職業訓練がおすすめできない理由と今すぐ使える就職無料サービス

職業訓練 おすすめ

ニートの状態から社会復帰したいけど、職業訓練って実際どうなの?

職業訓練は離職者に向けた、資格やスキルの獲得を目的とした訓練です。

引きこもりやニートから脱却しようとした際によくおすすめされる手段です。

しかし、実は職業訓練は人によって向き不向きが存在します。

今回はなぜ職業訓練がおすすめできない理由と、職業訓練を考えている方におすすめしたいサービスについてご紹介いたします。

この記事でわかること

  • 失業者/未就労者を対象に業務知識や技能の習得させる支援
  • あくまで訓練のため、就職サポートはない
  • 就職に力を入れたい方は転職エージェント

職業訓練の種類は4つ

職業訓練と一口にいっても、じつはいくつかの種類があります。

それぞれ対象としている人に加え、訓練や制度の内容に違いがあるため、まずはどんな種類の職業訓練があるのかを知っておく必要があります。

ここでは大きく有料と無料のもに分けて、それぞれご説明いたします。

有料

(1)公共職業訓練

公共職業訓練とは、国や各都道府県が主体となって実施している職業訓練です。

国などが直接運営している職業訓練校のほか、民間の職業訓練校が委託されて公共職業訓練を実施している場合もあります。

公共職業訓練は主に、退職して雇用保険(失業保険)を受給してる方やすぐに就職できる方を対象にしている職業訓練です。

訓練が終わっても就職する気がない方や、ケガや病気で就職が難しい方は受講することができません。

費用に関しては以下のようになっています。

授業料
  • 事務系コース:2~3万
  • 工業系コース:8~10万以上
教材費・試験料
  • 3~6ヶ月:無料
  • 1年以上:年間12万

受講する場合はきちんと諸費用について考える必要があるでしょう。

(2)学卒者訓練

学卒者訓練は新卒の未就職者を対象とした、専門学校や短大に近いような位置づけの訓練です。

1年~2年以上の時間をかけて公共職業訓練よりもさらに本格的な訓練を受けられますが、1年に40万円~50万円の学費がかかってしまいます。

訓練後の就職率は高いですが、対象が限られているため、この訓練を受けるのが難しい方もいらっしゃるかもしれません。

無料

(1)求職者支援訓練

条件付きの公共職業訓練などと違い、手続きをすれば誰でも受けることができる職業訓練です。

厚生労働省によると、条件を満たせば訓練中に月10万円の職業訓練受講給付金(月10万円+通所手当+寄宿手当)を受けられることから、こちらの訓練で就職を目指そうとする方が多くいます。

  • 通所手当
  • 受給資格者の住所又は居所から公共職業訓練等を行う施設へ通所するために交通機関、自動車等を利用する際にかかった費用

しかし、給付を受けるためにはさまざまな条件があり、給付を希望しても受けられない場合が多いようです。

「求職者支援制度の実施状況について」の資料によれば、給付を受けているのは平成23年~28年で平均して、全体の42.3%とされています。

また、訓練を受講する際には面接選考に合格する必要があり、希望者が多い分落とされてしまうこともしばしばあるようです。

(2)就職エージェントの就職支援サービス

ハローワークがおこなう就職訓練とは違いますが、就職エージェントによるサービスを受けるのもひとつの手です。

就職サイトや就職エージェントは求人を紹介するだけのものと思っている方も多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、就職エージェントではサービスの一環として人材育成サポートをおこなっている場合もあります。

資格に関する学習サポートやスキル習得のための職種体験を受けることで、就職先を探しながら自分の力を磨くことができます。

また、就職経験のない方に向けた、ビジネスマナー講座や面接対策講座を受けられることも就職エージェントの大きな魅力です。

次では、実際に職業訓練を通して就職している方もいる中、なぜおすすめできないのか見ていきましょう。

職業訓練がおすすめできない赤裸々な理由2つ

職業訓練は授業料なしでスキルを身につけられるという大きなメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。

