28歳のニートは後先ない?30歳までに就職しないと社会復帰が厳しくなる理由

いつか貯金がなくなったり、親を頼れなくなったりするのではないかな…

将来不安だけど、どう行動したらいいのかわからない…

と感じると思います。

28歳はニートから卒業できる重要な年齢です。

なぜなら、30歳までに就職できなければ、その後の社会復帰はさらに難しくなるからです。

この記事では28歳ニートの社会的立場のみかたもふまえながら、就職への近道をご紹介していきます。

この記事でわかること

  • 28歳ニートの社会的な扱い
  • 30歳までに就職しないと社会復帰が厳しくなる理由
  • ニートが社会復帰するための簡単な秘策
  • ニートにおすすめの転職エージェント

就職SHOP

就職Shop
  • 20代未経験者対象の求人紹介
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業8500社以上が掲載
  • 書類選考なしで内定を近づきたい方におすすめ

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

28歳のニートは社会的にどういう扱い?

28歳のニートは、厳しい現実ですが、社会的に「人材としての価値が低い」「信用度が低い」という立場にあります。

では、なぜこのように評価されてしまうのか、その理由をみていきましょう。

人材としての価値が低い

28歳でニートという立場は、企業が社員を採用する際に、職歴にブランクがあることがマイナスに評価されます。

なぜなら、一般的に28歳という年齢の社員は、ある程度の経歴と信頼をともない始める時期だからです。

入社して数年の経験を積み、新人から中堅へステップアップすることで、社内で重要な役割を担うことを期待されます。

そのため、社会復帰をしようと求人に応募しようとしても、同年代で職務経験がある人々と比較した場合、28歳のニートは低く評価されてしまうのです。

信用度が低い

一般的に、ニートは収入がないために社会的な信用度が低いと考えられています。

社会的信用が低いことによって障害を感じる場面はさまざまです。

よくある例をあげると、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、ニートでは審査が通らないケースがあります。

クレジットカードやローンは、その人が継続的に仕事を続けていて安定的な収入があることを審査材料とします。

そのため、仕事についておらず収入がないニートでは、信用度が低いと判断され、審査を通過するのは難しいのです。

このように、ニートであることで社会的な障害を目の当たりにすることもでてくるのです。

30歳までに就職しないと社会復帰が厳しくなる理由

不景気な時代に職を失いニートになった人は多く、そのまま高齢化したニートが就職できずにいるという問題は深刻化しています。

一般的に、30歳までに就職できないと、社会復帰が厳しくなるといわれていて、「この年齢で正社員は無理だ」とあきらめてしまう方も少なくありません。

30歳までに就職しないと社会復帰が厳しくなるおもな理由は、30代という年齢が不利になることと、経験が重視されることにあります。

ここから、それぞれの理由についてくわしく解説していきます。

30代という年齢が不利になる

日本では人手不足が問題となっているため、新卒や転職の求人数は以前より増えています。

しかし、どの年齢の求職者にとっても就職しやすいわけではなく、若い人を採用しようと考える企業が多くあります。

さらに、応募可能な年齢を30歳や35歳までと設定している求人もみられます。

30代で応募できる求人数が減る理由は、企業が社員の将来性を重視しているからです。

30代の社員と20代の社員が同時に入社する場合、退職しなければ20代の社員のほうが長くその企業で経験を積め、企業に長く貢献できます。

また、若い人のほうが、覚えや順応が早いというイメージもあります。そのため、30代は20代よりも、人材市場では不利になってしまうのです。

経験が重視される

企業が30歳以上の社員を採用する場合、以前の経歴や保有している資格を評価し、入社してすぐに戦力になることを期待します。

30歳になっても経験値が低い人は、希望する職種があっても、職務経歴やスキルがないことでいっそう採用されにくくなってしまうのです。

そのため、なんとしても20代のうちに職歴を作っておくことが重要です。

さらに、30歳までとはいわず、28歳のうちにでも行動することをおすすめします。

なぜなら、30歳までの1歳の差は大きく感じるもので、29歳と聞くと30歳までは数か月というイメージですよね。

また、20代のうちに職歴を作っていれば、30歳で「職歴なし」という状況はさけられます。

30代以降に転職をしようと考えたときに、20代で作った経歴を武器に、キャリアアップを図れる可能性につながるかもしれません。

ニートが社会復帰するための簡単な秘策

ニートの方で社会復帰しようとしても、

経験もないのにどうしたらいいの?
ニートでは、実際厳しいのでは?

