第二新卒がおすすめの転職時期で就活すべき理由と成功への4つの方法

新卒で入社したけど、第二新卒で転職してキャリアをやり直したい…

売り手市場だから転職しやすいと聞いたけど、やっぱり時期も大切?

経団連が「採用選考に関する指針」を発表した2015年12月以降、企業は新卒だけでなく、第二新卒にも幅を広げて採用活動を始めました。

もしあなたが新卒入社3年以内に転職したい場合は、4月入社か10月入社を狙った就活をおすすめします。

この記事では、第二新卒がおすすめの転職時期で就活すべき理由成功させる4つの方法についてご紹介します。

第二新卒が転職時期で成功する4つの方法

  1. 自己分析を徹底的に行い、将来のビジョンを明確にする
  2. 応募する企業や業界の研究をする
  3. 転職先は過去の経験から基準を定め、ブレないようにする
  4. 応募書類や面接でアピールできる方法を学ぶ

転職を成功させる4つの方法は、転職エージェントであれば全サポートをしてくれます。

経歴やスキルが乏しく就活の進め方に悩んでいる人に、第二新卒に特化した転職エージェントをご紹介します。

\第二新卒で転職したい方向け/

 
転職サイト
年代と特長
登録
リクナビNEXT
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる適性診断
  • 待つだけで企業から届くスカウト機能
詳細
マイナビジョブ20'spasona
  • 24~29歳対象
    (一都三県/愛知/岐阜/三重/大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀)
  • 年間数千万人が受検する適性診断
  • 強みを引き出す書類添削/面接対策
詳細

第二新卒を企業が採用活動をする背景とは

第二新卒で就活を行いたいけど、現在どのような就職状況なのだろう…

現在の日本は企業の人材不足により「売り手市場」といわれていますが、第二新卒の就活も有利なのでしょうか?

まずは第二新卒の現状に触れながら、就職市場における第二新卒の需要について考えていきましょう。

就職状況における第二新卒の実態について

厚生労働省が平成30年に発表した【最新】平成27年3月卒業した新規学卒就職者の離職状況によると、3年以内の離職率は31.8%となっています。

また、新規学卒者の就職率と就職後3年以内の離職率では以下の通りです。

平成30年の就職率では98%と過去20年間の中で最も高く、企業が積極的に採用活動を行っていることがわかります。

この要因として、企業の人手不足という雇用問題が売り手市場という就職状況を巻き起こしているのです。

そのため、企業が第二新卒にも採用の幅を広げようとするのは必然的でしょう。

では、企業が第二新卒への採用を注目する背景として、どのようなことが挙げられるのかを見ていきましょう。

企業が第二新卒の採用を促進する背景とは

最近、採用側から第二新卒への注目が高まっているのには、次のような理由が考えられます。

  • 2017年度入社の新卒採用から、それまでより選考過程が遅くなり、新卒者の争奪戦が激化していること
  • 新卒者の採用が難しかったり、内定辞退が続いたりして採用予定人数に不足した場合、第二新卒で補充する流れが強まっていること
  • 少子化による若者の減少や景気が上向きであることから、採用数が増加して売り手市場になっていること

