転職活動がうまくいかないときは不安…よくある失敗理由3つと解決策

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

転職活動がうまくいかない場合|よくある理由3つ

転職活動が上手くいかない場合には原因として、会話のキャッチボールが出来ていない人が多く見られます。

理由としては、面接官との会話を成立させないとコミュニケーション能力に疑いを持たれてしまうため、面接に落ちやすくなってしまうためです。

(1)面接の質問にうまく答えられず、落とされる

面接での質問に上手く答えられないという方は、一呼吸置くようにしてから話すようにしてみて下さい。

理由としては、面接の最中に質問に答えられない方の多くは緊張のあまりに的を射ない答えを面接官に返しているためです。

緊張感を取り除くために、相手が質問をしてきたら一呼吸置き、自分のペースで答えるようにして下さい。

また、それだけではなく、会話のキャッチボールを成立させることが出来るようにして下さい。

理由としては面接官の質問に対して求めている回答とズレがあると採用に至らないためです。面接は言葉のキャッチボールです。

よくあるパターンとしては、聞かれてもいないことについて勝手にベラベラと話し出すパターンです。

聞かれてもいないことをベラベラ話すとそれだけで「こいつは人の話を聞けないタイプだな」と判断されて不採用になりやすくなります。

次点で落ちやすいのは、転職理由と志望動機が使い分けられていない人です。

理由としては転職理由と志望動機を上手く頭の中で切り分けられていないと同じ内容の話を2回面接官に話すことになってしまうからです。

転職理由は転職したいと考えたきっかけを答えるようにして下さい。志望動機は会社に入社したい理由を答えます。

転職理由と志望動機を混同しないように注意するようにして下さい。

転職理由は過去の話、志望動機は未来の話をすると考えるようにすると上手く繋がります。

(2)自分の希望条件に見合った求人情報がない

自分自身の希望条件に見合った求人情報がない場合も面接に落ちやすくなります。

理由としては、高望みをしているか、それとも自分の能力よりも格下の企業を受けてしまっているとマッチングが上手くいかずに落ちやすくなるためです。

明らかに高学歴で事務系の仕事に適正があるという転職希望者が工場などの単純作業の求人を受けても選考に落とされる可能性が高いです。

また、反対に人付き合いが苦手であったり、人とコミュニケーションをとるのが得意ではないというタイプの転職希望者が営業職の求人を受けても選考に落とされる可能性があります。

自分自身の希望条件に見合った求人情報を手に入れるようにして下さい。

(3)書類選考で落とされる

書類選考で落とされてしまい、面接にすらたどり着けないという人がいます。

書類選考で落とされてしまう原因としては、書類が複雑で分かりにくい構成になってしまっていることが大きな原因です。

プレゼンテーションの資料を作成する際は出来るだけ簡潔に分かりやすく短く要点を絞っているものが良い資料だと言われていませんか?

履歴書と職務経歴書にも全く同じことが言えます。

履歴書は指定のフォーマットがあるため、どれを使っても見た目は変化しませんが、職務経歴書には特に指定のフォーマットは存在しません。 工夫をするようにしてみて下さい。

具体的には、職務経歴書には箇条書きで経験した職務を記載するのではなく、経験した職務の中でも特にアピールしたいものを上から順番に記載するようにします。

経験した業務が仮に営業職であれば、○○年度売上高○○万円達成結果を先に記載して、売り上げ達成が出来た理由などの詳細を記載していきます。

人事担当者が求職者の応募書類に目を通すのにかけることができる時間は短いため、出来るだけ簡潔で分かりやすい職務経歴書を作成するようにして下さい。

この段落では面接に落ちてしまう人の特徴と具体的な対策法について書きました。

ここからは転職活動がうまくいかないときどうしたらよいのか見ていきましょう。

転職活動がうまくいかない時、陥りがちなネガティブ思考から脱出するために

転職活動がうまくいかないときは「私には市場価値がないのかも知れない」といった思いや「転職活動を諦めていまいる嫌な会社にずっといるしかない」というネガティブな感情が起こりがちです。

ネガティブな思考に陥ってしまうと、せっかくのチャンスも見逃してしまいます。

そこで、以下の方法でネガティブ思考から脱却することが出来るかもしれません。

(1)転職エージェントを上手に利用する

転職エージェントを上手に利用することで転職活動の不安や悩みを解消することができる可能性があります。

理由としては、転職エージェントには転職希望者をケアするようなサービスを展開している会社があるためです。

具体的にはJAICという転職エージェントでは、就職支援として営業カレッジというものを主催しています。

履歴書や職務経歴書の添削だけではなく、就職アドバイザーに転職活動に関する不安や悩みを相談できるサービスを展開しています。

未経験で書類選考なしの優良企業の求人紹介も行っており、書類選考がなかなか通らないと悩んでいる場合には相談してみるとよいでしょう。

また、type転職エージェントも非常に転職希望者の不安を取り除くサービスを展開しています。

専任のキャリアアドバイザーが転職希望者に寄り添い、書類選考の通過率をアップさせる、転職にあたっての不安な給与などの交渉を内定時に行ってくれるなどのサービスが充実しています。

転職エージェントは給与交渉や面接日程の調整だけではなく、精神的な不安を解消してくれるような親切なサービスを展開していますので、一度登録して相談してみて下さい。

転職エージェントを上手に利用することで不安や悩みを解消しながら転職活動を行うようにしてみて下さい。

(2)転職に成功した友達に経験談を聞いてみる

転職に成功した友人に経験談を聞いてみることも大切です。

理由としては転職に成功して充実した社会人生活を送っている友人の話を聞くと転職への不安が解消されてモチベーションが高くなる可能性があるためです。

目先は転職活動が苦しくて辛いですが、転職成功した友人の話で転職後の充実した生活人生活を聞くことで具体的な転職後のイメージが沸く為、転職活動を成功させようと前向きになれます。

転職成功した友人の経験談を連絡を取り合って聞いてみるようにしてみましょう。

(3)なぜ転職をしたいのか、転職してどうなりたいのか再考する

なぜ転職をしたいのか、転職してどうなりたいのかを再考するようにしてみましょう。

理由としては、ネガティブ思考に陥る原因には転職後にどうなりたいのかやキャリアプランについての認識が弱いためネガティブな思考に陥っている可能性が高いためです。

自己分析を徹底して再度行うことで、転職してどうなりたいのかを見直すことが出来ます。

転職後のキャリアプランを考える事で、自分にとってベストなキャリアがどのようなものかが判断できるようになります。

希望している業界の求人情報を眺めながら、自分がこの業界でどのように活躍していきたいのかについて考えてみるのもよいネガティブな状態から抜け出す良いきっかけになります。

なぜ転職をしたいのか、転職してどうなりたいのかを再考することで、ネガティブな状態から抜け出せる可能性が高くなりますので、積極的に未来のことについて考えるようにしてみて下さい。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する4つの理由

新卒1年…

入社3年目の転職活動|理由・タイミング・女性の場合は?全疑問まとめ

転職…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...