仕事ができないときのストレスから来る症状と改善のための対処法とは

仕事 できない

○○さんって仕事できないよね」と同僚や上司から思われている自分に気付くと、いたたまれない気持ちになりますよね。

ですが、実は組織の8割の人は仕事ができないんです。決してあなただけではないので安心してくださいね。

もし、やる気が出ない・ソワソワして落ち着かないなど、身体に不調が出ているのにもかかわらず仕事を続けている人は、取り返しがつかないことになる前に対処法を考えましょう。

この記事では、仕事ができない自分を変えて幸せに働くためのヒントを紹介します。

この記事のまとめ

仕事ができないストレスを抱えているときは、下記のような点に着目しましょう。

  • 仕事ができない原因を知る(頭の切り替えが苦手・ネガティブ思考・目標意識が薄いなど)
  • 職場環境に問題がある(上司のパワハラやいじめが原因でスキルを発揮できないケースもある)
  • 相談し気分転換を図る(メンタルに不調をきたす前に周りの人に相談し、気分を一転できる行動をおこすことが大事)
  • 転職エージェントを活用する(自己努力ではどうにもならない場合には、転職エージェントに相談し転職を考えるのも一案)

自分なりに改善を図っても現状が変わらなかったら、環境を一新することが大切です。転職エージェントというプロからのアドバイスを受けることによって、自分に合う仕事と出会える可能性がアップします。

\悩むなら「行動」しよう/

仕事ができない原因を知りましょう

仕事ができない原因を知ることが、より良い状況へと改善していくための第一歩です。 たとえばこんな原因に心当たりはありませんか?

仕事の切り替えが下手

寝ぼけた頭のまま出社して午前中は仕事が進まず、考えがまとまらないうえに単純なミスを連発してしまう…このような状態は、仕事ができない人の典型例です。 プライベートから仕事へ切り替えるスイッチの感応度を高めることで、生産性は向上します。

ネガティブな思考

どんなに優秀な人でも、仕事で失敗することはあります。 失敗自体は問題なくても「だから自分はダメなんだ」とネガティブな思考を引きずって、いつまでも切り替えができないのは危険です。

失敗するたびに自分自身へのネガティブな評価が蓄積されると、自分の決定や行動に自信が持てず、何もできない状態になりかねません。

周りと比較してしまう

自分に自信がないから周りの評価が気になって、思い通りの行動がとれなくなります。 おどおど・きょろきょろしている様子は上司から頼りなく見られ、良い評価は得られません。

目標がない

明確な目標を持たずにダラダラと仕事をしていることも、仕事ができない人の特徴です。

仕事ができる人は常に自分なりの目標を持ち、達成に向けた努力をしています。

日ごと・月ごと・数年スパンのキャリアプランと複数の時間軸から目標を持つことが自分を変える近道です。

上司からのパワハラ・いじめ

仕事ができない原因が職場環境にあると考えられるケースもあります。 心無い言葉を毎日のようにぶつけられたり単純作業ばかりを命じられたりしていると、本来のスキルを発揮できなくなるのは当然です。

だんだん心が麻痺してきて、「できない自分が悪い」「情けないな」と思い込み、ネガティブな錯覚に陥る人もいます。

うつ病?仕事のストレスが引き起こす病状

まじめな人ほどストレスを抱え込み、うつ病になってしまうことがあります。 うつ病の前段階として知っておきたい3つの症状を見ておきましょう。

朝刊シンドローム

朝刊を読む気もおきないくらい物事への関心が持てなくなり、エネルギー不足の状態です。 うつ病の初期症状にも似ていて、重症化する前に対策が求められます。

セルフナーバス症候群

他人の評価がとにかく気になり、神経過敏になった状態です。 感受性が豊かな人や融通がきかない完璧主義の人にリスクが高く、調査会社を使って自分の評判を調べるなど極端な行動をおこすこともあります。

休日症候群

日曜の夕方あたりになると気分が落ち込み、イライラしてくる症状です。 休みが終わってしまうことを残念に思う気持ちはどんな人にもありますが、尋常ではないほどの恐怖や憂鬱に悩まされる傾向があります。

仕事のストレスをなくしていく方法

仕事ができないストレスを解消するためにできることを考えてみましょう。

(1)仕事の失敗から改善点を見つける

失敗した自分を責めるのではなく、改善できるポイントを探します。 同じ状況になったとき、きちんと対応できることが成長の証です。

失敗と向き合い、成長を繰り返すところにスキルアップのチャンスがあります。

(2)周りの人に相談する

周りの人の意見を聞き、それを少しずつ取り入れていくことで流れが変わることは多いものです。 コミュニケーションを怖がらず話しをする機会を作り、悩みを相談してみましょう。

