結婚せずにニート女性が30代になると末路は生活苦!脱出方法を解説

ニート 女

ブログやSNSで結婚報告や仕事の話題になるたびに嫌になる

今はいいけど将来は不安…

そんな女性が増えています。

一億総活躍社会といいながらも、一方で働かない、働けない女性も珍しくありません。

このままでいいのかと頭を抱える人もいるでしょう。 悲惨な末路を迎える前に今すぐにできる行動を紹介します。

この記事のまとめ

ニート女性が現状を打開するには以下の方法があります。

  • 短期アルバイトから社会復帰を目指す
  • 転職エージェントに相談する
  • 資格取得を目指す

ニート期間が長くなれば長くなるほど脱出は難しくなります

ニート生活の末路は決して明るいものではありません

まずはすぐにできる簡単なステップから、自分を変えるための行動をスタートしましょう。

ウズキャリ

  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

【恐怖…】ニート生活を15年続けた女の末路とは?

ダラダラとニート生活を続けるとどうなるのか…直視したくないという人もいるかもしれません。

どのようなリスクがあるのでしょうか。

大きく考えられるのは以下の2つのリスクです。

  • 婚期を逃してしまう可能性がある
  • 正社員になれない恐れがある

さらに詳しく見ていきましょう。

婚期を逃してしまう可能性がある

ニート生活を続けるとなかなか人に会わなくなります。

出会いは、人と人とのかかわりで生まれるものです。

職場で結婚相手と出会う、先輩からの紹介や合コンに誘われるといった出会いは、ニートではありえません。

また、人と会わなくなることで人と接すること自体が苦手になることもあるでしょう。

正社員になれない恐れがある

ニート生活を続けるということは、履歴書の空白期間が増えることを意味します。

この空白期間は、長ければ長いほど就職活動が不利になりがちです。

年代が若ければ、よくあることとしてあまり問題にはなりません。

しかし、長期間ニートを続けてしまうと何もしてこなかったと見なされ正社員になる道は閉ざされてしまうでしょう。

ニートの女性が抜け出せないよくある3つの理由

ニートになるにはそれぞれ原因があります。

特に女性にありがちなニートになってしまう3つの理由を紹介します。

  1. 家事手伝いに安住
  2. 学生時代のいじめなどのトラウマ
  3. 婚活を理由にしたニート

家事手伝いに安住

女性は働いていなくても、実家で家事手伝いをするという逃げ道があります。

両親にとっては、娘が家にいると安心で、話し相手になるというメリットがあるため、家事手伝いとして黙認されてしまうこともあるでしょう。

そのままズルズルとニートが続いてしまい気が付けば長い時間が経っていたというケースは決して珍しくありません。

学生時代のいじめなどのトラウマ

学生時代や仕事でいじめに遭うと、それがきっかけで人と接することが怖くなってしまうことがあります。

人と話すことが怖い相手が自分の悪口を言っているのではないかと不安になる、そのような理由で外に出ることができなくなることがあるのです。

婚活を理由にしたニート

仕事をしていると、忙しくて出会いを作る時間がなくなってしまうことがあります。

婚活に専念するため、仕事をしていないという女性もいるでしょう。

しかし、婚活をするうえで、仕事をしていないことがネガティブに捉えられることもあります。

社会経験がある人と結婚したい経済的不安から結婚したいだけだと男性側に感じられてしまうこともあるため、注意しましょう。

ニート女から脱出する3つの方法

ニート生活を続けていては未来はありません

しかし、どうやってニート生活から脱出すればいいのかわからない人が大半でしょう。

ニート生活を脱出する3つの方法をお教えします。

  • 短期でもいいからアルバイトを始める
  • 資格取得を目指す
  • 就職活動をはじめる

具体的にはどういうことなのか見ていきましょう。

まず社会復帰の第一歩!短期でもいいからアルバイトを始める

ニート生活を脱出するために、いきなり正社員を目指すのはハードルが高いかもしれません。

まずはリハビリと考えて、短期間のアルバイトをおすすめします。

短期間であれば人間関係も気楽で、気分転換にもなります。

またゴールも決まっているため、期間限定と割り切って働いてみましょう。

短期間のアルバイトに慣れたら次は長期間のアルバイトや正社員を目指して就職活動を始めてもいいでしょう。

資格取得を目指す

就職活動のために資格取得を目指すという選択肢もあります。

医療事務や介護関連の資格など、仕事に直接結びつくような資格がいいでしょう。

何を勉強すればいいのかわからないという人は、本屋などで資格関連のテキストを見てみてください。

資格を取得することで履歴書に書くことも増えますし無職期間に何をしていたかという質問にも答えやすくなります。

働く意欲をアピールするにも資格取得はおすすめです。

正社員を目指して就職活動をはじめる

今すぐにでもニートを脱出したいという人は、正社員を目指して就職活動を始めましょう

履歴書と職務経歴書を用意してから、実際に求人を見つけて応募します。

ただし、就職活動自体の経験が少ないという人は、「どこから始めればいいかわからない履歴書や面接に不安を感じる」なんてこともあるはずです。

そのような場合は転職エージェントに相談してみましょう。

就職を思い立ったら転職エージェントに相談

