高卒での転職活動は難しい?成功のポイント3つとおすすめ対策

高卒 転職

高卒で就職した会社がまさかのブラック見切りをつけて転職したい」といった悩みは、めずらしいものではありません。

ただでさえ大卒者より厳しい現実に直面している高卒者が、早い段階での転職活動を行うことに不安を感じるのは当然です。

今まさに不安を抱えている人に紹介したい、高卒者の転職における成功ポイントを見ていきましょう。

この記事のまとめ

高卒入社から間もないタイミングで転職を考えると、厳しい現実に直面するリスクがあります。

スムーズに転職を決めて新しい環境で再出発するためには、3つのポイントを守りましょう。

  1. 名前をよく聞く優良企業ではなく、隠れたホワイト企業を探すこと
  2. 優良企業にこだわるなら、エンジニアや介護職など職種・業界選びを工夫する
  3. 求人サイトを探すのではなく転職エージェントの活用がおすすめ

転職エージェントが行っているサポートには、職種・業界選びの工夫やホワイト企業に関する情報収集が含まれます。

ポイントを押さえた転職活動ができることから、求人サイト経由で活動するより成功率が高くなり理想の仕事を見つける近道です。

ウズキャリ

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

高卒者の転職の状況

高卒で入った会社を半年や1年で退職、転職活動を始める人もいます。

より良い会社へ転職を決める人が見られる一方で、厳しい現実を突きつけられることも多いのが実際のところです。

勝ち組に入るためには、優良企業以外にも目を向けた求人探しが求められます。

資格や大きな経験がないと優良企業は難しい

応募先で即戦力になるような専門資格やアピールできる経験を持っていないと、誰もが名前を聞いたことがあるような優良企業は狭き門です。

派遣社員まで選択肢を広げればまだ見込みはありますが、長い目で考えて有利な選択とは限りません。

雇用情勢が悪化したときにはいち早くリストラ対象にされやすく、安定的なキャリアを目指す人には、おすすめできない選択です。

「オフィスワーク=ホワイト企業」と決めつけない

高卒者の転職先は、主に以下の2つに分かれます。

  • 工場や建築現場などの肉体労働
  • オフィスワークなどの事務系職種

オフィス系ソフトが得意、会計知識を持っているなど特定スキルを活かしてオフィスワークを選ぶならまだしも、「身体が楽」という理由だけで判断するのは危険です。

雨が降ったら休みになる現場作業と、サービス残業や休日出勤が当たり前になっているオフィスワークのどちらが大変かは個人の価値観次第です。

職種のイメージだけで転職先を決めず、職場の雰囲気や待遇をよく調べて判断しましょう。

高卒で優良企業に転職するにはどうすればいい?

優良企業へ転職するのは難易度が高いとはいえ、可能性がゼロというわけではありません。

ねらい目の職種や業界にターゲットを絞って応募すれば、内定をもらえるチャンスがあります。

おすすめの職種

高卒から優良企業への転職を考えるなら技術職をおすすめします。

工場の機械や精密機器のシステム設計を行うエンジニア、アプリやゲームのプログラミングを行うプログラマーなどが良い例です。

高校の授業でプログラミングに関して学び、自分で作ったホームページや簡単なシステムがあれば、職種に対する本気度を示す材料として提示できます。

いきなり優良企業が難しい場合は、中小規模の会社で実務経験を積み、技術力を武器にしてステップアップする方法も考えてみましょう。

おすすめの業界

技術職の求人が見られるのは、IT業界だけではありません。

建設業界や製造業など、幅広い業界を転職先候補として検討できます。

技術職からは外れますが、人手不足が深刻な介護業界や飲食業界も良いでしょう。

高校時代のアルバイトや家族の介護経験があればアピールしやすく学歴に左右されにくい傾向が見られます

高卒には厳しい業界

総合商社や広告代理店、メガバンクなどは、産業界でも高いポジションの企業も多いため、学歴を重視する傾向があります。

無理して転職したとしても将来的な待遇で嫌な思いをするリスクが伴い、よく考えて判断しないと危険です。

少なくとも「なるべく早く転職を決めたい」と感じている高卒者にとっては、おすすめできない業界でしょう。

これまで優良企業への転職のポイントを説明しました。では高卒の方は実際どのように転職したのでしょうか。

高卒者の転職活動エピソード

こちらでは、実際に転職活動を行った方へのアンケートを掲載します。

土木関係から営業職に

  • 26歳
  • 営業

私は高校を卒業後に地元の土木関係の会社で働き始めたのですが、働き始めてから3年近く経過しても給料に変化がほとんどありませんでした。

手取りで大体11万円くらいだったのですが、他のところで働いた経験が無いのでどこも同じ感じだろうと思っていました。

ところがある時に何気なく友人と自分の給料について話した際に、自分の給料が周りと比べて低いことを知りました。

それがきっかけで将来への不安を感じるようになり、転職を意識するようになりました。

転職活動をしている時に特に大変だと感じたのは自分に合った求人を見つけることで、希望に合った求人を見つけるのはなかなか大変でした。

頑張って自分に合っていそうな求人を見つけても学歴がネックになってしまうことが多々あって、良さそうな求人だから応募しようと思ったら大卒が条件ということがよくありました。

