20代で転職活動が決まらない…2ヶ月過ぎた方向けタイプ別の解決法

転職活動が上手くいかず、もう疲れてしまった…

20代だけど、このままどこにも内定もらえないのかな…

20代で転職活動を初めてから2ヶ月を過ぎ、焦っている方がもしかしたらいるかもしれません。

でも、大丈夫です。今はしんどくて心が折れそうでも、きっと転職活動が上手くいくときはやってきます。

転職活動は、あなたに合う方法さえ分かっていれば、内定に一歩近づきます。

この記事では、20代で転職活動をしている人に向けて、タイプ別の解決方法をご紹介していきます。

転職活動が上手く決まらないのは、辛いですよね

辛い状況を抜け出すべく、転職サービスを上手く活用しましょう

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
  • 超優秀なエージェントが年収UPの交渉をしてくれる
詳細

転職活動が決まらない…20代で内定がもらえない5つの特徴

転職活動 決まらない 記事内画像1

なんで内定がもらえないのだろう…

転職活動を始めたのもも、上手くいかないとついつい焦ってきてしまう気持ちはとても分かります。

実は、20代で内定がもらいにくい方には5つの特徴があったのです。

これからご紹介する5つの特徴で、1つでも自分に当てはまる人はどのように内定に導けるのかを一緒に考えてみましょう。

それでは、順を追ってどのような特徴があるのか見ていきましょう。

(1)前職とは業界も職種も全く違う「未経験」のジャンルに挑戦している

前職の業種と職種が向いていないと考え、転職を機に新しい仕事挑戦したい。

20代に限らず転職を行う方は、未経験のものに挑戦したいと考える方は多くいます。

しかし、売り手市場といってもやはり未経験の仕事へ転職することはまだまだ厳しいのが現実です

例えば、営業職から事務職に変わりたい場合は以下の「経験」が乏しいと厳しくなります。

  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント
仮に、一次面接でポテンシャルをかってもらい通過したとしても、最終面接では「経験」が重要視されて、落とされてしまいます。

もう一度、募集要項や必須スキル、歓迎スキルを見て、応募する企業を選定しましょう

自己PRもその企業に合う人材かどうかという視点で見ると良いですよ。

そして、20代は未経験でも採用する企業はまだまだ多数あります。

憧れていた企業やこれまでその企業のサービスや商品を利用していてどうしてもその企業に入りたい場合は、まずは応募をしてみましょう。

(2)あなたに最適な求人に出会っていない

自分に合う企業に出会えず辛い…

転職活動をすると様々な企業の求人があり、自分にはどの企業が適切なのか迷ってしまいますよね。

あなたは何社の求人を今まで見てきたことがあるでしょうか?

多くても100社程の企業を見て、「自分に合いそうか」を考慮すると思います。

しかし、視野を広げてみると日本の企業数は380万以上だと言われているのです。

仮に100社の求人掲載をいたとするならば、全体の0.002%にしか満たしません。

そのため、以下の方法を通じてもっと考慮する求人の母数を増やしましょう。

  • 登録していなかった転職サイトやエージェントに登録する
  • 気になる業界/職種の企業を片っ端から調べ、公式ホームページの採用ページをチェック
  • SNSやニュースサイトに掲載している求人を調べる
  • 友人や知人に相談する

現状の転職活動を引き続き行いながらも、新たな方法を取り入れて自分に合う企業に出会う可能性を広げていきましょう

転職活動で辛い思いを抱えることがあると思います。

もし、疲れたときは誰かを頼ってみることで、視野を広げるきっかけに繋がりますよ。

初心者におすすめの転職エージェント
doda

(3)企業研究が足りない

選考に進んでも、最終的に内定に繋がらない…

内定先が決まらない方の中には、企業研究が足りないことも考えらえます。

以下の企業研究を全て確認しているでしょうか。

  • 公式ホームページを読み込む
  • 競合企業の動向や特徴を把握する
  • 口コミサイトを見る
  • 業界の特徴を把握する

企業研究が十分でないと、面接の中身も浅くなってしまい、面接者は求人者の意欲を受け止めることが出来ません

そのため企業のことは徹底的に調べ上げ、企業とあなたの共通点や魅力なポイントを洗い出しておきましょう。

徹底的に調べ上げ、企業とあなたの共通点や魅力なポイントを洗い出しておきましょう。

またありきたりな質問ではなく、企業研究をした上で出てくる質問を準備しておくと好印象ですよ。

以下に例をあげてみます。

  • 「御社は○○において業界を牽引する存在かと思いますが、近年○○社などの異業種からの参入や競合である○○社の革新的なサービスが誕生しています。この件について、御社はどのように捉えていますか。また対策や方針が決まっていましたら教えてください」
  • 「御社で求められる資質の○○は、中途採用者において~~や~~で発揮されるべきだと感じていますが、これまでその○○が業務にヒットした例を教えてください」
  • 「御社の経営理念の○○というのは、いつ・どのような背景で決定されたのでしょうか」

