【仕事休みなし】労働環境の悪い会社の例と違法性

仕事 休みなし

就職した会社が仕事ばかりで休みが全くもらえない

休みもないし休日出勤しても給料が上がらなくてきつい

そのような会社は、労働基準法の定める内容に対して違反になってしまいます。

さらに、労働者の健康面にも悪影響が出てくる可能性が高いです。

せっかく手に入れた職を手放すべきか、このまま耐えて働き続けるべきか迷う人もいるでしょう。

仕事で休みが取れず体調や精神状況に支障をきたした場合はすぐに転職活動を始めることをおすすめします。

この記事でわかること

  • 休みがない会社の実態
  • 休みがない会社の違法性の有無
  • 休みがない会社を辞めるべき理由

仕事休みない…労働環境の悪い会社の実態とは

仕事を休めない会社は、インターネット上のニュースでもたびたび問題になっています。

休日に出勤して代休もなく、ひどいところでは1年間休みなしのケースもあるのです。

さらに、休みのない会社はほかの労働環境にも問題を抱えている可能性があります。

仕事休みない会社の問題

  1. そもそも人手が足りていない
  2. パワハラが横行している可能性
  3. 休みをとったら減給させることも

(1)そもそも人手が足りていない

労働者を休ませない会社の特徴として、人手が足りていないことがあげられています。

新しく人手が入っても、労働環境が悪いとすぐに転職されてしまうのです。人手が少ないのに仕事量は多いため、休みなく働かなければ会社が回らない可能性があります。

人手を入れては退職されるのを繰り返す職場の場合、どれほど待っても労働環境は改善されないでしょう。

(2)パワハラが横行している可能性

人手がすぐにいなくなってしまう原因のひとつに、上司などによるパワハラがあげられています。

休むことを悪いことだと考えている職場では、休日をとっただけで白い目で見られてしまうことがあるのです。

休みがない会社の多くが、このように休みを取ったことに対して過剰な叱責をしてしまいます。

そんな上司の理不尽を目の当たりにするため、周りにいる労働者も休みにくくなってしまうのです。

(3)休みをとったら減給させることも

労働環境の悪い会社の中には、休んだ労働者の給料を勝手に減らしてしまうところもあります。

有休を使わずに休んだ場合は、休んだ分だけのお金が給料から引かれますが、ひどい会社は休んだ分以上のお金を給料から奪ってしまうのです。

また、会社によっては休んだ月以降まで減給させてしまうこともあります。そのため、理不尽な減給が続くなら転職することも視野に入れておくのがよいでしょう。

休みがない仕事を一刻も早く辞めるべき理由

休みがなくても、転職できるのかどうか不安になってしまい、辞められない人も多いでしょう。

しかし、労働環境が劣悪なまま働き続けていると、自分自身に悪影響が出るおそれがあるのです。

体を壊すおそれも

休みのない会社を辞めるべき大きな理由は、自分自身の体調に関わるからといわれています。

疲れたまま休日を失われると、その疲れが体の中にどんどん溜まっていき、最後には病気の原因にもなってしまうのです。

さらに、会社によっては高熱が出るまで休ませない場合もあるため、余計に体を壊しやすくなってしまいます。

過労死という言葉があるように、働きすぎは大きな病気にも直結するため、休めない会社は早期に退職するのがおすすめといえます

休んだら今後に影響が

休めない会社では、やむを得ない理由で休んだとしても冷遇されてしまう場合があります。

エスカレートすると、会社が特定の労働者に対して理不尽を働いたり、降格したりするなどの行為に出てくることもあるのです。

そのため、体が大丈夫でも、減給などによって生活が困難になるおそれも考えられます。

不当に給料を減らされた場合については、弁護士に相談することで戻ってくる場合もあるので、退職と一緒に視野に入れておくといいかもしれません。

精神的リスクが高くなる

休みを出さない会社には、パワハラが横行している可能性があり、それによって労働者の精神的負担も大きくなります。

とくに、必要以上に怒鳴ったり業務には関係ないことで叱責をしたりする上司は、労働者にとって大きなストレスの原因なのです。

パワハラが当たり前の会社に毎日出社していると、精神的な病気になるおそれも考えられます。

ボロボロになるまで働くと心も体も持たないので、迷いなく転職してしまうのがおすすめといえるでしょう。

もっといい会社はある

劣悪な労働環境にいる人の中には、この会社を辞めたら次はないのではないか、と不安になる人もいるのではないでしょうか。

就職活動がつらかった経験があると、転職活動に躊躇してしまいがちです。

しかし、何連勤か分からなくなるほど働いていると体も持たないので、転職サイトなどを利用しながら転職活動をおこなうといいかもしれません。

転職サイトの中には、労働環境の整った企業の求人も多く取り扱っており、登録も簡単なので忙しくても転職をすることができるのです。

さらに、転職エージェントを利用すると、履歴書の添削や面接練習などもおこなってもらえるため、転職の成功率が高くなる可能性があります。

二週間連続勤務が当たり前だった人が、土日祝日をしっかりと休める会社に転職できることもあり得るでしょう。

マイナビジョブ20's
  • 当サイト申込件数NO.1
  • 対象年齢が24~29歳のサービスなので、20代の働き方に詳しい
  • 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方のみ応募可能
詳細
パソナキャリア
  • 個人の状況や環境等に合わせた丁寧なサポートに定評あり。2019年オリコン顧客満足度調査第1位
  • IT・インターネット・メーカー・医療・営業が得意
  • 各業界・職種別のチーム体制なので、アドバイザーの専門性が高く他社と比較した助言がもらえる
詳細
ハタラクティブ
  • 未経験・既卒・フリーター歓迎
  • 関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にお住まいの方におすすめ
  • 今の業界や職種に疑問を持ち、今後のキャリアに自信がない方でもOK
詳細

この記事のまとめ

仕事で休みがない人に向け、違法性があるのか、休みがない会社を辞めるべき理由を紹介しました。

休みがなく仕事を続けていると、身体だけではなく精神的な病気も引き起こす可能性があります。

ずっと働いていたい、仕事をしていたいと思う方は休みがある仕事に転職することをおすすめします。

転職に協力してくれる転職エージェントを利用して休みがしっかりとれる会社に転職しましょう。

関連記事

転職して2ヶ月だけどもう辞めたい。悩む人のチェック項目

転職して2か月目だけどついていけるか不安… 今の会社合わなくてすぐにでも辞めたい…どうした…

仕事が地獄のような日々…辛いのに無理して留まる必要はない3つの理由

仕事に行くのが嫌すぎて毎日が地獄… 耐えるべきか、転職すべきか悩む… 現職で職場環境…

会社が嫌いで辞めたい人が今すぐできる対策法3つと今後の選択肢2つ

嫌いな上司に毎日文句をいわれて、仕事に行きたくない 会社が嫌い、会社に嫌いな人が多い、…

仕事疲れたもう限界...ストレスサイン4つとその具体的な対処法

仕事に行く日は、吐き気やめまいが止まらない 出社しようと思ってもできないし、どうしたら…

毎朝仕事前に吐き気やめまいが…辛い症状と戦うための方法とは?

通勤途中に吐き気やめまいで倒れそうになる… 仕事中に頻繁に頭痛がおきる。これ以上悪化した…