引き抜き転職のリスクとは?転職での注意点とメリット・デメリット

引き抜きの声が掛かったけど、実際トラブルのリスクとかあるのかな…

引き抜き転職って、どんなメリット・デメリットがあるんだろう…

企業から引き抜きの声がかかると、嬉しくてつい決断を急いでしまうものです。

ただ、引き抜きの転職における注意点メリット・デメリットを理解した上で判断しましょう。

この記事では、そんな引き抜き転職に関するお悩み・疑問を解説を踏まえてお伝えいたします。

この記事でわかること

  • 引き抜きは役職関係なく給与・待遇UPの見込みあり
  • 転職前~転職後において3段階の注意点がある
  • 転職先で仕事内容・損害賠償のトラブルが起こるリスクあり
リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
  • 超優秀なエージェントが年収UPの交渉をしてくれる
詳細

引き抜きの概要とヘッドハンティングの違いそもそも引き抜きってなに?

そもそも引き抜きとは?

引き抜きとは、「他社の優秀な人材を高い給与・良い待遇で自社に転職させること」です。

優秀な人材を自社内で育てるとなるとコストがかなり掛かってきます。

しかし、引き抜きの場合はもともと優秀な人材を他社から引っ張ってくるので、自社で人材を育てるよりも安価で済みます。

引き抜きにより、会社内で高い成果をあげるメンバーが増え、売上の増加や社内の活性化にも繋がります。

ヘッドハンティングとの違い

そもそも、ヘッドハンティングと違いはあるの?

引き抜きとヘッドハンティングは一見同じに見えますが、実は両者には2つの違いがあります。

  • 役職があるかどうか
  • 給与の交渉ができるかどうか

1つ目の違いは、役職があるかどうか現職における立場の差です。

ヘッドハンティングは、「ヘッド」と付いているように会社内の幹部・経営陣を指します。

一方、引き抜きは、会社内の社員を指すため幅広いです。

特別な役職がない人材をスカウトした場合は引き抜き、役職があり他社からのスカウトがあった場合はヘッドハンティングという形になります。

2つ目の違いは、給与の交渉ができるかどうかの待遇の差です。

引き抜きは役職がない人材へのスカウトですが、ヘッドハンティングは役職があるので給与交渉しやすく上がる可能性があります。

さて、ヘッドハンティングとの違いをお伝えしましたが、引き抜きは実際リスクはあるのでしょうか。

ここからは、引き抜き転職の注意点について解説していきます。

引き抜き転職でのリスク回避に向けた注意点

引き抜き転職の場合は、3つの段階で注意が必要です。

具体的には以下の通りです。

  • 転職発表前
  • 転職発表後〜最終出勤日まで
  • 転職後

上記の段階ごとに注意する点が変わってきます。ここでは、転職をすることを前提で注意点で説明していきます。

転職発表前

転職発表前に注意することは大きく2つあります。

  • 転職する企業の雇用契約書の確認
  • 現在働いている会社の上司に相談するまで外部に話さない

引き抜き転職をする際は、転職予定の会社の職種や具体的な仕事内容、勤務時間や時間帯、休日・休暇、勤務地エリアや通勤時間などの条件をしっかり考えた上で決断しましょう。

引き抜きの声がかかって嬉しさのあまり待遇面を確認せずに転職して後悔する事例もあります。

引き抜き転職で後悔しないためにも労働条件をしっかりと確認しましょう。

そして、引き抜きの話があったことをあいまいな情報のまま会社内で話すのは危険です。

上司に相談して、どのタイミングで社内メンバーに共有するのかが決まってから発言するようにしましょう。

今働いている会社に対しての配慮を怠ってはいけません。

 

