第二新卒で大手に転職は無理?大手企業に求められる人材の特徴3つ

やっぱり大手企業に入りたい!でも学歴もないし前の会社も大手じゃないし 第二新卒で大手企業になんて入れるわけない…

と諦めている人も多いと思います。

第二新卒で大手企業に転職するのは就職するのは厳しいですが無理ではありません

ですが厳しい現状は変わらないので第二新卒に求められるものや準備すべきものは知っておく必要があります。

大手企業に求められる人材の特徴3つ

  1. 高学歴
  2. 前の職場での実績がある人
  3. 自分がなりたい将来の理想像がある

3つの特徴を挙げましたが、中には当てはまらない人もいると思います。

このように大手企業に転職をするには長い時間と細かな準備をする必要があります。

今の時期から準備を始めることでほかのライバルに差をつけることができ、転職への成功に近づきます。

エージェントを利用すれば履歴書の添削や面接の練習、企業との面接のスケジュール管理などを細かく行ってくれます。

さらにエージェントしか持っていない非公開の案件をもっているので特別な紹介も受けられるんです。

転職サイトに登録し自ら求人を探し、エージェントからのサポートも受けることで万全の用意ができます。

今から準備を始めて、転職サイトと転職エージェントを利用し大手企業への切符を勝ち取りましょう

マイナビジョブ20's(転職エージェント)
  • 全1,500件以上の求人が
    24歳~29歳限定
  • 第二新卒に嬉しい!
    職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • 対応エリア:一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方限定
詳細
リクナビNEXT(転職サイト)
  • 業界最大級!
    転職決定数No.1の転職サイト
  • 転職者の約8割が使用!
詳細
doda(転職エージェント)
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 職種・年齢・経験を問わずさまざまな方が利用可能
詳細

