正社員から契約社員に転職したい。降格を考える理由5つと手続き方法

契約社員に転職しようか迷っている…

正社員から契約社員に降格するとどう変わるんだろ…

正社員で労働してきたものの、事情により契約社員での転職も考え始める方もおられると思います。

しかし、契約社員になると経済的に不安定になるとよく聞くし大丈夫なのか心配になるものです。

そこで、今回は契約社員について触れたのち、自分はどちらのキャリア選択を行うべきなのかを考えていきましょう。

この記事でわかること

  • 契約社員は一般出的に有期雇用で5年
  • 契約社員は基本的に転勤と残業がなく仕事の責任が軽い
  • 契約社員への手続き方法を紹介
リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
  • 超優秀なエージェントが年収UPの交渉をしてくれる
詳細

正社員と契約社員の違いとは

 

正社員と契約社員の決定的な違いとして、雇用期間の保証期間の長さの違いがあげられます。

正社員は65歳まで勤務することが前提となっているのに対して、契約社員は有期雇用で5年間までという雇用契約となることが一般的です。

正社員は全国転勤が前提での雇用となることが多いのに対して、契約社員は異動がないことも多いです。

ただし、2018年4月以降では無期雇用社員制度が出来ました。

契約社員であっても同じ事業所に連続して5年以上勤務すれば65歳まで雇用することを会社に申し入れることが出来る可能性があります。

また、厚生労働省によると、仕事内容に関しても契約社員は正社員と比べると責任が軽いものが多く、プライベートを大切にできるという点が正社員との大きな違いとなります。

正社員に向いている人

正社員に向いている人の特徴は、出世したい人全国転勤可能な人安定した待遇で働きたい人です。

具体的には、以下の通りです。

  • 全国転勤と海外転勤が可能な人
  • 会社で役員(取締役以上)まで出世したい人
  • 安定した待遇で働きたい人

正社員は基本的に待遇が安定していますし、全国転勤が前提の求人が多いです。

正社員の給料には全国転勤を行うための費用が含まれているという考え方です。

ただし、地域限定社員の場合は、給料が安い代わりに転勤はありません。

出世面では全国転勤や海外転勤で苦労してきた人材に比べると圧倒的に不利になります。

会社で役員まで出世したいと考えた場合、全国転勤ありの正社員でないと役員になれない可能性が非常に高いです。

契約社員に向いている人の特徴

契約社員に向いている人の特徴は、地元で就職したい人育児や介護等で残業が出来ない人です。

具体的には、以下の通りです。

  • 地元で就職したい人
  • 家族の介護等で、全国転勤海外転勤をするのが無理な人
  • 残業が難しい人

契約社員は転勤がない労働条件であることが多く、地元や同じ場所で働きたい人に向いています。

育児や介護などで残業が難しいという人にも向いているといえます。

転勤が前提ではなく残業もできないという方にとっては、契約社員での仕事は非常に良いでしょう。

ここまでは正社員と契約社員の違いについて解説しました。

次は、正社員から契約社員にうつる理由について解説します。

正社員から契約社員にうつる理由5個

正社員から契約社員に移行する場合、自分から降格を申し出るケースが圧倒的に多いといえます。

基本的に会社に大きな損害を与えなたなどの法的にまずいことをしたケース意外では、会社が正社員を契約社員に降格させることはほとんど不可能です。

正社員から契約社員にうつる理由として、以下の5つがあげられます。

正社員から契約社員にうつる5つの理由

  1. 転勤ができなくなってしまったため、降格を申し出る
  2. 育児の都合上、契約社員待遇での勤務を同じ事業所で続けるため
  3. 正社員の仕事についていくことが難しいと感じたため
  4. 勤務成績が悪く、正社員としての雇用が難しいと判断されたため
  5. 会社を定年退職して、契約社員として再雇用されるため

