転職活動の開始時期は2月と10月が採用確率高い|3つのおすすめ時期

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

転職活動の開始時期は2月と10月がおすすめ!企業の採用ニーズを大解剖!

転職活動の開始時期は2月10月がおススメです。 企業の採用ニーズを説明させて頂きます。

毎年2月が1年間を通して最も企業の中途採用活動が活発化します。 理由を解説させて頂きます。

年度きり替えの時期なので、企業にとって理想的な人事管理が実現できる。

毎年2月に求人募集を行う企業の数はピークを迎えます。 理由としては、2月に求人を行うことで、理想的な人事管理が実現するためです。 年度の切り替わりのタイミングである4月に転職希望者を入社させることができるため、2月に求人募集を行い、4月に入社させたいと考えています。

転職活動を行うメリットとして求人数が多い事があげられる

2月に転職活動を行うメリットとしては、求人数が多い事です。 求人数が多いため必然的に面接を受ける機会も増加していき、内定に至る確立が高くなります。求人する企業も4月入社に拘るのは大規模な企業が多いことからも、大企業が多く集まるのもメリットといえます。

大企業ほど入社年次による人員管理を徹底して整然とした管理体制を好むため、大企業の求人が2月には増えます。

2月求人は新卒同様の研修を実施してくれる可能性もある

2月に求人を行い4月を入社に設定している企業の場合には、人事管理を徹底したいと考えている大企業も中には混じっているため、仮に中途採用者であっても新卒と一緒に研修を受けさせてくれる可能性があります。

4月入社の場合には新卒研修も行っている時期なので、転職した人の年齢が若ければ一緒にまとめて研修すれば費用も余分にかかりません。 もしも転職にあたって研修がないと不安だと考えている場合には、この時期を狙って転職活動を行うのも有効な手段です。

2月入社のデメリットは、ライバルの多さと情報管理が甘くなる点

デメリットは、情報収集が甘くなる可能性があることと、転職活動のライバルが多いということです。 理由としては、2月は求人数のピークであるため、転職活動を開始すると求人情報が多く目に入ることになります。 求人情報を目にする機会が増えることで、情報の取捨選択が難しくなってしまいます。

求人情報が多すぎるので、自己分析が甘いと望まない企業へ就職してしまう可能性が高くなります。 また、2月に転職活動を開始するライバルが多いです。

理由としては2月に転職活動を開始して、4月入社を目指す転職希望者は昨年度のボーナスを全て貰い切った状態で転職活動を開始している人が多いためです。 4月入社を目指す転職希望者は転職を思いとどまらせる要素がないため、相当な数になります。

企業側の思惑(メリット)としては年度きり替えの4月までに転職希望者を採用する事で理想的な人事管理が出来る可能性が高いため、メリットが大きいです。

転職希望者側のメリットとしては、求人数が多い事、新卒と同じ時期に入社することが出来るため、新卒同様の研修を受けることが出来る可能性が高いことです。 企業側の思惑と転職希望者のメリットがほぼ一致しているのが2月の転職活動なので、デメリットよりもメリットの方が大きいと言えます。  

10月の理由とメリットデメリット

10月の理由としては、この時期に求人を掛ければ年末までに人が確保できるためです。2月の時期と同様に年度きり替えの時期で異動などで人員補充が必要になってくる時期でもあるため、10月は狙い目であると言えます。

年度きり替えの時期であると同時に、人事異動に伴う人員補充が必要

10月になると企業規模を問わずに人事異動が行われますが、10月になると人事異動に伴って予想外の人員不足が起こることが増えます。 10月は予期せぬ退職に対応することが難しいです。

理由としては、4月の突発退職は新卒で補えますが、10月の突発退職に伴う補充は新卒をあてがうことが出来ないためです。 そのため、10月の求人募集は4月の求人募集に比べて即戦力を求める傾向にあります。

10月求人のメリット

10月求人の企業側のメリットとしては、転職希望者にとっては経験職種であれば採用されやすいという点です。 理由としては、10月の求人は新卒による異動補充が見込めないため、経験者以外は敬遠される傾向にあるためです。

