無能と言われる人に転職先を探すことをすすめる3つの理由

無能 転職

無能呼ばわりされて、仕事がもう嫌になっちゃった……ここからどうしたらいいんだろう

考えたくないことだけれど、自分って無能なのかな……転職するべきなんだろうか

仕事に向き合う中で、辛いことが多くあると無能感を抱えてしまいがちですよね。

上司から説教を受けたり、自分の仕事ぶりに満足していない状況だとこのようなネガティブな感情はどんどん強まってしまいます。

無能感を抱えていると「自分が全て悪いんだ……」と思い込みがちですが、実は自分の強みや本来の能力を現職で活かせていない可能性も少なくはありません。

この記事では、無能感を抱く要因について解説したのち、転職の選択肢をおすすめする3つの理由について紹介します。

記事を読み終える頃には、無能感から抜け出し自分らしく働くための方法を見つけられているはずです。

転職先を探すことをすすめる3つの理由

  • 自分の市場価値を誤って把握している可能性がある
  • 職場を変えることでモチベーションをアップできる可能性がある
  • 転職することで視野が拡がる

無能感を抱き続けながら毎日働くことはとても辛いはずです。環境を変えて自分の新しい可能性を探ってみましょう

まずは転職のプロであるエージェントへのキャリア相談から始めることをおすすめします。書類作成や面接対策などサポートも豊富で、転職成功の近道になりますよ

転職サイト
年代と特長
登録
doda 【求人数10万件以上】
  • とにかく大手・優良企業の求人が多いためホワイト企業に出会える確率が高い
  • 細かい検索で自分に合った仕事を見つけやすい
  • 人気企業への内定可能性を「合格診断」で確認可能
詳細
ハタラクティブ 【資格・経験なしOK】
  • 綿密なカウンセリングで自己分析を深められる
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業のみ掲載
  • 就職支援実績15万人以上
詳細
リクルートエージェント 【手厚いサポートでおすすめ!】
  • 独自の非公開求人を20万件保有している
  • 業界最大級!約90%が非公開求人
  • 土日も面談可!遠方者は電話での受け付けも可能
詳細

自分を無能だと思う人は今どんな状態?

周りと比較すると、仕事が出来ていなくて辛い…

自分を無能だと思い、仕事に行くのも辛い状態になっている人は少なくありません。

自分を無能だと思い込んでしまうと、仕事のやる気も出ず、絶望感から自ら難しい仕事に挑戦する気概ごとなくしてしまいます。

自分を無能だと思い込んでしまう状態として、以下3つが挙げられます。

  1. 強みが十分に活かせていない状態
  2. モチベーションが高くなく不安な状態
  3. 成果や結果が出しにくい状態

それぞれについて解説します。

(1)強みが十分に活かせていない状態

自分自身の強みが十分に活かせていない状態では、自分を無能だと思い込んでしまうことがあり得ます。

十分に活かせない状態の例は以下の通りです

  • 管理職で数値を出して統率する仕事が向いているが、営業職でノルマに追う状態
  • 自分のペースで仕事をするほうが向いているが、製造現場でテキパキ動かす状態

自分自身の強みが活かせる仕事でなければ、無能だと自分で思い込むことになります。

(2)モチベーションが高くなく不安な状態

モチベーションが高くなく、仕事に対して不安を抱いているときも自分は無能ではないかと思い込む原因となります。

モチベーションが低くなる状態として、以下が考えられます。

  • 周囲に期待されていない
  • 仕事の成果が周囲から認められない

モチベーションが低いと仕事のクオリティの下落に繋がり、周囲からダメ社員扱いをされる可能性が高くなります。

また、仕事に対して不安感を持っていると、モチベーションを下げてしまいます。

モチベーションが高くない状態では、仕事はうまくいかなくなる可能性があります。

自分自身のモチベーションを維持するためには、仕事をする必要性を見直すことで仕事に自信を持って取り組めるようになります。

(3)成果や結果が出しにくい状態

成果や結果が出しにくい状態では、無能感を抱きやすくなります。

成果が出しにくく無能感に繋がる状態として、以下が考えられます。

  • 営業職の毎月の売り上げノルマに対して上手く成果が出ない状態
  • 管理職でいくら頑張っても自分の成果が実感しにくい状態
  • 製品開発職で販売の伸び筋がいまいちな状態

