転職を決断できない…失敗例から学ぶ4つの理由と成功への対処法

転職を考え始めたけど、もし失敗しちゃったらどうしよう……

転職した方が良いのはわかってるけど、リスクを考えるとどうしても決断できない……

人生の1/3は仕事だと言われている中、今後のキャリアを左右する転職は非常に重要な決断となります。

悩みを抱えるのも仕方がないことですし、特に転職経験が少ない方は慎重な姿勢になることが当然であると言えるでしょう。

この記事では、ハッキリと転職を決断しないまま流されて転職をしてしまった場合の失敗例や、転職を決断できない理由と対処法を紹介していきます。

転職は人生を変える一大イベントと言っても過言ではありません、決断をするための材料をじっくりと集めていきましょう。

決断をできない人に共通する4つの理由

  1. 会社の雰囲気が自分に合うかわかっていない
  2. 今までのキャリアを今後どう活かすか考え切れていない
  3. 偏った労働条件の見方をしている
  4. 企業の情報をどこから参考にすればいいか判断に困る

どれか一つでも当てはまる場合、仕事のミスマッチが発生し何度も転職を繰り返してしまう危険があります。

転職を決断する近道はプロのサポートを受けることです。さまざまな悩みやキャリア相談を聞いてもらったうえで、自分にマッチした仕事を紹介してくれますよ。

転職サイト
年代と特長
登録
doda 【求人数約10万件!】
  • 自分に合った仕事を探している」方におすすめの大手転職サービス
  • とにかく大手・優良企業の求人が多いためホワイト企業に出合える確率が高い
  • 求人数が多く希望に合った仕事が見つかる
詳細
就職Shop 【キャリアchangeにおすすめ!】
  • 未経験職へのチャレンジに悩んでいる」方におすすめのエージェント
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業8500社以上を掲載
  • 20代で未経験者対象の求人を紹介
詳細
ハタラクティブ 【資格・経験なしOK】
  • 学歴・職歴に自信がない」方におすすめのエージェント
  • 正社員内定率80.4%の実績
  • 円満退職の相談もアドバイザーにお任せ
詳細

