新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

1年目 転職

私がやりたい仕事はこんなのじゃない…

新卒1年目で転職したいけど、女性でも大丈夫かな?

就職してすぐの転職は、甘えだと思われて不利になるって本当?

苦労して入った会社でも、就活の時に思い描いていたイメージとのギャップが大きかったり、新たなキャリアビジョンが生まれたりすると、新しい職場を求めて転職活動を考える人もいます。

転職したくなる理由は人それぞれ。でも、いざ転職しようとすると不安になりますよね。

そこで、新卒入社1年目の女性でも有利に転職できるポイントをご紹介します。

この記事のまとめ

新卒1年目で転職を希望する人に向けて、転職成功のために押さえておきたいのは以下の4つのポイントです。

  1. 新卒1年目で転職を考える理由
  2. 新卒1年目の転職は有利?不利?
  3. 新卒1年目の転職のデメリットやメリット
  4. 新卒1年目の転職活動で成功するための方法

入社まもない新卒1年目でも、「第二新卒として有利に転職活動を展開することは可能です。
もし今の会社を離れたい理由がはっきりしているのなら、将来につながる転職にチャレンジしてみることをおすすめします。

人間関係?将来性?新卒1年目で女性が転職したい理由ベスト3

新卒1年目の女性が転職を考える主な理由として、次の3つが挙げられます。

  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 今の会社の将来性

人間関係

人間関係の苦労は、いつの時代も仕事の悩みの上位にランクインする問題です。

入社するまではやさしい態度で接してくれていたのに、就職した途端に手のひらを返したように厳しく叱られたり、未経験の業務なのに上司や先輩からのフォローがもらえなかったりと、ケースはさまざまです。

年配の人の中には、今でも「仕事は見て覚えろ」といった考え方を持っている人もいます。

まったく何も教えてくれない、たまに教えるときも高圧的に接してくるなど、良好な人間関係を築くのが困難な職場もあります。

そのため、新卒1年目で右も左も分からない上に、周囲のサポートが得られずに転職を考える場合が多くあります。

仕事内容

仕事は、実際に働いてみなければわからないこともたくさんあります。入社前にイメージしていた仕事と違っていたり、働くうちに、新たに夢や目標が生まれたりすることもあります。

やりがいを感じられない仕事を続ける苦痛に耐えるより新卒1年目でもできるだけ早く新しい会社を探す方が自分の人生にとってはプラスになるからです。

一方、会社説明会で聞かされていた仕事内容と大きく異なっている、連日残業をしないと業務が終わらないなど、会社側の仕事の与え方に問題がある場合もあります。

今の会社の将来性

昇給している先輩が少ない

ボーナスの額が少ない

年配の上司が多くて先輩が昇進できていない

こうした、入社して初めてわかる昇進や昇給の実態があります。

また、福利厚生や社風など、働きやすさに関わる部分で先行きに不安を感じる場合もあります。

職場全体が停滞している、改善を言い出す雰囲気がないといった会社は、将来性を考えると早めに転職したいと思うのも当然です。

新卒1年目での転職は甘え?企業側の本音と面接の乗り切り方

新卒1年目で前職を辞めて次の会社に入ろうとするのは「甘え」なのでしょうか。ここからは、正面から転職理由を聞かれることになる面接への影響を考えてみます。

新卒1年目での転職が不利になる場合

今の仕事が合わなかった

やってみたい仕事ができた

こうした仕事上のミスマッチを理由に挙げてしまうと、就職活動中の会社分析や自己分析が甘かったと捉えられる可能性があります。

また、上司や先輩との人間関係がうまくいかないといった理由も、職場に問題があるのか、本人の問題なのか、採用担当者からは判断がしづらいこともあり、敬遠されがちです。

新卒1年目での転職が不利にならない場合

労働法規を違反して業務をしていた

サービス残業や上司によるパワハラなど、過酷な労働環境だった

このように新卒で入社した会社がブラック企業だった場合は正当な理由になります。

また、給与の支給遅れが続いたり、ボーナスが少なかったりなど、会社の将来性に不安を感じる場合も面接で丁寧に説明すれば理解してもらえるはずです。

このほか、個人的な理由として結婚や出産で一時的に働けなくなったり、病気やケガによる入院が続いたりしてやむなく会社を退職したといったケースも少なくありません。

1年目での転職者に対して企業の採用担当者の率直な意見は?

基本的に、新卒1年目で退社した応募者に対してはある程度厳しい目で選考がおこなわれます。

というのも、社会人として1年仕事を続けられなかったわけですから、自身や会社、業界に対する分析力や忍耐力がないのでは、と思われてしまうためです。

もし、採用して入社しても、またすぐ辞めてしまうのではないかという心配も大きくなります。

また、転職者として応募者を扱う場合、前職のキャリアを選考の判断に利用します。

新卒1年目では経験や実績もまだないため、採用担当者も自社に適性があるのかを判断するのが難しいといえるでしょう。

新卒1年目で転職する人ってどれくらいいるの?

