高卒フリーターから正社員採用を目指す!おすすめの職種と対策

高卒 フリーター

高卒フリーターだけれど正社員になりたい」といった悩みをよく聞きます。

フリーターではボーナスも出ないし、社会保険にも加入できません。

今のままでは結婚もできないのでは?」と不安になるのも当然でしょう。

高卒フリーターだからといって、正社員になれないことはありません。

しかし、何も考えずに就職活動をしても成功するとは限りません

この記事では、高卒フリーターから正社員になる対策と、おすすめの職種についてていねいに解説します。

この記事のまとめ

高卒フリーターを続けていくと、将来以下のことが考えられます。

  • 30歳を過ぎると転職が難しくなる
  • 自分のやりたい仕事が見つけにくくなる
  • 結婚ができない、または婚期が遅れる可能性がある
  • 収入が減ったり、定期的な収入がなかったり、生活が安定しなくなる

フリーターのままでは収入面においても安定した生活ができないことで、結婚などもできないとなると、将来に不安を感じずにはいられません。

そうはいっても、高卒フリーターが正社員になるには、そう簡単にはいかないものです。

また就職をする際には、信頼性や意欲なども重要です。

高卒フリーターから正社員になるために必要なことややるべきことを把握し、実行することが必要です。

ウズキャリ

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

高卒のままフリーターを続けたときの末路は…?!

高卒のままフリーターを続けたとして、その先には何が待っているのでしょうか?

