ハローワークの第二新卒求人が要注意な4つの理由|エージェントと比較してみた

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

ハローワークの第二新卒求人が要注意な4つの理由

ハローワークの第二新卒求人には注意が必要です。 ハローワークはそもそも民間企業ほど人材ニーズに敏感ではないため、採用する企業側のニーズをくみ取った求人が少ないためです。

いくら転職希望者が優秀であったとしても、人材ニーズに対応していないため第二新卒向け求人そのものが判別できません。  

(1)ハローワークは求人掲載料が0のため、採用に費用をかけない企業が多い

ハローワークは求人掲載料金が0円のため、優良企業の求人は少なくなる傾向にあります。 理由としては、2点があります。

  1. 採用経費にお金をかけたくない企業の求人がハローワークには集まる傾向にあるため
  2. 助成金を目的として求人掲載をしている

優秀な人材を採用するためにはお金がかかる、という考え方が出来ない企業がハローワークには集まっています。 採用にお金をかけたくない前向きでない企業の求人が集まってしまい、結果的にはブラック企業に近い会社が求人をかけるという状況に陥っています。

また、それだけではなく、第二新卒者層を含む卒業後三年以内の若者を採用した場合にはハローワークから企業に対して「三年以内既卒者等採用定着奨励金」という名称の助成金がおります。

会社の経営状況に余裕のある企業であれば助成金を当てにするよりも優秀な人材を獲得することで会社の業績を伸ばそうと考える可能性が高いため、こうした助成金目当ての企業には良い企業が少ないとも考えられます。

(2)新卒採用に重きを置いていない傾向にある

ハローワークに求人を出す企業は、新卒採用に重きを置いていない傾向にあります。 理由としては、そもそも新卒採用が出来ないからハローワークで既卒者や第二新卒者を狙って求人をかけている中小企業が多いためです。

中小企業の場合はリクナビやマイナビを使って新卒採用活動を行ったり、学校訪問を行ってもほとんど新卒を採用することが出来ません。 ブラック企業という噂が広がっているような企業でも同様です。

ハローワークで求人を行う企業はそもそも論として採用市場で弱者となっているような中小企業ばかりであり、優良な企業の求人は滅多にありません。 新卒採用に重きを置いていないというよりも重きを置くことすらできないような企業がハローワークで求人を出す傾向にあります。

(3)無料で求人が出せるため社内チェックが甘くカラ求人になる可能性もある

無料で求人を出せるハローワークならではの問題点ですが、求人を出す会社側の社内でのチェックが甘いまま求人が出る可能性があります。

人事担当者が求人を出そうと考えた場合にお金のかかる転職サイトや転職エージェントの場合は、高額な求人掲載費用がかかることが多いので経営者のチェックがしっかりと入っており、下手な求人が出ることは少ないです。

しかし、ハローワークの場合は求人掲載費用が無料なので経営者のチェックがないまま求人が出ていることもあり、「やっぱりこの求人は出す必要がなかったな」といういい加減な求人が混じっています。 せっかく応募したのに採用を途中で止められてしまう可能性が高いので、ハローワークの求人にはカラ求人が多いとも言われてしまっています。

(4)経験の浅い、アマチュア人事の面接の練習台になる可能性が高い

ハローワーク経由で面接を行うと、採用決裁権を持っていない新人の人事担当者の面接の練習台にさせられることがあります。 理由としてはハローワークは無料で求人原稿の作成から面接までを経験できるので新人の人事にとっては練習にうってつけのためです。

採用決裁権を持っていない新人人事が面接を行うので面接の流れもぎこちないことが多いですし、仮によい面接が出来たとしても、採用決裁権を持っていない新人が面接官なので採用に至ることは滅多にありません。 ハローワークを経由して面接を行うと面接の練習台にされてしまう可能性があることも認識しておきましょう。

この段落では第二新卒がハローワークを活用する際に注意すべき4つのポイントについて説明させて頂きました。 次の段落では気になるハローワークで第二新卒が上手く求人を探して転職をする方法について解説させて頂きます。

