4年目で転職を考える人は「実績」が重要

就職4年目で仕事にも飽きてきたし、モチベーションが上がらないから転職しようかな

就職して4年目で転職を考えているけど、どういうところに気を付ければいいのだろう

就職して4年目は、3年を超えたというある種の節目であり、仕事も一通り覚えてだんだんモチベーションが下がってくる時期だと思います。

このタイミングで、転職が頭にちらつく人は多いのではないでしょうか?

まだ年齢的にも引く手あまたではありますが、だからといってあまり考えずに戦略を持たない転職活動をするのはとても危険です。

第二新卒でもなく、充分に実績とスキルを積んだといえる年数でもない4年目の転職活動は、いくつか気を付けるべきことがあります。

この記事では、4年目で転職活動をするときの注意点と、成功への実績の高い転職エージェントをご紹介いたします。

4年目の転職での注意点3つ

  1. 転職先の選定で「失敗できない」ことを認識する
  2. 管理職になりやすいか
  3. 3年間続けられる会社か
 
転職サイト
年代と特長
登録
リクルートエージェント 【キャリアUP】
  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1
詳細
転職shop 【キャリアchange】
  • 20代で未経験者対象の求人紹介
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業8500社以上が掲載
  • 書類選考なしで内定を近づきたい方におすすめ
詳細

4年目の転職とはどういうこと?

まず4年目で転職するということは、どういうことなのか?ということを理解していきましょう。

3年目まではポテンシャル重視だったが4年目からは「実績」が問われる

卒業してすぐに入社した会社だったとしたら、3年以内なら第二新卒として転職活動ができるため、人物重視のポテンシャル採用が主になります

しかし、4年目となると第二新卒枠から外れて中途採用になるため「実績」が問われることになります。

実績とは、いままでの仕事で「どんな仕事をしてきて」「どんな成果を出すことができたか」というもの。

まずは、それらを棚卸する作業をしっかりとするようにしましょう。

ライバルは20代後半~30代前半の職種経験者が主

また中途採用として戦っていく市場は、強敵がが多くいます。

20代後半~30代前半の実績とスキル、人によっては役職経験もある人材が大勢ひしめいています。

4年目での転職者はそれらの武器が5年以上キャリアを積んだ人材と比較して、まだ弱いのが実情でしょう。

この猛者たちとの戦いに勝ち、4年目の転職を成功させるためにはしっかりとした戦略が必要になってきます。

採用基準は厳しく即戦力としての活躍を期待される

就職3年目までのポテンシャル採用を抜けた4年目以降の転職活動では、「即戦力で活躍できるか?」という基準で見られます。

職種や業界の経験や、スキル面での充実度合いも即戦力として活躍するためには必要不可欠。

つまり「コアスキル」「ポータブルスキル」がしっかり備わっているかが重要になります

「コアスキル」
ビジネスマンとしての基礎能力のことです。
たとえば、「健康維持などの自己管理力」「成果を出すための性格特性」「物事を概念化する能力」「考えた策を実行するための能力」などです。
※参考:市場価値測定研究所「セブンレイヤーズモデル」
「ポータブルスキル」
持ち運びのできるスキル、つまりその会社でしか通用しないものでは無く、どこの会社や環境にいっても通用するスキルのことです。
例えば、「コミュニケーションスキル」「論理的思考力」「ストレス耐性」「業界知識」「汎用性のある職務能力」などがこれにあたります。
※参考:厚生労働省「“ポータブルスキル”活用研修 講義者用テキスト」

中途採用として即戦力での活躍を求められる就職4年目以降の人材は、今までの職歴を通じてこの「コアスキル」「ポータブルスキル」が養われているか、がとても重要になってくるのです。

4年目で転職活動をするということはどういうことか?という環境認識ができたところで、つぎは4年目で転職をするための注意点を具体的に見ていきましょう。

4年目の転職での注意点

4年目での転職活動をする上で、注意しなければいけないことは主に3つあります。

モチベーションがあがらないから転職したいは危険

まず1つめは、転職しようと思った動機に注意が必要です。

転職先での面接で、転職を考え始めた理由は必ず聞かれます。

前職の退職理由や転職先への志望動機の部分ですね。

4年目はモチベーションが下がりやすい時期なので、それをそのまま「仕事にも慣れてきてモチベーションが上がらなくなってきたため転職活動を考えました」と言ってしまうのは当然NG。

