転職決断できないなら転職NG|転職エージェント登録だけしておこう

\悩むなら「行動」しよう/

転職決断できない理由はまだ懸念点があるから

転職を決断できないのは、懸念点を多く抱えているからです。

転職してみるまで分からない部分が多くあるため、どうしても決断にになれないのではないでしょうか。

転職活動を進めてみて行動を始めると懸念点はどんどん払拭されていきます。

(1)人間関係が心配

転職をするとそれまで自分自身が一生懸命に築いてきたキャリアをリセットすることになりります。

新しい会社で、新しい人間関係の中で仕事をしていけるかどうか分からない部分から不安になっていると考えられます。

入社してみるまで人間関係については分からない部分も多いため、どうしても心配になってしまいますが、転職をいざしてみると前の会社よりも居心地がよく長く働ける可能性もあります。

(2)企業の情報収集が足りない

転職を決断できない理由の多くが企業情報の収集が足りていないということに起因しています。

企業の情報収集を積極的に行うようにしましょう。

いまは転職サイトに会社の風土が書き込まれてあったり、口コミを見ることも可能です。

また、自ら積極的に転職サイト主催のセミナーなどに顔を出して企業の人事担当者から直接企業についての情報を得ることもできます。

転職を決断するために必要な情報を得るための手段は豊富なので、転職決断できない状態であるなら、情報をまずは集めることが大切です。

(3)労働条件に納得がいっていない

ハローワークなどに出ている求人は大半が条件が低く、「こんな給料で生活していけるわけがない。正社員なのにこんな待遇で働かなくてはいけないのか?」と憤慨してしまうような求人ばかりです。