と感じるかたもなかにはいるかもしれません。

しかし、ニートが社会復帰するための近道の手段として、簡単な方法があります。

それは、ニートの就業に力を入れている就職エージェントを利用することです。

そのような就職エージェントを利用するとどのような利点があるのか、ここから解説していきます。

ニートの就業支援を行う就職エージェントを利用する

就職エージェントはたくさんありますが、それぞれに特徴があります。

たとえば、ITや医療などの分野に特化しているものや、現状より高いポジションや給料を目指す人々をターゲットにしたものなどもあります。

このように、それぞれのエージェントごとにサービスので「強み」を持っているのです。

そのなかで、ニートの就業支援をしているエージェントは、ニートであることが不利にならないようなサービスを展開しています。

たとえば、ITのように専門性が高い業界であっても、経歴や知識の有無を問わない「未経験者歓迎」な求人を紹介しているエージェントがあります。

また、雇用条件や福利厚生が整っていて働きやすい職場を紹介してくれるエージェントもあるので、安心して就職活動ができるでしょう。

ニート向けのサービスを展開しているエージェントには、こういった特徴があります。

そのためほかの種類のエージェントよりも、選考通過の確率や職者と職場の相性の良さが期待できるのです。

ここからは、就職エージェントが就職活動にどう役立つかのがわかるよう、サービスの内容を解説していきます。

就職エージェントとは

就職エージェントは、「こんな人材が欲しい」と考える企業と、「こんな仕事に就きたい」と考える求職者との出会いを提供してくれます。

いわば、お見合いの仲介人のような存在なのです。

そして、求職者が「自分にあった求人だ」と判断し応募する際には、エージェントは求職者が選考を通過できるようさまざまなサポートをしてくれます。

書類選考や面接の段取りを組むだけではなく、求職者の人柄や熱意が企業によく伝わるよう、応募書類や面接のドバイスもしてくれます。

このように、就職エージェントは求職者にとって、よき相談相手・頼もしい味方となるのです。

ニートのサポートが手厚い×支援実績のあるエージェント2選

ここでは、ニートのサポートに力を入れている就職エージェントを2社ご紹介します。

1.就職SHOP

1つ目に紹介するのは、「就職SHOP」です。

就職SHOPでは、応募時の書類選考がパスされそのまま面接を受けられます。

つまり、ニートが弱みとする経験の不足なさや経歴のブランクが、選考でハンデになりにくいという大きな魅力があるのです。

しかし、「面接に進めたとしても、自分をアピールできる自信ない……」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、就職SHOPでは、面接にのぞむ利用者にしっかりと指導をしてくれるので、準備万全の状態で面接にのぞめます。

また、就職SHOPで就職した方の70%が、正社員の経験が1年未満の人々で、利用者の90%は20代です。

つまり、「経験がないけど20代のうちに就職したい」というニートにとってぴったりのエージェントだといえるでしょう。

就職SHOP

就職Shop
  • 20代未経験者対象の求人紹介
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業8500社以上が掲載
  • 書類選考なしで内定を近づきたい方におすすめ

2.ハタラクティブ

2つ目に紹介するのは、「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブの特徴は、正社員になった経験がない方の利用者が多い点です。

ハタラクティブを利用している職務経歴がない方で、多くの方が就職できている理由は、ハタラクティブが書類審査や面接の相談やコツを丁寧にしてくれるからです。

厚生労働省に「若者キャリア応援制度」のエージェントとして認定されたこともあり、利用者約15万人というしっかりとした実績があることも、サービスのよさのためです。

また、ハタラクティブで就職した人々の実績をみると、営業や技術者など、さまざまな職種がみられます。

「28歳から始める仕事って選択肢が少ないのでは?」と感じるかもしれませんが、ハタラクティブに相談し、幅広い選択肢からまずは自分が希望する仕事を探してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

この記事のまとめ

ここでは、28歳のニートの方におすすめしたい2つの就職エージェントをご紹介してきました。

これは就職する手段のほんの一部ですが、大切なことは、早く行動して20代のうちに就職することです。

自信がない方もいるかもしれませんが、20代であることと、求人数が多いことは、追い風です。

30歳になって後悔するよりも、今、勇気を出して行動を起こしましょう。

関連記事

ニートでもできるバイト5つと始める前に確認すべき3つの注意点

人とのコミュニケーションをとるのが苦手… 体力仕事は少し自信がない…… ニートは仕事が…

ニートだけど早く働きたい…就活で武器にすべき就職サポート3選

ニートで働きたいけど雇ってくれる会社なんてあるの? と悩む方は多いと思います。 ニートであ…

29歳のニートは今すぐ就職すべき!30歳超えの就活のリスクとは

ニートから脱出したいけど職歴なし、資格なしのニートに就職は無理かな と諦めている方もいるの…

職業訓練がおすすめできない理由と今すぐ使える就職無料サービス

ニートの状態から社会復帰したいけど、職業訓練って実際どうなの? 職業訓練は離職者に向けた、…

ニートがハロワで職業相談すると?はじめて利用する人向けの解説書

ハロワとはハローワークの略で、正式名称は公共職業安定所といいます。 仕事を探している人に対して年齢…