ニートから正社員として就職するには!?そのためにすべきことを紹介

ニート 就職

ニートから就職・正社員を目指す際には、できるだけ早いスタートをおすすめします。 「まだ20代だから大丈夫」「就職できる気がしないし、自分には無理」と就職を先送りにしていると、後悔する事態となりかねません。

ニートから就職を目指す人のため、就職活動の具体的な進め方や活用したい支援サービスを紹介しましょう。

この記事のまとめ

ニートから就職を目指す場合、以下のようなことが大切になってきます。

20代のうちから行動 「就職が怖い」「私が働くなんて無理」と言っているうちに時間が過ぎてしまうと、良い結果は得にくくなります。

  • ビジネスマナーを身につける(無職からでも就職できる人になるには、働くことに対する意欲や社会人として恥ずかしくないビジネスマナーが求められます)
  • 自己PRで働くことに対する意欲を採用担当者に伝える
  • 応募企業の求める人物像にマッチするように、内容を工夫する

これらのやり方やまとめ方が分からない人は、転職エージェントに相談しましょう。

不安がぬぐえないときには、転職エージェントの無料ビジネスマナー研修を利用するのも一案です。

社会人として知っておきたい振る舞いや第一印象を良くするための身だしなみが分かり、内定の近道です。

ウズキャリ

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

ハタラクティブ(既卒・フリーター・ニート)

  • ニート・アルバイト・大学中退者の方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料で学校に通える
  • サイバーエージェント等のメガベンチャー求人も取り扱う

ニートが就職するには?20代は急げ!初就職はできるだけ若い方がいい

実家暮らしで両親のサポートを受けながら生活できるうちは良くても、いつかひとり立ちしなくてはならないときが来ます。

両親が定年退職を迎えたり、結婚したいパートナーができたりしてから重い腰をあげるのでは、遅すぎます。

いつかは正社員として働くつもりがあるなら、20代のうちに行動しましょう

30代以降の初就職は圧倒的不利

30代以上から未経験分野の仕事につくのは、一定のキャリアがある人でも大変です。 ましてや働いたこともない人だと、受け入れてくれる会社が見つかる保証はありません。

何社受けても内定がもらえず苦しむのが嫌なら、なるべく早く行動しましょう。

30代の初就職先が見つかったとして、5歳も10歳も若い上司から管理されて働く自分の姿を想像すると、どうでしょうか。

20代から正社員としてのキャリアをスタートすれば、いくらかは救われます。

あえてストレスがかかる状況へと自分を追い込む必要はありません。 苦労を抱え込みたくない人は、今すぐにでも就職準備を始めましょう。

20代までの無職・ニートが就職するには

就職準備を始めるといっても、何から手をつけて良いのか分からない人は多いものです。 無職・ニートから就職を目指すにあたり、今からでもスタートしたい事前準備を紹介しましょう。

朝型の生活リズムに直す

無職・ニート生活が長いと夜型の生活リズムに偏りやすく、体内時計がおかしくなります。 日付が変わる0時までには就寝、8時には起きる生活を始めましょう。

夜勤の仕事もあるとはいえ、絶対数が少なくなります。 日勤でも動ける身体にしておくことで選択肢が広がり、就職できる可能性がアップします。

1日働ける体力をつける

せっかく早起きしたのですから、午前中から外出しましょう。 起床したらウォーキング・図書館の開館時間に合わせて自宅を出て、毎日1冊本を読む・帰宅後に掃除や洗濯など家事をするなど、大まかな1日のスケジュールを決め、1週間続けてみます。

引きこもりがちだった人がいきなりフルタイムで働こうとしても、体力が続かないことは多いものです。 昼寝は控えて1日動き、徐々に体力をつけていきます。

家族以外の人と会う

真面目な人ほど、働いていない自分を恥ずかしく感じ、自宅にこもってしまいます。 自分から外の世界に出て、家族以外の人と関わることは大切です。

地域のボランティア活動やスポーツクラブに通い、挨拶をするくらいでも構いません。

自分の殻に閉じこもってばかりではなく、外に目を向けましょう。

ニートが就職したいと思ったら、まず企業に求められる人材になること

早寝早起きができて体力も問題なく、そのうえで家族以外とのコミュニケーションもきちんとこなせる自信がついたら、次のステップへと進みます。

今度は、企業から「欲しい」と言われる人材になるための準備をしましょう

生活習慣を改善

正社員として採用する以上、10年や20年といった長期的なスパンで働ける人材が理想です。

規則正しい生活習慣を守り健康維持に努めている人材には、一定の評価が期待されます。 栄養バランスのとれた食事や適度な運動など、早寝早起き以外の要素も見直しましょう。

