳を目前にした29歳のニートが今の生活から抜け出すにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は、世代別ニートの実態をみていくとともに、20代のうちにニート生活から抜け出すための就職支援サービスについてもご紹介してまいります。

この記事でわかること

  • 就職するなら30代より20代が有利
  • 30歳超えの就活の実態
  • ニートへのサポートが手厚い就職エージェント

ウズキャリ

  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
  • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

29歳のニートが今すぐ就職すべき理由

29歳のニートが今すぐ就職すべき理由は、未経験求人の多くが「29歳まで」とされているからです。

30歳になってしまうと一気に求人が減ってしまい、仕事を見つけることが困難になってしまいます。

では、どのようなことが求人数の減少に影響しているのでしょうか。また、29歳と30歳にはどのような違いがあるのでしょうか。

もう少し詳しく掘り下げてみましょう。

20代と30代の違い

  • 30代未経験者の需要は極めて少ない
  • 30代は仕事の結果やスキルが重要視される
  • 30代は「できて当たり前」と思われてしまうことが多い
  • 30代未経験者の需要は極めて少ない

    「30代社会人未経験者」という方を採用する企業は極めて少なく、なかなか見つかりません。

    30代になると、就職していない時期いわゆるブランクがあったり転職があったりしても、未経験ともなると就職には非常に不利な状況です。

    「働きたい!」という意思に反して「ぜひ働いてほしい!」という企業は少なく需要と供給が釣り合わないまま、ニート生活から抜け出せないという事態になってしまいます。

    30代は仕事の結果やスキルが重要視される

    一般的に20代はまだ若く「経験を積む時期」と考えられ、将来を見据えてさまざまなことにチャレンジさせてくれる企業も多いです。

    就職も同じように、20代なら将来に期待して採用してくれる企業も少なくありません。

    しかし、30代になると、仕事に対する考え方が少し異なってきます。

    その理由は、経験や挑戦を重要視される20代に比べて「スキルの有無や結果」で評価されたり判断されたりすることが増えるからです。

    30代は「できて当たり前」と思われてしまうことが多い

    30代は、世間一般ではさまざまなプロジェクトに携わってきた経験のある中堅」というイメージがあります。

    29歳まではまだ若く挑戦する世代といわれますが、1歳違うだけで「マナーを知っていて当然」「これくらいの仕事はできて当たり前」と思われてしまうのです。

    前項にもつながる部分ですが、まだ「まだ29歳なら」と採用してもらえることも多いです。

    職種の選択肢を極端に狭めることなく「就職したい!」という強い意志を持って面接に臨めば、知らないことばかりでも挑戦させてくれる企業に出会えるでしょう。

    30歳超えの就活の実態

    ここまで、30代になる前に就職すべき理由をご紹介しましたが、実際に30歳を超えた方の就職率や就職に対する不安にはどのようなものなのでしょうか。

    ここでは、世代別のニートの割合をご紹介しながら学歴や性別による就職の悩みにも触れて、30代の就職の事態を探ってみましょう。

    20代と30代のニート率

    2018年に厚生労働省より発表された労働力調査によると、20代のニート率(「各年齢階級における若年無業者の人口に対する割合」)は、4.6%(20~24歳と25~29歳の合計)です。

    一方、30代のニート率(「各年齢階級における若年無業者の人口に対する割合」は、2.4%となっています。

    30代を超えるとニート率が半分ほど減っているので、20代のうちに就職する人が多いことがわかりますね。

    30代のニートにとって就職は多くの不安がつきもの

    とはいえ、30代のニートにとっては就職にたくさんの不安を抱えていることでしょう。たとえば、以下のようなものが考えられます。

    • 金銭的不安
    • 将来に対する漠然とした不安
    • 親の死や介護に対する不安
    • 社会に対する不安
    • 結婚に対する不安

    など、さまざまな不安や恐怖がつきまといます。

    ニートの実態を改めて考えてみると、やはり1日でもはやく就職活動を始めることで、こうした不安をすこしずつ取り除くことができるのではないでしょうか。

    就職のチャンスは今!

