準備不足の転職活動は失敗する!気になる期間・準備するもの等まとめ

転職活動 準備
リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
  • 超優秀なエージェントが年収UPの交渉をしてくれる
詳細

転職活動前の準備期間の平均は3カ月!その間にやるべきこと7つ

転職活動前の準備期間の平均は3ヶ月程度です。 面接本番よりも転職活動準備が大切で、準備不足では転職活動が中途半端になってしまう可能性があります。

理由としては、転職活動の準備が不十分だと、面接などの転職活動そのものが上手く進まない可能性が高いためです。 転職準備として準備するものと行うべきことをご紹介させて頂きます。

自己分析を行う

転職準備期間に自己分析を徹底的に行うようにして下さい。 理由としては転職活動の準備期間に徹底的に自己分析を行わないと、応募したい職種などが定まりませんし、履歴書と職務経歴書を作成する際に手が止まってしまいます。

これから自分自身がどんな仕事をしていきたいのか、望むキャリアはどんなものなのかを考えて自己分析を行うようにして下さい。

引継ぎのマニュアルを作成する

現職の退職に備えてマニュアル作成を転職を考えたらすぐに開始するようにして下さい。

理由としては、志望企業から内定を獲得してから引継ぎのマニュアルを作成しても中途半端なものになってしまい、円満退職の妨げになる可能性が高いためです。

転職を決意した翌日から特に引継ぎマニュアルに関しては作成を行っていくべきです。 中途半端な引継ぎになってしまうと気持ちよく会社を退職することが難しくなります。 現職の退職に備えてマニュアル作成を転職を開始すると同時に行うようにして下さい。

転職活動のスケジュールを立てる

転職活動のスケジュールを立てるようにしましょう。 理由としては、転職活動のスケジューリングが甘いと、転職活動が長引く傾向にあるためです。

何カ月以内に絶対に内定を獲得して、何月には退職して新しい職場に入社するという風に具体的に日程を定めるようにしましょう。 転職のスケジュールを立てることを忘れないようにして下さい。

業界研究を徹底的に行う

志望する業界の研究を徹底的に行うようにして下さい。 理由としては、志望する業界について徹底的に調べないと面接の際に志望動機を答えにくくなる可能性が高いためです。

新卒のように「なんとなく憧れの業界で志望している」では中途採用者向けの面接は通りにくいです。 新卒とは違い、中途採用者に企業が求めるものは原則として即戦力です。

業界研究を徹底的に行い、入社してすぐにパフォーマンスを発揮できるような印象を与えられる志望動機を面接で答えられるようにしておいてください。 志望する業界の研究を徹底するようにして下さい。

転職活動資金を計算しておく

転職活動にかかる資金を計算してしっかりと貯金するようにしておいてください。 理由としては、転職活動をすると交通費などで思った以上にお金がかかってしまいます。

普段の生活費などを細かく把握しておかないと、お金が足りなくなって生活が苦しくなることもあります。 在職中の場合はまだ、転職活動にかかるお金は交通費程度ですが、離職している場合には住民税や社会保険料を自分で支払う必要があります。

転職活動にかかる資金を計算して、お金が足りないので転職活動が出来ないという状況は避けるようにして下さい。

書類作成を行う

履歴書と職務経歴書などの書類作成をしておきましょう。 特に履歴書は志望動機欄のみを空白にしておき、手書きで10枚ほどストックしておくことをおススメいたします。

理由としては、職務経歴書はパソコンで作成したものでも問題ありませんが、履歴書は手書きを指定される場合があるからです。 履歴書は綺麗な字ではなく丁寧な字で書けば良いので、急な面接に対応できるように複数枚所有するようにして下さい。

履歴書と職務経歴書をしっかりと作成するようにして下さい。

転職に成功するイメージトレーニングをしておく

転職に成功するイメージトレーニングを行うようにして下さい。 転職活動を行うにあたってはこれまでの経験を活かして転職活動を行う事になります。

仕事で成功した体験などをしっかりとイメージして、転職活動を成功できるようなイメージを作って面接に臨むようにして下さい。 具体的には、イメージトレーニングをしておくことで面接中に飛んでくる厳しい質問に対応できるようになる可能性が高いためです。

特に20代で職務経験が浅い場合は、厳しい質問で怯む人が多いです。 「現職での仕事上での成功体験を教えてください」と言われた場合に、イメージを持っておくと答えるのが楽になります。

まだ職務経験の浅い20代では自信がないことで損をしていることが多いです。 小さな成功体験でも良いので、上手く出来た仕事を常に思い浮かべるようにして下さい。

転職活動中の面接!準備不足で失敗しないためにできること2つ

転職活動中の面接の準備不足は致命的な失敗に繋がります。 理由としては、ある程度は面接官に聞かれる質問内容に対してどう答えるかなどを決めておかないと言葉がとっさには出ないためです。

面接の準備不足を防ぐための対策をお伝えいたします。

(1)志望動機と自己PRは暗記しておく

志望動機と自己PRはほぼ確実に面接官に質問されますので、暗記するようにして下さい。 志望動機と自己PRは暗記しておくことで、すぐに回答を返すことが出来るため、面接官の評価が高くなります。