新卒で補充できる状況であれば新卒を異動などに伴って人が抜けた部署に配属してなんとか部署を回すという手段を取れますが、10月採用になると新卒はすでに新入社員研修を受けて特定の部署に配属されてしまっているため異動させられない状況になっている可能性が高いです。

外部から採用する以上はある程度は経験を積んだ人材が望ましいという判断になる可能性が高いため、経験者は採用されやすくなります。 また、10月に転職活動を開始すれば20代の場合は1ヶ月半以内で転職活動を終えることが可能なため、上手くすれば賞与を貰ったタイミングで退職を行い、1月からの勤務開始を行える可能性があります。

10月求人のメリットは総括すると、経験者であれば転職しやすく、転職タイミング次第では賞与を満額受け取った状態で転職できるというところですね。

10月求人デメリット

10月求人のデメリットとしては、経験者以外は採用されにくい点です。 理由としては、求人数などは確かに年度きり替えの時期なので多いのですが経験者向けの求人が増えるため未経験の仕事に挑戦したいと考えている場合には不利になる可能性が高いです。

また、退職を切り出すタイミングを失敗すると12月支給の賞与を貰えなくなる可能性があります。 理由としては賞与の支給条件は、あくまでも賞与支給日まで在籍していることが前提となっている会社が多いことからです。

10月に転職活動を開始して思った以上に早く内定を獲得してしまった場合には、退職をそれだけ早く会社に伝える必要があるため、業界・会社によっては賞与を支給されずに退職させられる可能性があります。

経験者以外は採用されにくいことと、賞与が貰えない可能性があることが10月求人のデメリットといえますね。

逆算して考える!円満退社をしたいなら12月から転職活動を始めよう

円満退職をしたいならば12月から転職活動を開始してみましょう。 退職日から逆算してみると非常にメリットが大きいため、その理由を解説させて頂きます。

賞与が支給された後なので査定を気にしなくてよい

転職活動を行うにあたっては円満退職を狙う場合には12月の賞与支給日以降に活動を開始しましょう。 理由としてはこのタイミングで転職活動を始めれば仮に転職活動が会社にバレても賞与を満額受け取ったあとなので痛みがないためです。

賞与査定にもう関係がないと思えば現職をほどほどにして転職活動に思い切り打ち込むことが出来るという人も多い可能性があります。

引継ぎ期間を考えるならば12月開始で4月入社が一番迷惑をかけない

仕事を退職すると決めても、引継ぎ期間を考えると12月が良いです。 理由としては、12月に転職活動を開始して、12月に就職の準備として情報収集を完了させます。

1月から転職活動を開始して、3月に内定を受け退職を在職企業に対して伝えて、後任者に1ヶ月程度の引継ぎの後、4月に入社を行います。 こうすることで、後任者への引継ぎを行う事が出来るため、円満退職をすることが可能です。

はじめての転職活動を有利に進めたいなら転職エージェントを利用しよう

はじめての転職活動を有利に進めたいなら転職エージェントを利用してみましょう。 理由としては転職活動のスケジュールを立てることが容易になるためです。

転職エージェントに登録する際にいつまでに転職を終えたいのかを伝える事でそれに合わせたスケジュールで求人紹介を行ってもらえますし、履歴書の作成や職務経歴書の添削を行ってくれるので、書類作成の手間を省いてもらえます。

また、書類選考に通過したあとの面接対策も行ってもらえるので内定確立がアップします。 現在は売り手市場なので転職活動は有利な状況なので、優良企業の紹介を受けられる可能性も高いです。

在職中でも相談しやすい転職エージェントとしてはdodaです。 理由としては基本的に電話面談のみで求人紹介を受けることが可能なため、すぐに登録が可能なためです。

また、タイプ転職エージェントは在職中の転職活動を支援する体制を整えています。 転職エージェントを活用することで、新しい円満退職を目指しましょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する3つの理由

今の仕…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

「あと半年で社会人も丸3年か~」 「そろそ…

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...