未経験者が就職しやすい業界TOP5と会社を選ぶ基準

就職しやすい業界

未経験の業界に転職したいけど、就職しやすい業界ってどこなんだろう?

条件の良い会社に手っ取り早く就職する方法ってないのかな……

新卒で就職した企業が自分に合わないと、転職を考えるものですよね。

業界によっては人材の需要と供給のバランスが取れておらず、人手不足であることから就職しやすくなっています。

この記事では、厚生労働省が公表したデータから就職しやすい業界TOP5を紹介したのちに、就職を決めやすい転職活動の方法も併せて解説していきます。

最後まで読むことで、条件の良い会社へ正社員で就職する実践的なノウハウを身に着けることができるでしょう。

就職しやすい業界TOP5

  • 運輸・郵便業
  • サービス業
  • 医療・福祉
  • 宿泊業・飲食サービス業
  • 建設業

就職しやすい業界を目指すなら、転職(就職)エージェントの利用をおすすめします。

「どんな仕事が向いているのか?」という軽い悩みの相談からでも、転職のプロが話を聞いてくれます。
キャリアの相談から始まり、書類添削や面接対策など万全のサポートで就職を支えてくれますよ。

転職サービス
特長
公式
リクルートエージェント 【当サイトおすすめ!】
  • 業界最大級!20万件の求人数を保有している
  • 大手ならではの転職サポートも充実
詳細
ハタラクティブ
  • 就職成功率80.4%の安心の実績
  • 事前に職場を取材してブラック企業を排除!
詳細
DYM就職DYM就職
  • 書類選考なしで面接まで進める
  • 上場企業や優良ベンチャーの求人が2000社以上!
詳細

未経験者が就職しやすい業界TOP5

20代で未経験でも就職しやすい業界は人手不足で悩んでいる業界といえます。

人手不足が加速している産業ほど、採用意欲が高くなるためです。

また、東京商工サーチによると、昨今では人手不足が原因のひとつとなって倒産している企業は400件以上あると発表されました。

人が採用できなければ企業が倒産してしまう可能性もあるため、人手不足の企業は意地でも採用しようと努力をしています。

未経験でも就職しやすい、厚生労働省が公表している人手不足の業界トップ5は以下の通りです。

人手不足で就職しやすい業界
1位 運輸・郵便業
2位 サービス業
3位 医療・福祉
4位 宿泊業・飲食サービス業
5位 建設業

【就職しやすい業界No.1】運輸・郵便業

ドライバー不足に陥っており、過酷な労働条件から悲惨な交通事故が起こりニュースでも取り上げられることがありました。

長時間運転する体力と集中力が求められる上に、事故を起こす可能性もあり、離職率が高くなっています。

荷物をいかに運んだかで給料が決定する性質のある仕事ではありますが、給料は比較的高いです。

運送業・郵便業は一人での作業が多く、身体を動かすため、コミュニケーションが苦手な人や、デスクワークが苦手な人におすすめです。

【就職しやすい業界No.2】サービス業

仕事内容としては産業廃棄物の処理業者や労働者派遣事業が含まれています。

産業廃棄物の処理業者は、資格が必要な仕事ですが、一度資格を取っておけば職に困ることはありません。

基本的に朝から夕方までの規則的な勤務のためプライベートの時間を重要視している人にはおすすめです。

労働者派遣の事業は、働きたい人と人が欲しい企業を繋げる仕事です。

労働者だけではなく企業の人とも深く関わる仕事のため、人が好きな人にはおすすめです。

【就職しやすい業界No.3】医療・福祉

特に介護士の仕事は激務な割に給与が安いことが多く、人手不足に陥っている可能性が高いといえます。

介護士の報酬は国民の介護保険料を徴収した中から支払われることが多いため、構造上なかなか給与が上がりにくいといえます。

ですが、医療・福祉業界は今後もリストラや職を失うことが少なく安定しています。

常に人手不足なので、経験がなくても人と接することが好きな人にはおすすめです。

【就職しやすい業界No.4】宿泊業・飲食サービス業

ホテルや飲食店での接客業務は、勤務時間帯が不規則なことに加えて、基本給が低いことが多く、人手不足に陥っている可能性が高いといえます。

ですが、宿泊業・飲食サービス業は残業時間も多いため、給料が低すぎるということはありません。

接客業は全職種の中でもお客様に一番近いところで仕事をする必要性があり、就業時間を過ぎていても接客対応をしなければならないケースもあります。

人のために尽くすことが好きな人であったり、人の笑顔を見るために努力できる人にはおすすめです。

【就職しやすい業界No.5】建設業

厚生労働省の平成30年就労条件総合調査の概況によると、年間休日数のトップが金融関係で118日なのに対して建設業界は104日となっています。

建設現場の仕事は納期ありきで、しかも、肉体労働を伴う仕事が多いといえます。

休みが少なく仕事が大変なため、人手不足な状態に陥っており、採用されやすい業界となっています。

建設業は街づくりを行っていくため、社会の役に立っている実感ができたり、自分が作ったものが後世に残るやりがいのある仕事です。

また、会社によっては職種資格を積極的に取得させてもらえることもあり、手に職を付けたい人にはいい業界であるといえます。

次は、どんな基準で会社を選ぶべきかについて解説します。

就職しやすい業界選びにおすすめのエージェント

文系と理系で就職しやすい業界は違うの?

