第二新卒の転職時期はいつがベスト?応募する企業や求人の見つけ方

第二新卒 転職時期

第二新卒として転職したいと考えている人は少なくありません。 また近年企業側も第二新卒を積極的に採用する動きが出てきています。

なぜなら、経団連によって「採用選考に関する指針」が発表された2015年12月以降、新卒の学生が取り合いになったため、採用側はそれまで敬遠していた第二新卒にまで門戸を開いたからです。

もし第二新卒として新しい環境を探すなら、転職時期はいつ頃がベストなのでしょうか。

この他にも第二新卒として転職活動するときに必要な、応募先の企業や求人の上手な見つけ方をまとめてご紹介します。

この記事のまとめ

第二新卒の転職時期は以下のポイントがあげられます。

ベストな転職時期は1~3月

  • 4〜6月はおすすめしない
  • 第二新卒は自分に合った会社に入りやすい最後のチャンス
  • 転職で大切なポイントを踏まえて活動すること

対象者が限定され、期間の短い第二新卒の時期なら、転職活動を有利に進めることができます。 もし、人生を大きく変えたいと思うなら、タイミングを見極めて集中した転職活動をおこなってください。

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

第二新卒として転職する時期はいつがもっともいい?

実は、第二新卒が転職する時期には、向いている時期と向いていない時期があるんです。

第二新卒が転職をするタイミングは何年目が最適?

1年目が終わる前に転職をするのは、できるだけ避けましょう。 せっかく時間と労力を掛けて入社した企業をすぐ数カ月で辞めてしまう応募者には、転職先の採用担当者も良い印象をもたないばかりか、忍耐力のない人材と思われてしまうからです。

たとえ入社した企業がブラックであっても、1年は働き続けて転職をする方が、過酷な環境をくぐり抜けた人として採用側にPRできます。

一般的に「就職したら3年は働く」といった考え方がまだ根強くあるものの、3年も待っていると、年齢や時代の流れのチャンスを失うリスクの方が高くなります。 早めに転職したいと考えるなら、第二新卒として応募が可能な入社1年目から2年目を狙っていきましょう。

ベストは1月~3月

第二新卒が転職活動を開始するのにベストなタイミングは1月から3月です。

主な理由は以下のとおりです。

どうして1月~3月がいいの?

  • 企業の決算期の業務が落ち着く3月に求人が増加しやすい
  • 4月入社の新しい人材を探している企業が増えること
  • 一般の新卒社員と一緒に、新人研修や採用時の事務処理などが行える

1月~3月の場合、新卒社員と一緒にまとめて教育や処理がおこなえるため、企業として業務のスリム化になるというメリットも背景にあります。

おすすめしないのは4月~6月

第二新卒の転職活動でおすすめできないのは4月から6月です。

主な理由は以下のとおりです。

どうして4月~6月はおすすめしないの?

  • 翌年度の採用プロセスの新卒採用者の面接や新人研修が続いていて忙しいため
  • 新しい部署やチームが発足し、採用に時間を割けないため

この時期は、翌年度の採用プロセスのなかでもっとも多忙な、新卒採用者の面接や新人研修が続いているため、第二新卒の採用は減ってしまいます。

とくに大企業や新卒求人をメインに考えている会社は、この時期中途採用が後回しにされるため、第二新卒の転職は難しいといえます。

こうした理由から、9月入社のタイミングと重なる10月から12月も、転職活動はあまりおすすめしません。

第二新卒が転職活動する前に知っておきたいこと

では、実際に第二新卒者が転職活動をするにあたって、知っておいたほうがいいポイントをご紹介します。

第二新卒で転職する前に、自分がなぜ転職したいのか考える

そもそもなぜ自分が転職を希望するのか、その理由をまとめましょう。

仕事が合わなかったから」 「人間関係で失敗したから

こうしたネガティブな理由では、第二新卒として採用担当者にアピールはできません。

第二新卒とはいっても、一度就職した会社を短期間でドロップアウトしたことに違いはありません。まずはそのことを肝に銘じておきましょう。

採用担当者の目には「どんな理由があったにせよ、3年以内辞めた人材」と映ってしまうのはしかたがないことです。

そのうえで、「やってみたい新しい分野にチャレンジするため」という明確な転職理由をもって応募する必要があります。

「前職を退職してでも、御社の環境で自分の夢や目標を実現したい」

そう思わせるくらいの転職理由をしっかりとまとめておきましょう。

人生を変える最後のチャンスとしての第二新卒

未経験の職種や業界に転職を考えるなら、できるだけ若く早いうちにチャレンジしなければなりません

一般的に、就職したら何があっても3年は働きなさいと言われることがありますが、3年も待っていれば夢へのモチベーションも下がってしまいますし、第二新卒という切り札を使うことができなくなります。