なぜなら、職歴の浅い20代の転職希望者の場合は、経験豊富な人材とは違いスキル面では後れを取っているので、その人自身が持っている仕事に対するやる気やスタンスで採用の可否を判断する可能性が高いためです。 志望動機と自己PRは聞かれたらすぐに答えられる状態にしておくようにして下さい。

(2)業界知識がなく面接で空回りしないよう対策する

業界知識がなく面接の場で受け答えが空回りするケースがあります。 業界知識はしっかりと身につけるようにしておきましょう。

理由としては業界知識が全くないと面接官の質問の真の意図に気付くことが出来ず、面接で会話のキャッチボールが成立でず何を話しているかがわからなくなってしまうためです。

具体的には自動車業界を志望して面接を受けているのに車のシェアや繁忙期、業界の慣習などに詳しくなく、面接官が「繁忙期の残業は厳しいけれど、それは問題ないか」と聞いても「残業時間は月に20時間程度ですか」と的外れな回答を返してしまいます。

自動車業界は繁忙期は事務職でも1ヶ月あたり60時間を超えるような残業があります。 業界知識をしっかりと持つようにして下さい。

転職活動終盤にしておくべきこと2つ

転職活動が終盤になるになると必ず以下の2つのことを意識して活動する必要があります。 

(1)退職を告げるタイミングを考える

会社に在職している場合、転職活動が終了に近づくにしたがって、退職日をいつにするかなどの調整を行わないといけません。 また、退職をいつ告げるかも問題となってきます。

理由としては、在職中の企業に迷惑をかけないようにする必要があるためです。 具体的には退職日までの引継ぎはどうするか、有給取得を行うのか、有給休暇の買取を願い出て出勤は退職日まで行うのかなど、様々な問題に対処する必要があります。

(2)どの企業を選ぶかを考える

複数社から内定を得た場合には、どの企業に入社するかを考えなければなりません。 複数社から内定を獲得したとしても、入社は出来る会社は当然ながら一つしかありません。

転職準備で行った自己分析を基に、冷静に対処するようにしましょう。

転職活動で準備不足だとどうなる?

転職活動で準備不足の場合、会社を退職するまでの間にトラブルに巻き込まれたり、引継ぎが上手くいかない、希望日に入社出来ないなどのトラブルに巻き込まれます。

書類選考に通らない、通っても面接が上手くいかない

書類作成が甘いと面接に辿り着けません。 また、仮に書類選考に通ったとしても、面接対策が甘ければ、内定を獲得することができません。

引継ぎスケジュールが甘く希望日に入社出来ない

引継ぎのマニュアルをしっかりと作成しておかないと、引継ぎが出来ず、希望者に入社出来なくなり、転職先に迷惑をかける可能性があります。

準備不足で転職活動に失敗したくないならエージェントを利用しよう

準備不足で転職活動に失敗したくない場合は転職エージェントを利用しましょう。 転職エージェントは求人紹介を行うだけではなく、履歴書と職務経歴書の作成を手伝ってくれたり、転職のスケジュール作成をサポートしてくれます。

また、それだけではなく、キャリアプランを聞き出して転職希望者の望むキャリアプランに合わせて職業相談をしてくれます。 実際に書類選考に通過して、面接に至った場合、採用担当者と密にしているため、企業の面接対策を行ってくれます。

特に、ジェイックでは転職希望者の事前準備を徹底してサポートする体制を構築しています。 営業カレッジを開催し、若者の内定率78%を達成しています。 営業カレッジでは若者の就職支援を行っており、社会人としての心構えを徹底的に教え込むような研修を行います。

具体的には1日100件の飛び込み営業研修などを行う事で営業職として就職することを目指した研修プログラムを転職希望者に対して実施します。 入社前、入社後にもサポート研修を実施する事で転職後のケアも行ってくれる非常に手厚い サポートを行ってくれる転職エージェントがジェイックです。

また、DYM就職では、転職活動に慣れていない若年者向けに転職支援を行っており、丁寧な転職活動準備を行っています。 転職エージェントを活用し、転職準備を万全にしましょう。

関連記事

社会人2年目の転職は難しい?失敗をしないための4つの対策

世間的には3年は同じ会社で働けっていうけど… 入社2年目で転職するって実際どうなの? …

入社3年目の転職理由は?タイミングを迷う人におすすめしたい思考法

転職することは8割決心しているものの、はじめての転職活動はわからないことだらけですよね。 この記事で…

新卒1年目の転職の失敗要因は「準備不足」企業の見解と成功の秘訣は

新卒1年目で転職したいけど、「経験もないくせに甘えてる」と思われて不利? 苦労して入った会社…

20代の転職活動の進め方|企業研究や面接等の事前準備と流れを解説

目次転職活動の事前準備編転職活動の流れ編初めての転職活動が不安なら、エージェントと共に進めよう 転職活動の事前準備編 転職活動の事前準備としては、企業の情報を取得することと自己分析を行うことから始まり ...

社会人5年目の転職で注意すべき3つと心得るべき人生の分岐点とは

入社して5年目でそろそろ転職を考えているけど、世間からはどうみられるのだろう? 5年目の…