20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

20代の転職活動の平均は3ヶ月

求人サイトエン・ジャパンの調査によれば20代の転職活動のにかかる期間は3か月程度だと言われています。

人事としても、これらのデータは実感として正しいと感じます。

理由としては、20代の若年層は企業からの需要が高いため、早期に内定が出て就職活動が終わる傾向にあるためです。

実際にエン・ジャパンの統計データでも年代が上がるにつれてどんどん転職活動の期間が長引いていきます。

企業が欲しがる年代層が主に20代のため、30代、40代と比較しても短い3ヶ月以内で転職活動が終わっています。

この段落で20代の転職に要する期間が平均で3ヶ月程度だと紹介させて頂きました。

次は気になる、転職希望者の状況別の転職活動にかかる期間の詳細についてお伝えせて頂きます。

在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説

在職中・離職中・アルバイトの場合にかかる期間はそれぞれ異なりますが、正社員として在職中の人の方が比較的ゆっくりと転職活動を進める傾向にあるようです。

それぞれ転職活動を行う人の状況別に転職活動期間について解説させて頂きます。

(1)在職中の場合

正社員として在職中に転職活動を行う場合には、離職中の人よりも転職活動の期間が長くなる傾向にあります。

エン・ジャパンの調査によると在職中に転職活動を行う人の場合には、転職活動の期間期間が1か月半以内の人がわずか13%しかいませんでした。

原因としては在職中の場合には普段の業務もあり、転職活動がどうしても本業の空いた時間にしか行えないため長期化する傾向にあると予測されます。

正社員として責任の重い仕事をこなしながら転職活動を行うのは精神的にも肉体的に大変なので長期化する傾向にあると言えます。

在職中の場合は、理想の転職活動の期間は半年以内です。

理由としては、正社員として働きながらの転職活動であればブランク期間が出来る心配がないため時間をかけて転職活動をしても問題ないためです。

但し、年齢が20代後半で30歳に近い場合は30歳になるまでに転職を決めた方が良いです。

年齢が30歳になると未経験の求人を受けても落とされてしまう可能性が高くなってしまうため、未経験の仕事に挑戦したい場合には転職活動を早期に終結させる必要があります。

(2)離職中の場合

エン・ジャパンの転職活動期間の調査によると離職中の場合には、転職活動の期間が1か月半以内で終わっている人が約33.3パーセントと在職中の人に比べて20%以上増加しました。

理由としては離職中の場合は転職活動の期間が長引けば長引くほどブランク期間が伸びることになってしまうため、転職活動を早く終わらせようと必死になって転職活動をすることになるためと予測されます。

在職中であればキャリアが途切れていないので良い企業または自分に合った企業があれば転職するというスタンスをとることができますが、離職中は転職活動にかかった期間イコール離職期間なので転職活動を急がないといけないという事情があります。

離職中の理想の転職活動の期間としては、3ヶ月以内が理想です。

理由としては、3ケ月以上の離職期間は転職活動があると転職活動において不利になってくるためです。

一般的な人事担当者の感覚として3ヶ月以上のブランクはこんなに長い期間内定が決まらないなんて人材価値が低いのではないかと思われてしまうためです。

離職期間を長引かせないように、早めに転職活動を終わらせた方が良いと言えます。

(3)アルバイトの場合

アルバイトをしながら転職活動をしている人は、離職中と同じく1か月半以内に転職活動を終える人が多いと推測されます。

理由としてはアルバイト期間は正社員として就業している期間ではないのでアルバイト生活の期間が長くなればなるほど、転職活動に不利となってくるためです。 アルバイトの場合の理想の転職活動期間は3ヶ月以内が理想です。

理由としては正社員として就業していないのでスキルアップなどが見込めず、そのままアルバイト期間が離職中のブランクと同じ扱いになる為、アルバイト期間を短く終わらせた方が良いためです。

アルバイト期間が3ヶ月を超えると離職期間が3ヶ月を超えるのと同じになるため、転職活動で不利になってくる可能性が高いです。

この段落では、在職中、離職中、アルバイトなど状況によって転職活動に適した期間が変わるということをお伝えいたしました。

次の段落では、気になる第二新卒の転職活動にかかる期間について説明させて頂きます。

第二新卒の場合かかる期間は?

