仕事が地獄のような日々…辛いのに無理して留まる必要はない3つの理由

仕事に行くのが嫌すぎて毎日が地獄…

耐えるべきか、転職すべきか悩む…

現職で職場環境が合わないと、今後この会社での未来が見えてこないと悲観的になってしまいます。

今後仕事とどう向き合うべきか悩んでしまい、毎日が辛く感じているかもしれません。

しかし地獄のような日々に苦痛を感じているのなら、無理に留まらなくていいんですよ。

ここでは、仕事が地獄のような日々だと感じてしまう要因に触れたのち、留まる必要のない理由について紹介します。

この記事でわかること

  • 仕事のやりがいは職場環境労働環境が左右する
  • 仕事が辛いと心身ともに病み、最悪の場合は精神疾患になる恐れあり
  • 環境が変えると仕事のパフォーマンスの質向上に繋がる

仕事が地獄のような日々…嫌でたまらない4つの要因

仕事が地獄だと感じる原因として、会社に対する期待を裏切られる状態が当たり前になってしまっているということがあります。

また、「本来はこうあるべきだ」という固定観念が強いと結果的には自分を追い込むことになります。

毎日の仕事が地獄すぎると感じる4つの要因について解説させていただきます。

仕事が地獄と思う4つの要因

  1. 仕事が単調でつまらない
  2. 成果が出ない
  3. 人間関係が悪い
  4. 頑張っても評価されない

仕事が単調でつまらない

今の仕事にやりがいを感じず地獄のような日々…

毎日同じ仕事の繰り返しになると、仕事が単調でつまらないという状態に陥る可能性があります。

変化のある仕事を望んでいるのに、会社に行ってもひたすらエクセルにデータを打ち込んで資料を出すだけといった仕事だと、嫌気がさす人もいます。

単調な仕事は動くのが好きな人にとっては、つまらない上に辛くなることも多いです。

毎日同じ仕事の繰り返しで単調でつまらない場合は、会社が地獄だと感じる原因にもなります。

成果が出ない

成果が出ず、怒られるのが地獄…

営業職などで売上が上がらないと、会社に居づらくなることが多いです。

特にノルマを達成できなかった場合には、会議に出るのも嫌になってしまうということがあります。

「なんでこんな売り上げなの?」と問い詰められて、現状での自分に悲観的になり、自信を失ってしまいます。

営業職などの成果を問われる仕事で成果を出せていないとき、仕事が地獄に感じる可能性があります。

人間関係が悪い

職場環境が悪く、仕事に行くのが地獄…

会社に行ったら、同僚の仲が悪く、更に上司が部下にいつも怒鳴るといった殺伐とした職場では、仕事が地獄に感じます。

苦手な人がいる場合にも、仕事場を地獄に感じる可能性は高くなります。

会社にいくといつも同じメンバーと顔を合わせるだけに、特定のメンバーと仲が悪いとそれだけでも地獄のように感じてしまいます。

人間関係だけは自分の力ではどうしようもないことがなく、恐縮した日々を過ごさなければなりません。

会社での人間関係が悪いと、それだけで仕事が地獄に感じます。

頑張っても評価されない

自分の努力が評価されず、仕事するのが地獄…

会社の風土にもよりますが、仕事をどれだけ頑張っても評価されないと仕事は地獄になりやすいといえます。