第二新卒向け|ハローワークの使い方

第二新卒で転職を考えている場合は、ハローワークを上手く活用することが難しい可能性が高いです。 理由としては、ハローワークでは第二新卒向けの求人を探すことが難しいためです。

助成金の名称もそうですが、第二新卒者と既卒者を一くくりにして求人が出されているため、純粋に第二新卒向けの求人をハローワークで探そうと思っても無理があるためです。

いたずらに求人検索に時間を奪われてしまい肝心の第二新卒向けの求人すら探せないという状況に陥る為、ハローワークを使っての第二新卒者の転職活動はまず困難を極めると考えて下さい。

求人検索機能で既卒者向けの求人を探す

第二新卒がハローワークで求人を探すためにはまず、既卒者向けの求人を探すようにして下さい。 理由としては既卒者向けの求人も第二新卒者向けの求人も全く同じ区分で求人掲載されているため、この方法でざっくりと求人を探さないと求人検索できないためです。

具体的には求人検索の最初のページでフリーワードで既卒者歓迎と入力して、既卒者を受け入れている求人を探します。 既卒者向けの求人を検索する事で少しでも採用可能性のある企業を探してください。

就職支援のセミナーや合同企業説明会などに出席する

ハローワークで第二新卒向けの求人を検索してもなかなか見つけることが出来ません。 理由としては、検索システムがおおざっぱなため、なかなかマッチした企業を見つけられないためです。

どうしてもハローワークを活用したい場合には、就職支援セミナーや若年者向けの合同企業説明会に出席するなどして第二新卒に狙いを付けている企業の採用担当者と直接会えるようにしてみて下さい。

この段落ではどうしてもハローワークを活用したい場合に出来る対策をご紹介いたしました。 本当に効率的な方法で転職する方法について、次の段落で説明させて頂きたいと思います。

第二新卒へのサポート内容は「ハローワーク」より「転職エージェント」が手厚い

第二新卒へのサポート内容は「ハローワーク」より「転職エージェント」の方が手厚いです。 理由としては、ハローワークのサポートが単発であるのに対して、転職エージェントのサポートは継続的なものだからです。

ハローワークと転職エージェントのサポートを比較してみた

ハローワークのサポートはほとんどないです。 理由としては、ハローワークは求人応募の際に企業の採用担当者に電話を取り次いであとは地図を印刷して、紹介状を渡して終わりです。 サポートといえば地図を印刷して、面接の日程をしてくれる程度なのでほとんどサポートなどはないと考えて下さい。

よくあることですが、ハローワークは求人の管理が杜撰なため、会社までの地図の記載内容が古いことがあります。 会社までの地図を作成して会社までの経路図の変更届をハローワークに提出しているのにも関わらず内容変更がされておらず、古い地図で会社まで来てしまい迷った挙句に面接に遅刻してしまうこともあり得ます。

面接において遅刻は印象が悪くなり選考に落ちる可能性が高くなります。 転職エージェントの場合には、転職希望者が登録をしたらその情報を基に適職を探してくれます。履歴書や職務経歴書も応募企業に合わせて添削してくれます。 面接日程の調整も転職エージェントが応募先企業と調整してくれますし、模擬面接で対策も行ってもらえます。

優良企業への転職を望む人はハローワークより転職エージェントを利用すべき

優良企業への転職を望む人はハローワークよりも転職エージェントを利用すべきです。 理由としては、転職エージェントを使用する会社には少なくとも良い人材を採用するためにお金を惜しむような企業はハローワークよりは少ないためです。

会社の成長を考えれば転職エージェントを使用してお金をかけてでも自社にマッチした優秀な人材を採用することが企業には必要不可欠になってきます。 優良企業への転職を望む人は転職エージェントを活用するようにしましょう。

特に、第二新卒向けにDYM就職は力を入れて転職活動のサポートを行っていますし、求人数も多いと自信を持って第二新卒向け就職支援サービスを行っています。

また、ジェイックは20代の転職支援に特化したサービスを行っており、営業カレッジというサービスを通じて第二新卒の若者に営業職への転職を支援する体制を構築しています。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する3つの理由

今の仕…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

「あと半年で社会人も丸3年か~」 「そろそ…

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...