今後も、大きな政治や経済情勢の変化がなければ、しばらく売り手市場の状況が続くと考えられます。

第二新卒もである転職市場も同様に有利と言えるため、就活をおこなうのなら今からが初めどきでしょう。

また、第二新卒の詳しい就活状況については、別記事の第二新卒の内定成功率をご参照ください。

第二新卒の転職時期ではどのタイミングの就活がおすすめか

第二新卒の転職時期は4月入社と10月入社を狙うと内定を掴みやすくなりおすすめです。

また、転職活動は内定をもらって入社するまでに平均で3カ月かかると言われ、入社に向けた逆算を徹底する必要があります

では、なぜ4月入社と10月入社を狙った転職活動がおすすめなのかご説明します。

4月入社と10月入社がおすすめの理由

第二新卒が転職時期を考えるときに、4月か10月入社を目指して就活をおこなうようにしましょう。

この2つの時期は、どの企業も採用活動が活発化するためこのようなスケジュールが理想です。

第二新卒 転職時期

では、なぜ企業が採用を活発化させるのかを順を追って見ていきましょう。

4月入社に向けた1月から3月の転職活動

1月~3月の転職活動を行う理由は以下の3点です。

1~3月が最適な理由3つ

  • 企業の決算期の業務が落ち着く3月に求人が増加しやすい
  • 4月入社の新しい人材を探している企業が増えること
  • 一般の新卒社員と一緒に、新人研修や採用時の事務処理などが行える

1月~3月の場合、新卒社員と一緒にまとめて教育や処理がおこなえるため、企業側としては業務のスリム化になるというメリットも背景にあります。

転職活動中の生活費が気になる人は1年を目安に働きながら活動をすることを考えてみましょう。

10月入社に向けた7~9月の転職活動

転職活動を始めようと思って検索した時期がもう4月半ば…1~3月を逃してしまった…

この記事を読んでいる方にはこんな方がいるかもしれません。

でも大丈夫です。1~3月を逃しても、気を取り直して7~9月に転職活動を行って、10月入社を狙いましょう。

7~9月の転職活動を行う理由は以下の2点です。

7月~9月が最適な理由2つ

  • 社内で新規事業や新体制が始まるので、周囲に馴染みやすい
  • 半期末である9月に退職者が増えるので、企業が人数補充のために採用活動を活発化させる

企業の事情によって、転職活動のしやすさが左右されますので、しっかり把握して効率的な転職活動を行いましょう。

企業の情報収集は常に意識する必要があります。働きながら転職の頃合いを図りたい人はリクナビNEXTがおすすめです。

【働きながらの転職活動におすすめ】
第二新卒 求人件数 転職支援 適性診断
×

応募条件

  • 対象者:就労経験のある20代からOK
  • 対象地域:全国(面談は×)

転職に向けて準備していく期間は4~6月・10~12月

第二新卒がおすすめの転職時期で就活を行うことで、スムーズに転職を行う可能性が高くなります。

一方で、第二新卒の転職時期で4~6月と10~12月はおすすめできません。

主な理由は以下のとおりです。

時期 理由
4~6月
  • 翌年度の採用プロセスの新卒採用者の面接や新人研修が続いて人事が忙しい
  • 新しい部署やチームが発足したばかりで、企業側が採用に力をいれていない
10~12月
  • 社内の年末調整で忙しく、業務の引継ぎが難しい
  • 企業からボーナス支給される対象外になる

4~6月は、翌年度の採用プロセスのなかでもっとも多忙な、新卒採用者の面接や新人研修が続いているため、第二新卒の採用は減ってしまいます。

10~12月に関しても、社内の年末調整で忙しい都合上、求人数も減少傾向になってしまう傾向にあります。

仮に転職しようとしても現職での業務の引継ぎが難しく、おすすめしません。

とくに大企業や新卒求人をメインにしている会社は、この時期は第二新卒などの中途採用が後回しにするため、第二新卒の転職は難しいのです。

それなら、この時期に転職を考え始めた人はむやみに行動しないほうがいいのでしょうか?

そんなことはありません。この時期は就活を行うための準備期間として活用していきましょう。

就活の準備期間は「エージェント」に相談するとよい

就活の準備期間のお話をされましたが、どのように動けばよいのでしょうか?

