転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは

転職活動を行う場合には在職中に転職活動を行うようにしましょう。

理由としては、離職してしまう事で精神的に追い込まれることになる上に、採用する人事の視点から見ても不都合な点があるためです。

転職活動は出来るだけ在職中に行うようにしましょう。

(1)働く意欲が低いとみなされる

いきなり会社を離職して転職活動を行うと働く意欲が低いとみなされて、転職活動に不利になる可能性があります。

理由としては、会社を辞めると働く意欲を疑われる可能性があるためです。

仕事を本当に熱心に責任感を持って取り組んでいれば離職して責任を放棄するようなことが平気なはずがないと考える人事担当者も多くいるため、仕事をいきなり放りだすことに抵抗がない人物だと思われてしまいます。

会社を退職してからの転職活動は就労意欲を疑われる可能性が高いため出来れば避けた方が良いです。

(2)計画性がないと思われる

いきなり会社を退職することで計画性のない人物だと企業に判断される可能性があります。

理由としては、就職活動には通常、準備期間を含めて2ヶ月程度の時間がかかることは容易に想像できます。

次を決めずに会社を辞めるようなキャリアを捨てるような行為をしてしまうことで計画性のある行動をできない人物だと判断される可能性があります。

社会人にとって大切な評価指標である計画性を疑われるような行為は避けるようにしましょう。

(3)就業できない理由があるのか勘繰られる

会社を辞めてから転職活動を行うと必ず、就業すること自体に問題があるのではないかと企業に疑われる可能性があります。

理由としては、昨今は精神疾患で退職する若者が多く人事の間では緊急対策のセミナーが頻発開催されるなどの大きな問題となっており、うつ病で会社を離職する社員が後を絶たない状況に陥っています。

会社を辞めて退職をするとそうしたあらぬ疑いを企業に持たれてしまうことになりかねません。

会社に就業できない理由があるのかも知れないと勘繰られることになります。

(4)離職期間が長引くと転職に不利になる

離職期間が長引くと転職活動そのものがドンドン不利になります。

一般的には3カ月以上転職活動が長引くと不利になると言われています。

3か月以上、転職活動が長引けばそれだけどこにも内定が出来ない市場価値の低い人材と見なされる可能性が高まります。

離職期間が長引けば長引くほど、転職活動で不利になると考えるようにしましょう。

さて、この見出しでは離職してからの転職活動は不利になることについてお伝えしてきました。

ここからは気になる退職後のリスクについて解説していきます。

転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク

転職活動を辞めてから行うと、危険かつ面倒なリスクが増えます。

在職中にはかからなかったお金がかかったり、金銭的にも精神的にも追い込まれていきます。

退職してからの転職活動には危険&面倒なリスクがつきまといます。

(1)途端に収入が0になり生活費が苦しくなる

会社を辞めると当然のごとく、会社からの給料はなくなります。

無収入で家賃の支払い、水道光熱費の支払いなどが必要となってくるため、生活費がなくなってしまいます。

会社からの給料がなくなってしまうことで生活に支障をきたすことになります。

そうなると正社員を目指しての転職活動どころではなくなりアルバイトで生活をするハメになる可能性もあります。

会社を退職すると毎月当たり前のように受け取っていた給料がなくなることは念頭に置くようにして下さい。

(2)会社の健康保険が切れ、医療費が全額負担に

会社の健康保険がなくなってしまうため、健康保険に自費加入するか、家族の健康保険に加入する必要があります。

自費加入する場合には健康保険料は約2倍になります。

対策としては、正社員として働いている家族がいる場合には家族の健康保険に加入すること、以前の会社の健康保険に「任意継続被保険者」として加入すること、国民健康保険に加入するという3つの手段が取れます。

家族の健康保険に加入する以外の手段を取る場合には、健康保険料が毎月給与から天引きされている金額の約2倍になることを注意するようにしておいてください。

会社を辞めると健康保険料などの社会保険料だけでもサラリーマンとして働いていた時代の2倍の金額が必要になるということです。

(3)雇用保険の失業給付(失業保険)の受給手続き行い、手続き後約3ヶ月で給付金が支払われる

自己都合で会社を退職した場合には雇用保険に加入しているため、雇用保険の失業給付を受給する権利がありますが、雇用保険の失業給付を受給するまでに約3か月間の待期期間があります。

3カ月は自己都合退職を行った場合には1円もお金が入らないため、生活費が苦しくなります。

(4)転職活動がうまくいかないと焦り&不安がどんどん膨らむ

離職中の転職活動はお金が毎日減っていく不安感の中での転職活動と言うこともあり、面接がうまくいかないと焦りが出てきます。

お金が発生していない状態なので転職活動で少しでも失敗すると焦りが出てきて、結局はどうしても行きたいと考えている会社に入社する事よりも早く内定を決めて安心したいという気持ちが出てきてしまうため、結局元居た会社よりも条件の悪い会社に内定を決めてしまうこともあり得ます。

在職中でお金の保証がある状態で転職活動をするのとでは安心感が違ってきます。

さて、この段落では会社を辞めてから行う転職活動についての金銭的なリスクと精神的なリスクについて説明させて頂きました。

次の段落では、在職中に転職活動を行うメリットをご紹介させて頂きます。

転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ

在職中に転職を行うメリットを紹介させて頂きます。

(1)金銭的に余裕がある

転職活動は基本的に在職中に現在就労している会社に勤めながら、仕事と並行して行う方が良いです。

理由としてはお給料の保証のない状態で転職活動を行うと、気持ちが焦ってしまい、意中の企業に内定を獲得するのではなく早く安心感を得るために希望していない企業に就職してしまう可能性が高いためです。

お金の保証のある状態で行う在職中の転職活動は余裕がありますし、もしも面接に落ちても交通費が無駄になった程度なので焦る必要がありません。

もしも、会社を辞めている状態で転職活動を行うと交通費すら勿体ないという心理に陥る可能性も高いです。

(2)企業側の面接官も安心する

在職中の方が転職先の面接官も安心して採用活動を行えます。

理由としては会社に在職中の転職希望者の方が、身元がはっきりしていて安心感があるためです。

無職状態で面接に来られてしまうと、どこにも所属していない状態で面接に来ていることになります。

採用する企業からしても無職の人は安心して面接できないと考えてしまいます。

企業の面接官は様々な転職希望者を面接しており、一番の不安としては素性の分からないものを間違って雇用してしまうことだと考えています。

面接官を安心させる意味でも在職中に転職活動を行うようにしましょう。

(3)本当に入社したい企業の面接を受けることが出来る

在職中でお金に関して保証のある状態なので、本当に入社したい企業の面接を受けることが出来ます。

理由としてはお金の不安がつきまとうためです。

離職してからの転職活動となると、転職活動が長引くとどこでもいいから内定を取りたいという心境になってしまい、本当に入社したい企業の面接を受けられなくなります。

在職中のお金の保証のある状態で、本当に入社したい企業の面接を受ける事が転職成功へと繋がります。

転職活動は在職中に行うようにしましょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する3つの理由

今の仕…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

「あと半年で社会人も丸3年か~」 「そろそ…

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...

在職中の転職活動のやり方|毎日残業続きの人がやるべき効率的な方法

目次在職中の転職活動はとても大変転職活動する暇ない!毎日残業続きの人にオススメする効率的な方法知るようで知らない転職活動のちょっとしたコツ 在職中の転職活動はとても大変 在職中の転職活動はとても大変で ...