特に、これまで職歴なしのニートの方は以下2つの理由で職業訓練を受けるのはおすすめできません。

  1. 就職するために訓練するのは逆効果
  2. かならず訓練ができるわけではない

(1)就職するために訓練するのは逆効果

職業訓練では、各々の希望の職種にあわせた専門的な知識や技術を教わることになります。

ある特定の仕事がしたい場合や資格が必要な仕事をしたい場合には、短期間で力をつけるのに非常に有効な手段です。

しかし、希望の職種がなく「就職するためだけ」に職業訓練を受けるのはおすすめできません。

なぜなら、ただ就職するだけなら訓練校に通わず、普通に就活した方が早いといわれているためです。

職業安定分科会雇用保険部会(第128回)求職者支援制度の実施状況では、平成29年は基礎コース修了者が58.0%、実践コース修了者が65.0%となっています。

この数字を見ると、数カ月~半年以上にわたる職業訓練を受けてもそこまで大きく就職率は上がらないように見えるのではないでしょうか。

また、近年ではあらゆる業界で人手不足となっていることから、職歴や資格のないニートの方でも就職できる確率は非常に高くなっています。

(2)かならず訓練ができるわけではない

職業訓練の申し込みをしたからといって、そのまますぐに訓練が受けられるわけではありません。

訓練を受ける際は申し込みをしたのちに、訓練校による面接選考を受ける必要があります。

この選考で優先して選ばれるのが、雇用保険に入っていた、もしくは失業保険に入っている方です。

雇用保険に入っていた経験のない方は、コースの倍率が高かった場合にまず落とされてしまいます。

訓練校の面接に向かうまでにも、コース選びや施設見学、ハローワークから認可を受ける手続きなどの流れがあります。

面接に落とされてしまうとそこまでの時間の無駄になるため、それこそ普通に就活していたほうが効率的と言えます。

これらの理由から、職業訓練はおすすめできない場合があります。

とくにまだ10代20代の若い世代は、自分で就活をした方が早く就職できることがほとんどでしょう。

そして、これから就活を始めるみなさんに向けて、耳よりの情報があります。

無料で今すぐ使える就職エージェント2選

就職エージェントは、就活に悩むみなさん日々全力でサポートしています。

専任アドバイザーの就活についてのアドバイスや、履歴書などの企業間とのやりとりのサポートは非常に心強いものでしょう。

今回は数あるエージェントの中でも、とくにおすすめな2社のエージェントをご紹介します。

ハタラクティブ

未経験からの就職を応援する、20代の就活に特化した就職エージェントです。

利用者実績はこれまでに約15万人、内定率は80.4%を誇っています。

扱っている求人は社会人経験のない若年層を歓迎しているものが多く、やりたいことがない方でも、希望の仕事を見つけることができるはずです。

アドバイザーは求人選びのサポートや面接に関するアドバイスのほか、人生相談までマンツーマンで対応してくれます。

これらのサービスは、すべて無料で利用することができます。未経験からの社会人を目指すなら、ぜひハタラクティブをご利用ください。

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

リクルートエージェント

転職実績ナンバー1を誇るリクルートの転職エージェントサービスです。

転職エージェントでは通常検索することができない良質な非公開求人を扱っていることが多くあります。

リクルートエージェントでは業界最大級となる約20万件の非公開求人を扱っており、その中から希望に沿った仕事を見つけることができます。

また、アドバイザーはリクルートのノウハウを飲み込んだ豊富な実績をもっており、一人ひとりの境遇や希望に合ったサポートをしてくれるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

この記事のまとめ

この記事では、職業訓練を検討する人に向けて以下の内容を紹介しました。

  • 失業者/未就労者を対象に業務知識や技能の習得させて社会復帰を志す制度
  • あくまで訓練のため、就職サポートはない
  • 就職に力を入れたい方は転職エージェントに頼る

自分のアピールポイントがわからない、どんな企業がいいのかわからないという悩みに、アドバイザーは親身になって応えてくれるはずです。

サービスの利用は無料なので、まずはお気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

これまでに職歴や経験のないニートの方でも、人材不足の昨今であればさまざまな働き口があります。

まず職業訓練にいくのもよいですが、実際の職場での経験は訓練で得る経験よりも大きいもののはずです。

自分が納得できるやり方で、就活をすすめてみてください。

関連記事

ニートでもできるバイト5つと始める前に確認すべき3つの注意点

人とのコミュニケーションをとるのが苦手… 体力仕事は少し自信がない…… ニートは仕事が…

ニートだけど早く働きたい…就活で武器にすべき就職サポート3選

ニートで働きたいけど雇ってくれる会社なんてあるの? と悩む方は多いと思います。 ニートであ…

29歳のニートは今すぐ就職すべき!30歳超えの就活のリスクとは

ニートから脱出したいけど職歴なし、資格なしのニートに就職は無理かな と諦めている方もいるの…

ニートがハロワで職業相談すると?はじめて利用する人向けの解説書

ハロワとはハローワークの略で、正式名称は公共職業安定所といいます。 仕事を探している人に対して年齢…

女性ニートが就職するためにおすすめの職種と就職支援サービス

ニートで仕事してなくて辛い…でも、女性だと社会復帰するのは難しいのかな… 女子のニートと聞く…