入社3年目の転職活動|理由・タイミング・女性の場合は?全疑問まとめ

3年目 転職

転職活動を始めたいけど、タイミングはいつが良いんだろう。3年経ったほうが有利?

この転職で人生決まりそう。絶対に成功したいけど初めてだから不安…。

転職することはほぼ決心しているものの、タイミング・年収・キャリア・女性の場合の転職方法など気になることはたくさんですよね。

はじめての転職でわからないことが多いのは当然です。一人で悩む必要はありませんよ。

この記事では、3年目の転職にまつわる「よくある疑問」について丁寧に解説していきます。

→女性の場合、3年目の転職ってどうしたらいい?

今すぐできる!3年目の転職の成功方法とは…?

NO. 成功方法 簡易度
1 気になる会社を片っ端から探して、公式HPから応募する ★☆☆☆☆
2 転職セミナーに行き、直接応募する ★★★☆☆
3 20代特化の「転職エージェント」に登録してプロにサポートしてもらう ★★★★★

3年目転職の成功方法で一番のおススメは、20代に特化した転職エージェントに登録してプロにサポートしてもらうことです。

転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つで「今後のキャリアに悩んでいる」「希望に合う求人を紹介してほしい」などの悩みを、専任のアドバイザーが丁寧にヒアリングし、企業の紹介まで手厚くサポートしてくれます。

サポート自体は無料で土日も相談OKなので、利用しないと本当に勿体ないんです。

「20代に特化」したエージェントとは…?

マイナビジョブ20's

  • 求人数1500
  • 添削
  • サポート
  • 内定率%
  • 24~29歳に特化!若年層の専門家
  • アドバイザーは全員「転職経験あり
  • 東京・関西・東海地方の転職に強い

リクルートエージェントやマイナビエージェントのサポートは、基本的に能力や経験値が高い方に向けたものなので、3年目で転職される方には合わないことが多いです。

マイナビジョブ20'sは、大手転職エージェントでありながら20代に特化した唯一のサービスです。

マイナビ経験者によると、求職者数<求人数のため、求人の選択肢がかなり多いとのこと。

3年目で転職を考える方は、サービスを利用してはいかがでしょうか。

社会人3年目での転職理由は?赤裸々な例を紹介

友達の話を聞いてると、1・2年目は「ノルマがきついからもっと楽な仕事がいい」「思ってた仕事と違う」って理由が多いけど、3年目は「ステップアップしたい」「長い将来考えて違う業界/職種に挑戦したい」という前向きな理由が多い気がする…

3年目となると、業務に慣れると同時に自分の適性や業界・会社の将来性など様々なことを認識できるようになります。

その時に「現在の仕事が合っていない」「このままでは将来が不安」と感じた場合、今動かないと転職が難しくなると認識する時期でもあります。

社会人3年目で転職する人は、どういった理由で転職を考えるのでしょうか?転職した人の体験談などから、自分の転職について考えてみましょう。

(1)業務内容が合わない・不満がある

よくある例

  • 就職時にはルート営業と言われていたが、実際就職したら新規営業で毎日のアポが辛すぎる
  • 業務内容に裁量がなく、ルーティング業務のためスキルが身に付いている実感がない
  • 会社都合で対応することが多く、クライアントや顧客視点が足りない

入社したばかりの時期は、社会人として会社に慣れることや仕事の基礎的なことを覚えることで時間が過ぎていきます。 最初はどういった会社に入っても大きな違いはない、と言ってもいいでしょう。

ですが3年目はこれまでの業務に慣れ、仕事の内容や上司の仕事ぶりなども見えてくるので、自分にはその仕事が合っているかどうかを認識できる時期です。

(2)人間関係が悪い

よくある例

  • お局社員が細かいことにグチグチ言ってくる
  • ランチや飲み会で誰かの噂話をする
  • 上司が部下の手柄を横取りする

1.2年目は新入社員ですしまだ耐えられたものの、3年目はいよいよ限界に達してきます。

人間関係の悪い職場にいることが、時間の無駄に思えてくる人も多いでしょう。

(3)給与が低い・労働に対して見合っていない

よくある例

  • 残業は毎日2時間は当たり前。休日出勤も月2回程度あるのに、手当が支払われない
  • 任されている仕事は激務で4桁扱う大型案件なのに、ボーナスは2ヶ月分もない
  • 人が足りなくて朝から晩まで働いてるけど、部署で一番給与が低い

