第ニ新卒のメリットとは?有利になる可能性と転職のノウハウ4つを紹介

第二新卒 メリット

第二新卒を採用するメリットって企業側にあるのかな…

1社目を短期間で辞めると転職は厳しいのでは?

第二新卒として、転職活動をしていると不安になることありませんか?

しかし実際には、第二新卒を雇うことにメリットを感じている企業が多数あります。

人によっては、第二新卒でも、新卒や経験豊富な中途採用者よりも、有利になる可能性もあります

こちらの記事では第二新卒のメリットや企業から見た価値についてお届けします。

この記事でわかること

  • 第二新卒を雇う企業側のメリット
  • 中途採用や新卒に比べて、第二新卒が有利になるパターン
  • 第二新卒の転職活動のノウハウ

まだまだ若い第二新卒の方は企業からすると人材としての価値が高いんですよ。

大学卒業時の就活では、経験不足から企業とのミスマッチを起こしてしまうことも珍しくありません。この先の数十年を考えて新しい一歩を検討することも大切です。

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて約10万件
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
  • あなたの魅力を企業側へ伝え選考通過をサポートしてくれる
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級となる約20万件の求人を保有している
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
詳細

就活市場と第ニ新卒採用の現状とは

最近の日本は、どこにいっても人手不足。

月日を重ねるごとに有効求人倍率は右肩上がりで、平成30年度の平均は「1.62倍」でした。

なんとこれはバブル期のピーク「1.46倍」よりも高い水準で、1974年1月の「1.64倍」という史上最高の数値とほぼ同レベルです。

参考:厚生労働省 一般職業紹介状況(平成31年3月分及び平成30年度分)について

第二新卒者の転職状況

この深刻な採用難によって、第二新卒の転職活動状況も好転しています。

その裏付けとして、あるデータをご紹介します。

それは、厚生労働省が行っている「労働経済動向調査」です。

「新規学卒者の採用枠での正社員の募集に“既卒者(第二新卒を含む)が応募可能だった”事業所」の割合は、2011年は27%という水準でしたが、2015年には40%を超えて、2019年も40%台をキープしています。

2011年 27%
2015年 42%
2019年 44%

参考:労働経済動向調査(2019年8月)の概況

このことからも、企業が既卒・第二新卒の採用にポジティブな姿勢であることが見て取れます。

しかし、経験豊富な中途採用と比べても「即戦力と言えるほどの経験は無い」ので、不利になることも多々あります。

だからといって落ち込まないでください。

第二新卒だからこそのメリットも、実はあるんです。

そのメリットとは何なのか?を具体的に見ていきましょう。

第二新卒のメリット

第二新卒の転職活動においてのメリットを「求職者側」と「企業側」のそれぞれの目線で見ていきたいと思います。

求職者側のメリット 企業側のメリット
未経験の職種や業界に転職しやすい 最低限の研修と実践が完了している
新卒よりも前向きにとらえてくれる場合も まだ考え方が柔軟で自社の色に染められる

求職者側のメリット

求職者側から見て、第二新卒で転職活動をするメリットは結構あります。

未経験の職種や業界に転職しやすい

第二新卒は前職の色に染まりきっていないため、企業側は自社の色に染めやすいと感じます。

さらに第二新卒は「経験」や「即戦力」ではなく、「ポテンシャル」や「やる気」を企業側が評価してくれます。

企業側はビジネスマナーといった基本的な社会人としてのスキルが身についている第二新卒に足して、教育コストの削減もできつつ、今後の成長も見込んで積極的に採用します。

そのため未経験の職種や業界にほとんどゼロからのスタートでも飛び込むことのハードルが低いです。

新卒よりも前向きにとらえてくれる場合も

第二新卒と新卒との違いは、実際に社会に出て仕事をしているか否かです。

例え短い期間であっても、社会人経験があるか無いかは天と地ほどの差があります。

いわずもがな社会はとても厳しく、お金を払っていた学生時代とも、それほど責任を与えられてなかったアルバイトとも違います。

責任ある仕事を任され、成果も求められます。

その経験としっかりしたマインドを持っていることがアピールできれば、企業側からみてまだまだ意識の低い新卒と比べたときに有利に働くケースもあると思います。

社会人経験は長ければ長いほど良いですが、短かったとしてもそれを反省し、次にどう活かしていくかという教訓を得ていれば、面接時に好感を持ってもらえるでしょう。

企業側のメリット

では、企業側から見た第二新卒を採用するメリットはどんなものがあるでしょうか?

最低限の研修と実践が完了している

第二新卒者は、多かれ少なかれ前職の会社で入社したときに研修を受けているはずです。

またそれを期間に差はあれど、実践して身に付けた期間もあったでしょう。

そのため、その企業側は最低限のビジネス上のスキルは持っていると考え、「即戦力とまではいかずとも比較的早めに戦力化できる人材」と見ます。

もちろん勤務期間は長いに越したことはないですが、1年を超えていれば最低限クリアしていると思って良いでしょう。

まだ考え方が柔軟で自社の色に染められる

第二新卒者は、まだ前職のやり方がしみ込む前に退職しているので、まだまだ吸収力が高いと思われています。

企業は、できるだけ従業員を自社の色に染めたいと思っているところが多いです。

そのため、ゴリゴリに経験のある中途採用は即戦力としてすぐに成果は出せる反面、会社のやり方に反発したり、素直に従わなかったりする人も相対的に多くなります。

会社によっては、それが大きなマイナス要素として捉えられる場合もあります。

その点、第二新卒者は自社の色に染めやすいため、企業側もポジティブに捉える場合が多いのです。

では第二新卒者が、転職で成功するために選ぶべき方法はどんなものがあるのでしょうか?