例えば、自分より早く帰る上に一切仕事をしない同僚が飲み会の場だけで上司に評価されて出世していくといったケースです。

自分は頑張って遅くまでしっかりと仕事をこなしているのに、飲み会に出る人だけが出世したのではモチベーションも下がってしまいます。

頑張りが正当に評価されない場合、仕事が地獄と感じやすくなります。

次は、劣悪な労働環境から仕事が地獄に感じるケースについて紹介します。

どれだけやる気があっても、会社の労働環境が悪ければ、結局は何のために頑張っているのか分からなくなることが多いです。

仕事が地獄に感じる労働環境での3つの共通点

労働環境が劣悪な場合、本人がどれだけ前向きに頑張ろうとしても仕事そのものが地獄だと感じやすいといえます。

劣悪な労働環境で仕事を地獄だと感じてしまう3つの共通点を紹介させていただきます。

仕事が地獄に感じる労働環境での3つの共通点

  1. パワーハラスメントがある
  2. 給料が安い
  3. 残業が多すぎる

パワーハラスメントがある

ミスをすると、上司からひどく怒られ、精神的につらい…

パワーハラスメントがある職場では仕事場を地獄だと感じてしまうことがあり得ます。

具体的には「お前は使えない」「何もできないくせにモノを言うな」といった言葉の暴力がパワーハラスメントにあたります。

パワーハラスメントを日常的に受けていると、慣れていくか、精神的に病んでもうやっていられないとある日、壊れてしまう可能性があります。

パワーハラスメントがある職場にいると、仕事が地獄だと思ってしまう可能性が高いです。

給料が安い

どれだけ頑張っても給料が変わらずやる気が削がれていく…

給料が安いとそれだけでモチベーションを失い、仕事が地獄だと感じてしまう方もいます。

厚生労働省によると正社員の平均年収は323万9,000円、1ヶ月に換算すると26万9,916円となっています。

給料が平均より安いとストレスになる可能性が高いといえます。

朝から晩まで働いて、帰って寝るだけの生活をして企業に時間を捧げているのに、給料が安いと嫌気がさしてしまうこともあります。

給料が安いと生活水準をあげることもままならないため、辛く感じることもあり得ます。

給料が安いと、仕事が地獄だと感じてしまうこともあり得ます。

残業が多すぎる

残業が当たり前で毎日仕事に追われている…

残業が多すぎると、仕事場と家の往復で人生を過ごすことになり、仕事を地獄だと感じやすくなります。

特に、毎日4時間以上の残業があると会社から帰るとご飯を食べて寝るだけの生活になりがちです。

仕事の疲れを会社から帰っても回復する時間が取れないことで疲労が溜まり、体力的にも精神的にも疲弊することになります。

どれだけ残業しても平気だという体力のある方も、もちろん一定数いる可能性がありますが、残業が多くなれば精神疾患に罹患する可能生が高くなります。

残業が多すぎると、仕事を地獄だと感じやすくなってしまう可能性が高いです。

次は、仕事が地獄だと取れる転職という手段について解説します。

もう仕事が嫌で、泣きそうになっている方や、いますぐにでも職場から逃げ出したいと落ち込んでいる人は、絶対に読んでいってくださいね!

