転職を決断できない…失敗例から学ぶ4つの理由と成功への対処法

今の仕事、自分に向いてない気がして転職したい…。でも、もし内定が出た転職先の職場環境が今よりも合わなかったらどうしよう。

転職のメリットとデメリットを比較してみたけど、現状ではどうすればいいのか自身で判断できない…

転職は人生において大きな決断ですよね。だからこそ悩み込んでしまう気持ちはわかります。特に、転職経験があまりない方は慎重になって当たり前なんです。

この記事では、転職初心者が転職を決断できないときの理由4つと対処法や、万が一決断できずに転職してしまった場合の失敗例も参考としてご紹介していきます。

決断をできない人に共通する4つの理由

  1. 会社の雰囲気が自分に合うか分かってない
  2. 今までのキャリアを今度どう活かすか考え切れていない
  3. 労働条件の理想が高すぎる
  4. 企業の情報をどこから参考にすればいいか判断に困る

\今から転職したい方向け/

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 職種・年齢・経験を問わずさまざまな方が利用可能
詳細
ウズキャリ
  • 就活中の悩み・焦りに親身に寄り添う密着サポート
  • 「個別サポート」or「集団サポート」を選択可能
詳細

転職を決断できない悩みを解決しないと陥る入社後の失敗例4つ

転職を決断できない状況で転職を行うと、転職後に失敗するリスクを高めてしまいます。

これから、決断できずに悩んだまま転職してしまった場合の失敗例についてご紹介していきます。

(1)転職先の人間関係の悪さに耐えきれず退職

転職先の人間関係が悪く耐えきれなくなって短期間で退職をしてしまう方は多いです。

転職先の人間関係などの環境的な要因は入社まで分からないと思われがちですが、そうではありません。

実際に職場見学をしてみたり、自分が転職する予定の部署の口コミを転職サイトで確認するなど様々な手段があります。

今の会社が嫌だから転職を焦ってしまったという理由も分かりますが、転職先の情報収集を怠ると短期間で退職するリスクを負う可能性があります。

(2)安易に未経験の仕事に転職する

安易に未経験の仕事に転職を決めてしまい、経験がないのに自分は大丈夫だと思って転職してしまう人がいます。

未経験の仕事は基本的に苦痛が伴います

経験のある仕事であれば仕事の勘所が分かっているため、多少のトラブルは自分の力で対処できますが、未経験の仕事となればそうはいきません。

一から全て覚え直しなので、上手くいくことの方が少ないです。

かなり苦しく辛いことになるため、未経験の仕事への転職は慎重に行いましょう。

(3)待遇をしっかり確認せずに転職を決定してしまう

憧れの仕事に内定を獲得出来てホッとしてしまい、肝心の待遇についてよく見ずに内定を決定してしまう方がいます。

原因としては、なんとかなるだろう、そんなに悪い待遇ではないだろうという思い込みがこの失敗を引き起こします。

求人票に記載されている条件は給与の幅も広く、内定が出た際に掲示される労働条件通知書をよく読まないと実際に入社してからの給与や休日などの条件は分かりません。

誠実な企業ばかりであれば問題ないのですが、現実問題として転職希望者に嘘をついて不当に安い賃金で働かせる企業も存在します。

求人票に書かれている労働条件は変更される可能性があるため、しっかりと確認するようにして下さい。

(4)想像していた仕事とかけ離れていた

転職前に転職先の仕事内容をよく吟味しておかないと、想像していた仕事とは違ったという理由で短期退職をしてしまう可能性があります。

原因としては、仕事に対する想像の部分が大きく実際の仕事で直面する困難なケースを想定していなかったということが多いです。

頭で理解していることと実際に仕事をしてみることには大きな差がありますが、出来れば事前に転職後に行うであろう仕事については情報収集を徹底するようにして下さい。

この段落では転職活動における失敗事例について紹介させて頂きました。

では、このように失敗をしてしまう理由とは何なのでしょうか。

次では、失敗する人に共通する理由についてご紹介させて頂きます。

doda

  • 求人数100,000
  • 添削
  • サポート
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
  • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