面接担当者からしてみたら「社会をなめている」「うちに入社しても飽きたらやめてしまうのでは?」という印象を持たれ、採用が遠のくでしょう。

では、どう答えればよいかというと「もっと成長したい」という前向きな転職理由を言えばOKです。

そのためには、「前職では成長できないと思った理由」や「転職先で成長できると思った理由」がそれぞれ必要になります。

この2つをしっかり考え抜くことが、4年目での転職活動を成功させるための近道と言えます。

仕事できないと自負する人はまず成功体験を積もう

就職して4年目となると、まだそれほど目立った実績を上げている人もいないかもしれません。

自信をもって「仕事ができます」ということができない人も多いと思います。

自分のことを「仕事できない」と思っていると、それが面接で伝わってしまい、自信がなさそうにみえることで魅力が弱まります。

また、根拠のない「仕事ができます」も説得力がなく、面接担当者に良い印象を与えることはできあません。

では、どうすればよいかというと、まずは仕事での「成功体験」を積みましょう

成功体験は「目標」をもってそれを「達成」することで得られます。

仕事上で、「自分はこんな目標をもって、こういう努力や工夫をした結果、達成することができた」という経験を積んで、それを実績として言えるようにするのです。

また「成功体験」は気づいていないだけの可能性もあるので、しっかりいままでの仕事を振り返り成功体験の棚卸をすることも重要です

成功体験を持つことで面接時にアピールできる実績ができる上、スキルも身について、自信のある立ち居振る舞いも可能になります。

それが、4年目での転職活動を成功に導く大きな武器になるのです。

キャリアアップか、キャリアチェンジか

また転職する際に考慮するべきポイントに「キャリアアップ」か「キャリアチェンジ」かという論点があります。

社会人4年目の転職は、「キャリアアップ」だけでなく「キャリアチェンジ」という選択肢も残されています。

「キャリアアップ」
前職の仕事の延長線上(同職種や同業界)で、さらに今よりもレベルアップした仕事や上流の仕事ができるようになることです。
結婚を考えたときは、同じ業界でより会社の将来性のあるところや、より責任のある業務を任せてもらえる会社に転職をする人が多いでしょう。
「キャリアチェンジ」
いままでのキャリアとは全く別の未経験の業界や職種に変えることを言います。
今いる業界を深く研究したときに先行きに不安を感じた場合は、思い切って将来性のある業界に転職するという賢明な判断を行う人が多いでしょう。

このどちらを選ぶかは、じっくりと自己分析や業界の先行き、将来性などを考えたうえで選択する必要があります

例えば、就職して4年目ともなると年齢的に結婚を考える人も増えてくるでしょう。

そのタイミングで、まったく別の業界や職種に変わるキャリアチェンジをすることもアリだと思いますが、リスクのある選択だということは認識しておくべきです。

このように、4年目での転職は注意するポイントが3つもあります。

これらをクリアするためには、自分だけで考えるよりも転職のプロに力を借りたほうが、時短でかつ有効な策を講じることができます。

次は、4年目の転職におすすめの転職エージェントを、その選定基準もふくめて解説していきます。

4年目の転職におすすめの転職エージェント

4年目の転職におすすめの転職エージェントはあるのでしょうか?

どのような基準で選べば良いか、まずは押さえておきましょう。

4年目の人が選ぶ基準

実績やスキルが比較的まだ弱い4年目の転職者が選ぶ転職エージェントは、20代の若年層に強いところを選ぶようにしましょう。

就職4年目で転職しようとする人の環境としては、前述のとおりで中途採用という枠になるため、強者たちがひしめく戦場になります。

自信のある方なら「リクナビNEXT」などの有名どころの転職サイトを利用しても、転職することはできるかもしれませんが、その競争の激しさから採用率は下がるでしょう。

就職4年目の転職者は中途採用というよりは、どちらかというと第二新卒にちかい見られ方をします。

20代に特化した転職エージェントに求人を依頼している企業は、就職4年目の薄いキャリアの弱点を前向きにとらえている会社ということになります。

その中で戦うことで、豊富なキャリアを持つミ20代後半~30代前半の人材との立場が逆転し、優位に転職活動が進められるでしょう

また、第二新卒と比較しても、実務経験が豊富で即戦力になるというプラス要素があることから有利になることもあります。

転職エージェント2選

そのような転職エージェント選びの基準を満たすおすすめのエージェントを2社厳選してご紹介します。

リクルートエージェント

まずは、業界最大手の「リクルートエージェント」は必ずチェックしてください。

大手の上場企業や、有名企業の求人を多数取り扱っています。

求人数は記事執筆時点で、「公開求人92,043件 / 非公開求人181,587件」という驚異的な求人数を誇ります。

リクルートエージェントの優秀なキャリアアドバイザーからカウンセリングをうけることで、豊富な求人の中から自分に合っている、かつ4年目の転職者でも採用チャンスがある企業をマッチングしてもらえます

リクルートエージェント

  • 求人数260,000
  • 添削
  • サポート
  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

就職SHOP

そして、20代の第二新卒に強い「就職SHOP」もおすすめです。

就職SHOPは、リクルートエージェントと同じリクルートグループの「リクルートキャリア」が運営しています。

競合している転職者は、キャリアの弱い第二新卒が中心なので、それよりも即戦力になり得る4年目の転職者は優位に転職活動をすることができる可能性が高いです

求人数も8555社と豊富で、掲載している会社はすべて訪問し取材をした求人だけしか扱っていないので質も担保されています。

「就職して4年目だけどあまりキャリアに自信がない」という人は就職SHOPで手厚いサポートを受けながら、転職先を探すことをおすすめします。

就職Shop

  • 求人数8500
  • 添削
  • サポート
  • 20代で未経験者対象の求人紹介
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業8500社以上が掲載
  • 書類選考なしで内定を近づきたい方におすすめ

この記事のまとめ

この記事では、社会人4年目が転職活動を成功させるための3つのの注意事項についてご紹介いたしました。

  1. モチベーションがあがらないから転職したいは危険
  2. 仕事できないと自負する人はまず成功体験を積もう
  3. キャリアアップか、キャリアチェンジか

結論を言えば、就職4年目での転職は、中途採用の強みも兼ね備えるタイミングとしては最高の時期です。

しっかり注意点を押さえながらこのタイミングに乗って、自分の希望に合った良い転職先を見つけてくださいね。

関連記事

転職活動決まらない…20代なのに2ヶ月経過した方向け|成功の秘訣5つ

目次転職活動決まらない…疲れたし不安が大きくなるばかり転職活動決まらない…成功の秘訣4つ転職活動が決まらない人はエージェントを活用しよう 転職活動決まらない…疲れたし不安が大きくなるばかり 「あ~もう ...

会社を辞めてから転職活動は大変?在職中にした方がいい3つの理由

今の職場を早く辞めたい…で…

社会人5年目の転職で注意すべき3つと心得るべき人生の分岐点とは

入社して5年目でそろそろ転…

20代がハローワークを活用すると後悔する|その理由を現役人事に聞…

20代…

20代で仕事が見つからない…焦りや不安を和らげる目標の探し方3つ

20代…