28歳のニートは後先ない?30歳までに就職しないと社会復帰が難しい理由

28歳のニートでも就職は可能!

\就職への不安が強い方へおすすめ!/

就職のプロに
無料相談してみる

ブラック企業を徹底排除し、離職率の高い企業は紹介していません。

「職歴なしの28歳ニートだけど、どう行動したらいいのかわからない……」
「いつか貯金がなくなったり、親を頼れなくなったらどうしよう……」

将来のお金の問題や同年代との格差、社会人へのコンプレックスなど、ニート特有の不安を抱えている方は少なくないでしょう。

しかし、28歳でもニートから卒業はでき正社員として働くことができます。

もちろん長年ニートだった方が、社会復帰することは容易ではありません。

しかし、適切な対策を打つことで社会復帰へのハードルをグッと引き下げることができます。

この記事では28歳の社会的立ち位置や30歳までに就職したほうがいい理由、ニートが社会復帰するための方法を紹介していきます。

最後まで読むことで、ニート生活に終止符を打つための大きな一歩を踏み出せるようになるでしょう。

30歳までに就職しないと社会復帰が難しい理由

  • 30代に入ると応募できる求人が減ってしまう
  • 30代の社会人は即戦力としての経験が重視される

結論から言えばニートの方の社会復帰には就職エージェントの利用をおすすめします。
就職のプロが就職活動をフルサポートしてくれますよ。

「社会復帰の意志はあるがどうすればいいかわからない」
「何の仕事が自分に向いているのか知りたい」
など、簡単な悩み相談からでも大丈夫です。
サポートは完全無料なので、まずは話を聞いてみるところから始めてみましょう。
就職成功に向けて、今回だけ勇気を出してみてください。

転職エージェント
特長
登録
JAICJAIC(ジェイック) 【当サイトおすすめ!】
  • 100%訪問取材でブラック企業を徹底的に排除
  • 就職率81.1%・入社後定着率91.3%の高い実績
  • 就職前のセミナーで社会人のマナーがバッチリ身に着く!
詳細
ハタラクティブハタラクティブ
  • 支援実績は60,000人以上!
  • 自信を持っておすすめできる企業のみ紹介!
詳細

28歳のニートは社会的にどういう扱い?

厳しい現実ですが、28歳のニートは、社会的に「人材としての価値が低い」「信用度が低い」という立場にあります。

では、なぜこのように評価されてしまうのか、その理由をみていきましょう。

人材としての価値が低い

28歳でニートという立場は、企業が社員を採用する際に、職歴にブランクがあることがマイナスに評価されます。

なぜなら、一般的に28歳という年齢の社員は、ある程度の経歴と信頼をともない始める時期だからです。

入社して数年の経験を積み、新人から中堅へステップアップすることで、社内で重要な役割を担うことを期待されます。

そのため、社会復帰をしようと求人に応募しようとしても、同年代で職務経験がある人々と比較した場合、28歳のニートは低く評価されてしまうのです。

信用度が低い

一般的に、ニートは収入がないために社会的な信用度が低いと考えられています。

社会的信用が低いことによって障害を感じる場面はさまざまです。

よくある例をあげると、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、ニートでは審査が通らないケースがあります。

クレジットカードやローンは、その人が継続的に仕事を続けていて安定的な収入があることを審査材料とします。

そのため、仕事についておらず収入がないニートでは、信用度が低いと判断され、審査を通過するのは難しいのです。

このように、ニートであることで社会的な障害を目の当たりにすることもでてくるのです。

ニートからの脱出におすすめの就職エージェント

  • JAIC
  • 就職成功率81.1%!厚生労働省が認める職業紹介優良事業者
  • ハタラクティブ
  • 業界最大級!10万件以上の非公開求人を保有しており、サポートが手厚い