転職を決断できない人に共通する4つの理由

転職を決断できない理由の背景として、内定した企業先のその後の見通しが立てないことが考えられます。

転職先の職場環境が自分に合うかは、入社してみるまで分からないと考えてしまい、どうしても決断に悩むのではないでしょうか。

まずは、転職を決断できない4つの理由について考えていきましょう。

(1)会社の雰囲気が自分に合うか分かっていない

転職をすると今までの職場環境から一変して、新しい人たちとの出会いの場からのスタートします。

そのため新たな会社の中で形既に成されている人間関係に、果たして自分は馴染んでいけるのか不安な気持ちになってしまいます。

確かに、入社してみるまでその会社の人間関係が自分に合うかは判断できませんが、転職をいざしてみると前の会社よりも居心地がよい職場環境に巡り合える可能性はでてきます。

(2)今までのキャリアを今度どう活かせるか考えきれない

転職をすると、今まで一生懸命築き上げてきたキャリアが振り出しに戻ってしまいます。

そのため、転職先で今までのキャリアをどう活かしていけるのか心配になってまうものです。

もしあなたが転職を考えるなら、まずは自分の今までのキャリアが活かせそうな企業から考え始めるのではないでしょうか。

その際に、IT業界や食品業界など業種を絞るか、営業職や事務職など職種を絞るのか悩みどころです。また、全く未経験な仕事の環境を考える人もいるかもしれません。

確かに、新しい仕事で一からキャリアを築き上げ直すことは時間や労力のかかる大変なことです。

そのため、どうして転職することが自分に必要なのか明確にしていくことで、新たなキャリアアップにつながっていきます。

(3)労働条件の理想が高すぎる

ハローワークなどに出ている求人の大半は条件が悪く、「こんな給料で生活していけるわけがない。正社員なのにこんな待遇で働かなくてはいけないのか?」と不満に感じる求人ばかりです。