転職エージェントを活用し支援を受ける

ポテンシャル採用を行っている企業でも、基本的なビジネスマナーを知らないと通用しません。 新入社員の研修や実務経験から知識を得てきた第二新卒者と比較されたとき、ネックになるポイントです。

そこで活用してほしいのが、転職エージェントが行っている無料の研修制度や模擬面接。 会社によって受けられる研修内容・サポート制度は異なりますが、こんなことを学べます。

ハタラクティブ 面接対策会

受講しない人と比較して内定率が2割アップする魅力的な研修です。

面接マナーや自己PRで押さえておきたいポイントをレクチャーしてもらったあとに、模擬面接を行ってフィードバックを受けられます。 無職・ニート期間の伝え方が知りたい人にもおすすめです。

JAIC(ジェイック) セカンドカレッジ

大学中退者に特化した転職支援サービスです。 中退してから無職・ニートだった人が社会人として活躍するために必要なノウハウを学べます。

自己PRを準備する

転職エージェント経由で求人の紹介を受ける際には、応募企業の想定している人物像を聞いておきます。 求められる人物像と自分の性格を比較、マッチしている部分を核にした自己PRを作成しましょう。

無職・フリーターの選考では、人柄や人間性が非常に大きな意味を持ちます。 転職エージェントのアドバイスを参考にしつつ、訴求力が高い内容でまとめてください。

ニートからの就職に向いてる仕事

ニートからでも挑戦しやすいおすすめの仕事を3つ紹介します。

(1)介護職

慢性的な人手不足が深刻な職種であり、未経験からでも正社員になれる可能性は高くなります。 高齢化社会に歯止めがかかるサインが見られないことから需要は高く、長期キャリア形成を目指す人におすすめです。

仕事の大変さに比べて給与が低い職種というイメージを持つ人もいますが、政府主導の改善対策がなされています。

祖父や祖母の介護を経験した人なら、実体験を交えた自己PRも可能です。

(2)工場勤務

食品や自動車工場に配属されて、ピッキングやライン作業を担当します。 たくさんのお客さまと関わるより、モクモクとこなす作業が得意な人には働きやすい職種でしょう。

経験を重ねていくと、現場スタッフのマネジメントを任されることもあります。

(3)システムエンジニアやプログラマー

専門的なスキルを必要とする仕事なら人材の流動性が高く、未経験から挑戦しやすい職種と言えます。

子供の頃からパソコンを使って遊んでいた無職・ニート世代にとっては、ゲームをクリアしていくように楽しく働ける仕事かもしれません。

理系・文系は問わずに採用されるチャンスはあり、身につけたスキルをもとにして、ステップアップしていくことも可能です。

この記事のまとめ

ニートから正社員として就職するには、なるべく早い時期から行動に移すことが大切です。この記事では、以下のことをご紹介しました。

  • 30代になって初めて就職活動を行うと苦労するリスクが高いため、20代のうちに行動
  • 生活習慣の改善、体力アップを目指す
  • 転職エージェントが行っている研修で基礎知識を得る

無職から就職を目指す際には、ビジネスマナーや自己PRが障壁です。ひとりでは乗り越えられない壁を感じたときには、転職エージェントを頼ってみてください。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

結婚せずにニート女性が30代になると末路は生活苦!脱出方法を解説

「ブログやSNSで、結婚報告や仕事の話題になるたび…

転職活動中にアルバイトもしたい|2つを両立できた人の上手な方法

目次転職活動中、つなぎでアルバイトしてるけどどう両立したらいい?期間は?アルバイトをしながら転職活動している人の上手な方法 転職活動中、つなぎでアルバイトしてるけどどう両立したらいい?期間は? 転職活 ...

正社員の面接を突破したいアルバイト必見。服装や質問等ポイント4つ

大学や高校を卒業してから飲食店やアパレルなどでアルバイトや契約社員として働いてきたものの、「

正社員になるための履歴書|採用される志望動機と自己PRの書き方

「正社員になりたいけど、履歴書の書き方がわからない…。」 …

アルバイトから正社員になるには 就職に成功する履歴書とコツ

アルバイトは気楽で責任が問われない反面、将来的な…