20代の転職活動の進め方|企業研究や面接等の事前準備と流れを解説

転職活動 進め方
リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて約10万件
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!20万件の求人を保有
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
詳細

転職活動の事前準備編

転職活動の事前準備としては、企業の情報を取得することと自己分析を行うことから始まります。

自分自身がどのような職種の仕事をしたいのか、志望企業はどこなのかを決めるようにしましょう。

自己分析を行う

これまでの自分自身のキャリアを棚卸しながら、これからどんな職種の仕事がしたいのかを整理するようにしましょう。

理由としては、自己分析が甘いと何度も転職活動を繰り返すことになる可能性が高いためです。

自己分析をしっかり行い、自分自身がこれから何をしたいのかをハッキリ決めておかないと、転職活動をどう進めてよいか分からなくなる可能性が高いです。

自己分析をしっかりと行うようにして下さい。

企業研究、業界研究を行う

企業研究や業界研究をしっかりと行うようにして下さい。 理由としては志望企業を決定するためには企業研究と業界研究が欠かせないためです。

仮にどうしても行きたい業界や企業はある場合は新卒のときとは違い、即戦力としての入社になる為、業界独特の仕事の慣習などをしっかりと調べるようにして下さい。

新卒の段階では職歴がないため、志望動機の良さなどだけで内定が出ることがありますが転職の場合は即戦力として見られているため、憧れだけではなく何が出来るのかを伝えるようにして下さい。

業界ごとの現状をしっかりと分析するようにして、今後の自分の仕事のスタイルとマッチするかどうかしっかり調べるようにして下さい。

キャリアプランをしっかりと考える

キャリアプランは特に女性の場合には、しっかりと考えるようにして下さい。

理由としては出産や育児などのライフイベントが女性の場合はキャリアに響いてくる可能性が高いためです。

恋愛や結婚などは予定出来ませんが、少なくとも女性がライフイベントのために一旦退職しても仕事が続けられるような会社を選ぶなどキャリアプランをしっかりと考えるようにしましょう。