(4)自分の将来像と企業の方向性がマッチングしない

企業への意欲が伝わっていないのかな…

これは「企業研究が足りない」にも通じる部分ではありますが、主に二つの場合が考えられます。

    <場合>
  1. 企業研究は十分だが、自分の将来像と企業の方向性をマッチさせられていない
  2. 企業研究が不十分でそもそも共通点がわかっていない
    <要因>
  1. 企業への貢献欲や忠誠心が強くても、牽引していくという意欲が欠けている
  2. 企業研究が不十分であることから、自分の強みや将来像が企業の展開に合わない

また、相互の共通点を考え切れず、「ただ働かせてほしい・貢献したい」という受け身な姿勢も受け入れてもらいづらいです。

それよりも「私が~~部門をもっと成長させます!」「新しい~~領域を拡大していきたい」など前のめりな姿勢のほうが好印象です。

(5)自己客観視できておらず、主観的になっている

自分では、十分アピールしきれていると思っているのに…

自分では十分に自己PRや志望動機がアピール出来ていると感じているものの、上手くいかないことがあると思います。

もしかすると、主観的な偏りにより、本当は企業にとって魅力的に映っていない可能性があります。

<例>自分では課題解決力のスキルが高いと感じていて、具体的なエピソードを記入する。

→採用担当者には刺さらずに選考に落ちる。

この場合、書いた内容が主観的で相手に分かりにくくなってしまっているあことが問題です。

第三者から見ても納得できる客観的な内容をアピールしましょう。

相手にも分かりやすいアピールへと改善するには、以下の方法があります。

  • 家族/友人/知人に一度読んでもらう
  • 転職エージェントやハローワークなどの無料相談所の人に添削をお願いする

周囲の力を借りて、誰に対しても魅力が伝わりやすい内容に改善していきましょう

キャリアアップの転職におすすめ
rikuru-toe-jennto

転職エージェントを以前登録しましたが、あまり活用を出来ませんでした。

そうなんですね。もしかしたら、エージェントの特性に合わなかったのかもしれませんね。

エージェントに特性なんてあるんですか?

実はあるんです。あなたに合うエージェントを一緒に探していきましょう。

転職活動が決まらない人はエージェントを活用しよう

転職活動 決まらない 記事内画像2

すでに活用している人も多いと思いますが、今利用しているエージェントはあなたに合っていますか?

実は転職エージェントというのは、特定の層を専門として転職サポートを行うところが多数あるのです。

そのため、転職エージェントの特性をきちんと理解してから活用するために、2つに分けてご紹介します。

【20代前半】1からキャリアを積み直したい人向け

20代で転職を決断する人の中には、キャリアを積み直したい人がいます。

「新卒で入社したが、企業の職場環境に合わず、これ以上耐えきれない」「自分の強みや適性が活きる環境で働きたい」など様々な思いを抱えています。

そんな人には【doda】をおすすめです。

「未経験のキャリアチェンジ」や「ワークライフバランスの実現」など、あなたに合った社会人生活にコミットしていきます。

以下が特性であり、転職初心者にも優しく、キャリアを見つめ直したい人におすすめです。

  • 応募書類の添削・面接対策
  • 年収・入社日などの交渉
  • 様々なキャリア適性診断を受験可能
  • 企業からオファー&スカウトが届く

doda

  • 求人数100,000
  • 添削
  • サポート
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
  • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

【20代後半】キャリアアップを図りたい人向け

20代で転職を決断する人の中には、キャリアアップを図りたい人がいます。

「新卒で入社した企業で、これ以上のキャリアアップは見込めない」「実績を積み上げており、年収を上げたい」など様々な思いを抱えています。

そんな人には【リクルートエージェント】がおすすめです。

以下の特性があり、培った実績から更なるキャリアアップに向け、徹底的にサポートしてくれます

    <特性>
  • 提出書類の添削・面接対策&セミナー
  • 年収・入社日などの交渉
  • 業界最大級の20万件以上の非公開求人から紹介
  • 独自に分析した業界・企業情報の提供

リクルートエージェント

  • 求人数260,000
  • 添削
  • サポート
  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

関連記事

20代で仕事が見つからない…焦りや不安を和らげる目標の探し方3つ

20代だけど全然自分に合いそうな会社が見つからない… 仕事を通して何をやりたいのかを面接で…

社会人2年目の転職は難しい?5つの転職理由と成功に導く4つの準備

新卒1年目は気合いで頑張ったけど、2年目を乗り切れる気がしない… 実績ないのに2年目で転職…

入社3年目の転職理由は?タイミングを迷う人におすすめしたい思考法

転職することは8割決心しているものの、はじめての転職活動はわからないことだらけですよね。 この記事で…

新卒1年目の転職の失敗要因は「準備不足」企業の見解と成功の秘訣は

新卒1年目で転職したいけど、「経験もないくせに甘えてる」と思われて不利? 苦労して入った会社…

20代の転職活動の進め方|企業研究や面接等の事前準備と流れを解説

目次転職活動の事前準備編転職活動の流れ編初めての転職活動が不安なら、エージェントと共に進めよう 転職活動の事前準備編 転職活動の事前準備としては、企業の情報を取得することと自己分析を行うことから始まり ...