ニートはハローワークを使える?就職支援や職業訓練の内容とは

ハローワーク ニート
リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて約10万件
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!20万件の求人を保有
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
詳細

ニートはハローワークを使えるの?

ハローワークは基本的に早く就職してもらって国の完全雇用率を上げることが目的の組織です。

働きたいという気持ちがある人なら、もちろんニートもハローワークを使うことができます。

長い間働いていないからどんな対応を受けるのか不安…」「こんな自分でも紹介してもらえる求人はあるのだろうか…」と不安が募ることもあるかと思います。

ハローワークに行くと、実際にどのようなことをするのか?見ていきましょう。

ニートがハローワークに相談した場合の流れ

ニートがハローワークに相談した場合、流れとしては以下のようになります。

  1. 受付で求人申し込みを行う
  2. 求人申し込み用紙を記入し、履歴書と職務経歴書を登録
  3. 求人申し込み用紙を窓口に提出し、ハローワークの求職者登録を完了
  4. 転職相談員に希望の職種を伝え、自分で受けたい求人を探して申し込む

就業経験がない場合は、アルバイトの経験を書いても良いでしょう。 全く働いたことがなければ、正直にそのことを書きます。

ハローワークの転職相談を活用しよう

ブランクが長ければ長いほど、自分がどんな仕事をしたいのか?、またどんな仕事に向いているのか?わからない人も多いかと思います。

ほとんど就業経験がない人にとっては、求人を絞れるほどの希望がそもそも思い付かず、たくさんの求人の中からどの企業に応募していいのかわからなくて当然でしょう。

ハローワークで求職者登録を受けて転職活動をする場合、必ず相談員との面談が行われます。 ハローワークインターネットサービスという求人閲覧機能がハローワークにはありますが、求人に応募しようと考えた場合にはまず転職相談員に相談しないといけません。

手っ取り早く求人だけ見たい」という人にとっては手間に感じるかもしれませんが、ニートの場合、自分1人で多くの求人の中からマッチする求人を選んで、社会復帰を成功させるということが簡単ではないでしょう。

社会復帰するに際しての不安点はたくさんあるでしょうから、そういった不安を相談できるという意味で、ニートにはハローワークでの転職活動が向いているかもしれません。

ハローワークの就職支援や職業訓練の内容とは

職業訓練(求職者支援訓練)

失業保険を受けることが可能な場合には職業訓練を受けた方が失業給付を受ける上では有利となります。

ニートをされていた場合には、職業訓練を受けることは可能ですが、失業保険を受けることが出来ないため、求職者支援訓練を受けることになります。 求職者支援訓練と職業訓練は名称は異なりますが、内容は同じです。

事務職に就きたい就職希望者の為の簿記の勉強を行う総務・経理コース、パソコンスキルを磨くためのコースなど様々な種類の職業訓練が用意されています。 確かにパソコンスキルや簿記などの基礎知識を身につけることは可能ですが、企業の中で実際に仕事をする上では役に立たない可能性が高いです。

理由としては職業訓練校で用意されているカリキュラムの多くは座学で受け身の仕事内容が中心であり、昨今の事務職に要求されている能力とは大きな隔たりがあるためです。 例えば商業簿記の知識はあるに越したことはありませんが、実際に企業の経理に求められているのは単純な数字の仕訳の知識だけではなく財務などのように企業の未来を導くような仕事内容です。

職業訓練校を終了しても就職できる可能性は低いです。 厚生労働省のデータとして求職者支援訓練の修了者のうち70%が就職できていると記載されていますが、就職できているのはわずかに6割です。

転職エージェントのハタラクティブは転職成功率81.4%と非常に高い実績を誇っています。

転職エージェントを活用した方が、ハローワークを活用するよりも就職内定率は高いですね。

参考:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000187094.pdf

参考:ハタラクティブ https://hataractive.jp/lp/170aa/00/00/00/?a=b005&_rt_ck=638.181001135901&trflg=1

就職支援(セミナーや個別キャリア相談)