転職発表後~最終出勤日まで

転職発表後から最終出勤日で注意することは、現在している仕事を怠らないことです。

転職先の待遇が良いからといって、今の仕事を疎かにすることは絶対にあってはいけません。

もし、転職先に現在の仕事を疎かにしている事実が知られれば、引き抜きが無くなる可能性もありますよね。

また、仕事を怠ることで同僚や上司は良い思いをしないので、風当たりが悪くなる可能性もあります。

引き抜きは、基本的に現在の会社でなんらかの成果をあげ、優秀だと認められたためにお声がかかっています。

優秀になったのは、自分の力もありますが育ててくれた上司、先輩、後輩、同期のみんなのおかげでもあります。

お世話になった感謝の気持ちを忘れずにデスク周りの掃除や挨拶などは、率先して行いましょう。

転職後 

引き抜き転職後に気をつけるべきことは、以下の2つです。

  • 前の会社とのトラブル
  • 人間関係

日本国民は、職業選択の自由が法律で保証されているため、引き抜きは違法行為ではありません。

また、法律の規定によると、就業規則に同業他社への転職を禁じられていても問題ありません。

ただ、機密情報や個人情報の流出等となると訴訟を起こされるかもしれません。

もし同業他社へ転職される場合は、十分に気をつけて慎重するべきです。

引き抜き転職後に気をつけるべきことの二つ目は、転職した先での人間関係です。

どうしても引き抜きの転職の場合は、立場が元々働いていた社員よりも上に立ちます。

その際に仕事の指示の出し方や接し方を上から目線でしてしまった場合、人間関係に溝ができます。

転職先の職場で人間関係が悪くなり辞めるといったケースも少なくありません。

さて、この見出しでは引き抜き転職の注意点についてお伝えしてきました。

では実際、引き抜き転職のメリット・デメリットはどうなっているのかを見ていきましょう。

引き抜き転職のメリット・デメリット

引き抜き転職の大きなメリットは、収入が上がることと高い役職につけることです。

反対にデメリットでは、契約した内容と違う場合があったり、自分に合わない仕事内容ということがあげられます。

ここでは、引き抜き転職のメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

メリット

大きくメリットは、下記の2つです。

  • 前職より給与面・待遇面がよくなる
  • 出世できる可能性が高まる

まず一つ目は、引き抜き転職の場合、他社から優秀な人材を自社に引き込もうとしているため、確実に給与面の待遇がよくなります

実際に前職の給料から1.5倍以上の年棒になったケースも多くあります。

また二つ目に、大幅の年収アップが見込める他、残業減、前職の経験が重宝されて順調に出世できるといったメリットがあります。

残業が減ったことで、自分の時間が増えて新しいことにチャレンジすることができます。

そのチャレンジから仕事に充実感を得たり、家族と過ごす時間が増えることによって精神的な安心をもたらしてくれます。

デメリット

引き抜き転職のデメリットとして、契約した内容と現実の仕事内容などが違ってたり、自分に合わない仕事内容だったケースがあります。

大きくデメリットは、下記の2つです。

  • 入社前に必死で交渉した仕事内容が違う可能性がある
  • 損害賠償や情報漏洩などトラブルが起きやすい

まず一つ目のデメリットとして、契約した内容と仕事内容が違う可能性があるということです。

最初はしっかりと確認をして転職を決めたのに、いざ会社に入ってみると違う仕事をやらされることもあります。

転職先の会社が業績が悪化した場合、給与も下がるということもあり得ます。

二つ目は、引き抜き転職はトラブルが起きやすいことです。

せっかくコストと時間をかけて育てた社員が引き抜きをされるとなるとされた側の会社からは、よく思われません。

引き抜きの方法が強引だったり、違法性があったりすると裁判などに発展したり、損害賠償請求をされることも視野に入れておく必要があります。

転職した先で、前職の情報漏洩をしてしまうことも決してあってはなりません。

引き抜きは、メリットも多い分デメリットもあるので、しっかりと会社と転職先と話をつけてからトラブルが起きないように転職することが重要です。

さて、この見出しでは引き抜き転職のメリット・デメリットについてお伝えしてきましたが、実際転職する際はどんな風に進めたらいいのでしょうか。

引き抜きで転職するなら慎重に

引き抜きで転職をするのであれば、慎重に行わなければいけません。

メリットも十分にありますが、リスクもあります。

自分の働きに見合った給料をくれない」という理由で転職する方が多くいらっしゃいますが、給料以外の待遇もしっかりと見極めないと今後のキャリア人生に大きく関わることとなります。