転職を決断できない悩みを解決しないと陥る入社後の失敗例4つ

転職を決断できない状況で転職を行うと、失敗するリスクを高めてしまいます。

これから、決断できずに悩んだまま転職してしまった場合の失敗例についてご紹介していきます。

(1)転職先の人間関係の悪さに耐えきれず退職

上司や同期との人間関係が上手くいかず、ストレスに耐えられない。

転職先の人間関係が悪く耐えきれなくなって短期間で退職をしてしまう方はとても多いです。

転職先の人間関係などの仕事環境に関しては実際に入社するまで分かりません。

「上司の人柄や働く姿勢」「同期との空気間」などが合わないと、ストレスになりかねません。

職場見学をしてみたり、OB・OG訪問を行ったり、企業の口コミサイトをで確認したりして、会社の職場環境を探ってみましょう。

今の会社が嫌で転職を焦ってしまう理由は分かりますが、転職先の情報収集はを怠らずにチェックしましょう。

(2)安易に未経験の仕事に転職する

新しい環境にとにかく飛び込んでみたけど、後悔しかない。

安易に未経験の仕事に転職を決めてしまい、経験がないのに自分は大丈夫だと思って転職してしまう人がいます。

未経験の仕事は慣れるまでに時間がかかるため、学ぶ姿勢が欠けていると苦痛な環境になってしまいます。

経験のある仕事であれば仕事の容量が分かっているため、多少のトラブルは自力で対処できますが、未経験となればそうはいきません。

一からすべて覚え直しなため、適応能力がなければ上手くいくことの方が少ないのです。

好奇心だけでは長く続きません。未経験の仕事への転職は慎重に行いましょう。

(3)待遇をしっかり確認せずに転職を決定してしまう

転職先の待遇が悪く、後からブラック企業と気づいた。

憧れの仕事に内定を獲得出来てホッとしてしまい、肝心の待遇についてよく見ずに内定を決定してしまう方がいます。

原因としては、「なんとかなるだろう」「そんなに悪い待遇ではないだろう」という思い込みが失敗を引き起こします。

求人票に記載されている条件は給与の幅を広く記しており、内定先の労働条件通知書はよく読まないと、実際に入社した後の給与や休日などの条件が分かりません

誠実な企業ばかりであれば問題ないのですが、現実問題として転職希望者に嘘をついて不当に安い賃金で働かせる企業も存在します。

求人票に書かれている労働条件は変更される可能性があるため、しっかりと確認するようにして下さい。

転職エージェントであれば、自分の希望条件に当てはまる企業を紹介してくれますよ。

▼20代対象の優良求人8,500件以上!!▼

(4)想像していた仕事とかけ離れていた

こんなにも実力主義な会社なんて知らなかった。

転職前に転職先の仕事内容をよく吟味しておかないと、想像していた仕事とは違ったという理由で短期退職をしてしまう可能性があります。

原因としては、仕事に対する想像の部分が大きく、実際の仕事とのギャップに苦しむケース多いのです。

「頭で理解していること」と「実際に仕事をしてみること」には大きな差があります。

出来れば事前から、転職後に行うであろう仕事については情報収集を徹底するようにして下さい。

周りの評価を鵜呑みにしすぎず、自分の判断基準と照らし合わせながら転職を考えていきましょう。

この段落では転職活動における失敗事例について紹介させて頂きました。

では、このように失敗をしてしまう人に共通する理由とは何なのか、ご紹介していきます。

転職を決断できない人に共通する4つの理由

転職を決断できない理由の背景には、内定した企業先のその後の見通しが立てないことが考えられます。

転職先の職場環境が自分に合うかは、入社してみるまで分からないため、決断に悩むのではないでしょうか。

まずは、転職を決断できない4つの理由について考えていきましょう。

(1)会社の雰囲気が自分に合うかわかっていない

転職をすると今までの職場環境から一変して、新しい人たちとの出会いの場からのスタートします。

そのため新たな会社の中で形既に成されている人間関係に、果たして自分は馴染んでいけるのか不安な気持ちになってしまいます。

確かに、入社してみるまでその会社の人間関係が自分に合うかは判断できませんが、転職をいざしてみると前の会社よりも居心地がよい職場環境に巡り合える可能性はでてきます。

(2)今までのキャリアを今度どう活かせるか考えきれない

転職をすると、今まで一生懸命築き上げてきたキャリアが振り出しに戻ってしまいます。

そのため、転職先で今までのキャリアをどう活かしていけるのか心配になってまうものです。

もしあなたが転職を考えるなら、まずは自分の今までのキャリアが活かせそうな企業から考え始めるのではないでしょうか。

その際に、IT業界や食品業界など業種を絞るか、営業職や事務職など職種を絞るのか悩みどころです。また、全く未経験な仕事の環境を考える人もいるかもしれません。

確かに、新しい仕事で一からキャリアを築き上げ直すことは時間や労力のかかる大変なことです。

そのため、どうして転職することが自分に必要なのか明確にしていくことで、新たなキャリアアップにつながっていきます。

(3)偏った労働条件の見方をしている

ハローワークなどに出ている求人の大半は条件が悪く、「こんな給料で生活していけるわけがない。正社員なのにこんな待遇で働かなくてはいけないのか?」と不満に感じる求人ばかりです。