無理して現職に留まる必要はない3つの理由とは

仕事が地獄だと感じている場合、無理に現職に留まることは避けた方がよいといえます。

その理由は以下の3つです。

現職に留まる必要はない3つの理由

  1. 精神的な安全が保たれないと良いパフォーマンスは出ない
  2. 活躍できる企業は他にもある
  3. 環境を変えるだけで仕事が楽になることはある

前向きな精神状態で仕事に打ち込むことが出来なければ、良いパフォーマンスが出しづらくなります。

もしも無理して体を壊す、転職を検討してみましょう。

無理をして現職に留まる必要がない3つの理由について解説します。

(1)精神的な安全が保たれないと良いパフォーマンスは出ない

精神的に参っているのはあなたの忍耐力がないせいではありませんよ。

精神的な安全が保たれていない中ではよいパフォーマンスを発揮することは難しいといえます。

嫌々仕事をしていても、仕事が苦痛になっていく可能性が高いですし、成果が出にくくなる可能性があります。

仕事が嫌なのにさらに無理をして、泣きそうになりながら仕事をして、また結果が出ずに仕事が嫌になる悪循環に陥る可能性もあります。

出来るだけ自分に合った環境で仕事をしたほうが、パフォーマンスがアップして結果的には、仕事が地獄でなくなる可能性が高くなります。

(2)活躍できる企業は他にもある

思うように成果が出ないのは、今の会社が自分に合っていない可能性もありますよ。

いま自分が所属している地獄のような職場を出て、他の企業で活躍するということも可能です。

現在の職場で仕事が地獄だと感じているということは、もうその職場にいくことすら辛いという状況になっている可能性があります。

地獄だと感じる職場ではなく、仕事に対して自ら率先して取り組みたいと思えるような職場であれば、仕事は地獄ではなくなる可能性もあります。

いまの職場から逃げるのではなく、前向きに自分の可能性を探すために、他の企業で活躍することを目指してもよいといえます。

(3)環境を変えるだけで仕事が楽になることはある

職場環境・労働環境が良くなれば仕事の向き合い方も向上していくものです。

職場を変えて、環境を変えるだけで仕事が楽になることは十分起こり得ます。

環境を変えても仕事は出来るようにはならない、という方もいらっしゃると思いますが、環境が改善されれば活躍できる可能性は高くなります。

朝起きて会社にいくことすら嫌になるような状況で仕事をしても前向きな気持ちにはなれない可能性があります。

前向きな気持ちで仕事にいくことができるのであれば、仕事のモチベーションがアップして、仕事の成果も出やすくなる可能性があります。

転職することで苦手な人間関係をリセットすることができますし、地獄だと感じるような職場を離れることができます。

職場を変えて、環境を変えることで、仕事が楽になる可能性があることを忘れないようにしてください。

マイナビジョブ20's
  • 当サイト申込件数NO.1
  • 対象年齢が24~29歳のサービスなので、20代の働き方に詳しい
  • 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方のみ応募可能
詳細
パソナキャリア
  • 個人の状況や環境等に合わせた丁寧なサポートに定評あり。2019年オリコン顧客満足度調査第1位
  • IT・インターネット・メーカー・医療・営業が得意
  • 各業界・職種別のチーム体制なので、アドバイザーの専門性が高く他社と比較した助言がもらえる
詳細
ハタラクティブ
  • 未経験・既卒・フリーター歓迎
  • 関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にお住まいの方におすすめ
  • 今の業界や職種に疑問を持ち、今後のキャリアに自信がない方でもOK
詳細

この記事のまとめ

この記事では、仕事での地獄のような日々に辛くなった人に向け、以下の内容を紹介しました。

  • 仕事のやりがいは職場環境労働環境が左右する
  • 仕事が辛いと心身ともに病み、最悪の場合は精神疾患になる恐れあり
  • 環境が変えると仕事のパフォーマンスの質向上に繋がる

現職にもし限りをつけて新たに挑戦してみたいと思うのならば、転職も1つのキャリア選択です。

「忍耐力がないと思われないだろうか…」と心配する必要はありません。

最近では新卒入社してすぐに転職したり、フリーターから正社員に転職したりと選択の幅は広がっています。

そのため、自分にとって最適な仕事環境とは何かを向き合い、充実した社会人生活を目指していきましょう。

関連記事

【仕事休みなし】労働環境の悪い会社の例と違法性

就職した会社が仕事ばかりで休みが全くもらえない 休みもないし休日出勤しても給料が上がら…

転職して2ヶ月だけどもう辞めたい。悩む人のチェック項目

転職して2か月目だけどついていけるか不安… 今の会社合わなくてすぐにでも辞めたい…どうした…

会社が嫌いで辞めたい人が今すぐできる対策法3つと今後の選択肢2つ

嫌いな上司に毎日文句をいわれて、仕事に行きたくない 会社が嫌い、会社に嫌いな人が多い、…

仕事疲れたもう限界...ストレスサイン4つとその具体的な対処法

仕事に行く日は、吐き気やめまいが止まらない 出社しようと思ってもできないし、どうしたら…

毎朝仕事前に吐き気やめまいが…辛い症状と戦うための方法とは?

通勤途中に吐き気やめまいで倒れそうになる… 仕事中に頻繁に頭痛がおきる。これ以上悪化した…