第二新卒の最大の魅力は、新卒と同じようにその人の持つポテンシャルを判断して選考してもらえるです。その点が経験や実績が物を言う中途採用選考と大きく異なります。

新卒後3年以内なら、まだ前職でキャリアを積む前の段階です。

  • 未経験でも飛び込みたい
  • 自分のやりたいことにチャレンジしたい

そうした意欲を強くアピールできる最後のチャンスなのです。

第二新卒の市場価値と採用状況

最近、採用側から第二新卒への注目が高まっているのには、次のような理由が考えられます。

  • 2017年度入社の新卒採用から、それまでより選考過程が遅くなり、新卒者の争奪戦が激化していること
  • 新卒者の採用が難しかったり、内定辞退が続いたりして採用予定人数に不足した場合、第二新卒で補充する流れが強まっていること
  • 少子化による若者の減少や景気が上向きであることから、採用数が増加して売り手市場になっていること

今後も、大きな政治や経済情勢の変化がなければ、しばらく売り手市場の状況が続くと考えられます。

失業保険の受給条件について

転職活動では、次の就職先が決まるまでお金の問題も発生します。

とくに転職先が決まらないまま退社をした場合、失業保険がもらえるかどうかは生活に関わります。

失業保険は就業期間が原則1年以上でなければ、手当が支給されない制度です。

したがって、転職活動のために1年目で辞めてしまうと失業保険の受給資格を失ってしまいます。

それなりの備えがあるなら問題ありませんが、転職活動中の生活費が気になる人は1年を目安に働きながら活動をすることを考えてみましょう。

また、新卒1年目の夏のボーナスは満額出なくても、冬まで待てばボーナスがもらえます。

12月のボーナスをもらってから、第二新卒の転職のベストタイミングを迎える3月に向けて活動を開始してもけっして遅くはありません。

転職活動で成功するためのポイント

転職活動で成功するには、前半に紹介した「転職理由を明確にする」以外にも、次のようなポイントがあります。

応募書類や面接でアピールできる方法を学ぶこと たくさんの応募者に負けないよう、自分をアピールするためには、履歴書や職務経歴書の書き方や、面接でのアピール方法をしっかり研究しておくことが大切です。

応募する企業や業界の研究をすること

第二新卒では「なぜ前職から応募先の会社に就職したいのか」という志望理由が非常に重要です。

「業界のなかでもこの会社で働きたい」という具体的な理由をしっかりアピールするために、業界研究や企業研究は徹底しておこなってください。

第二新卒で転職を考えはじめたらエージェントに相談しよう

転職しようかなと思ったら、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法です。

転職エージェントの活用法

第二新卒の転職活動は、新卒2年目と3年目にタイミングが集中するため、短期決戦の要素も強くなります。

もし、転職活動で不安を感じて、もっと自分をアピールする方法を身につけたいと考えるなら、まずは気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

利用の流れ

転職エージェントは登録するだけでも問題ありません。 今すぐ転職を考えていない人でも、将来を見越して登録して、おいてときどき募集案件を見たり、転職エージェントから情報をもらったりするだけで、もし将来、転職を決意したときの流れがスムーズにです。

自分の職歴や学歴、希望する職種を登録しておけば、定期的に転職エージェントから電話がかかってきて新しい募集案件を紹介してくれます。

また、転職エージェントが開催する転職関連のセミナーにも参加できます。

こうしたサービスはすべて無料で受けられるので、本格的に転職を考えている人にはとても心強い味方となるでしょう。

転職時に相談できるエージェント

第二新卒の転職時に相談をしたいなら、マイナビjob20'sなど新卒3年以内の転職に実績のある転職エージェントがおすすめです。

\はじめての転職は「プロ」に頼もう/

この記事のまとめ

この記事では、第二新卒で転職を考えたらぜひ押さえておきたい次のポイントをご紹介しました。

  • 第二新卒の転職に向いているタイミング
  • 第二新卒の市場価値
  • 第二新卒で転職活動をするときの方法や注意点

3年以内という短い期間で転職を決めなければならない第二新卒の就職活動は、人生をリスタートできる大きなチャンスです。

ぜひここでご紹介したポイントを頭に置きながら、自分の将来を豊かにする転職活動へとつなげていってください。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

既卒の就活は厳しい。内定獲得のために必ずおさえる3つのポイント

納得…

第二新卒が大手に転職は無理?企業が求める人材は素直な人

目次第二新卒が大手に転職は「無理」ではなく「厳しい」理由しかし第二新卒でも大手に転職できる可能性はある人事が語る!企業が求める人材は素直な人大手に就職したい人は転職エージェントを利用しよう 第二新卒が ...

第二新卒は基本研修はない|不安なら転職エージェントの無料講座を

目次第二新卒で転職したら基本研修はない|企業側の意向とは社会人歴浅いし研修ないと不安...そんな人はの評判を確認せよ基礎的なビジネスマナーはエージェントが無料で実施 第二新卒で転職したら基本研修はない ...

第二新卒でホワイト企業に転職したい!ブラック求人を見極めるポイ…

目次前職がブラックだった…第二新卒でホワイト企業への転職は可能ブラック求人を見極めるポイントと完全にアウトな特徴第二新卒でホワイト企業に転職するには?必要なこと2つホワイト企業に強いおすすめエージェン ...

第二新卒の求人ってブラックしかない気が…ホワイトを見つける5つの…

目次「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い第二新卒の求人がブラックが多い理由第二新卒の求人でホワイトを見つける4つのコツ 「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い 第二新卒の求人にブラックし ...