また、前職で得た知識や独自のノウハウを使って転職した先で仕事をしてしまうと訴えられるということもあります。

現職・前職と揉めたりしないように慎重に転職をすることが必要不可欠です。

引き抜きの転職はトラブルが付きもの

ここまで、引き抜き転職に関するお悩み・疑問について紹介してきました。

引き抜き転職の場合、良い条件であればあるほど迷いは必ず生まれてきます。

しかし、転職は人生を大きく左右するため、慎重に選ぶ必要があります。

転職を断ることは失礼ではないので、自分が働きたいと思う会社を選びましょう。

もしも、現状で転職すべきか悩んでいるのならば、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職のお悩みは転職エージェントに相談

転職エージェントに相談したら、転職を勧誘されそう…

確かに、「転職エージェント」と聞くと、転職をすすめられそうで気が引けますよね。

しかし、実は転職の相談をするだけの人も存在するぐらい、エージェントはフランクに相談を聞いてくれます。

また、転職の相談は気軽に周囲の人へ相談しにくい内容です。

もしも、現段階で転職をどう判断すべきか悩んでいる方は、専門的視点も踏まえて一緒に考えてくれる以下の転職エージェントがおすすめですよ。

doda

doda

  • 求人数100,000
  • 添削
  • サポート
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
  • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

dodaは優良企業の総合案件数が非公開求人を含む10万件以上と多く、転職者が視野を広げて様々な業界や職種から仕事探しを行えます。

エージェントは転職者満足度No.1と実績の高い転職サポートを受けられるため、初めて転職を考える方は安心して相談することができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 求人数260,000
  • 添削
  • サポート
  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

大手の上場企業や、有名企業の求人を多数取り扱っています。

リクルートエージェントの優秀なキャリアアドバイザーからカウンセリングをうけることで、豊富な求人の中から自分に合っている、採用チャンスがある企業をマッチングしてもらえます。

この記事のまとめ

この記事では以下の内容をお伝えしました。

  • 引き抜きは役職関係なく給与・待遇UPの見込みあり
  • 転職前~転職後において3段階の注意点がある
  • 転職先で仕事内容・損害賠償のトラブルが起こるリスクあり

この転職でキャリアアップができるのか不安になるものです。

もしも、現状で悩んでいる方は気楽な相談者としてエージェントに聞いてみるのもおすすめですよ。

一緒にキャリアについて向き合う味方になってくれるので安心して活用してみてください。

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
  • 超優秀なエージェントが年収UPの交渉をしてくれる
詳細

関連記事

年間休日90日は少なすぎる…上手な働き方と対処法3つ

年間休日90日と聞くと「休みが少なすぎる!」と思う方も多いのではないでしょうか。 土日祝がコンスタン…

営業からエンジニアに最短で転職する2つの方法とは

営業でのノルマがきつい… これからの時代を考えて、ITに携わってみようか悩む… このよ…

20代の未経験者が就職しやすい業界TOP5と会社を選ぶ基準

未経験の業界に転職したいけど、どこが就職しやすいんだろう… 何を基準に企業に転職すべきか…

無能と言われる人に転職先を探すことをすすめる3つの理由

仕事が出来ず、自分の無能感に落胆している… どうしたら現状を乗り越えられるか分からない… …

正社員から契約社員に転職したい。降格を考える理由5つと手続き方法

契約社員に転職しようか迷っている… 正社員から契約社員に降格するとどう変わるんだろ… …