30歳までに就職しないと社会復帰が難しい理由

不景気な時代に職を失いニートになった人は多く、そのまま高齢化したニートが就職できずにいるという問題は深刻化しています。

一般的に、30歳までに就職できないと、社会復帰が厳しくなるといわれていて、「この年齢で正社員は無理だ」とあきらめてしまう方も少なくありません。

30歳までに就職しないと社会復帰が厳しくなるおもな理由は、30代という年齢が不利になることと、経験が重視されることにあります。

ここから、それぞれの理由についてくわしく解説していきます。

30代という年齢が不利になる

日本では人手不足が問題となっているため、新卒や転職の求人数は以前より増えています。

しかし、どの年齢の求職者にとっても就職しやすいわけではなく、若い人を採用しようと考える企業が多くあります。

さらに、応募可能な年齢を30歳や35歳までと設定している求人もみられます。

30代で応募できる求人数が減る理由は、企業が社員の将来性を重視しているからです。

30代の社員と20代の社員が同時に入社する場合、退職しなければ20代の社員のほうが長くその企業で経験を積め、企業に長く貢献できます。

また、若い人のほうが、覚えや順応が早いというイメージもあります。そのため、30代は20代よりも、人材市場では不利になってしまうのです。

経験が重視される

企業が30歳以上の社員を採用する場合、以前の経歴や保有している資格を評価し、入社してすぐに戦力になることを期待します。

30歳になっても経験値が低い人は、希望する職種があっても、職務経歴やスキルがないことでいっそう採用されにくくなってしまうのです。

そのため、なんとしても20代のうちに職歴を作っておくことが重要です。

さらに、30歳までとはいわず、28歳のうちにでも行動することをおすすめします。

なぜなら、30歳までの1歳の差は大きく感じるもので、29歳と聞くと30歳までは数か月というイメージですよね。

また、20代のうちに職歴を作っていれば、30歳で「職歴なし」という状況はさけられます。

30代以降に転職をしようと考えたときに、20代で作った経歴を武器に、キャリアアップを図れる可能性につながるかもしれません。

\JAICなら就職成功率81.1%!/

まずは話を聞いてみる

ニートが社会復帰するための簡単な秘策

ニートの方で社会復帰しようとしても、

経験もないのにどうしたらいいの?
ニートでは、実際厳しいのでは?

と感じるかたもなかにはいるかもしれません。

しかし、ニートが社会復帰するための近道の手段として、簡単な方法があります。

それは、ニートの就業に力を入れている就職エージェントを利用することです。

そのような就職エージェントを利用するとどのような利点があるのか、ここから解説していきます。

ニートの就業支援を行う就職エージェントを利用する

就職エージェントはたくさんありますが、それぞれに特徴があります。

転職エージェント
特長
登録
JAICJAIC(ジェイック) 【当サイトおすすめ!】
  • 100%訪問取材でブラック企業を徹底的に排除
  • 就職率81.1%・入社後定着率91.3%の高い実績
  • 就職前のセミナーで社会人のマナーがバッチリ身に着く!
詳細
ハタラクティブハタラクティブ
  • 支援実績は60,000人以上!
  • 自信を持っておすすめできる企業のみ紹介!
詳細