給与、賞与等の求めている労働条件を決めておく

給与や賞与などの求めている労働条件は決めておくようにして下さい。

理由としては給与や賞与などに関して最低でもこれだけは欲しいというものがないと転職してから後悔するためです。

仮に未経験でどうしてもやりたい仕事があるから給与や賞与についても下がっても問題ないのかなどを決めておかないと転職活動の軸がぶれてしまいます。

経験職種なら給与はいくらくらいがよい、未経験でもやりたい仕事なら給料が下がっても良いという風に、労働条件の基準を決めるようにして下さい。

スキルの棚卸を行う

これまで経験してきた仕事のスキルを棚卸してください。

理由としては自分自身のスキルが客観視できていないと面接の場でうまくアピールできなくなる可能性が高いためです。

自己PRや志望動機の作成もスキルの棚卸がないと上手くできなくなります。

自己PRや志望動機を作成する際には、これまでの仕事経験の中からこれは志望企業にアピールできるスキルだと客観的に認められるものを抜き出して行う必要があります。

スキルを客観視して自己PRと志望動機を作成するために、スキルの棚卸をしてください。

転職活動のスケジュールを立てる

転職活動のスケジュールを大まかでも決めるようにして下さい。

特に大切なのは退職日の設定です。

いつ転職を決めていつ退職を切り出すかはしっかりと決めるようにして下さい。

理由としては締め切りがないと焦らない人が多いためです。

いつまでに終わらせるのかという最終目標を決めておかないと在職中の場合は生活に困らないこともあり、ダラダラと転職活動が長引いてしまうことがあります。

退職願を出す時期や退職手続きの期間などを考慮して転職活動のスケジュールを立てるようにして下さい。

この章では、転職活動の事前準備について解説させて頂きました。

次の章では、転職活動の進め方と転職活動の流れについて解説させて頂きます。

転職エージェントに話を聞く

転職活動の流れ編

転職活動の進め方と転職活動の流れを順番に説明させて頂きます。

応募書類の作成

応募書類として履歴書と職務経歴書の作成を行います。

理由としては、履歴書と職務経歴書の提出を求める企業が大半の為、履歴書と職務経歴書を作成する必要があるためです。

履歴書に関しては時間をとってゆっくりと書くことがベストであると言えます。

職務経歴書に関しては、これまでの職歴が魅力的に映るように工夫をして作成するようにして下さい。

求人に応募する

履歴書と職務経歴書を作成したら、求人に応募を開始します。

事前準備で行った自己分析をもとに、希望の職種や勤務地、給料などから志望企業を探して応募をしていきます。

求人に応募して、書類選考に合格すれば面接となります。

面接対策を行う

志望する企業に書類を提出し、書類選考に合格すれば面接となります。

面接を受ける前に必ず面接対策として「志望動機」と「自己PR」を答えられるように準備するようにして下さい。

理由としては上記の2つの質問は面接の中で聞かれる可能性が高いため、出来るだけ準備しておいた方が良いためです。

面接を受ける

企業の面接選考を受けます。

面接に関しては事前に対策をしておくことが大切です。

面接に堂々と挑んで内定を得ましょう。

内定を受け、退職を行う

志望企業から内定の連絡を受けたら、在職中の方の場合は退職手続きを行う事になります。

退職するにあたってはこれまでお世話になった会社でもあるため、感謝の言葉と共に去ることをおススメいたします。

理由としては、退職後に次の会社でどんなご縁があるか分からないためです。

特に同業他社に転職する場合には悪いうわさが回らないようにして下さいね。

この章では、転職活動の具体的な流れについて説明させて頂きました。

次の章では、気になる転職活動の効率的な進め方について解説させて頂きます。

初めての転職活動が不安なら、エージェントと共に進めよう

初めての転職活動が不安な場合は転職エージェントと共に転職活動を進めると良いです。

理由としては、転職活動の不安を払拭してくれるのが転職エージェントのためです。

転職エージェントはこれまでの仕事の経験などを基に求人紹介を行ってくれますし、死亡業界の情報を提供してくれます。

非公開求人も保有しており、企業の採用担当者とも接点を持ち求人内容をしっかりと理解したうえで紹介してもらえますし、履歴書や職務経歴書の書き方の指導と添削を実施してくれます。

特に転職エージェントのタイプ転職エージェントは、初めての転職活動を徹底的にサポートしてくれるキャリアカウンセラーが転職初期につまずく原因となる転職活動の進め方が分からないといった問題を解決してくれます。

また、DYM就職も、転職活動の進め方から内定に至るまで徹底的にサポートを行ってくれます。

ぜひ、転職活動を不安なく進めるためにも転職エージェントのサポートを活用してみて下さいね。

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて約10万件
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!20万件の求人を保有
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
詳細

関連記事

新卒1年目の転職は準備が大切!企業への面接時の伝え方やメリット・…

新卒1年目だけど転職したい……「経験もないくせに甘えてる」と思われて不利なのかな? 苦労して内…

入社3年目の転職理由は?メリットと失敗せず転職する方法

3年目の転職って何だか難しそう……ホワイト企業に転職するためにはどうすればいいんだろう。 …

「20代で仕事が決まらない…」ストレス・焦りから脱出できるたった1…

転職活動を始めて2か月……15社も書類出したのに1社も受からない 不安や焦りが大きくなって、…

社会人2年目の転職は難しい?成功の5つのポイントと転職理由

新卒1年目は気合いで頑張ったけど、2年目を乗り切れる気がしない…… 実績もないのに2年目で転…

未経験者が就職しやすい業界TOP5と会社を選ぶ基準

未経験の業界に転職したいけど、就職しやすい業界ってどこなんだろう? 条件の良い会社に手…