また、ハローワークで求人を見る連れて、転職するとこんなに待遇が悪くなるのが普通なのかと思わず心配になってしまいます。

実は、転職エージェントは100万円以上のコストでの求人掲載が必要なのに対し、ハローワークは無料で求人掲載が出来ます。

これが、待遇の良い求人が集まる可能性の非常に低さに繋がるのです。

理由として、採用経費を抑えて求人を行いたい企業はその背景に人手不足の現状により、労働者に対する待遇を良さを考慮し難い状況下であるためです。

求人情報は転職エージェントの優良求人などがあるため、しっかりと活用しましょう。

(4)企業の情報をどこから参考にすれば良いか判断に困る

転職を決断できない理由の多くに企業情報の収集が足りていないことに起因しています。

企業の情報収集を積極的に行うようにしましょう。

いまは転職サイトに会社の風土が書き込まれてあったり、口コミを見ることも可能です。

また、自ら積極的に転職エージェント主催のセミナーなどに顔を出して企業の人事担当者から直接企業についての情報を得ることもできます。

転職を決断するために必要な情報を得るための手段は豊富なので、転職を決断できない現状があるなら、まずは情報を集めることが大切です。

ここでは、転職を決断できない4つの理由をご紹介しました。

次では、転職を成功させるために必要な対処法についてご紹介していきます。

転職を決断できない悩みを解決する成功への対処法

転職活動に向けて行動を始めてみると少しづつ、転職への不安が軽減されて行くことにつながります。

これから転職活動への決断に向けた成功への対処法について3つご紹介します。

この対処法で転職への判断を行っていきましょう。

(1)自分の強みが発揮できる環境について理解する

自分の強みが発揮できる条件が満たす求人は自ら取りに行くという積極性を発揮しましょう。

理由としては、会社にとって転職者は「どういう面で貢献できる人材か」をシビアに問われるためです。

もちろん「知名度」や「ブランド性」を重視したい気持ちは分かりますが、その会社に入社後どう活躍していきたいかを先に考えないと失敗に繋がってしまいます。

また、会社に転職して成功する人は企業の視点にしたがって、適切に自分の価値をアピールできる人です。

具体的に自分の強みを見つけていきアピールに落とし込むために大切なのは2つです。

  • 今まで取り組んできた仕事をピックアップして、実績をいったん棚卸しする
  • どういう点で貢献できるのか、客観的に見極めて強みをアピールしていく

この2つを心がけて条件に合う求人は自ら積極的に動いて取りに行く転職を行いましょう。

(2)自分の現状の市場価値を理解する

転職を考える人は、自分の現状を変えたいと考える悩みを抱えています。

しかし、転職がその人にとって現状よりも好転する可能性は必ずしもあると言えません。

現職の不満を解消するための転職なのであれば、違う環境でリセットすることが目的となってしまうので、転職後も続かずにまた転職を繰り返す可能性があります。

そのため、現職がある方は転職することでどのようなキャリアアップが見込めるのか考え直してみましょう。

現状での自分の市場価値と向き合いつつ、転職を前向きに考えられる人は転職する上でも成功しやすいです。

  • 新しい経験を積んで、仕事の幅を増やしたい人
  • 現職でやりきって、新しい環境で1からチャレンジしてみたい人

反対に、現職でまだ市場価値を高められると見込めるのであれば、そのままもう少しキャリアを積んでいくことも最適な考えでしょう。

そして、経験を積むうちにさらに自分の市場価値を上げたいと考える際は、現職よりもさらに経験やスキルが積める環境にリスクを恐れず積極的に挑戦していきましょう。

このように、自分に対する市場価値を見極めて、現実的な選択をできるようになることが大切です。

(3)複数の転職エージェントから自分のスキルに合う会社を探す

転職を考える際に、自分の市場価値に見合う会社選びをしていきましょう。

まず会社を見ていくツールとして多くの人が活用しているのが転職エージェントです。

転職エージェントはインターネットで手軽に利用できて他社との比較がしやすいため、是非活用したほうが良いと考えます。

また、求人の掲載をするのはコストがとてもかかるため、企業が複数ある転職エージェントにすべて掲載していることはあり得ません。

そのため、1つのサイトに特定して見ていると、自分に合う会社を見つけるチャンスを逃しやすい可能性もあるのです。

活用する際は、1つではなくて複数で活用を行い、自分のスキルに合った求人を探してみましょう。

ちなみに、転職エージェントの中で特に掲載数が多いのが「リクナビNEXT」と「doda」の2つを活用することをおすすめします。

転職エージェント 20代に特化 対象地域 適性診断
就職shop 首都圏・関西圏 なし
マイナビジョブ20's 首都圏 あり

転職エージェント【就職shop】

リクルートキャリアが運営する20代特化の転職エージェントです。

100%直接訪問で取材を行い厳選されたすべて未経験歓迎の優良企業8500社以上が掲載されています。

また、書類選考がないや自己紹介、志望動機など面接で自分自身のことをしっかり伝えるため面接対策など手厚いサポートしてくれます。

今までと違う業界・職種で新たなキャリアをすぐに掴み取りたい方におすすめです。

就職Shop

  • 求人数8500
  • 添削
  • サポート
  • 20代で未経験者対象の求人紹介
  • 100%訪問取材で厳選された優良企業8500社以上が掲載
  • 書類選考なしで内定へ近づきたい方におすすめ

転職エージェント【マイナビジョブ20's】

社会人歴3年以内の20代を対象にし、転職にかかわる悩みをカウンセリングしてくれるため、希望に合った転職先を見つけることができます。

また、マイナビジョブ20'sに登録すると、会社ならではのノウハウで書類添削や面接対策などを行ってくれることがのも特長です。

マンツーマンで転職をはじめから最後までフルサポートしてほしい方におすすめです。

マイナビジョブ20's

  • 求人数1,500
  • 添削
  • サポート
  • 応募年齢は24~29歳!若年層に特化
  • アドバイザーは全員「転職経験あり
  • 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方の対象

この記事のまとめ

この記事では、転職を決断できない人に共通する4つの理由についてお伝えしました。

  1. 会社の雰囲気が自分に合うかわかっていない
  2. 今までのキャリアを今後どう活かすか考え切れていない
  3. 偏った労働条件の見方をしている
  4. 企業の情報をどこから参考にすればいいか判断に困る

このことを踏まえた上での対処法として、自分から条件の合う企業の情報収取が必要となります。その際に転職サイトも活用することをおすすめします。

転職を考え始めて、すぐに決断できないのは当たり前なのです。

どれだけ業界研究・企業研究をしても、内定先の社員に詳しいお話を聞いたとしても、不安な気持ちを完全に払拭できない人がほとんどだと思います。

しかし、不安からはじまるその一歩を、新たな人生を築けるチャンスと捉えることが大切です。自分にとっての悔いのない最適な決断にむけて踏み出しましょう。

関連記事

仕事ができないときのストレスから来る症状と改善のための対処法とは

「○○さんって仕事できないよね」と同僚や上司から思われている自分に気付くと、いたたまれない気持ちにな…

転職して2ヶ月だけどもう辞めたい。悩む人のチェック項目

今の会社に転職して2ヶ月だけど合わないしすぐにでも辞めたい……どうしたらいいんだろう 会社の労…

"仕事辞めたい…"上司に相談するとこうなる!悩み別管理職の回答5例

仕事を辞めたい、辞められないの堂々巡り。 誰にも相談できないから、1人で抱え込んでしまって苦しい…

なんで私だけ昇給できないの?昇給しない本当の理由と対策法4つ

会社の同期はみんな昇給しているのに、なぜか自分だけ昇給できない… このような悩みを抱え、モヤ…

会社が嫌いで辞めたい人が今すぐできる対策法3つと今後の選択肢2つ

意地悪な上司に毎日文句を言われて、仕事に行くのが嫌になっちゃった…… 今の会社、給料の割…