それぞれについて解説します。

(1)転勤ができなくなってしまったため

全国転勤が出来ないため、正社員として働くことが難しくなってしまった場合、契約社員へ降格する方がいます。

正社員は、全国転勤をすることが前提で給与と賞与が優遇されていることが多いです。

しかし、契約社員の方がワークライフバランスが充実すると考えている方も増えています。

転勤なしで勤務したほうが腰を落ち着けてゆっくりと仕事ができるという方も多く、転勤をしたくないから契約社員になるという方もいます。

(2)育児の都合上、契約社員待遇での勤務を同じ事業所で続けるため

育児の都合上、契約社員に一旦降格を申し出る方もいます。

正社員と同じだけの残業をすることが難しいと考えている方は、不利益を承知した上で、契約社員になるということもあります。

契約社員になると給与と賞与は下がりますが、その分、時短勤務ができ育児に費やす時間が格段に増えます。

育児に出来るだけ専念したいと考えている方は、契約社員に一旦降格をされる場合もあります。

(3)正社員の仕事についていくことが難しいと感じたため

正社員の仕事の責任が重すぎてついていけないと感じて、契約社員へ降格される方もいます。

正社員で勤務する場合、部下を持ったり、マネジメント層への出世をする必要性がでることが多いです。

人に命令することが苦手だという方は、契約社員として仕事をすることで精神的に安定される方もいます。

仕事の責任が重すぎると感じている方は、自ら契約社員へと降格を申し出る方もいます。

(4)勤務成績が悪く、正社員としての雇用が難しいと判断されたため

犯罪行為、会社への損害経歴詐称などが発覚した場合、会社から契約社員への降格を言い渡されることもあります。

滅多にあるケースではありませんが、こうしたケース以外では会社側から降格を命令することは基本的にできません。

基本的に会社側から正社員から契約社員への降格を言い渡されるケースでは、圧倒的に社員が起こした不祥事が原因となっていることが多いです。

会社に故意に損害を与えたり、犯罪行為を行う、経歴詐称などをすると降格処分となることが多いです。

(5)会社を定年退職して、契約社員として再雇用されるため

会社を60歳で定年退職したあと、65歳の年金受給まで再雇用という形で契約社員になる方がいます。

60歳までで正社員の身分はなくなるため、あとは最長5年間の労働契約を会社と結んで契約社員となります。

人によっては他の会社で役員として招聘されたりもするため、60歳の方、全員が同じ会社に契約社員で雇用されるわけではありません。

会社を60歳で定年退職した後に契約社員として再雇用されるケースは非常に多いです。

次は、契約社員のメリットとデメリットについて解説します。

契約社員のメリット・デメリット

契約社員のメリットとデメリットについて解説します。

契約社員のメリット

契約社員のメリットとしては以下の2つです。

  • 残業がない
  • 仕事の責任が軽い

正社員であれば全国転勤が前提な上に、残業時間なども増えることが多いため、プライベートを充実させることも難しいでしょう。

また、仕事自体も正社員とは異なり、仕事の範囲が決まっていることが多く、どこまでも仕事を改善して行わなければならないということも少ないです。

正社員のメリットは、転勤と残業がないこと、仕事の責任が軽いことです。

契約社員のデメリット

契約社員のデメリットとしては以下の3つです。

  • 雇用期間が短い
  • 賞与が出ないことが多い
  • 不安定な生活になる

例えば、正社員は65歳の定年まで犯罪等のよほど悪いことをしなければ雇用され続けることができます。

契約社員は、契約期間が決まってしまっているため、契約期間が満了すると退職となり、仕事を失い生活できなくなる可能性もあります。

また、賞与に関しても支給規定がそもそも存在しないという企業も多いため、年収が下がることもあります。

雇用が不安定で短く、賞与が出ないことが契約社員のデメリットといえます。

次は、正社員から契約社員への切り替えの手続きについて解説します。

切り替えの手続きが必要な場合と、不必要な場合があるため、しっかりと確認などをすることをおすすめします。

正社員から契約社員の手続き方法

正社員から契約社員への切り替えの手続きとしては、特に特別な手続きは必要ありません。

退職せずにそのまま身分だけ変更する場合、社会保険や雇用保険などで大きな変更はなく、労働契約書を新たに結ぶということで解決できます。

もし仮に、一旦、退職扱いとしてから1日も空けずに契約社員として再雇用する場合には、退職金を支給し、再度雇用契約を結ぶ必要性があります。

退職扱いにしたあとに契約社員として再雇用契約を結ぶ場合には、社会保険と雇用保険を一旦は喪失手続きをとり、あとで再加入するようにしてください。

正社員から契約社員におすすめの転職エージェント2選

正社員から契約社員の転職でおすすめの方法はありますか?

もしも契約社員への転職を行う場合は転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは求職者に応じた転職サポートを施してくれるため、特に自分1人で不安を感じている人は活用してみてください。

また、契約社員の求人を多く取り扱っている2つの転職エージェントをおすすめします。

転職エージェント 件数(契約社員)
doda 6000件
リクルートエージェント 2000件

doda

doda

  • 求人数100,000
  • 添削
  • サポート
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
  • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

dodaは優良企業の総合案件数が非公開求人を含む10万件以上と多く、転職者が視野を広げて様々な業界や職種から仕事探しを行えます。

エージェントは転職者満足度No.1と実績の高い転職サポートを受けられるため、初めて転職を考える方は安心して相談することができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 求人数260,000
  • 添削
  • サポート
  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1
大手の上場企業や、有名企業の求人を多数取り扱っており、求人数は260000件ととても多く、多くの職種・業界に視野を広げられます。 リクルートエージェントの優秀なキャリアアドバイザーからカウンセリングをうけることで、豊富な求人の中から自分に合っていて、採用チャンスがある企業をマッチングしてもらえます。

この記事のまとめ

この記事では、正社員から契約社員に転職を考えている方に向けて以下の内容を紹介したしました。

  • 契約社員は一般出的に有期雇用で5年
  • 契約社員は基本的に転勤と残業がなく仕事の責任が軽い
  • 契約社員への手続き方法を紹介

契約社員が今の現状を考えるといいと考えるのであれば転職することをおすすめします。

現在の日本は非正規雇用者が増加傾向にあり、様々なキャリア選択が可能となりました。

自分が仕事をする上で欠かせない条件が何かを整理して仕事に向き合っていきましょう。

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
  • 超優秀なエージェントが年収UPの交渉をしてくれる
詳細

関連記事

年間休日90日は少なすぎる…上手な働き方と対処法3つ

年間休日90日と聞くと「休みが少なすぎる!」と思う方も多いのではないでしょうか。 土日祝がコンスタン…

営業からエンジニアに最短で転職する2つの方法とは

営業でのノルマがきつい… これからの時代を考えて、ITに携わってみようか悩む… このよ…

20代の未経験者が就職しやすい業界TOP5と会社を選ぶ基準

未経験の業界に転職したいけど、どこが就職しやすいんだろう… 何を基準に企業に転職すべきか…

無能と言われる人に転職先を探すことをすすめる3つの理由

仕事が出来ず、自分の無能感に落胆している… どうしたら現状を乗り越えられるか分からない… …

年収200万で正社員は低い?転職したほうが良い3つのメリット

正社員で年収200万は正直厳しい… まだ入社して間もないから仕方ないのかな… 正社員で新…