また、ハローワークで求人サイトを見る連れて、転職するとこんなに待遇が悪くなるのが普通なのかと思わず心配になってしまいます。

実は、転職サイト・エージェントは100万円以上のコストでの求人掲載が必要なのに対し、ハローワークは無料で求人掲載が出来ます。

これが、待遇の良い求人が集まる可能性の非常に低さに繋がるのです。

理由として、採用経費を抑えて求人を行いたい企業はその背景に人手不足の現状により、労働者に対する待遇を良さを考慮し難い状況下であるためです。

求人情報は転職サイトや転職エージェントの優良求人などがあるため、しっかりと活用しましょう。

(4)企業の情報をどこから参考にすれば良いか判断に困る

転職を決断できない理由の多くに企業情報の収集が足りていないことに起因しています。

企業の情報収集を積極的に行うようにしましょう。

いまは転職サイトに会社の風土が書き込まれてあったり、口コミを見ることも可能です。

また、自ら積極的に転職サイト主催のセミナーなどに顔を出して企業の人事担当者から直接企業についての情報を得ることもできます。

転職を決断するために必要な情報を得るための手段は豊富なので、転職を決断できない現状があるなら、まずは情報を集めることが大切です。

ここでは、転職を決断できない4つの理由をご紹介しました。

次では、転職を成功させるために必要な対処法についてご紹介していきます。

転職を決断できない悩みを解決する成功への対処法

転職活動に向けて行動を始めてみると少しづつ、転職への不安が軽減されて行くことにつながります。

これから転職活動への決断に向けた成功への対処法について3つご紹介します。

この対処法で転職への判断を行っていきましょう。

(1)自分の強みが発揮できる環境について理解する

自分の強みが発揮できる条件が満たす求人は自ら取りに行くという積極性を発揮しましょう。

理由としては、会社にとって転職者は「どういう面で貢献できる人材か」をシビアに問われるためです。

もちろん「知名度」や「ブランド性」を重視したい気持ちは分かりますが、その会社に入社後どう活躍していきたいかを先に考えないと失敗に繋がってしまいます。

また、会社に転職して成功する人は企業の視点にしたがって、適切に自分の価値をアピールできる人です。

具体的に自分の強みを見つけていきアピールに落とし込むために大切なのは2つです。

  • 今まで取り組んできた仕事をピックアップして、実績をいったん棚卸しする
  • どういう点で貢献できるのか、客観的に見極めて強みをアピールしていく

この2つを心がけて条件に合う求人は自ら積極的に動いて取りに行く転職を行いましょう。

(2)自分の現状の市場価値を理解する

転職を考える人は、自分の現状を変えたいと考える悩みを抱えています。

しかし、転職がその人にとって現状よりも好転する可能性は必ずしもあると言えません。

現職の不満を解消するための転職なのであれば、違う環境でリセットすることが目的となってしまうので、転職後も続かずにまた転職を繰り返す可能性があります。

そのため、現職がある方は転職することでどのようなキャリアアップが見込めるのか考え直してみましょう。

現状での自分の市場価値と向き合いつつ、転職を前向きに考えられる人は転職する上でも成功しやすいです。

  • 新しい経験を積んで、仕事の幅を増やしたい人
  • 現職でやりきって、新しい環境で1からチャレンジしてみたい人

反対に、現職でまだ市場価値を高められると見込めるのであれば、そのままもう少しキャリアを積んでいくことも最適な考えでしょう。

そして、経験を積むうちにさらに自分の市場価値を上げたいと考える際は、現職よりもさらに経験やスキルが積める環境にリスクを恐れず積極的に挑戦していきましょう。

このように、自分に対する市場価値を見極めて、現実的な選択をできるようになることが大切です。

(3)複数の転職サイトから自分のスキルに合う会社を探す

転職を考える際に、自分の市場価値に見合う会社選びをしていきましょう。

まず会社を見ていくツールとして多くの人が活用しているのが転職サイトです。

転職サイトはインターネットで手軽に利用できて他社との比較がしやすいため、是非活用したほうが良いと考えます。

また、求人の掲載をするのはコストがとてもかかるため、企業が複数ある転職サイトにすべて掲載していることはあり得ません。

そのため、1つのサイトに特定して見ていると、自分に合う会社を見つけるチャンスを逃しやすい可能性もあるのです。

活用する際は、1つではなくて複数で活用を行い、自分のスキルに合った求人を探してみましょう。

ちなみに、転職サイトの中で特に掲載数が多いのが「リクナビNEXT」と「doda」の2つを活用することをおすすめします。

次では、この2つの転職サイトをご紹介し、転職の幅を増やしていきましょう。

おすすめの転職サイト【リクナビNEXT】

リクルートが母体となった最大手の転職サイトであり、転職者の8割がリクナビネクストを活用して転職していると宣伝しています。

リクナビNEXT

  • 求人数5000
  • 添削
  • サポート
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載

おすすめの転職サイト【doda】

求人数が多い転職エージェントとしては、dodaが挙げられます。

dodaはリクルート、マイナビに並ぶ求人数を誇っている老舗求人会社であり、求人数が多いだけでなく老舗としての安定感を持っています。

doda

  • 求人数100,000
  • 添削
  • サポート
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
  • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

この記事のまとめ

この記事では、転職を決断できない人に共通する4つの理由についてお伝えしました。

  1. 会社の雰囲気が自分に合うか分かってない
  2. 今までのキャリアを今後どう活かすか考え切れていない
  3. 労働条件の理想が高すぎる
  4. 企業の情報をどこから参考にすればいいか判断に困る

このことを踏まえた上での対処法として、自分から条件の合う企業の情報収取が必要となります。その際に転職サイトも活用することをおすすめします。

転職を考え始めて、すぐに決断できないのは当たり前なのです。

どれだけ業界研究・企業研究をしても、内定先の社員に詳しいお話を聞いたとしても、不安な気持ちを完全に払拭できない人がほとんどだと思います。

しかし、不安からはじまるその一歩を、新たな人生を築けるチャンスと捉えることが大切です。自分にとっての悔いのない最適な決断にむけて踏み出しましょう。

関連記事

"仕事辞めたい…"上司に相談するとこうなる!悩み別管理職の回答5例

仕事を…

仕事が楽しくないときは「転職」がおすすめ!当たり前の毎日を変え…

「仕事が楽しくない」と思ってしまうとモチベーションが上がらず、毎日が…

仕事が原因で吐き気、頭痛、めまい... ストレスで起きる症状と対処法

通勤…

仕事をしたくない心理とは? 今すぐにできる対策を紹介【20代向け】

希望を持って就職したはずでも、 「仕事したくない。

仕事疲れによるイライラやモヤモヤを解消!おすすめのリフレッシュ…

仕事で疲れたときのイライラ・モヤモヤ、何とかしたいですよね。 ストレスがたまり続け「