ハローワーク主催のセミナーや個別キャリア相談もあります。

外へ出て、家族や友人以外の人と話してみることは社会復帰の良い予行練習になるでしょう。

この段落では、ハローワークの就職支援の実情について説明をさせて頂きましたが、次の段落では、学歴などについて説明させて頂きます。

私中卒だけど大丈夫?中卒・高卒・職歴なしの場合は

企業が正社員を採用したいと考えている学歴は、高卒以上であることが多いです。

もちろん、仕事をする上で学歴がすべてではありませんが、履歴書などの書類、面接といった限られた情報の中、採用する人材を判断しようとした場合、どうしても学歴というわかりやすい情報が重視されがちになるのは仕方がないことなのかもしれません。

中卒の場合

応募条件として、「高卒以上」と企業が希望を出しているため、中卒であると応募できない求人が一定数存在します。

中卒可の求人は肉体労働系の求人や人手が足りない業界の求人が多くなる傾向にありますが、世の中に求められている仕事であることは間違いなく、やりがいもあるでしょう。

あまり条件をつけ過ぎず、企業側の話を聞きに行ってみる感覚で面接を受けてみてください。

高卒の場合

ハローワークでの求人は高卒以上を対象としたものが多いので、応募できる求人の数は少なくないでしょう。

とはいえ、応募はできるものの昨今は大卒者も多いため、限られた枠で大卒者と競り合うことも少なくないことが想定されます。

自己PRや志望動機で他の応募者と差をつけることができるといいですね。思い付かない場合は相談員に相談してみてください。

職歴なしの場合

ハローワークには職歴なしの若者も集まっています。

ニートの場合、どうしても書類選考で不利になることが多いので、面接なしのハローワークは魅力的ですし、家族や知人に勧められるパターンも多そうです。

冒頭でもお伝えしましたが、ハローワークは働く意思がある人なら誰でも無料で利用することができます。

ブランクの期間が長いと気が引けてしまうかもしれませんが、「働きたい」という気持ちを強く持って、社会復帰への第一歩を踏み出してみてください。

ここまでハローワークでの就職活動についてお伝えしてきましたが、ニートが利用できる、ハローワーク以外の就職支援サービスとして転職エージェントがあることをご存知でしょうか?

次の段落では社会復帰の確率を上げる方法をお伝えいたします。

ニートへのサポート内容は転職エージェントとどう違う?

ニートへのサポート内容は転職エージェントの方がハローワークよりも良いときがあります。 理由としては、ハローワークのサポート内容は職業訓練、就職相談がありますが、営利企業ではないので具体的なアクションに結びつかないことがあるためです。

転職エージェントは相談者が転職を実現して初めて利益になるため、就職できるように具体的な提案を行います。 ハローワークのデメリットとしては、企業のようにハローワークの仕事が収益に結びつかないだけでなく、求職相談を受ける人も、職業訓練を行う人も、職業紹介を行う人もバラバラなのでサポートの連携が簡単ではない点です。

反対に、転職エージェントは職業相談を行う相談員も、求人紹介を行う担当者も同じ会社の社員であり、サポートを徹底することができます。 ハローワークと転職エージェントでは支援体制が違います。

特にフリーターやニートに対して転職支援を行っているハタラクティブでは、若年者層への転職支援に期待が出来ますし、ジェイックでは既卒対策にも力を入れているため、職歴のない男女の若者への転職支援が期待できます。

ニートだからといってハローワークを無理に使用することはありません。 むしろ、転職エージェントを積極的に活用してみましょう。

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて約10万件
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!20万件の求人を保有
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
詳細

関連記事

新卒1年目の転職は準備が大切!企業への面接時の伝え方やメリット・…

新卒1年目だけど転職したい……「経験もないくせに甘えてる」と思われて不利なのかな? 苦労して内…

入社3年目の転職理由は?メリットと失敗せず転職する方法

3年目の転職って何だか難しそう……ホワイト企業に転職するためにはどうすればいいんだろう。 …

「20代で仕事が決まらない…」ストレス・焦りから脱出できるたった1…

転職活動を始めて2か月……15社も書類出したのに1社も受からない 不安や焦りが大きくなって、…

社会人2年目の転職は難しい?成功の5つのポイントと転職理由

新卒1年目は気合いで頑張ったけど、2年目を乗り切れる気がしない…… 実績もないのに2年目で転…

20代の転職活動の進め方|企業研究や面接等の事前準備と流れを解説

目次転職活動の事前準備編転職活動の流れ編初めての転職活動が不安なら、エージェントと共に進めよう 転職活動の事前準備編 転職活動の事前準備としては、企業の情報を取得することと自己分析を行うことから始まり ...