    さまざまな不安があるといっても、数値で見てみれば30代の就職も不可能ではありません。

    ただ、「こんなことがしてみたい」「できるだけ体力仕事ではないものがいい」というような希望があってもその通りの求人を見つけることは難しいといえます。

    しかし、今は人手不足で採用が活発化している時期です。

    職種を選ぶことができないということもあるかもしれませんが正社員として働くことができるチャンスですので、ぜひ挑戦してみましょう。

    「働きたい!」という気持ちが伝われば、きっとあなたを必要としている企業に出会えるはずです。

    ニートへのサポートが手厚い就職エージェント

    さて、ここまでは、30歳になる前に就職すべき理由をニートの実態や就職活動における評価基準などを交えてご紹介しました。

    しかし、「ひとりで就職までたどりつけるかな……」「まずどんなことから始めればよいのだろう」とまだまだ実際に行動するイメージができない方も多いでしょう。

    そこで、最後にニートの方が安心して就職活動ができるよう手厚いサポートをしてくれる就職エージェントをご紹介します。

    就職エージェントは、あなたの性格や仕事に対する考え方を踏まえ最適なお仕事を紹介してくれる就職活動の味方です。

    ぜひ、就職エージェントを有効に利用して、効率よく正社員になる道を見つけましょう!

    ハタラクティブ

    ハタラクティブとは、20代のフリーター・既卒などを中心とした就職エージェントです。

    面接のアドバイスや職務経歴書の書き方などを教えてくれるので、「社会人未経験だけど働きたい!」という方にとってはとても心強い存在です。

    また、職種によっては求人サイトに載っていない非公開のものまで紹介してくれることもあります。

    専任のアドバイザーが求職者の意向や悩みをじっくりとヒアリングしてから紹介してくれるため、自分ひとりでおこなうよりも効率よく活動できるでしょう。

    アドバイザーは常時2,300件以上の求人から最適な求人を紹介してくれるので、「どんな仕事が向いているんだろう」とお悩みの方におすすめです。

    ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

    • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
    • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
    • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

    ウズキャリ

    ウズキャリは、「第二の就活」という就職支援サービスを提供している就職エージェントです。

    こちらもハタラクティブ同様に20代のフリーターや既卒を中心にした就職支援をおこなっています。

    求人にあわせて特別にカスタマイズされた面接対策をしてくれたり就職のためのスキルアップセミナーをおこなってくれたりするなど、ウズキャリ独自のメソッドで幅広いサポートを受けることができます。

    また、そもそもウズキャリが提示している求人は、離職率や労働時間などに厳しい評価基準を設けているため、その厳しい審査に通過することができた企業のみ紹介しています。。

    「研修がないと不安……」「福利厚生がしっかりしていない会社では働きたくない」といった場合も安心です。

    ウズキャリ

    • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
    • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
    • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

    この記事のまとめ

    「ニートだからどうせ正社員にはなれない」「今さら人に頼るなんて恥ずかしい」と思わず、29歳のうちに行動を起こしてみましょう。

    アドバイザーはかならず親身になって就職サポートをしてくれるはずです。

    今は、人手が足りず就職したいと考えている人にとってはチャンスです。

    ぜひ周りの方の手も借りながら、あなたの将来のために一歩踏み出してみましょう。

    関連記事

    ニートでもできるバイト5つと始める前に確認すべき3つの注意点

    人とのコミュニケーションをとるのが苦手… 体力仕事は少し自信がない…… ニートは仕事が…

    ニートだけど早く働きたい…就活で武器にすべき就職サポート3選

    ニートで働きたいけど雇ってくれる会社なんてあるの? と悩む方は多いと思います。 ニートであ…

    職業訓練がおすすめできない理由と今すぐ使える就職無料サービス

    ニートの状態から社会復帰したいけど、職業訓練って実際どうなの? 職業訓練は離職者に向けた、…

    ニートがハロワで職業相談すると?はじめて利用する人向けの解説書

    ハロワとはハローワークの略で、正式名称は公共職業安定所といいます。 仕事を探している人に対して年齢…

    女性ニートが就職するためにおすすめの職種と就職支援サービス

    ニートで仕事してなくて辛い…でも、女性だと社会復帰するのは難しいのかな… 女子のニートと聞く…