就活の準備期間では「情報収集」と「自己分析」の2つを行いましょう。

そして、転職活動では第二新卒のため、社会人経験を通じた自己アピールを面接の際に求められます。

もし、経歴やスキルの乏しさに悩みを抱えている場合、転職支援にプロである「エージェント」に相談してみましょう。

悩みを相談することで、自分が「何につまずいたのか」「どんな環境を求めているか」などを整理してくれます。

面接力の強化は1人では困難です。マイナビジョブ20’Sでは、強みを引き出す面接対策が定評のためおすすめです。

【転職の悩みを徹底的なサポートで解決】
第二新卒 求人件数 転職支援 適性診断
応募条件

  • 年齢:24-29歳の方
  • 対象地域:一都三県/愛知/岐阜/三重/大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀

第二新卒が転職活動で成功するための4つのポイント

転職活動で成功するには、次のような4つのポイントがあります。

第二新卒が転職時期で成功する4つの方法

  1. 自己分析を徹底的に行い、将来のビジョンを明確にする
  2. 応募する企業や業界の研究をする
  3. 転職先は過去の経験から基準を定め、ブレないようにする
  4. 応募書類や面接でアピールできる方法を学ぶ

転職活動に際して、やるべきことが山積みに見えるかもしれません。

ただ、自分だけで悩みや不安を抱える必要はなく、無料で転職を支援してくれるサービスを利用して効率的に転職を成功させましょう。

自己分析を徹底的に行い、将来のビジョンを明確にする

そもそもなぜ自分が転職を希望するのか、その理由をできるだけポジティブに説明できるようにしましょう。

  • 仕事が合わなかったから
  • 人間関係で失敗したから
  • 休日出勤や残業が多くて辛いから

こうしたネガティブな理由では、第二新卒として採用担当者にアピールはできません。

第二新卒の市場価値が高まっているとはいっても、一度就職した会社を短期間でドロップアウトしたことに違いはありません。

まずはそのことを肝に銘じておきましょう。

採用担当者の目には「どんな理由があったにせよ、3年以内に辞めた人材」と映ってしまうのはしかたがないことです。

そのうえで、「やってみたい新しい分野にチャレンジするため」などのようなポジティブな転職理由をもって応募する必要があります。

「現職を退職してでも、御社の環境で自分の夢や目標を実現したい」と思わせるくらいの理由をしっかりとまとめておきましょう。

応募する企業や業界の研究をする

第二新卒では「なぜ現職から応募先の会社に就職したいのか」という志望理由が非常に重要です。

「業界のなかでもこの会社で働きたい」という具体的な理由をしっかりアピールするために、業界研究や企業研究は徹底しておこなってください。

また、社会人の経験を通してどのようなスキルを活かしていけるのかも考えましょう

第二新卒といっても一度は社会人として仕事をしていた実績があります。

そのため、現職で働いてきた経験を振り返り、今後その業界の会社でどのような活躍をしていきたいか整理していきましょう。

転職先は過去の経験から基準を定め、ブレないようにする

転職になかなか踏み切れず、4年目を迎えてしまった…特に凄いスキルもないし、現職のままがいいのかな…

そもそも、転職をしようと思ったのは、在職している企業に不満・不安・ミスマッチがあったからのはずです。

現職のどこが合わないのか考え、今後どのような会社でキャリアを積んでいきたいか整理しましょう。

そして、ミスマッチを繰り返さないためにも、自分に本当にあった企業はどういった基準で選べば間違いないのかをきっちり決めておきましょう。

  • 会社の規模
  • 働きやすさ
  • 活躍の可能性

この3つを基準に自分がどのような会社であれば、キャリアアップが見込めるのかを考えて転職先の基準を定めていきましょう。

応募書類や面接でアピールできる方法を学ぶ

たくさんの応募者に負けないよう、自分をアピールしましょう。

履歴書や職務経歴書の書き方や、面接でのアピール方法をしっかり研究しておくことが大切です。

また、未経験の職種や業界に転職を考えるなら、できるだけ若く早いうちにチャレンジしなければなりません。

  • 未経験でも飛び込みたい
  • 自分のやりたいことにチャレンジしたい

こうした意欲を企業に強くアピールできる最後のチャンスなのです。

一般的に、就職したら何があっても3年は働きなさいと言われることがありますが、3年も待っていれば夢へのモチベーションも下がってしまいますし、第二新卒という切り札を使うことができなくなります。

