仕事疲れによるイライラやモヤモヤを解消!おすすめのリフレッシュ方法

仕事 疲れた

仕事で疲れたときのイライラ・モヤモヤ、何とかしたいですよね。

ストレスがたまり続け「仕事が辛い辞めたい」と感じるようになると、そのまま働き続けるのも困難になってしまいます。

ここでは、心も身体も疲弊してしまっている人に向けてのリフレッシュ方法を紹介します。

簡単な解消法で心身を充電生まれ変わるきっかけを探しましょう。

この記事のまとめ

仕事からくるストレスでイライラ・モヤモヤしている人は、以下の3つのことを実践しましょう。

  • 仕事で疲れる原因を特定する
    20代によくある原因には、過剰労働による慢性疲労の蓄積や睡眠不足、人間関係の悩みや生真面目な性格などがあります
  • 自分に合うリフレッシュ方法を見つける
    一人旅に出かけたりマッサージを受けたり、自分に合うリフレッシュ方法を試してみましょう
  • 転職エージェントに相談する
    リフレッシュしても疲れが解消されないときは転職も一案と考え、転職エージェントに相談するのがおすすめです

自分に合うリフレッシュ方法を見つけたり、転職エージェントに相談して客観的なアドバイスをもらってみましょう。

ストレスを感じない働き方へと切り替えるきっかけになります。

\悩むなら「行動」しよう/

仕事で疲れるときの原因ってどういうものがある?

仕事で疲れた」といっても、人それぞれ原因は異なります。

まずは、どんなことで疲れた状態になったのかを考えてみましょう。

  • 慢性的な疲労の蓄積・睡眠不足
  • 人間関係のストレス
  • 生真面目な性格であること

慢性的な疲労の蓄積・睡眠不足

残業が多くて睡眠不足が続いたり、事務作業ばかりで身体がカチカチになったり、労働環境や職種によって慢性的な疲労を抱えてしまうケースはよくあります。

社会人になったばかりの20代はとくに、慣れない環境に無理矢理適応させようと肩肘張りストレスを抱えがちです。

それにより、だるさが抜けない、ベッドから起きたくない仕事を休みがちになる、頭痛が続く、どうしようもなく癒やしや慰めを求めてしまう・・

といった症状が目立ってきたら、十分な休養時間を確保しましょう。

人間関係のストレス

疲れを感じる原因は、肉体的なものだけではありません。

上司や同僚、お客さまなどに気を配り、心がすり減ってしまうことも一因です。 誰とも会いたくない、人の視線がこわいといった症状は、精神的な疲労を示すサインかもしれません。

頭の中を空っぽにする時間を作ってリフレッシュを図りましょう。

生真面目な性格であること

お願いされると「ノー」とは言えない生真面目な性格の人ほど、疲れをためやすい傾向があります。

定時までには終わらない量の仕事を任されて残業続きになったり、上司の目を気にして誰より早く出社したりと、疲れる働き方に自分自身を追い込みがちです。

どこかで糸が切れたように限界がきて、「やってられない!」となるリスクもあります。 ストレスをため込まずこまめに解消し、自分をいたわる習慣を身につけましょう。

仕事の疲れを解消する方法をご紹介!

「仕事で疲れた」「もう嫌だ」となったときには、こんな解消法を試してみましょう。

  • 一人旅に出かける
  • マッサージを受ける
  • 人間関係を断捨離する
  • 誰かに相談する
  • 好きなことを思いきり楽しむ
  • 仕事が辛いときは転職を検討してみる