しっかり把握しておくことが必要です。

30代になるまでフリーターを続けると、正社員の道が狭くなる

現在正社員が転職をしようとしても、30代以降になると希望通りの転職は難しいものです。

時給制や日給制で働くフリーターは、ボーナスもない場合も多く収入も少ないため、安定性もありません。

社会保険などの福利厚生を受けることもできず、有給休暇もないため、休めば給与は下がります。

そのような生活に不安を覚えて正社員を目指そうとしても、30代を過ぎていると希望する就職ができない可能性があります。

婚期を逃す可能性も

特に男性は生活が安定していないため、結婚ができない可能性も高くなります。

収入が安定しないということは、生活の基盤が安定していないことなので、女性にとって、そのような男性と結婚生活をするのは苦しいでしょう。

フリーターでも貯金があれば結婚式を挙げたり、新居に引っ越しができたりしますが、そこまでの貯金をしているフリーターは少ないでしょう。

貯金ができるのを待っていると、婚期を逃してしまいます。

高卒フリーターから就職する場合の心構えと注意点

責任範囲が狭く裁量が小さいフリーターから就職する場合、就職活動をする高い意識を持つことが大事です。

高卒フリーターから就職する場合の注意点などを挙げてみました。

学歴について

学歴に関しては職種によりますがあまり関係はありません

仕事によっては資格が必要な場合もありますが、その場合は学校に通う、通信教育を受けるなど、資格を取得する方法はいろいろあります。

大学に行ってから正社員を目指そうとするより、若い年齢で就職活動をした方がいいでしょう。

面接に関して

面接に行く場合はまず身だしなみに注意しましょう。

茶色過ぎる髪やピアスなどはやめて、清潔感を大事にすることです。

目に髪の毛が入るほど長かったり、ボサボサの髪の毛で面接に行ったりするのはNGです。

スーツやシャツには汚れがないか、靴は汚れていないか、などといった点にも注意して、面接にのぞみましょう。

敬語や丁寧語なども勉強し、タメ口などが出ないように気を付けることも大切です。

おすすめの職種

  • 運送業
  • 介護関連
  • 販売員
  • IT技術者

これらの職種は、人材不足であるため採用されやすいです。

学歴も必要なく、自分のやる気次第で稼げる営業などもおすすめです。

IT技術者などは未経験でも採用してもらえます

研修もしっかりあるので、興味のある人は応募してみるといいでしょう。

採用される割合

就職率を見ると高卒フリーターの場合男性で約24%女性で約9%です。

労働政策研究・研修調べ

ただしこの数字は、短大卒フリーターとほとんど変わりません。

つまり高卒フリーターだからといって、極端に採用されにくくなることはないのです。

採用されない場合は、面接や身だしなみ、意欲など、他に何か問題があると思った方がいいでしょう。

就職活動のスケジュール

就職活動を始めるなら早いに越したことはありません

特に30歳に近い人は早めに就職先を決めた方がいいでしょう。

30歳を過ぎると、企業側は年齢相応の経験と即戦力となる人材を求めるため、責任範囲が狭いアルバイトの経験しかないと、正社員での就職は簡単にはできなくなります

資格があると就職に有利ですが、資格を取得する時間も必要なので、早め早めのスケジュールを立てましょう。

取得しておくといい資格

取得しておくといい資格は、どのような仕事をしたいかによって異なります。

  • 介護や医療関連の仕事をしたい人:介護職員初任者研修、介護事務など
  • 事務職がしたい人:ワードやエクセル
  • 外資系の会社で仕事がしたい人:TOEICスコア

どのような職種に就きたいかを考え、そのために必要な資格を取得するといいでしょう。

ブラック企業の見分け方

せっかく正社員で採用してもらっても、ブラック企業の場合、転職したくなるリスクが高くなります。

ブラック企業を見分けるには、長時間労働をしていないか、無理なノルマを課せられることはないか、残業手当はきちんと出ているか、などを確認するといいでしょう。

ブラック企業の場合、採用してもすぐに辞めてしまう人が多いので、常に求人広告を出していることが多いです。

また、未経験者にも高い給与を支払っているなど、不自然に給与が高い会社も要注意です。

高卒フリーターの方は転職エージェントを活用するのがおすすめ

高卒フリーターの就職をする際には、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントのメリットを説明しましょう。

転職エージェントのメリット

転職エージェントはその人の希望に合わせた会社を提案してくれるため採用されやすいです。

学歴に関係なく、未経験でも採用してくれる会社、そしてさまざまな希望にできるだけ沿った会社を紹介してくれます。

履歴書の書き方や面接のコツなどもアドバイスしてくれるので安心です。

就職活動において分からないことや悩みなどがあれば、気軽に相談してみるといいでしょう。

高卒から正社員への転職者の割合が高いエージェント

JAIC(ジェイック)はフリーター未経験既卒からの就職成功率が80%以上です。

就職できるまで個別サポートをしてくれる点もメリットでしょう。

ハタラクティブは若年層に特化した就職支援サービスをしています。

未経験歓迎の求人が常に1,500件も用意されている転職エージェントです。

この記事のまとめ

ここでは、高卒フリーターの方が正社員に就職するための方法についてご紹介しました。

高卒フリーターが就職をする際には、以下の点に注意が必要です

  • 早めに就職活動を始めること
  • 面接を受ける際の注意点をチェックすること
  • ブラック企業を選ばないこと

30歳を過ぎて正社員になろうとしても、さらに就職は厳しいものです。

フリーター生活は楽かもしれませんが、将来のことを考えた場合、正社員で仕事をした方が安定した生活を送れるでしょう。

資格を取得するにしても、早めの準備が必要です。

就職を考える際には、転職エージェントを活用すると、就職もスムーズにでき、希望に合った就職先を見つけられるでしょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

高卒求人をハローワークで探すのはNG|就職エージェントを活用せよ

「高卒で求人情報を探すならハローワーク」とシンプルに考えて行動すると…

大学中退フリーターが優良企業に就職するには?成功する就活のすべて

大学新卒の雇用状況は2010年で底を打ち、就職率は、その後現在も増加の傾向が続いています。 …

大学中退者で正社員採用を目指す就活を!面接のコツやおすすめの求…

大学の中途退学者は近年増加傾向にあると言われています。 また大…

高卒での転職活動は難しい?成功のポイント3つとおすすめ対策

「高卒で就職した会社がまさかのブラック。見切り…

高校中退は就職・面接に不利? 正社員に採用されるためにすべきこと

「高校中退だから、希望した求人に受かる自信がな…