第二新卒の最大の魅力は、新卒と同じようにその人の持つポテンシャルを判断して選考してもらえるです。

その点は経験や実績が物を言う中途採用選考と大きく異なります。

新卒後3年以内はまだキャリアを積む前の段階のため、転職を新たなキャリアアップにつなげましょう。

第二新卒で転職を考えはじめたらエージェントに相談しよう

転職しようかなと思ったら、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法です。

第二新卒の転職に適したエージェント

新卒3年以内の転職支援に高い実績がある「転職エージェント」を活用しましょう。

第二新卒は社会人経験がまだ浅い状態で初めて転職活動を行うため、20代の転職への専門性が高く、しっかりと自分のキャリアを見直せるエージェントが不可欠です。

このように第二新卒の転職に適している転職エージェントはマイナビジョブ20'sです。

転職エージェント 20代に特化 対象地域 適性診断
マイナビジョブ20’s 首都圏
関西圏
東海圏
あり

第二新卒の転職で相談したい場合、マイナビジョブ20'sのような新卒3年以内の転職に実績のある転職エージェントがおすすめです。

マイナビジョブ20's

社会人歴3年以内の20代を対象にし、転職にかかわる悩みをカウンセリングでよく理解してくれているため、希望に合った転職先を見つけることができます。

また、マイナビジョブ20'sに登録すると、マイナビならではのノウハウで書類添削や面接対策などを行ってくれることがのも特長です。

また転職エージェントが一人につき一人が対応するため、安心して転職活動に専念できます。

マイナビジョブ20's

  • 求人数1500
  • 添削
  • サポート
  • 応募年齢は24~29歳!若年層に特化
  • アドバイザーは全員「転職経験あり
  • 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方の対象

この記事のまとめ

この記事では、第二新卒で転職を考えたらぜひ押さえておきたい成功する4つの方法をご紹介しました。

  1. 自己分析を徹底的に行い、将来のビジョンを明確にする
  2. 応募する企業や業界の研究をする
  3. 転職先は過去の経験から基準を定め、ブレないようにする
  4. 応募書類や面接でアピールできる方法を学ぶ

3年以内という短い期間で転職を決めなければならない第二新卒の就職活動は、人生を再スタートできる大きなチャンスです。

ただ、焦って転職を決めるのは、あなたのキャリアにおいて非常にマイナスの選択になりますので、転職のプロとともに、理想の転職先を冷静に決定していきましょう。

関連記事

第二新卒の退職理由は未来志向で|面接でのNG例と考え方3ステップ

来週面接だけど、退職理由何ていったらいい? 上司のパワハラがひどくて雰囲気が最悪だった…

【職務経歴書】第二新卒・20代若手転職者向け|書き方のポイント

第二新卒・20代若手社員が転職活動をするときに、悩むことの1つが職務経歴書の書き方です。 半年〜数年で…

第二新卒はいつまで?定義と転職未経験でも成功するポイント5つ

そろそろ転職したいけど、第二新卒っていつまでだろう? 第二新卒で転職に成功してる人の特…

第二新卒の就活は厳しい? 3ヶ月以内に転職が成功するコツと狙う時期

第二新卒での就活を考え始めたけど、やり方が分からない… 第二新卒って、どれだけ企業から内…

第二新卒の転職で失敗しないために!企業側が採用したい人材を知る

大学卒業とともに新社会人としての生活をスタートさせたものの、「思っていたものと違う...」と悩んでいる…

"仕事辞めたい…"上司に相談するとこうなる!悩み別管理職の回答5例

仕事を辞めたい、辞められないの堂々巡り。 誰にも相談できないから、1人で抱え込んでしまって苦しい…