転職活動中にアルバイトもしたい|2つを両立できた人の上手な方法

ウズキャリ

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

転職活動中、つなぎでアルバイトしてるけどどう両立したらいい?期間は?

転職活動中にアルバイトをする場合には、長くても3ヶ月程度と言う風に、期間を決めて行った方が良いです。

特に年齢が若いとアルバイトでもさして偏見の目で見られることがないため、ずるずるとアルバイトのまま年齢を重ねてしまいかねません。

長くても3ヶ月程度にとどめるようにしましょう。

(1)転職活動中のアルバイトとの両立方法

転職活動中のアルバイトとの両立方法としては、出来るだけアルバイトの職種を時間に融通の利くタイプにすることが大切です。

理由としては明日いきなり面接に来てくださいと昨今は人手不足なので面接に呼ばれる可能性があるためです。

具体的にはガソリンスタンドやコンビニの夜勤のような深夜時間帯のみを選択できるタイプのアルバイトを選びましょう。

ホテルの客室清掃、ビル清掃のように早朝に仕事が完結するタイプのアルバイトを選ぶことも大切です。

面接にいきなり呼ばれても大丈夫というタイプのアルバイトの職種を選んでおかないと、貴重な面接のチャンスを失ってしまいます。

時間が固定されていて、早朝や深夜など面接の時間帯とバッティングしないアルバイトを選ぶようにしましょう。

また、フルタイムのアルバイトを選ぶ場合には、その職場でのアルバイトからの正社員登用がない限りは避けた方が良いです。

理由としては、フルタイムにアルバイトを入れると面接に行く時間が無くなってしまうだけでなく戦力としてカウントされてしまうため、辞めづらくなります。

あくまで正社員として就職するまでのつなぎのアルバイトということを意識するようにして下さい。

(2)転職活動中のアルバイトは短期アルバイトで3ヶ月程度にすべき

転職活動中のアルバイトは短期アルバイトで3ヶ月程度にするようにしましょう。

理由としてはアルバイト期間が3カ月以上になると、転職活動で不利になってくるためです。

一般的な企業の人事担当者は空白期間が3カ月以上におよぶと偏見を持ちます。

「3カ月以上も転職活動をしていてまだ決まっていないのか。何か問題のある人物なのではないか。真剣に転職活動をする気があるのだろうか」と感じる人事担当者が出てきます。

空白期間のことを考えれば本来はアルバイトをしているよりも就職活動に集中して短期間で転職活動を終えた方がキャリアに傷がつきません。

転職活動中のアルバイトは短期アルバイトで3ヶ月程度にするようにしましょう。

また、アルバイト期間が3ヶ月以上になってしまうような場合は危機感を持つようにして下さい。

転職活動は短い人であれば2ヶ月程度で転職活動を終える人もいます。

アルバイト期間が3カ月以上におよぶということは転職活動が上手く進んでいないとはっきり認識するべきでもあります。

参考:DODA 転職活動期間について

この段落では次の就職までのつなぎのアルバイトは3ヶ月程度にして、出来れば時間の融通の利くアルバイトを選ぶことが良いとご紹介いたしました。

それでは、転職活動を長引かせないためにはどのような方法がとれるでしょうか?

次の段落では、具体的な方法について解説させて頂きます。

アルバイトをしながら転職活動している人の上手な方法

アルバイトをしながら転職活動をしている人は、上手に時間を活用しながら転職活動を進めています。

アルバイトを行う場合はいかにサポートを受けながら転職活動を進められるかどうかが転職成功のカギを握っているためです。

(1)職務経歴書に記載するアルバイトの職歴は書く

アルバイトの期間は、職務経歴書の職歴欄にしっかりと書くようにして下さい。

理由としては、アルバイトでも仕事をしていたということで少なくとも遊んでいたというような偏見を受ける可能性が低くなるためです。

アルバイトであっても仕事は仕事なので、何をしていたかを明確にするためにもアルバイトも職歴欄に記載するようにして下さい。

企業の面接担当者が一番知りたいのはブランク期間に何をして時間を過ごしていたかです。

アルバイト期間であってもそれが恥ずかしいと思って記載しなければ、面接担当者は「空白期間に遊んでいたのか」と悪い心証を持つことになります。

職務経歴書にはしっかりとアルバイトのことを書くようにして下さい。

(2)つなぎのアルバイトと希望業界・職種に一貫性があると良い

つなぎのアルバイトであっても正社員として転職希望をしている業界と職種に一貫性のあるアルバイトをしておくことが良いです。

理由としてはアルバイトという雇用形態でも、転職先の業界について知ることが出来るので、有利になります。

仮にアルバイトだったとしても、業務の流れや業界の慣習などは十二分に肌で感じることが出来るためです。

もしも就職してみたい業界が決まっているのであればアルバイトで少しでも経験しておくことが正社員として再就職する際には役に立つこともあります。 

(3)バイト先に予め事情を話し、時間の調整ができないか交渉しておく

アルバイトと転職活動を両立させるためには、アルバイト先に事情を説明しておき、正社員として再就職を目指して転職活動をしているという旨を伝えるようにしておきましょう。

理由としては現在はどこも人手不足な状態のため、アルバイトであっても戦力としてカウントされてしまう可能性があるためです。

アルバイトのせいで正社員として就職するためのせっかくのチャンスである面接を潰してしまっては元も子もありません。

アルバイト先の理解を得るようにして、転職活動を進められるようにしてください。

つなぎとしてのアルバイトで正社員転職のチャンスをなくすことのないようにして下さい。

(4)無料サポートを活用する

アルバイトとの両立を進めるにあたっては、転職エージェントの無料サポートを活用するという手段があります。

理由としては、アルバイトと転職活動を両立するにあたっては転職エージェントの無料サポートが強力なためです。

アルバイトをしながら生活費をしっかりと稼ぎつつも、転職活動をするためには転職スケジュールに無理がないことが大前提となります。

転職エージェントは履歴書や職務経歴書の提出代行を行ってくれますし、面接を希望する会社に書類選考で合格し面接に至った場合にも、面接日の設定などをしてくれます。

企業に直接応募する形式のハローワークや転職サイトでは企業の設定した面接日を変えてもらうことは難しいかも知れません。

しかし、転職エージェントを経由している場合はそうした面接日程調整なども転職エージェントが会社と転職希望者の間に入って調整してくれます。

type転職エージェントでは面接日程の調整の他には転職活動の進捗フォローなども行ってくれるサービスを行っているため、アルバイトをしながらでも転職活動を進めることが可能です。

また、DYM就職は既卒者やアルバイトの経験しかない転職希望者のサポートも行っているため、アルバイトとの両立をしながら転職活動を進めることが出来ます。

転職エージェントのサポートを積極的に活用することで、アルバイトと転職活動を両立させ、希望の企業への転職を目指しましょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

結婚せずにニート女性が30代になると末路は生活苦!脱出方法を解説

「ブログやSNSで、結婚報告や仕事の話題になるたび…

正社員の面接を突破したいアルバイト必見。服装や質問等ポイント4つ

大学や高校を卒業してから飲食店やアパレルなどでアルバイトや契約社員として働いてきたものの、「

正社員になるための履歴書|採用される志望動機と自己PRの書き方

「正社員になりたいけど、履歴書の書き方がわからない…。」 …

アルバイトから正社員になるには 就職に成功する履歴書とコツ

アルバイトは気楽で責任が問われない反面、将来的な…

辛いニート生活から社会復帰!引きこもりの過去を清算しよう

「ニート生活から脱却したい」 このままの生活ではいけないと、…