第二新卒でホワイト企業に転職したい!ブラック求人を見極めるポイント

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

前職がブラックだった…第二新卒でホワイト企業への転職は可能

前職がブラック企業だったとしても、第二新卒でホワイト企業への転職は可能です。

理由としては、第二新卒採用を行う企業の中にはブラック企業だから新卒が採用出来なかったのではなく、知名度がないから新卒が採用出来ずに第二新卒採用を行っている企業があるためです。

第二新卒の企業の中には完全週休2日制で残業が月20時間以下の企業などもあります。

前職がブラック企業だったとしてもブラック企業を見極める方法があるため、第二新卒でホワイト企業への転職を行う事は可能です。

この段落では前職がブラック企業だったとしても第二新卒でホワイト企業へ転職する事は可能だとお伝えさせて頂きました。

次の段落では気になるブラック企業のポイントと完全にアウトな特徴についてお伝えいたします。

ブラック求人を見極めるポイントと完全にアウトな特徴

ブラック求人を見極めるには求人票を細かく見る必要があります。

ブラック企業の求人に現れる特徴についてお伝えさせて頂きます。

(1)みなし残業制度をいまだに適用している

みなし残業制度を活用している企業はブラック企業である確率が高いです。

理由としては、みなし残業制度は残業時間と残業代をあらかじめ会社が設定してそれ以上の残業代を払うことをしない制度になってしまっているためです。

具体的にはみなし残業時間が30時間と設定されており、月の残業代が残業をしてもしなくても5万円支払われますが、それを超えた場合は1円も残業代を支給しないというような行為です。

労働時間の管理もしにくく、会社がブラック化する要因の一つにもなっています。

(2)外資系企業でもないのに年俸制を採用している

外資系企業では年俸制を採用している企業もありますが、日本企業では特殊です。

理由としては外資系企業は成果給を採用しており、労働時間ではなく成果でお給料を決定しているためです。

日本企業は労働基準法の関係もあり労働時間以外でお給料を支払う基準を作る事は難しいです。

日本企業で年俸制を採用している企業の多くは残業代を余分に支払いたくないという企業が多い傾向にあるので、残業代の出ないブラック企業にひっかかる可能性が高くなります。

(3)未経験者歓迎で、大量募集はブラック企業の可能性大

未経験者歓迎で大量に募集をかけている企業には注意が必要です。

特に営業職で10名以上の採用人数がある場合にはブラック企業の可能性が高いです。

理由としては、中途採用者は多くの場合、欠員補充として採用される傾向にあるためです。

欠員補充に中途採用者を10名以上採用するのはそれだけ社員が辞めている証拠です。

また、新規事業所設立のためといった文言にも注意しましょう。

理由としては仮に新規事業所が出来て人手が必要になったとしてもいきなり新人をいれたりしません。

まともな会社であれば信用できる社内の優良な幹部候補社員を異動させることなどで新規事業所を上手く回そうと考える可能性が高いです。

大量募集をかける企業には何か裏があると考えた方が得策です。

(4)やたらと社員インタビュー記事を転職サイトに載せている

社員インタビュー記事を転職サイトに大きく目立つように掲載している企業も注意が必要です。

飲み会に社員が楽しそうにしている「アットホームな会社です」という記事にも注意するようにして下さい。

理由としてはまともな会社で、良い労働条件であればそこまでアピールをしなくても人が集まり社員を採用出来るためです。

社員インタビュー記事を載せて社内の様子を過剰に良く見せたり、飲み会の楽しそうな写真をアップしている会社はブラック企業の可能性が高いです。

(5)いつも求人を見かける企業

いつも転職サイトで求人を見かける企業には十分に注意するようにして下さい。

ハローワークでも同様です。

同じ内容で何度も求人をかける会社はブラック企業の可能性が高いです。

理由としては、ホワイト企業はそもそも人が辞めないので滅多に求人を見かけることはありませんし、同じ内容の求人を何度もかけることはないためです。

何度も同じポジションの人が辞めていくから求人をかけているのです。

求人にはお金だけでなく労力が非常にかかる行為なので、そのような無駄な労力を何度も使っている企業はブラック企業の可能性が高いです。

(6)学歴不問、未経験者歓迎、社会人経験未経験者も正社員デビュー

学歴不問、未経験者歓迎、職歴なし(社会人未経験者)歓迎の求人には注意するようにして下さい。

理由としては誰でも良いから採用するといっているような企業でまともな仕事をさせてもらえると期待することは難しいためです。

実際に会社に入社することを想像してみて下さい。

仮に自分自身が大卒であっても、同僚には中卒であったり前科を持っているような社員がいるかもしれません。

入った後に明らかにまともな社員が少ない、またはいないことが容易に想像できる会社には入社しない方が良いです。

(7)賞与についての記載が一切ない、または「業績賞与」などと誤魔化されている

賞与について求人票に○○ヶ月昨年支給実績ありと書かれていない場合には特に注意するようにして下さい。

理由としては賞与支給金額は現在は、求人票に具体的な金額を掲載することが出来ない代わりに自信のある企業は昨年基本給の○○ヶ月支給実績ありと記載するようにしているためです。