高卒で応募可能で出来る限り好条件の求人を探そうとすると数がかなり限られるので、そこはとにかく大変だったと感じています。

マイナビエージェントは思っていたよりも求人をたくさん紹介してくれたので、ハローワークで自分で探した時と違って効率よく求人を見つけられるようになって良かったです。

また求人の紹介に限らず全体的にサポートの質が高い印象で、面接の対策や履歴書の書き方についてアドバイスをもらうことができた点も良かったです。

  • 就活期間2ヶ月
  • 応募社数5
  • エージェント2

ホワイト企業の求人探しには転職エージェントを活用すべき

ここまで見てきたように、高卒者の転職活動を成功させるポイントは「求人の見極め」にあります。

募集職種や業界を決めて求人の絞り込みを行い、高卒者でも採用されやすい会社かをチェックすることこそが、転職成功の近道です。

自分で全てを行うのが大変であれば、転職エージェントのサポートを受けましょう。

1. 転職エージェントを活用するメリット

高卒の転職活動で転職エージェントを活用することにより、3つのメリットが期待されます。

転職エージェントを利用する3つのメリット

  1. 目指す業界や職種がはっきりする
  2. 高卒者の受け入れ環境のある企業が分かる
  3. 履歴書や職務経歴書の添削が受けられる

以下で詳しく見ていきましょう。

目指す業界や職種がはっきりする

転職エージェントとの面談では、個人の特性や考え方を知るための性格診断やカウンセリングがなされます。

プロの目から結果を分析おすすめ業種や職種に関して明確なアドバイスをもらえるところがメリットです。

想定していなかった業種への特性を指摘されて、視野が広がることもあります。

第三者の意見もふまえて目標設定することによりマッチング度合いが高くなり、働きやすい職場探しの手助けとなるでしょう。

高卒者の受け入れ環境のある企業が分かる

転職エージェント経由で紹介される求人は、高卒者の受け入れに積極的で働きやすい環境が整っている会社に限定されます。

「入社してからブラック企業であることに気付いた」という失敗リスクが低く、1社目で失敗している高卒者も安心です。

履歴書や職務経歴書の添削が受けられる

高卒者の転職活動で悩みがちな書類の準備も、手厚いサポートを受けられます。

志望動機や自己PRといったチェックされやすいポイントの書き方を工夫するだけで転職成功率が一気にあがることも多いものです。

募集企業の求める人物像に沿った訴求内容に合わせた添削をしてもらえば周りの応募者と差がつきます

2. 活用の流れ

転職エージェントを活用するには、サイトのフォームから連絡します。

氏名やメールアドレス、電話番号など簡単なプロフィールを送信すると、転職エージェントから連絡が来るので、初回の面談を予約しましょう。

面談に行く時点で、転職するかを決めかねている状態でも大丈夫です。

転職エージェントとの面談を通して「やっぱり転職したい」と思ったら、求人紹介や転職活動支援を受けます。

3. 高卒転職時に相談できる転職エージェント

高卒の転職活動では、若年層の支援に特化した転職エージェントに相談するのが鉄則です。

どこに相談するのかで迷ったら、JAICもしくはハタラクティブをおすすめします。

JAIC

高卒者やフリーターの転職サポートに強いエージェントです。

専任の転職エージェントが相談から求人紹介、内定後のフォローまで一貫して行ってくれる親身なサポートに定評があります。

ハタラクティブ

高卒者の転職活動や第二新卒、フリーターのサポートを積極的に行っている会社です。

会社の雰囲気や現場で働く人の声を集めた独自の情報を活かし、幅広い求人の紹介を期待できます。

1社目と同じ失敗を繰り返したくない高卒者にこそおすすめしたい転職エージェントです。

両方の会社に一旦登録し、相性が良い転職エージェントにサポートを依頼することもできます。

登録手続きは5分もかからないので、今すぐにでも最初の一歩を踏み出しましょう。

この記事のまとめ

高卒入社した会社に見切りをつけて、なるべく早く転職するためのノウハウを見てきました。

仕事探しのポイントとして意識したいポイントは、以下3つです。

  1. 高卒者の転職に合う求人選び
  2. ねらい目職種や業界の把握
  3. 転職エージェントの活用

ポイントを守って転職活動を行えばより良い仕事が見つかる可能性は十分にあるため、根気強く努力しましょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

高卒求人をハローワークで探すのはNG|就職エージェントを活用せよ

「高卒で求人情報を探すならハローワーク」とシンプルに考えて行動すると…

大学中退フリーターが優良企業に就職するには?成功する就活のすべて

大学新卒の雇用状況は2010年で底を打ち、就職率は、その後現在も増加の傾向が続いています。 …

大学中退者で正社員採用を目指す就活を!面接のコツやおすすめの求…

大学の中途退学者は近年増加傾向にあると言われています。 また大…

高卒フリーターから正社員採用を目指す!おすすめの職種と対策

「高卒フリーターだけれど正社員になりたい」といった悩みをよく聞きます…

高校中退は就職・面接に不利? 正社員に採用されるためにすべきこと

「高校中退だから、希望した求人に受かる自信がな…