第ニ新卒者が転職成功を目指す上でおすすめの転職活動の方法4つ

転職サイトに登録しておく

新卒のとき就活をしていた第二新卒にとって、転職サイトの利用は慣れたものだと思います。

勝手がわかっている分、転職活動もやりやすいと思います。

第二新卒におすすめの転職サイトは以下の2つです。

  • リクナビNEXT
  • doda

利用の流れは上記のような転職サイトに登録し、「第二新卒歓迎!」などと出ている企業を抽出してエントリーするというフローです。

ただし、上記は社会人経験の豊富な中途採用者も利用する転職サイトであることは忘れてはいけません。

つまるところ、このような転職サイトで採用をしている企業は、社会人としての実績ありきで人材採用をしている可能性があるということです。

とはいえ、リクナビNEXTでは「第二新卒歓迎」で検索すると、1878件の求人が、おなじくdodaでは2259件の求人がヒットします。(2020年2月時点)

これだけの選択肢があるのであれば、登録はしておいた方が良いでしょう。

企業のホームページから直接応募(新卒の時に気になった会社など)

第二新卒者の転職活動では、新卒の時に気になっていた企業などに再チャレンジするのも良いと思います。

このように狙いの企業がある場合は、企業のホームページの中途採用ページから直接応募するのも一手です。

ただホームページ上で、第二新卒者が選考対象になっているか不明な企業も多いので、応募してからやきもきすることも多々あるでしょう。

そもそもホームページ上でしか採用を行っていない会社は、採用にそれほど危機感を持っていないとも考えられるので、採用ハードルが高い可能性もあります。

それらのことから、他の方法と比較して直接応募は採用に至る難易度が最も高いと言えるでしょう。

ハローワークから応募

第二新卒者は、ハローワークを活用しての転職活動も当然できます。

「若年者雇用対策」として下記のような取り組みも行っていますので、第二新卒が転職活動で利用する土壌はしっかり整っています。

・わかものハローワーク

正社員での就職を希望する45歳前後までの方が対象。就職支援ナビゲーターがいろいろなアプローチで若者の就職を支援しています。

参考:厚生労働省「若年者雇用対策 わかものハローワーク」

・ジョブカフェ

都道府県がメインで運営する「若年層の就職支援を包括的に行う」カフェのように気軽な施設です。 ハローワークが併設されているところは、職業紹介も同時に受けられ、国と都道府県が連携して若者の就職をサポートしています。

参考:厚生労働省「若年者雇用対策 ジョブカフェにおける支援」

これらの若年層向けの就職支援制度を利用するのも良いと思います。

ただし注意しないといけないことがあります。

ハローワークの求人は無料で掲載できます。

そのため、小規模の会社や零細企業が多く質が伴わない会社の比率が高い」ということです。

採用ハードルは転職サイトに比べて低いと思いますが、しっかり会社を見極めないと再度短期間で退職することにもなりかねません。

第二新卒者にとっては、短期間での退職が続くのは致命傷になります。

そのリスクを鑑みると、ハローワーク経由での転職活動は慎重に行う必要があるでしょう。

転職エージェントに紹介してもらう

第二新卒者に最もおすすめなのが、転職エージェントを活用した転職活動です。

転職エージェントもたくさんあり、それぞれに得手不得手がありますが、その中に「既卒・第二新卒を得意とする転職エージェント」というものがあるんです。

既卒第二新卒専門の転職エージェントで転職活動をすると、内定率が80%を超える確率が多いです。

また、「書類選考なし」で即座に面接が可能な求人が盛りだくさんなので、無駄な時間と労力をかけずに済みます。

第二新卒に特化した転職エージェントを厳選し、以下に記載しておきますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

第二新卒におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

  • 求人数200,000
  • 添削
  • サポート
  • 年間数万人が転職を決定する高い実績
  • 求人数の多さから、将来の選択肢を広げられる
  • 相談拠点数は業界トップクラス!

リクルートエージェントには大企業の案件も多く幅広い業界や業種の求人情報が掲載されています。

20万件以上の求人情報の内、約9割が非公開求人となっておりここでしか見れない求人が数多くあることが大きなメリットです。

書類の添削や面接対策といったサポートも充実しているので、「転職活動は初めてで不安……」という第二新卒の方におすすめの転職エージェントです。

この記事のまとめ

第二新卒だからこそのメリットや、転職活動を行っていくためのノウハウがインプットできたことと思います。

第二新卒で最も気を付けるべきは、次は絶対に短期間でやめないためにしっかりと会社を見極めながら転職活動をすることです。

第二新卒ならではのメリットを最大限に活かしつつ、転職エージェントを利用してカウンセリングと会社選びを経たうえで、納得のいく会社へ転職してくださいね。

関連記事

第二新卒とは?高卒でも応募できる?まわりと差がつく転職活動マニ…

\ 高卒者の就職決定多数!/ 就職のプロに無料相談してみる ※ブラック企業を排除し入社後定着率91.3%…

第二新卒の求人はブラックしかない?ホワイト企業を見つける5つのコツ

\ 自分らしく働ける職場が見つかる!/ 転職のプロに無料相談してみる ※入社後定着率93%の実績を持っ…

第二新卒でホワイト企業に転職。ブラック求人を見極めるポイント7つ

\ホワイト企業を見つけられる!/ 転職のプロに無料相談してみる ※入社後定着率96.8%の実績を持って…

第二新卒から大手への転職は無理じゃない?採用に近づく4つのポイント

第二新卒で大手企業に転職するのは無理ではありません。 しかし誰もが転職できるわけではなく「厳しい」…

第二新卒の就活は厳しい? 3か月以内に転職が成功するコツと狙う時期

\第二新卒の就活を熟知!/ 転職のプロに 無料相談してみる ※入社後定着率96.8%の実績があります。 …