成果が出ていない状態や、そもそも職種的に成果が出しにくい職種の場合、自分自身が無能なのではないかと絶望感を抱きやすいといえます。

次は、会社での無能な扱いに悩んでいる人に向けた文章となっています。

会社から無能扱いされることにより起こる悲劇について解説します。

 

もう辛い…無能な会社での扱い

会社で一度、上司や経営者から「こいつは無能だ」とレッテルを貼られてしまうと、とそれだけでやりがいのある仕事から遠ざけられる可能性が高くなります。

周囲の評価を自分自身の評価のすべてだと思い込むと、「自分は何もできない」と絶望感が深くなってしまいますよね。

会社で無能というレッテルを貼られてしまうと、次のような状況が起こります。

  • 年下の部下が上司になる
  • 仕事を与えられなくなり、社内ニートだと陰口を言われるよう
  • 営業などの直接部門から経理や監査室などの間接部門に急に異動させられる

それぞれについて解説します。

年下の部下が上司になる

教育していた部下が自分より業績を伸ばし、昇格してた…

会社から無能のレッテルを貼られてしまうと、年下の部下を上司にして、奮起させようとする可能性があります。

しかし、プライドの高い人にとっては無能感に陥り、退職したい気持ちを強めてしまいます。

正社員なので会社側に本人を追い込むつもりが無くとも、部下が上司になる現象が起これば会社から無能と評価されたと落胆するのも無理はありません。

仕事を振られなくなり、社内ニートだと陰口をたたかれる

周りが業務に取り組んでいる中、自分は何も出来なくて顔合わせるのが怖い…

会社から無能のレッテルを貼られると、中々仕事を与えられず、社内ニートとして社内で陰口を言われるようになる可能性があります。

会社に来てもする仕事がないため、1日エクセルを開いたり閉じたりして過ごすことになり、だんだん居場所がなくなっていきます。

そのうち周囲の冷めた視線が辛くなり、何のために仕事をしにきているのか分からなくなります。

会社から無能のレッテルを貼られると社内ニートに追い込まれる可能性が高くなります。

営業等の直接部門から、経理等の間接部門に異動させられる

業績が伸びず、いきなり部署移動が命じられた…

無能のレッテルを貼られると、営業などの直接部門から、いきなり経理や監査室といった間接部門に異動させられます。

営業から本社部門への異動なので表向きは栄転に見えます。

しかし、実際は既存の管理職のメンバーが主要な仕事を担当しており、仕事を分け与えてくれない状況もあり得ます。

管理職の仕事は多くの場合、年配の管理職や入社当初の新卒段階から管理部門で仕事をしているエリートが仕事をしている可能性も高い部署です。

そこに営業職から管理職待遇以外で異動してもバリバリ仕事をすることは難しいといえます。

無能のレッテルを貼られると営業職として使えないと会社から判断されて管理部門で時間を潰してもらうという左遷に近い異動を受ける可能性があります。

自分を無能と感じる人に転職先を探すことをすすめる3つの理由 

自分のことを無能だと思う人ほど、転職活動をして市場価値を知る必要性があります。

1つの会社の中だけの仕事ぶりでは、市場価値は分からないことが圧倒的に多いためです。

仮にいま所属している会社では無能の烙印を押されていたとしても、転職先でうまくポジションにマッチすることが出来れば、活躍できる可能性もあります。

具体的には、以下のようなことです。

転職先を探すことをすすめる3つの理由

  1. 自分の市場価値を誤って把握している可能性がある
  2. 職場を変えることでモチベーションをアップできる可能性がある
  3. 転職することで視野が拡がる

(1)自分の市場価値を誤って把握している可能性がある

自分を無能だと思い込んでしまうと、自分自身の市場価値を見誤っていることが多々あります。

市場価値とは、年齢によって変化する傾向にあります。

転職における市場価値
20代 若さ・やる気等のポテンシャル面
30代 培ってきた社会人経験でのスキル面
40代 特定の職種のスペシャリスト面
部下を統括するマネージメント面