たとえば、ITや医療などの分野に特化しているものや、現状より高いポジションや給料を目指す人々をターゲットにしたものなどもあります。

このように、それぞれのエージェントごとにサービスので「強み」を持っているのです。

そのなかで、ニートの就業支援をしているエージェントは、ニートであることが不利にならないようなサービスを展開しています。

たとえば、ITのように専門性が高い業界であっても、経歴や知識の有無を問わない「未経験者歓迎」な求人を紹介しているエージェントがあります。

また、雇用条件や福利厚生が整っていて働きやすい職場を紹介してくれるエージェントもあるので、安心して就職活動ができるでしょう。

ニート向けのサービスを展開しているエージェントには、こういった特徴があります。

そのためほかの種類のエージェントよりも、選考通過の確率や職者と職場の相性の良さが期待できるのです。

ここからは、就職エージェントが就職活動にどう役立つかのがわかるよう、サービスの内容を解説していきます。

就職エージェントとは

就職エージェントは、「こんな人材が欲しい」と考える企業と、「こんな仕事に就きたい」と考える求職者との出会いを提供してくれます。

いわば、お見合いの仲介人のような存在なのです。

そして、求職者が「自分にあった求人だ」と判断し応募する際には、エージェントは求職者が選考を通過できるようさまざまなサポートをしてくれます。

書類選考や面接の段取りを組むだけではなく、求職者の人柄や熱意が企業によく伝わるよう、応募書類や面接のドバイスもしてくれます。

このように、就職エージェントは求職者にとって、よき相談相手・頼もしい味方となるのです。

ニートのサポートが手厚い×支援実績のあるエージェント2選

ここでは、ニートのサポートに力を入れている就職エージェントを2社ご紹介します。

1.JAIC

JAIC

  • 求人数5,000
  • 添削
  • サポート
  • フリーター、未経験、既卒からの就職成功率が80%以上
  • 就職できるまで個別サポート
  • 離職率が高い企業の紹介はしない

1つ目に紹介するのは、「JAIC」です。

JAICは81.1%という高い就職成功率を誇り、さらに入社後の定着率が91.3%となっています。

つまり、JAICを利用して就職した9割の方はJAICが紹介してくれた企業に満足しているということです。

この高い定着率は、JAICの社員が実際に紹介先企業へ足を運び、厳格な審査基準をクリアした企業のみを紹介しているからこその数値となっています。

さらに、JAICでは就職前に就活講座を実施することで、社会人に必要なビジネスマナーを勉強する機会があります。

これは職歴なしのニートの方にとってはうれしいことですよね。

そして、厚生労働省が認める職業紹介優良事業者に認定されているという点もポイントです。

就職(転職)エージェントは全国に1万社以上もの数がありますが、そのうちでこの認定を受けている会社は43社しかありません。

まとめると、「経験がないけど20代のうちに就職したい」というニートの方にとってぴったりのエージェントであるということです!

JAICで就職する

2.ハタラクティブ

ハタラクティブ

  • 求人数2,300
  • 添削
  • サポート
  • サービス利用者の40%以上が正社員としての実務経験なし
  • エージェントが実際に企業に訪問をし、ブラック企業を事前にチェックしている
  • 紹介予定派遣を多くしているので、企業とのミスマッチを防ぐ

2つ目に紹介するのは、「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブの特徴は、正社員になった経験がない方の利用者が多い点です。

ハタラクティブを利用している職務経歴がない方で、多くの方が就職できている理由は、ハタラクティブが書類審査や面接の相談やコツを丁寧にしてくれるからです。

厚生労働省に「若者キャリア応援制度」のエージェントとして認定されたこともあり、利用者約15万人というしっかりとした実績があることも、サービスのよさのためです。

また、ハタラクティブで就職した人々の実績をみると、営業や技術者など、さまざまな職種がみられます。

「28歳から始める仕事って選択肢が少ないのでは?」と感じるかもしれませんが、ハタラクティブに相談し、幅広い選択肢からまずは自分が希望する仕事を探してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブに相談してみる

この記事のまとめ

ここでは、28歳のニートの方におすすめしたい2つの就職エージェントをご紹介してきました。

これは就職する手段のほんの一部ですが、大切なことは、早く行動して20代のうちに就職することです。

自信がない方もいるかもしれませんが、20代であることと、求人数が多いことは、追い風です。

30歳になって後悔するよりも、今、勇気を出して行動を起こしましょう。

関連記事

女性ニートが就職成功するポイントは?未経験でも正社員になる方法

\就職への不安が強い女性におすすめ/ 就職のプロに無料相談してみる ※ブラック企業を徹底排除し、離…

高卒ニートが就職するために資格は必要?社会復帰する方法をご紹介!

高卒ニートだけど就職できるのかな? 就活の経験がないから、どう行動すればいいのかわから…

どうせニートの就職は無理だよね…諦めかける人への脱出方法4つ

「就職、あきらめかけてないですか?」 就職のプロに無料相談してみる ※ブラック企業を徹底排除し、離…

ニートだけど早く働きたい…就活で武器にすべき就職サポート3選

\ニートの就職をフルサポート!/ 就職のプロに無料相談してみる ※ブラック企業を徹底排除し、離職率…

29歳のニートは今すぐ就職すべき!30歳超えの就活のリスクとは

\30代前の最後のチャンス!/ 就職のプロに無料相談してみる ※ブラック企業を徹底排除し、離職率の高…