一人旅に出かける

ストレスの原因から物理的に距離をとり、郊外に出かけてみましょう。

緑豊かな場所に隣接するコテージでゆっくり過ごすも良し、川や湖のほとりでせせらぎの音を聴いてみるのも良し。

マイナスイオンをたっぷり浴びて心をデトックスしてあげると、疲れがすっと和らぎます。

マッサージを受ける

肩凝りや腰痛などの肉体的な疲労にはマッサージがおすすめです。

ソフトな刺激がお好みならアロマオイルを使ったマッサージ、本格的な揉みほぐしなら凄腕施術者の治療院など、選択肢は豊富にあります。

身体が軽くなると同時に、気分もすっきり前向きになれますよ。

人間関係を断捨離する

どんなに親しい相手であっても、誰かと一緒に過ごす時間はストレスになりがちです。

心を許せる人以外とは一定の距離をとり心の疲弊を防ぎましょう。

忙しい時期はSNSを休む、無理して飲み会に参加しないなどのマイルールを決め、本当に必要なものだけに人間関係をセーブすると、人付き合いは楽になります。

誰かに相談する

仕事で疲れた気持ちを自分の中に閉じ込めてしまうと、イライラが募る一方です。家族や同僚に話しを聞いてもらって、ストレスを解消しましょう。

人と会うのが面倒に感じるときには、行政主導で行っている電話相談やメール相談窓口を活用する方法もあります。

職場のトラブル相談ダイヤル、労働条件相談ほっとラインといった、ストレスの原因に応じた相談先もあるので、必要に応じて活用しましょう。

【フリーダイヤル】0120-811-610 (はい! ろうどう)テキストがはいります。

好きなことを思いきり楽しむ

心の中のモヤモヤが気になるときには、好きなことを思いきり楽しむ時間をとります。

テニスやジョギングといった身体を動かすことだけではなく、好きなバンドのライブに行く・ネイルアートをするなど、どんなことでも大丈夫です。

何もしたくない日には目覚ましをかけずにベッドにこもり気が済むまで寝るのも良いでしょう。

スマホの電源もオフにして、眠りに集中できる環境を整えます。

さて、いかがでしょうか。

仕事の疲れを解消するために良さそうな方法は見つかりましたか?

最後に、何をやっても気分が晴れない人に耳寄りな提案をさせていただきます。

仕事が辛いときは転職を検討してみるのもおすすめ

何をやっても気分が晴れないときこそ、働き方を見直す良い機会です。

イライラ・モヤモヤした気持ちを抱えたまま自分ひとりで考えても適切な判断はしにくいため、転職エージェントに相談してみるのはいかがでしょうか。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの活用法は、求人紹介だけではありません。

専任スタッフとの面談を通してキャリアプランを明確化し、ストレスを解消して無理なく働ける仕事や職種のアドバイスを受けられます。

ストレスの原因はどこにあるのか」というレベルから相談にのってもらえることも多く、将来の方向性を見失い、どうしたら良いのか分からなくなっている人にもぴったりです。

転職エージェントでは、転職するかを決めかねている状態で面談を受けるのはめずらしいことではありません。

ですので、今後のキャリアプランに迷っている時期であっても心配することはありません。

転職エージェントのメリット

転職エージェントとの初回面談では、あなたの性格や価値観、働き方に関する希望を明確化するための簡易診断やアンケートがなされます。

プロの目やデータの蓄積から得られる客観的なアドバイスは、頭の整理に役立つでしょう。

転職エージェントとの面談を通して自分が本当にやりたい仕事に気付きストレスなく働くきっかけを与えてくれるチャンスがあります。

転職時に相談できるエージェント

仕事に疲れたときに相談するなら、第二新卒・20代のサポートに強い転職エージェントをおすすめします。

入って間もない若手社員が抱える悩みを熟知していて、同様の相談を多数解決してきた経験から、役立つアドバイスを受けられる可能性が高いためです。

フリーターや第二新卒のサポートに力を入れている「JAIC(ジェイック)」は、現状を変えたい人におすすめできます。

独自の無料研修を受講した後には、書類審査なしの採用面接を受けられるという特徴があります。

そのため、職務経歴書に記載できる経験が少ないことで転職をためらっている人でも安心です。

未経験歓迎の求人が多い「ハタラクティブ」は、キャリアチェンジを検討したい人におすすめです。

転職エージェントの手厚いサポートによって、選択肢が広がり物事を前向きに考えられるようになります。

この記事のまとめ

仕事に疲れたときに頑張りすぎてしまうと心身ともに疲弊して、働けないくらいの状態になってしまうリスクもあります。

限界になる前にリフレッシュする方法としては、人間関係の整理や信頼できる相手への相談、一人旅などが選択肢です。

リフレッシュしてもどうにもならないストレスがある場合は転職も視野に入れ、転職エージェントなどプロの力を借りて新たなキャリアプランを築いていきましょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

転職決断できないなら転職NG|転職エージェント登録だけしておこう

目次転職決断できない理由はまだ懸念点があるから転職を決断できない状態で転職はするな|よくある失敗例転職が決断できない人は最低でもサイト・エージェント登録だけやっておこう 転職決断できない理由はまだ懸念 ...

仕事をしたくない心理とは? 今すぐにできる対策を紹介【20代向け】

希望を持って就職したはずでも、 「仕事したくない。

仕事が苦痛なのはなぜ?人間関係や職場に対するストレス対処法を紹介

「仕事が苦痛で辞めたい」と悩んでいる20代の男女は多いもの。 …

仕事で人生を変えたい!最適な転職方法や理想の会社の見つけ方

「転職で人生を変えるにはどうしたらよいのか」と悩んでいる人も多いので…

正社員で楽な仕事はある?希望条件にあう仕事や会社の探し方ガイド

「仕事はつらいけど、正社員だし我慢するしかない」そう考えたことはない…