厚生労働省のデータによると、1996年から20年間の新卒者のうち平均12.5%が1年目で退職することが明らかとなっています。

つまり、新卒1年目の10人に1人以上が何らかの理由で退職や転職をしているのです。

このように、新卒であっても今の会社が合わないと感じたら退職を考える人は一定数います。

新卒入社の会社を1年目で転職する際のメリット&デメリット

もし新卒1年目の女性が転職をした場合のメリットとデメリットを解説します。

はじめに、メリットのほうから見ていきましょう。

1年目で転職する4つのメリット

1年目で転職する4つのメリット

  1. 大手企業や自分が目指す業界へのチャンスがある
  2. 採用後、スムーズに会社に溶けこむことができる
  3. 社会人としての基礎的な研修を受けている
  4. 早く転職するほどその後の業界での人生でキャリアを積みやすい

1から順に詳しく見ていきます。

大手企業や自分が目指す業界へのチャンスがある

新卒1年目であれば「第二新卒」の枠で転職活動を進められるため、大手企業や自分が目指す業界へのチャンスが広がります。

採用後、スムーズに会社に溶けこむことができる

企業としても、1年目ならまだ前職の考え方に固まっていないので、採用後スムーズに会社に溶けこむことができるだろうと考えます。

社会人としての基礎的な研修を受けている

社会人としての基礎的な研修を受けていれば、教育コストも抑えることができるのも、企業としてはメリットです。

早く転職するほどその後の業界での人生でキャリアを積みやすい

自分が本当にやりたい仕事が見つかった場合、早く転職するほどその後の業界での人生でキャリアを積みやすくなります。

何年も悩んでようやく転職するよりいっそのこと1年目でも思い切って新しい職場に飛び込めば数年を無駄にすることなく自分が目指す分野で活躍できるでしょう。

1年目で転職する2つのデメリット

1年目で転職する2つのデメリット

  1. タイミングによってはボーナスが少額になる
  2. 失業保険の支給対象にならない

タイミングによってはボーナスが少額になる

新卒1年目で退職した場合、タイミングによって大半はボーナスをもらえるチャンスを失ってしまいます。

入社1年目の夏のボーナスは少ない額しか支給されず、満額になるのは冬です。

経済的なことを考えて、冬のボーナスの支給を待ってから退職するというのもよいでしょう。

失業手当の支給対象にならない

原則として失業手当は支給されません。失業手当の支給は、雇用保険に1年以上加入しているのが条件だからです。

今の会社を退職してすぐ次の会社で働ける場合や、転職を優先する場合は別ですが、転職ではボーナスや失業手当といったお金の問題がネックになることがあります。

新卒1年目の転職で成功したい人が知っておきたい4つのポイント

ここまでお話ししてきたように、新卒1年目での転職は有利な点、不利な点、それぞれあるとわかりました。

メリットやデメリットを踏まえた上で、具体的に転職活動を始めるにはどういった流れが考えられるでしょうか。

自分がやりたいことを明確にする

将来的な見通しがないまま転職してしまうと、また合わない会社に入ってしまったり、他の仕事に目移りしたりする可能性が高くなります。

いまの会社に満足がいかないとわかったら、まずは転職後の人生をイメージするところから始めましょう。

本当に自分がしたいこととは?

好きなジャンルや自分に向いている職種なのか?

これなら続けていけると感じるものは?

転職本のチェックシートやエントリーシートの書き方を参考にしながら、自分がやりたいことを絞り込んでいきましょう。

転職エージェントを活用してみる

効率的な転職活動をしたいなら、転職のプロである転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは求人案件を紹介してくれるのはもちろん、前職を踏まえて将来につながるキャリアコンサルティングを無料でしてくれるのが魅力です。

自分だけの転職活動では見えていなかった業界を教えてくれたり、自分の適性やPRポイントをアドバイスしてくれたりするので、とても強い味方になります。

自己PRを準備する

自分でおこなう自己分析や転職エージェントのアドバイスを元に、転職を希望する企業に伝える自己PRの準備をしましょう。

前職を退職した理由を踏まえて前向きで熱意をアピールできるようなものに仕上げていくことが大切です。

そのためには新たに挑戦する職種や業界、会社への理解が欠かせません。

情報収集を徹底して、相手の会社へピンポイントとなる自己PRにまとめてください。

新卒1年目の方が相談できるエージェント

転職活動を始める人に強い味方になる転職エージェント。

特にはじめての経験の方は、新卒就活との違いや、アピール方法など分からないことが多いでしょう。

JAIC(ジェイック)やハタラクティブのように、これまで多くの転職希望者を成功に導いた実績のエージェントなら、求人情報や履歴書・職務経歴書の書き方、面接などの相談にも親身に乗ってくれて安心です。

こうした転職エージェントは原則無料で利用できるので、転職を考えたときは積極的に活用してみましょう。

この記事のまとめ

ここでは新卒1年目で転職を希望する人に向けて、以下の4つのポイントをご紹介しました。

  1. 新卒1年目で転職を考える理由
  2. 新卒1年目の転職は有利?不利?
  3. 新卒1年目の転職のデメリットやメリット
  4. 新卒1年目の転職活動で成功するための方法

転職活動を成功させるために欠かせないのは、就活時と変わらず、「自己分析」でしょう。
実際に転職活動を始めるなら、今の自分を一度棚卸ししながら、プロの転職エージェントの無料サポートを受けることをおすすめします。

関連記事

仕事が決まらない不安や焦りはどう解決する?採用されない人の共通点

「就職活動の先が見えない」「どうして仕事が決ま…

【営業職から転職したい女性へ】おすすめ職種と転職成功のコツ4つ

「営業職を辞めたい」と考えている女性もいるでしょう。 自分の…

20代なのに仕事が見つからない!4つの原因とタイプ別対処法

「全然良い会社見つからない…」 「まだ20代だしもっと…

3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

「あと半年で社会人も丸3年か~」 「そろそろ転…

社会人2年目で転職って失敗する?転職が早いと採用されない理由

「転職をしたいけれど2年目では早いかもしれない」 そう考えがち…