第二新卒が大手に転職は「無理」ではなく「厳しい」理由

第二新卒が大手企業に転職するのは無理ではなくかなり厳しいと言えます。

転職希望者自身の問題ではなく、大手企業の制度による問題が大きいと言えます。

理由としては、大きく3つの理由が存在します。

(1)大企業は新卒採用人数が十分足りており、第二新卒採用の必要性が少ない

大企業は採用予定人数を十二分に新卒採用で補えているといることから、第二新卒採用を考えていない企業もあります。

新卒時の就職活動を思い出して頂ければ理解できると思いますが、人気企業や大企業には学生が殺到しています。

そのためこのような

・新卒で一定数の数を採用→人が辞める→来年度の採用でやめた分の人数を多く採用

というメカニズムになっています。大手企業は応募してくる学生が多いため辞めた人がいても次の年の新卒で補えてしまいます。

ですが、新卒採用に苦しみ、なかなか新卒採用の採用予定人数を達成できない企業は、その分第二新卒で若手を補充しようと考えている企業が多い傾向にあります。

ただし、大手企業の中でも中途採用の半分が第二新卒である企業もあり、一部の企業では第二新卒の需要は高まっているといえるでしょう。

実際に博報堂が16年度に中途採用した90人のうち、およそ半分が社会人経験5年目までの第二新卒でした。

またヤフーでも大学を卒業した30歳以下の人に限定した第二新卒の採用をビジネスコース・デザイナーコース・エンジニアコースの3つで行っています。

Yahoo採用情報

第二新卒を企業が積極的に採用し始めた理由は、中途採用の中でも若手層の人材を確保するために新卒に近い第二新卒に目を向けたからです

転職エージェントであるUZUZの川畑翔太朗専務曰く「高卒人材は離職率が高いので、より優秀で定着しやすい大卒人材が欲しいのが企業の本音です。

とはいえ中途人材は年収が高いため、若い第二新卒に人気が高まっている」と分析しています。

第二新卒が熱い 日経スタイル

(2)高学歴は転職活動においてプラスになる

大企業に第二新卒での転職を考えた場合には学歴がある程度必要になってきます。

理由としては大企業大企業は募集する学生や第二新卒も多く全員をじっくりと面接選考している時間がないから、学歴というフィルターに頼る人事部が多いのです。

大企業の場合には卒業大学は総合職での内定を目指す場合には関東の場合には最低でも明青山立法中、

関西の場合は関関同立以上の偏差値の大学は卒業して置くとプラスのフィルターがかかる可能性が高いです。

もしも学歴が高い場合には積極的に大企業への転職を目指しても問題はありませんが、学歴がない場合には、大企業に転職するのは厳しいですができる可能性もあります。

(3)ライバルのレベルが高すぎる

大企業を受ける第二新卒は総じて学歴要件も高く、職歴要件も高いです。

また、第二新卒のライバルは新卒の人もライバルであると考えてよいでしょう。

第二新卒であってもよほどポテンシャルを感じない限りは大企業は学歴で判断しますし、

職歴の内容もこれからの伸びしろを考えるとどうしても学歴が高い方を採用します。

学歴要件に加えて少しでも業界の経験がある人材がいればそちらに内定が出ますので、ライバルのレベルが高いと言えます。

ライバルのレベルが高く職歴要件が高いということです。

しかし第二新卒でも大手に転職できる可能性はある

第二新卒でも大手企業に転職できる可能性はあります。

大手企業に転職できる可能性のある手段についてご紹介させて頂きます。

(1)大手企業でも採用されやすい部署はある

理由としては大手企業であっても部署によっては人手不足の問題を抱えているためです。

慢性的に人手不足に陥っている部署では、第二新卒者が採用される可能性が高いです。

新卒の場合は総合職として入社しているためどこの部署に配属するかを決めずに採用していますが、第二新卒は中途採用者なので配属部署を決め打ちして採用を行います。

例えば営業職は会社の中心の部署でありながら新卒の採用を行い教育している企業もあります。その場合、教育の時間分の売り上げが落ちてしまいます。

そのためビジネスマナーを知っている第二新卒であれば教育の時間がかからずにすぐに現場に出て仕事をすることができます。

前の会社での実績や学歴がなくても入れる部署であれば大手企業でも内定を獲得できる可能性があるでしょう。

(2)大手企業の子会社は採用基準が甘い傾向にある

大手企業の子会社なども採用基準が甘くライバルが少ない可能性があります。

大手企業の子会社は従業員数は中小企業に比べて数千人単位と多いのですが、元々は別会社を吸収合併してできた企業も多いため、大手企業に準じた待遇を入社後に手に入れることが可能な上に、採用基準が甘いです。

