第二新卒の退職理由は未来志向で|面接でのNG例と考え方3ステップ

第二新卒

来週面接だけど、退職理由何ていったらいい?
上司のパワハラがひどくて雰囲気が最悪だったとか言えないよな~

面接の準備で難しいのが「退職理由」

第二新卒の転職では、諦めやすい性格か、社会人基礎力はあるのかなど 厳しい目でチェックされます。

ですので、退職理由は未来志向で考え、きちんと準備すべきなんです。

この記事では、面接を控える方に退職理由の考え方や、面接でのNG例をご紹介します。

退職理由の考え方3ステップ

  • ネガティブな理由は「ポジティブ」に変換
  • 自分の「なりたい像」を再認識
  • なりたい像と受ける企業の「共通点」を探す
マイナビjob20's
  • 全1,500件以上の求人が
    20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!
    職種・業種未経験OK求人が50%以上
詳細を見る
リクルートエージェント
  • 業界最大級!
    求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」
    もしくは「電話」で実施
詳細を見る
パソナキャリア
  • 取引実績企業16,000社以上
  • IT・インターネット・メーカー・
    医療・営業が得意!
詳細を見る

第二新卒の退職理由は未来志向で

「職場に不満があったから」ではまず受からない

上司の性格は最悪だし、関係ないミスのぬれぎぬを着させられた」 「こんな会社にいても時間も無駄!貴重な20代がもったいない!

退職理由は正直に言いたいですが、人事の方は何か不満や事情があり転職しようとしていることは気付いています。 人事の方もプロなので見抜いているんです。

なのでどんなに前の会社が嫌だろうと、経営陣が好きになれなくも、そんなことは伝えなくてよいのです。

第三者から見ると、他責思考が強い・言い訳をする人と思われてしまいます。 不満は、心にそっと留めておき、今後の働き方に活かしましょう。

人事はあなたのどんな所に期待していると思いますか。 それは大きく2つです。

人事が期待するポイント

  1. うちの会社で活躍してくれるか
  2. 会社に貢献してくれるか

例え、何かしらの不満が原因であったとしても、退職理由として挙げるのはやめましょう。

本音とタテマエを使い分けるんです。

退職理由に必須なのは未来志向

本音とタテマエを使い分けると説明しましたが、どちらでも必要なのは「未来志向」の観点。

要するにネガティブかポジティブかということです。 これから一緒に働いていく仲間が、クヨクヨ過去に縛られていたら嫌ですよね?

それよりも前向きに今後の未来をどう切り開いていくか考えることのできる人材を求めています。

「未来志向」で退職理由を語りましょう。

退職理由の考え方3ステップ

では具体的に退職理由を一緒に考えていきましょう。 考え方はとてもシンプルなので簡単に取り入れられますよ。

(ステップ1)ネガティブな理由をポジティブに変換

よくある退職理由は以下のとおりです。

  • 上司や経営陣が尊敬できない
  • 給与や労働時間が適切でなかった
  • 同僚/先輩/後輩との人間関係が悪い
  • 業務内容が合わなかった
  • 内定前に話してたことと違った
  • 会社の経営状況が悪化した

これらを1つひとつ、ポジティブに変換していきましょう。

退職理由をネガティブ→ポジティブに変換すると?

退職理由の一例を以下の表にまとめました。

No
1 社風が合わない
2 給与・労働時間
3 人間関係
4 業務内容
5 経営状況の悪化
  • 前者の社風は「トップダウン」だった

私は現場の意見や一社員の意見を取り入れる御社のような風遠しのよい企業で、常に確変する社風のほうが性格と合っている

  • 給与や労働時間が適切でなかった

自己投資の時間や費用を充分に確保できなかった

  • 同僚/先輩/後輩との人間関係が悪い

コミュニケーションの回数の多い社風を希望 個人で働くスタイルだったため、チーム一丸となって働きたい

  • 業務内容が合わなかった・内定前に話してたことと違った

人員確保が難しく、従来とは異なるポジションに異動になった 会社の都合で、希望していた部署に配置できなかった

  • 会社の経営状況の悪化・リストラ

率直に伝えましょう  逆境の中働いたいた経験が、評価される可能性もあります。

このように、もし退職理由がネガティブな場合は必ずポジティブに変換し、受ける企業への希望と一緒に伝えましょう。

(ステップ2)自分のなりたい像を再認識

不満をポジティブに変更したところで、次に自分のなりたい像の再確認を行いましょう。 第二新卒はキャリアを築く上で、とても重要な時期です。

今志望している会社や業界は本当によいのか、今一度確認するつもりで取り組むと良いですよ。

10年どうなっていたいか。で考えます。

10年後が想像できないという方は5年後でもかまいません。 重要なのは長期視点で転職を考えているかどうかです。

では、具体的にはどのような視点でかんがえればよいのでしょうか。 押さえておきたいポイントは以下です。

押さえておきたい4つのポイント

  1. 身に付けておきたいスキル
  2. 理想の人格像
  3. 勤務時間
  4. 雇用形態

これら4つを考え、今の職場では実現不可能な箇所を説明すればよいのです。

例えば、営業職で早くクライアント1社を任せてもらい、交渉力・課題解決力を身に付けたいとします。

その場合、入社2年目になっても大量のテレアポと上司への同行だけでは、希望するスキルは身に付きませんよね。
そのため裁量のある会社へ転職したいとなるわけです。

長期視点で自分のなりたい像を考え、今の会社では実現不可能なことを伝えましょう。

    