転職するとこんなに待遇が悪くなるのがハローワークの求人を見ると普通なのかと不安になってしまいますよね。

理由としてはハローワークは無料で求人掲載が出来るため、待遇の良い求人が集まる可能性は非常に低いです。

出来れば採用経費を抑えたいと考えて求人を行っている企業が転職希望者のその後の待遇を良くしようと考えるとは予想できないためです。

転職サイトや転職エージェントの優良求人をしっかりと探すようにしましょう。

この段落では、転職を決断できない理由とその解決法を書かせて頂きました。

次の段落では、転職に関して準備不十分だった場合に実際に直面する出来事について書かせて頂きます。

転職を決断できない状態で転職はするな|よくある失敗例

転職を決断できない状態で転職をすると、失敗する確率が高くなります。

(1)転職先の人間関係が悪く耐えきれず退職

転職先の人間関係が悪く耐えきれなくなって短期間で退職をしてしまう方は多いです。

転職先の人間関係などの環境的な要因は入社まで分からないと思われがちですが、そうではありません。

実際に職場見学をしてみたり、自分が転職する予定の部署の口コミを転職サイトで確認するなど様々な手段があります。

今の会社が嫌だから転職を焦ってしまったという理由も分かりますが、転職先の情報収集を怠ると短期間で退職するリスクを負う可能性があります。

(2)想像していた仕事とかけ離れていた

転職前に転職先の仕事内容をよく吟味しておかないと、想像していた仕事とは違ったという理由で短期退職をしてしまう可能性があります。

原因としては、仕事に対する想像の部分が大きく実際の仕事で直面する困難なケースを想定していなかったということが多いです。

頭で理解していることと実際に仕事をしてみることには大きな差がありますが、出来れば事前に転職後に行うであろう仕事については情報収集を徹底するようにして下さい。

(3)待遇をしっかり確認せずに転職を決定してしまう

憧れの仕事に内定を獲得出来てホッとしてしまい、肝心の待遇についてよく見ずに内定を決定してしまう方がいます。

原因としては、なんとかなるだろう、そんなに悪い待遇ではないだろうという思い込みがこの失敗を引き起こします。

求人票に記載されている条件は給与の幅も広く、内定が出た際に掲示される労働条件通知書をよく読まないと実際に入社してからの給与や休日などの条件は分かりません。

誠実な企業ばかりであれば問題ないのですが、現実問題として転職希望者に嘘をついて不当に安い賃金で働かせる企業も存在します。

求人票に書かれている労働条件は変更される可能性があるため、しっかりと確認するようにして下さい。

(4)安易に未経験の仕事に転職する

安易に未経験の仕事に転職を決めてしまい、経験がないのに自分は大丈夫だと思って転職してしまう人がいます。

未経験の仕事は基本的に苦痛が伴います。

経験のある仕事であれば仕事の勘所が分かっているため、多少のトラブルは自分の力で対処できますが、未経験の仕事となればそうはいきません。

一から全て覚え直しなので、上手くいくことの方が少ないです。

かなり苦しく辛いことになるため、未経験の仕事への転職は慎重に行いましょう。

この段落では転職活動における失敗事例について紹介させて頂きました。

では、どのようにすればこれらの失敗を回避することが可能でしょうか。

失敗を回避するためにできる行動について次の段落ではご紹介させて頂きます。

転職が決断できない人は最低でもサイト・エージェント登録だけやっておこう

転職が決断できない人は最低でも、転職サイトと転職エージェント登録だけは行うようにしておきましょう。

もしもいますぐに転職を考えていなくても転職サイトと転職エージェントに登録しておくだけで情報を得ることができます。

(1)条件に合う求人は自ら取りにいく

条件に合う求人は自ら取りに行くという積極性を発揮しましょう。

理由としては、転職活動においては事務職のような人気職種は求人倍率が高いため、積極的に行動を起こさないと内定を獲得することは難しいためです。

人気のある大企業なども同様で、求人が出た瞬間に応募が殺到してあっという間に求人募集が締め切られることもあります。

条件に合う求人は自ら積極的に動いて取りに行く必要があります。

(2)転職サイト・エージェントは絞らずに幅広く求人をチェックしよう

転職サイト・転職エージェントは絞らずに複数に登録するようにしましょう。

特に転職サイトは、企業が求人広告費用を抑えるためにどの転職サイトを活用するは決めていません。

理由としては転職サイトは企業が求人広告を出すのに積極的ではない時期や、求人掲載の量が少ない月には売り上げ確保のために値引きキャンペーンを行うためです。

求人広告の掲載依頼を行う人事としても、値引きがあることを知っているため、求人広告掲載を考えているときに一番安いプランを提案してくる転職サイトに求人掲載の依頼を行います。

複数の転職サイト・転職エージェントに登録しておかないと、せっかく自分に合った求人が掲載されていても気付くことが出来ません。

転職サイト・転職エージェントは複数社に登録することを忘れないようにして下さい。

(4)求人数が多いおすすめサイト・エージェント

求人数が多い転職サイトとしてはリクナビネクストが一番に挙げられます。

リクルートが母体となった最大手の転職サイトであり、転職者の8割がリクナビネクストを活用して転職していると宣伝しています。

求人数が多い転職エージェントとしては、DODAが挙げられます。

DODAはリクルート、マイナビに並ぶ求人数を誇っている老舗求人会社であり、求人数が多いだけでなく老舗としての安定感を持っています。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

仕事をしたくない心理とは? 今すぐにできる対策を紹介【20代向け】

希望を持って就職したはずでも、 「仕事したくない。

仕事疲れによるイライラやモヤモヤを解消!おすすめのリフレッシュ…

仕事で疲れたときのイライラ・モヤモヤ、何とかしたいですよね。 ストレスがたまり続け「

仕事が苦痛なのはなぜ?人間関係や職場に対するストレス対処法を紹介

「仕事が苦痛で辞めたい」と悩んでいる20代の男女は多いもの。 …

仕事で人生を変えたい!最適な転職方法や理想の会社の見つけ方

「転職で人生を変えるにはどうしたらよいのか」と悩んでいる人も多いので…

正社員で楽な仕事はある?希望条件にあう仕事や会社の探し方ガイド

「仕事はつらいけど、正社員だし我慢するしかない」そう考えたことはない…