転職活動といっても、自分ひとりで全てをおこなう転職活動から、転職エージェントと二人三脚でゴールを目指す就職活動まで方法はさまざまです。

ここでは、ニートを脱出したい人のために転職エージェントを活用する方法を紹介します。

転職エージェントの活用法

転職エージェントとは、企業のニーズに合った人材を探して企業に紹介するサービスのこと。

企業に直接応募して申し込む求職方法ももちろんありますが、一人で頑張り続ける就職活動は孤独感がつきまといます。

また、自分にどんな仕事が向いているかわからない、どうやって就職活動すればいいの?と、就職活動自体に不安を感じる人も多いはずです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、就職活動する人にキャリアパスや就職のためのアドバイスをしてくれ、心強い味方になってくれます。

利用の流れ

転職エージェントを利用する際は、まず転職エージェントに登録してください。

希望職種や勤務地などの条件とともに、今の自分の保有資格や職歴なども入力します。

その内容からキャリアコンサルタントとの面談に進みます。

キャリアコンサルタントは求人紹介のほか、転職活動のアドバイスもおこないます。

履歴書の添削や面接を突破するコツなどもレクチャーしてくれるでしょう。

転職エージェントが求人を紹介するときには、志望する業界の動向や求人企業の風土、職場環境などの情報も提供してくれます。

内定が決まった後のスケジュール調整や手続きのアドバイスまで転職エージェントは長期間にわたって親身にサポートしてくれる存在です。

転職時に相談できるエージェント

転職エージェントといっても、インターネットで検索するだけで数多くの会社がヒットします。

どの会社に登録すればいいのかわからないという人のために、相談できる転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職サイト 特長 詳細
(1)ウズキャリ ニートの方歓迎
職歴やスキルがなくても無料で学校に通い、経験が詰める

詳細

(2)JAIC(ジェイック) 若年層に向けた就職支援サービス

詳細

(3)ハタラクティブ きめ細かなサービス<に定評あり

詳細

(1)ウズキャリ

ウズキャリは「求職者が就職した1年後も"ウズウズ"して働いている状態」を目標に掲げています。

一般的なエージェントは、求職者の就職数を目標としている場合が多いので、他のエージェントよりもスキルアップ支援や企業とのマッチングを重視したサポートをしてくれます。

そのためサポートは長い期間かかりますが、内定率86%と非常に高い就職率を誇っています。

ウズキャリ

  • 求人数
  • 添削
  • サポート
  • 内定率86%
  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
  • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

(2)JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)は、若年層に向けた就職支援サービスが充実した転職エージェントです。

大手から中堅中小企業向けの社員研修を提供しているため、人材育成のノウハウも豊富で企業との強いパートナーシップを持っています。

無料の就職講座と専任の就職アドバイザーで、社会経験が少ない人や無職期間が短い人でも安心して新しいチャレンジに向き合うことができるでしょう。

(3)ハタラクティブ

自己分析から就職活動の方法まで、ハタラクティブはきめ細かなサービスで就職活動する人をサポートしています。

なぜ働くのかわからない将来の自分がイメージできないという人でも親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントです。

この記事のまとめ

結婚をしないままニートを続けると、将来的に生活に困窮し、社会復帰が難しくなってしまいます。

ニート生活を脱出する第一歩として、まずは簡単な仕事にチャレンジしたり、資格取得したりといった道を検討してみましょう。

何から始めれば良いのかわからないという人は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

客観的な視点でアドバイスをくれるとともに、不安にも寄り添ってくれます

まずはインターネットで登録から始めましょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

転職活動中にアルバイトもしたい|2つを両立できた人の上手な方法

目次転職活動中、つなぎでアルバイトしてるけどどう両立したらいい?期間は?アルバイトをしながら転職活動している人の上手な方法 転職活動中、つなぎでアルバイトしてるけどどう両立したらいい?期間は? 転職活 ...

正社員の面接を突破したいアルバイト必見。服装や質問等ポイント4つ

大学や高校を卒業してから飲食店やアパレルなどでアルバイトや契約社員として働いてきたものの、「

正社員になるための履歴書|採用される志望動機と自己PRの書き方

「正社員になりたいけど、履歴書の書き方がわからない…。」 …

アルバイトから正社員になるには 就職に成功する履歴書とコツ

アルバイトは気楽で責任が問われない反面、将来的な…

辛いニート生活から社会復帰!引きこもりの過去を清算しよう

「ニート生活から脱却したい」 このままの生活ではいけないと、…