(ステップ3)なりたい像と受ける企業の共通点を探す

先程、自分のなりたい像を再確認しました。 それでは実際に希望する企業の業務内容や経営方針の共通点を探しましょう。

この際、非常に役立つのは以下の3つです。

共通を探すときに役立つもの

  1. 企業のコーポレートサイト
  2. 募集中の求人情報
  3. 転職会議等の口コミサイト

事前の情報収集は非常に大事で、いかに企業のことを知り理解し、自分の未来と掛け合わせることができるかが重要です。

実際に面接で喜ばれるのは、経営方針・理念・事業内容・社会貢献意義など、その会社の軸となる部分を把握しておくことです。

そうすることで、企業側の判断軸や問題に直面した際の解決法がなんとなくイメージできます。

また、質問の筋もよく、人事側から「この子はうちの会社のことをよく理解している・学習意欲が高い」と思われるため、採用に繋がりやすいのです。

企業の業務内容や経営方針と自分のなりたい像の共通点を探し、御社でないとだめなことをアピールしましょう。

この時ナンバー1ではなくオンリーワン1で「この会社しかないんだ」と訴えてくださいね。

未経験の業界に転職する際は...?

第二新卒の方の中には、新卒で選んだ業界とは別の業界に進む方も多いと思います。

その場合、企業より「なぜ今の業界ではダメなのか」「なぜ別の業界を選んだか」聞かれる可能性があります。

業界を選んだ理由を明確に説明できるよう整理しておきましょう。

退職理由を考えたが、自信がない人は「第二新卒専門」のエージェントを利用すべき

どうしても、退職理由に不安がある、少し複雑な退職理由という方は、転職エージェントを使用するべきです。

転職エージェントはプロなので、小さな不安にも細やかな対応をしてくれます。

また、転職エージェントは退職理由はもちろん、履歴書の添削や面接対策までおこなってくれます。

しかも無料で登録できるので、お金は一切かかりません。

では早速、第二新卒の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

第二新卒におすすめの転職エージェントとは

数ある転職エージェントの中でも第二新卒へのサポートが手厚い会社・そうでない会社があります。

手厚くない会社に登録しても、適切なサポートは受けられず、むしろ方向性が異なり採用から遠のくかもしれません。

それではおすすめの転職エージェントを紹介します。

リクナビエージェント

転職サポート業界でNo1といっても過言ではないリクナビエージェントは、第二新卒向けのサポートも充実しています。

サポートの内容はこのような感じです。

  • リクルートキャリアが運営する「就職Shop」というサービスで無料面談
  • 面談後は求人紹介や少人数セミナーで面接対策を受けられる
  • 対策が終わったら書類選考なしで面接開始

就職Shopは訪問取材した求人を対面で紹介してくれるのが特徴です。

まずは面談だけでも受けられることをオススメしますよ。

この記事のまとめ

いかがでしたか。 この記事では第二新卒の退職理由についてご説明しました。

退職理由の考え方3ステップ

  • ネガティブな理由は「ポジティブ」に変換
  • 自分の「なりたい像」を再認識
  • なりたい像と受ける企業の「共通点」を探す

退職理由は未来志向で考え、ネガティブな理由はポジティブに変換しましょうね。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

既卒の就活は厳しい。内定獲得のために必ずおさえる3つのポイント

納得…

第二新卒が大手に転職は無理?企業が求める人材は素直な人

目次第二新卒が大手に転職は「無理」ではなく「厳しい」理由しかし第二新卒でも大手に転職できる可能性はある人事が語る!企業が求める人材は素直な人大手に就職したい人は転職エージェントを利用しよう 第二新卒が ...

第二新卒は基本研修はない|不安なら転職エージェントの無料講座を

目次第二新卒で転職したら基本研修はない|企業側の意向とは社会人歴浅いし研修ないと不安...そんな人はの評判を確認せよ基礎的なビジネスマナーはエージェントが無料で実施 第二新卒で転職したら基本研修はない ...

第二新卒でホワイト企業に転職したい!ブラック求人を見極めるポイ…

目次前職がブラックだった…第二新卒でホワイト企業への転職は可能ブラック求人を見極めるポイントと完全にアウトな特徴第二新卒でホワイト企業に転職するには?必要なこと2つホワイト企業に強いおすすめエージェン ...

第二新卒の求人ってブラックしかない気が…ホワイトを見つける5つの…

目次「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い第二新卒の求人がブラックが多い理由第二新卒の求人でホワイトを見つける4つのコツ 「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い 第二新卒の求人にブラックし ...