あなたが活躍できていないのは日本にある何万社もある企業の中のたった一つです。

転職エージェントの無料相談を受けることで、自分自身の市場価値を確かめることが可能です。

自分を無能だと思い込むのではなく、自分の価値を信じて、転職エージェントに相談してみるようにしてください。

(2)職場を変えることでモチベーションをアップできる可能性がある

職場を変えることでモチベーションをアップさせ、無能な状態から抜け出せる可能性があります。

モチベーションをアップするコツとしては、転職先でやりたいことを明確にしておくことがよいといえます。

転職では職種を選んで転職することができる可能性が高くなるためです。

新卒のような総合職採用とは大きく異なり、中途採用では職種を指定して採用することがほとんどです。

職場を変えることで自分がやりたい職種に転職できる可能性がアップするため、モチベーションを高めることができる可能性があります。

転職することで人間関係がリセットされる

転職をすることで自分を無能扱いしていた社員が周囲からいなくなり、人間関係がリセットされます。

同業他社に転職しない限り、以前の職場での仕事ぶりをしっているような人はほとんどいなくなります。

新たなスタートを切ることが出来るので、気持ちよく仕事を出来るようになる可能性が高くなります。

転職することで人間関係がリセットされるので、無能扱いされていた過去を忘れることができるかも知れません。

転職サイト
年代と特長
登録
doda 【初めての転職◎】
  • とにかく大手・優良企業の求人が多いためホワイト企業に出会える確率が高い
  • 細かい検索で自分に合った仕事を見つけやすい
  • 人気企業への内定可能性を「合格診断」で確認可能
詳細
ハタラクティブ 【資格・経験なしOK】
  • 独自のカウンセリングで自己分析を深められる
  • 求人は全てコンサルタントが実際に足を運んだことのある職場のみ
  • 就職支援実績15万人以上
詳細
リクルートエージェント 【キャリアUPにおすすめ!】
  • 独自の非公開求人を20万件保有している
  • 業界最大級!約90%が非公開求人
  • 満足度97%、面接通過率約17%UPの「面接力向上セミナー」に参加可能
詳細

この記事のまとめ

この記事では、無能と言われる人に向けて以下の内容を紹介しました。

  • 仕事では、自分のモチベーション維持・強みを活かせる環境の理解が必要
  • 会社で無能というレッテルを張られると社内ニートに繋がる
  • キャリアを歩み直す選択肢として転職先を探すメリットは3つある

仕事での無能感はとても辛くて、現状を変えようと試みてもなかなか上手くいかない可能性が高いです。

もしも、心機一転してキャリアを歩みなおしたいと考えるのであれば、一度転職エージェントに相談してみてください。

自分の仕事に誇りをもち、イキイキと働ける職場に出会えることを願っています。

関連記事

仕事決まらない20代|ストレス焦りから脱出できるたった1つのコツ

転職活動を始めて1ヶ月半…書類応募出したのは10社ちかくなのに1社も受からない 不安や焦りが…

引き抜き転職のリスクとは?転職での注意点とメリット・デメリット

引き抜きの声が掛かったけど、実際トラブルのリスクとかあるのかな… 引き抜き転職って、どん…

年間休日90日は少なすぎる…上手な働き方と対処法3つ

年間休日90日と聞くと「休みが少なすぎる!」と思う方も多いのではないでしょうか。 土日祝がコンスタン…

年収200万で正社員は低い?転職したほうが良い3つのメリット

正社員で年収200万は正直厳しい… まだ入社して間もないから仕方ないのかな… 正社員で新…

【営業職から転職したい方へ】おすすめ職種と身についたスキル6つ

ノルマや人間関係に疲れちゃったから営業職を辞めて違う職種で働いてみたい。 営業職は自分のや…