大手企業と同じ福利厚生やネームバリューもありつつ子会社のため、採用基準が比較的甘い大手企業の子会社は狙い目です。

大手企業に求められる第二新卒人材の特徴3つ

大手企業が第二新卒の若者に対して求めている特徴は、高学歴・前の会社での実績・自分の理想像があることの3つです。

理由としては第二新卒に戦力としての期待は職務経験が短いため期待は出来ないからです。

しかし大手企業に転職するためには最低限のビジネスマナー+αの能力が求められます。

さらにポテンシャルや入社後に成長しそうだと企業側に伝えられることも大切です。

大手企業が第二新卒に求めている3つの特徴を紹介します。

(1)高学歴

高学歴であることが大手企業に求められる理由としては勉強と同様に仕事も真面目に行ってくれると考えているからです。

難関大学に入るためには努力の積み重ねが欠かせません。

そのため学校の勉強においてコツコツ頑張り結果を出せたということは仕事においても結果が出せる人材だと企業側は考えます。

ただし、高学歴であることは様々なことを頑張ってきた証であるので企業も求めていますが学歴に頼りすぎるのは危険です。

学歴に頼りすぎずに自分の長所や短所をもう一回見つめ直し転職活動に臨みましょう。

(2)前の会社での実績がある

第二新卒はポテンシャル採用であると考えられていますが大手企業に転職するためには前の会社での実績があると有利に転職活動が進められます

自分の中でまとめておくべきこと

  • 実績を出すためにどのよう工夫や努力をしたか<
  • その実績を出すまでもの失敗をどのように生かすことができたのか

履歴書や面接時に自己PRとして伝えられるように準備しておくことが大切です。

(3)将来の自分がなりたい理想像がある

第二新卒で転職活動をしているということは前の会社3年以内に辞めているということもあり、企業側からは採用してもまた辞めそうだなと思われてしまいます。

5年後、10年後にどんな働き方をしていたいのかなどの明確な自分のなりたい理想像を持っているかどうかによって、成長スピードは異なります

ですが、理想像があるだけではなくしっかりと「目標を実現する場として転職先を選ぶ理由」を論理的に説明できることが求められています。

自分と合う企業を見つけるためにも自己分析と企業分析の2つを徹底的に行うことが大切です。

さらにその分析した結果をきちんと話せないと勿体ない結果になってしまいます。

大手企業への転職に一歩近づくために自己分析や履歴書の添削、面接の練習の全てをプロの転職エージェントと一緒に行いましょう。

マイナビジョブ20's(転職エージェント)
  • 全1,500件以上の求人が
    24歳~29歳限定
  • 第二新卒に嬉しい!
    職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • 対応エリア:一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方限定
詳細
リクナビNEXT(転職サイト)
  • 業界最大級!
    転職決定数No.1の転職サイト
  • 転職者の約8割が使用!
詳細
doda(転職エージェント)
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 職種・年齢・経験を問わずさまざまな方が利用可能
詳細

大手企業に合わない人の特徴

大手企業で働きたいと思ってる人でも、実際は大手企業が合わない場合もあります。

今から大手企業に合わない人の特徴をあげるので当てはまる人は大手企業に転職活動をする際は慎重に考えましょう。

大手企業が合わない人の特徴

  1. 自分で裁量権を持って働きたい人
  2. 堅いマナーが苦手で自由に仕事がしたい人
  3. マニュアル業務やルーティンワークが苦手な人
  4. 画一的であることや個性を発揮できないことが苦しい人

大手企業だからと言って安定とは限らない

時代の変化が激しい今は「大企業だから安定している」という認識は崩壊しけています。

そのため大手企業に転職したいと考えてる方はなぜ大手企業でなければならないのかの答えをしっかりと出しておきましょう。

企業の安定が雇用の安定につながっているとは限りません。

確かに大手企業は急に倒産に追い込まれるような業績不振にはなりませんが赤字が長く続くと雇用が不安定になってしまいます。

最近は大手企業でも多くの人数をリストラしているのが現状です。

大手電子機器メーカーのソニーは17年間連続でリストラを続けています。

ソニーがなぜリストラを続けるのか 東洋新聞

さらに事務機大手のリコーも日米で1万人という大幅なリストラを行っています。

リコー1万人の人員削減 東洋新聞

2つのタイプによって違う転職活動のパターン

第二新卒で大手企業に転職する場合、2つのパターンがあります。

  • 大手企業から大手企業に転職
  • 中小企業やベンチャー企業から大手企業に転職

の1つずつについて説明していきます。

(1)大手企業から大手企業に転職する場合

大手企業から大手企業に転職する場合は新卒時に大手企業に就職できたということだけで人事担当者に魅力的に映ることもあります。

また、別の大手企業で学んだノウハウを生かしてもらいたいと思うこともあるため優位に転職活動を進めることが出来ます。

ですが大手企業に就職できたのに辞めたという事実は変わりません。

ですのでしっかりと人事採用者を納得することが出来る理由や履歴書の準備を行いましょう。

有利に働く点

  • ポテンシャルが証明されている
  • 今まで行った仕事の規模が大きいケースが多い

(2)中小企業やベンチャー企業から大企業に転職する場合

中小企業やベンチャー企業から大手企業に転職する場合は有利になる事はなくても不利になることはありません。

中小企業では新卒1年目から裁量権をもって仕事ができていたという経験は面接や履歴書で前の会社で武器として使うことが出来ます。

気を付けるポイント

  • 中小企業だから仕事のスキルが身につかないことはない→限られた枠の中での経験スキルは身につくと思われる
  • 中小企業では何も学べなかった→自分自身に学ぶ意識がないと思われる