第二新卒の場合は20代の転職活動になりますので、短い人であれば1か月半以内で就職活動が終わる可能性が高いです。

少し時間がかかる人で3ヶ月以内で転職活動は終わる可能性が高いです。

理由としては、日本の転職市場は20代の若者向けのニーズが一番高く、20代を欲しがっている企業が多いため、第二新卒の年代は早期に内定を獲得することが出来る可能性が高いためです。

特に人手不足で新卒の採用に失敗した企業が第二新卒を採用したいと躍起になっていますので、30代40代と比較するとかなり早期に内定が出る可能性が高いです。

第二新卒の転職活動にかかる期間は早い人で1か月半以内、遅い人で3ヶ月以内と考えるのが妥当と言えます。

さて、この段落では第二新卒者は企業の採用ニーズにマッチしているため、転職活動は早期に終わる可能性が高いことを解説させて頂きました。

次の段落では、書類選考から面接、内定までの流れを説明させて頂きます。

書類選考~面接~内定までの流れ

転職活動にかかる期間が最短で1ヶ月半と想定して流れを解説させて頂きます。

1ヶ月半の期間設定の理由としては第二新卒の場合は、すぐに内定が出る可能性が高いためです。

スケジュールとして、書類作成や自己分析、求人情報の収集に2週間、応募企業の選定に2週間、書類選考、面接から内定までおよそ2週間で転職活動は終了する可能性があります。

スケジュール通りに進むと約1か月半で転職活動が終了する可能性が高いです。

退職日などは転職活動が終了してから引き継ぎなどを考慮して1ヶ月程度と想定されるため、転職開始から実際に退職するまで2ヶ月半~3ヶ月で考えておくとよいでしょう。

キャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要

第二新卒でキャリアの浅い20代は転職にサポートが必要です。

新卒時の就活とは異なり企業の情報収集、求人情報を自分だけで集めるのは困難だからです。

特に第二新卒は働きながらの転職活動になるのでその大変さは想像以上なので、様々なサポートを活用する事が必要です。

(1)転職サイトの就活コラムを活用しよう

転職サイトの就活コラムを活用し、情報収集を行うようにしましょう。

理由としては転職サイトのコラムは人事経験者が実際に執筆しているコラムもあり、信ぴょう性が高い情報が掲載されているサイトも多いためです。

就活コラムを参考にして転職活動を有利にするようにしてみましょう。

(2)転職エージェントの無料添削・面接サポートを活用しよう

転職エージェントの無料添削・面接サポートを活用してみましょう。

理由としては、転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削から、将来のキャリアプランの相談まで様々な情報を提供してくれるだけでなく、面接対策も行ってくれるためです。

求人紹介をしてもらうさいも、応募する企業に適した書類に仕上げるのをサポートしてもらえます。

転職エージェントのジェイックでは、20代向けに転職支援サポートを積極的に行っており、特に営業職への20代の転職に強みをもっており、サポートが充実しています。

また、マイナビジョブ20sでは20代に特化した転職支援体制を構築しており、20代・第二新卒向けの転職支援セミナーなどを行っています。

転職エージェントのサポートを積極的に活用することで、希望の企業への転職を実現しましょう。

参考:エン・ジャパン 転職活動に関する調査

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する4つの理由

新卒1年…

入社3年目の転職活動|理由・タイミング・女性の場合は?全疑問まとめ

転職…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

在職中の転職活動のやり方|毎日残業続きの人がやるべき効率的な方法

目次在職中の転職活動はとても大変転職活動する暇ない!毎日残業続きの人にオススメする効率的な方法知るようで知らない転職活動のちょっとしたコツ 在職中の転職活動はとても大変 在職中の転職活動はとても大変で ...