賞与の支給実績が具体的でないと、本当に賞与を支給されるかどうかが分からないため生活不安を抱えてしまいます。

賞与は普段の給与の後払いであるため、ないと生活が苦しくなります。

賞与の有無で年収が100万円近く変わってくることもあります。

賞与の支給実績を正確に○○ヶ月という風に記載していない企業の求人が賞与のない正社員にされてしまう可能性が高く、ブラック企業の可能性が高いです。

第二新卒でホワイト企業に転職するには?必要なこと2つ

第二新卒でホワイト企業に転職するには、必要なことが2つあります。

自分自身にとってどんな企業がホワイト企業なのかを決めておくことと、多くの転職サイトと転職エージェントに登録することで企業を見る目を養うことです。

(1)自分にとってのホワイト企業の定義を決めておくこと

自分自身にとってホワイト企業の定義を決めるようにして下さい。

理由としては、仮に残業が一切なくても給与が安く、賞与もないような会社で正社員をしてもそれで自分自身が納得できるでしょうか?

残業が仮に多くても残業代が全額支給されて毎月給料が50万円ほどある方が良いという社員もいる一方で、給料は安くても休日や残業が一切ない方が良いという社員もいます。

自分自身にとってのホワイト企業の定義を決めるようにしてから転職活動を行うようにして下さい。

(2)多くの求人サイト・転職エージェントに登録する事で自分に合うホワイト企業を探す

なるべく多くの求人サイトと転職エージェントに登録する事で、自分に合うホワイト企業を探すようにして下さい。

理由としては、企業はどの求人サイトを使うか、転職エージェントを使うかは固定していない可能性が高いためです。

求人サイトには特に顕著ですが、値引きの時期があります。

求人サイトは掲載企業からの広告掲載料金で運営しているため、求人枠が余ると格安で求人掲載が出来るという触れ込みで企業に求人掲載を呼びかけることがあります。

一番安い求人サイトを使って求人を行う企業もいるので、複数の求人サイトに登録しておかないと求人情報を漏らしてしまいます。

また、転職エージェントも複数社登録しておいた方が良いです。

理由としては転職エージェントは特定の会社と担当者が付き合いで選んでいるため、どの転職エージェントに自分とマッチした求人があるか分からないためです。

複数社に登録しておかないと自分に合ったホワイト企業の求人にマッチする可能性は低くなります。

この段落ではホワイト企業を探すために重要なことについてご紹介させて頂きました。

次の段落ではいよいよ、どのようにすればホワイト企業を探すことが出来るのかについてご紹介させて頂きます。

ホワイト企業に強いおすすめエージェント

ホワイト企業に強いおすすめエージェントとしては、DODAとマイナビジョブ20sが登録するのにおススメです。

理由としては、求人案件数が大手の老舗が母体となっている転職エージェントのため大手企業とのつながりを持っています。

求人数の多さがマッチングにも大きな影響を及ぼすため、この2社は非常に強いです。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

既卒の就活は厳しい。内定獲得のために必ずおさえる3つのポイント

納得…

第二新卒が大手に転職は無理?企業が求める人材は素直な人

目次第二新卒が大手に転職は「無理」ではなく「厳しい」理由しかし第二新卒でも大手に転職できる可能性はある人事が語る!企業が求める人材は素直な人大手に就職したい人は転職エージェントを利用しよう 第二新卒が ...

第二新卒は基本研修はない|不安なら転職エージェントの無料講座を

目次第二新卒で転職したら基本研修はない|企業側の意向とは社会人歴浅いし研修ないと不安...そんな人はの評判を確認せよ基礎的なビジネスマナーはエージェントが無料で実施 第二新卒で転職したら基本研修はない ...

第二新卒の求人ってブラックしかない気が…ホワイトを見つける5つの…

目次「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い第二新卒の求人がブラックが多い理由第二新卒の求人でホワイトを見つける4つのコツ 「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い 第二新卒の求人にブラックし ...

第二新卒の転職で失敗しないために!企業側が採用したい人材を知る

大学卒業とともに新社会人としての生活をスタートさせたものの、「思っていたも…