今まで第二新卒でも大手企業に入れるとお話してきましたが、やはり大手企業の転職活動を1人で行うのは難しいです。

そのため転職エージェントは履歴書の添削や面接の練習などを丁寧に行ってくれるので利用しましょう。

第二新卒のベストな転職時期

新卒とは違って第二新卒の入社時期は人それぞれです。

ですが一般的に採用は春と秋に多く、4月か10月がよくみられます。

4月であれば新卒者と一緒に研修を受けることができるため、充実したサポートを受けることができます。

さらにこの時期に転職する第二新卒も多いため同期がいて、人間関係が作りやすいです。

10月であれば一般的な中途などの転職者は、この10月に入社することが多いです。

なぜなら8~9月は求人広告が増える時期なので、狙って転職活動を行う方が多いからです。

そのため多くのことを経験してきた人生の先輩と一緒に働き、多くのことを学べるチャンスなんです。

今の時期は10月入社に向けて準備を始める期間。

大手企業に転職したいのであれば多くの時間をかけて念入りな準備が必要になります。

そのため今の時期に転職エージェントに登録し、大手企業も納得できる志望動機や面接での対応を準備しておきましょう

大手に就職したい人は転職エージェントを利用しよう

大手企業に転職したいと考えている人ほど、転職活動の手段として、転職エージェントを活用する必要性があります。

今回は大手企業の紹介案件が多くエージェントも有名な会社を選んでいます。

さらにリクナビNEXTは転職サイトであるので登録のみで済むため使い勝手がいいサイトいなっています。

大手企業に転職するには転職サイトで自ら求人を探し、転職エージェントのサポートも受ける万全の準備を行って大手企業への切符を勝ち取りましょう。

マイナビジョブ20's(転職エージェント)
  • 全1,500件以上の求人が
    24歳~29歳限定
  • 第二新卒に嬉しい!
    職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • 対応エリア:一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方限定
詳細
リクナビNEXT(転職サイト)
  • 業界最大級!
    転職決定数No.1の転職サイト
  • 転職者の約8割が使用!
詳細
doda(転職エージェント)
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 職種・年齢・経験を問わずさまざまな方が利用可能
詳細

(1)転職エージェントは非公開の大手企業の求人を抱えている

転職サイトやハローワークのようなたくさんの転職希望者の目に触れるような求人媒体を大手企業は好みません。

理由としては新卒の採用で時間を多く使うため第二新卒やその他の応募が多すぎると面接に時間を取られて他の業務が滞るからです。

大手企業が転職エージェントを使うとエージェント側がある程度のマッチングを行ってくれるため効率的に優秀な人材と面接を行うことができます。

また、第二新卒を求めていることは多くの人間に知られたくないために、非公開求人として大企業は転職エージェントに求人依頼を行います。

このことから転職エージェントには大手企業の求人が多く集まっているということがわかります。

(2)大手企業の求人案件を抱えている転職エージェントを活用する

大手企業の求人案件を抱えている転職エージェントに登録し活用する事で、大手企業への転職を実現に一歩近づきます。

特に求人会社としてのスケール感のあるDODAは国内最大級の10万件以上の案件を抱えています。

企業別に面接対策も行ってくれるなど細やかにトータルでサポートしてくれます。

doda

  • 求人数100,000
  • 添削
  • サポート
  • 内定率%
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
  • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

この記事のまとめ

第二新卒で大手企業に転職したい人のため、転職を成功する人のポイントや特徴について紹介しました。

第二新卒が大手企業に求められる人の特徴3つは

  1. 高学歴
  2. 前の職場での実績がある人
  3. 自分がなりたい将来の理想像がある

です。

大手企業への転職活動を始めるなら、プロの転職エージェントの無料サポートを受けながら転職活動をするのが成功への近道です。

あなたの理想の人生をかなえる最初の一歩を踏み出してみましょう。

関連記事

第二新卒とは?6割の企業が積極的採用! 第二新卒の完全マニュアル

第二新…

第二新卒はいつまで?定義と転職に成功するためのポイント5つ

そろそ…

第二新卒がおすすめの転職時期で就活すべき理由と成功への4つの方法

新卒…

第二新卒の就活は厳しい? 3ヶ月以内に転職が成功するコツと狙う時期

第二…

第二新卒の求人ってブラックしかない気が…ホワイトを見つける5つの…

第二…