得られた情報のすべてを真似しなくても、「これは自分のためになる」という情報だけを反映させれば大丈夫です。 苦手な上司や同僚とも自然にコミュニケーションがとれるようになれば、社内の居場所も確保できます。

(3)好きなことをやって気分転換する

コミュニケーションをとることすら気乗りしないほどストレスが深刻だったら、気分転換することをおすすめします。 携帯電話を自宅に置いて自然豊かな場所に行く、スポーツジムで汗を流すなど、ただ楽しめることをやるだけで十分です。

仕事ができないと思う人は転職をしてみるのも手段の一つ

ストレスを抱え込んだ失敗経験を活かし、より良い職場へステップアップしていく方法もあります。 同じ失敗を繰り返さないためにも、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとの面談は、より良いキャリアを築くための第一歩です。 本当に自分は仕事ができないのか、転職で状況は改善できるかといった悩みに対し、客観的なアドバイスをもらえます。

転職エージェントへの登録は、退職を決めかねている段階で行うことも可能です。 視野を広げるためにも第三者との関わり合いは大切になってきます。

転職エージェントのメリット

転職エージェントには、たくさんの転職希望者をサポートしてきた実績があります。 ストレスなく働ける可能性が高い求人だけを紹介してもらうことにより、自分に合う仕事と出会える可能性がアップします。

長所を活かせる仕事につくことにより、自分に自信を持てるようになります。

幅広い業種とのパイプを持てった転職エージェントに相談すると、多様なキャリアプランを検討できるところもメリットです。 新卒のときには考えたこともなかった職種の紹介をきっかけに、新しいキャリアプランを見出すこともできます。

先入観にとらわれない転職活動を実現できるでしょう。

転職時に相談できるエージェント

キャリアが浅い20代の転職にも丁寧な対応をしてくれる転職エージェントを紹介します。

DODA

業界内でもトップクラスの求人数を誇り、業界特化型の支援を積極的に行っています。 首都圏以外のサポートにも強く、Uターン・Iターンまで含めた求人紹介が可能。

「都会を離れて自然豊かな場所に行き、ワークライフバランスをとりながら働く」など、働き方レベルから生活を見直したい人にはおすすめです。

JAIC(ジェイック)

第二新卒・20代の転職に特化したサポートを行っています。 基本的なビジネススキルを習得できる無料研修制度に定評があり、1からの出直しを検討している人にはよいでしょう。

書類選考を省略した転職活動の仕組みもあり、経歴に自信がない人も安心です。

例えばエージェント会社に一度登録し、相性が良いエージェントにサポートを依頼するのもオススメですよ。 登録手続きは5分もかからないので、今すぐにでも最初の一歩を踏み出しましょう。

この記事のまとめ

仕事ができない人にはいろいろな原因があり、改善努力が求められます。

ただし、上司からのパワハラなど環境要因も考えられることには注意しましょう。

頑張りすぎた結果として、朝刊シンドロームや休日症候群などメンタル面に不調をきたすリスクもあります。

転職エージェントに相談するなど転職も視野に入れつつ、前向きな気持ちを持てつことが辛い状況を抜け出すための近道です。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

転職決断できないなら転職NG|転職エージェント登録だけしておこう

目次転職決断できない理由はまだ懸念点があるから転職を決断できない状態で転職はするな|よくある失敗例転職が決断できない人は最低でもサイト・エージェント登録だけやっておこう 転職決断できない理由はまだ懸念 ...

仕事をしたくない心理とは? 今すぐにできる対策を紹介【20代向け】

希望を持って就職したはずでも、 「仕事したくない。

仕事疲れによるイライラやモヤモヤを解消!おすすめのリフレッシュ…

仕事で疲れたときのイライラ・モヤモヤ、何とかしたいですよね。 ストレスがたまり続け「

仕事が苦痛なのはなぜ?人間関係や職場に対するストレス対処法を紹介

「仕事が苦痛で辞めたい」と悩んでいる20代の男女は多いもの。 …

仕事で人生を変えたい!最適な転職方法や理想の会社の見つけ方

「転職で人生を変えるにはどうしたらよいのか」と悩んでいる人も多いので…