文系と理系

文系と理系の差は専攻が就職に影響するかどうか

文系と理系での就職における違いは、学生時代の専攻が就職歳に関係があるのか・ないのかの差です。

理系は理学部・工学部・農学部・農学部などの学生時代の専攻が就職先に影響します。

学んできたことをそのまま就職に繋げられるため有利です。

また文系の学生は、専攻が就職先に必ずしも影響はしません。

文系の学生にもご紹介してきた就職しやすい業界がもちろんおすすめですが、自分は5つの業界が合わないと思った場合はエージェントに相談してみてください。

あなたの特性や希望を尊重しつつ、転職しやすい業界の求人を紹介してくれます。

\おすすめできる企業のみ紹介!/

ハタラクティブ公式サイトはこちら

業界や職種を限定し過ぎない

仕事を選ぶとき「私は文系だからプログラマーは無理」であったり、「理系で内気だから営業は無理」という風に考えると転職失敗しやすいといえます。

理由としては、自分の思い込みで職種の幅を狭めているためです。

もしかしたら思い切ったキャリアチェンジをすることで、新しい自分に合った仕事に出合えるかも知れません。

思い込みで仕事の選択肢を減らすことは避けるようにしましょう。

また、「絶対にこの業界がいい」「絶対にこの職種がいい」と就職先を限定し過ぎないことも、転職活動のポイントです。

例えば、女性を中心に人気が高い事務職ですが、厚生労働省の職種別求人有効倍率によると、一般事務職の有効求人倍率は実は飛びぬけて低い傾向にあり、0.33倍しか有効求人倍率がありません。

営業職がしんどいから事務職になりたいと安易な転職理由で事務職を選びたいという方もいる可能性があります。

しかし、事務職はそもそも有効求人倍率が低い上に、経験者しか採用しないという企業も存在している可能性が高いです。

営業職などは稼働するほどお金を会社にもたらす存在のため、重宝されますが、事務職は間接部門扱いとなります。

また、間接部門は稼働するほど会社のお金が減るため、増員を検討できないという企業もあり、転職は難しいと言えます。

ただし、女性にとっては就職しやすい職業である可能性が高いため、事情があって家業と両立させたい方にはおすすめです。

次は、具体的に悩みを解決する方法について解説します。

就職しやすい業界選びにおすすめのエージェント

悩む人は転職エージェントに相談しよう

転職・就職エージェントは面談を通した分析や求人紹介、面談練習、履歴書などの添削等をすべて無料で使えるサービスです。

エージェントを選ぶポイントは、未経験の求人に特化したなどのエージェントごとの強みを理解して自分に合うエージェントを選ぶことです。

職歴が浅かったり、職歴がなくて悩んでいる方でも対応してもらえる転職エージェントサービスもありますので、非常に心強い味方となってくれます。

リクルートエージェント

数ある転職エージェントのなかでも、トップクラスの規模を持つ転職エージェントがリクルートエージェントです。

約20万件という圧倒的な求人数のなかから自分に合った仕事を選ぶことができますし、サポート体制も充実しています。

転職活動においては、求人数=将来の選択肢の多さと言い変えることができますので、理想の求人を探すためにも使っておきたいエージェントです。

リクルートエージェント

  • 求人数200,000
  • 添削
  • サポート
  • 年間数万人が転職を決定する高い実績
  • 求人数の多さから、将来の選択肢を広げられる
  • 相談拠点数は業界トップクラス!

ハタラクティブ

ハタラクティブは職歴無しの20代でも活用可能な転職エージェントです。

求人はすべて未経験者OKであり、アドバイザーとのキャリアカウンセリングをおこなうことで、自分の希望の仕事が見えてきます。

20代で未経験の仕事に挑戦してみたいと考えている方には、ハタラクティブの利用がおすすめです。

ハタラクティブ

  • 求人数2,300
  • 添削
  • サポート
  • 専門の就活アドバイザーがあなたを徹底サポート!
  • 就職成功率80.4%
  • 自信を持っておすすめできる企業のみ紹介

DYM就職

就職成功者約5,000人の実績を持つエージェントがDYM就職です。。

また、紹介企業との結びつきの強さからすべての求人が書類選考なしで面接が可能となっています。

「書類選考が無い会社ってブラックなのでは……?」と疑問が湧くかもしれませんが、2,000社の求人ははDYM就職が厳選した求人となっており、安心です。

DYM就職

  • 求人数2,000
  • 添削
  • サポート
  • 各企業との強い関係性により書類選考なしで面接を受けられる
  • 上場企業やトップベンチャーなどの厳選求人が約2,000社
  • 最短1週間での入社も可能!

この記事のまとめ

この記事では、20代の未経験者に向けて以下の内容を紹介しました。

  • 文系理系で関係なく未経験でキャリアチェンジできる
  • 求人を探すなら転職エージェントがおすすめ

就職しやすい業界を知り、一歩行動してみることで新しい生活をはじめてみましょう。

関連記事

新卒1年目の転職は準備が大切!企業への面接時の伝え方やメリット・…

新卒1年目だけど転職したい……「経験もないくせに甘えてる」と思われて不利なのかな? 苦労して内…

入社3年目の転職理由は?メリットと失敗せず転職する方法

3年目の転職って何だか難しそう……ホワイト企業に転職するためにはどうすればいいんだろう。 …

「20代で仕事が決まらない…」ストレス・焦りから脱出できるたった1…

転職活動を始めて2か月……15社も書類出したのに1社も受からない 不安や焦りが大きくなって、…

社会人2年目の転職は難しい?成功の5つのポイントと転職理由

新卒1年目は気合いで頑張ったけど、2年目を乗り切れる気がしない…… 実績もないのに2年目で転…

20代の転職活動の進め方|企業研究や面接等の事前準備と流れを解説

目次転職活動の事前準備編転職活動の流れ編初めての転職活動が不安なら、エージェントと共に進めよう 転職活動の事前準備編 転職活動の事前準備としては、企業の情報を取得することと自己分析を行うことから始まり ...