入社当初は他社の状況が見えないため、社会人なんてこんなものかな~と変に納得する傾向にあります。

ですが、友人や先輩後輩に話を聞くと「2年目で年収500万」なんて人もいて、自分の給料や労働条件に疑問を抱きはじめます。

3年目という転職しやすい年齢に気付けたことはとても良いことですよ。

(4)ワークライフバランス

よくある例

  • 塾講師で仕事はとても充実しているが、土日休みなし、平日は12時~生徒が帰宅した後24時頃まで働くので激務
  • 任されている仕事は激務で4桁扱う大型案件なのに、ボーナスは2ヶ月分もない
  • 人が足りなくて朝から晩まで働いてるから、プライベートはほとんどない

仕事は大変だけどやり甲斐は大きい、だけど大変な分自分の時間がないという声が多いのが特徴です。

短期的に見るとまだ続けられますが、5年・10年と考えたときに「このままでいいのか」と立ち止まる方が多いようです。

(5)会社の将来性

よくある例

 
  • 希望した会社に就職したが、業界の市場自体の伸び率が低い
  • 会社の利益率が低く、ポジションが空きづらいので昇格しづらい

例外もありますが、これらが多い理由です。総じて言えるのは、就職してみないと実情がわかりにくということです。

社会人3年目転職|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

結論からお伝えすると、3年目転職の賢い就活法は以下の3つです。

  1. 転職のタイミングは1~3月を狙え
  2. 3年経過したら経験・スキルを重視されるためポテンシャル重視の第二新卒枠が良い
  3. 今後のキャリアを考えて大きく挑戦すると◎

なぜこう言い切れるのか気になりますよね…!

それでは、その理由をお伝えします。

(1)転職のタイミングは1~3月を狙え

職歴が2年と少しだと「短い」印象、丸3年経つと職歴は何も言われないけど「経験スキルを重視される」印象を受けました。

1~3月をおススメする理由は、企業と転職者どちらにも都合が良いためです。

孫氏の名言でこんな言葉があります。
「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

これは孫氏が兵法で言ったとされる有名な言葉で「敵と味方の実情を熟知しておかば、負ける心配はない」という意味です。

就活において例えると

  • 敵=企業の採用時期
  • 味方=今いる会社&自分

ということです。 ではまず、企業の採用時期について把握しましょう。

企業の採用時期

一般的に、企業には入社のタイミングが年2回あります。 ですので、これらの入社タイミングに合わせて、内定を狙うと良いでしょう。

入社のタイミング

  1. 春入社(3~5月)
  2. 秋入社(9~11月)

企業はいつまでに何人採るかという採用計画を立てていることが多いです。

ですので、これらの入社タイミングに合わせて、内定を狙うと良いでしょう。

転職者の退社時期

企業の採用時期はわかりましたが、転職者の退社のタイミングはいつが良いのでしょうか。

3年目前半に転職すると、企業は2年と少しで辞めたのか、、、と期間を気にして、応募者のことを「根気がない、諦め癖がある」と判断しがちです。

ですが、3年目の後半だと「あ、だいたい3年ね」と変に納得する傾向があるんです。 なので、おススメは春入社(3~5月)に合わせて就職すること。

つまり、1~3月に内定を獲得すると一番ベストです。

入社時期 1社目歴 企業の温度感
春入社(3~5月) 約2年10ヶ月 約3年
秋入社(9~11月) 約2年6ヵ月 2年と少し

この時期に内定を獲得できれば、今勤めている会社で冬のボーナスを貰って退職ができます。

また、今の企業も1~3月に退社だと、4月に入社する新卒であなたのポジションをカバーできる可能性が高いです。 ですので、企業側の退職の受け入れも比較的スムーズに行われるでしょう。

3年目から転職サイトやエージェントに登録し、求人にアンテナを張っておきましょう。

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

(2)ポテンシャル重視の第二新卒枠が良い

良かれと思って、3年我慢していざ転職。ですが「うちであなたは何ができるの?」「~~~のスキルは持ってる?」「Excelの関数、VLOOKUPまでできる?」とか散々スキル面を聞かれました…。

この中にもしかしたら「石の上にも三年という言葉もあるし、丸3年続けたほうがいいのかな」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

ですが、丸3年には決してこだわらなくていいです。

というのも、丸3年経過するとライバルが20代後半~30代前半の高スペックな人材になるからです。

3年経過した4年目だと即戦力扱いされてしまい「スキル」ばかり求めらるんですよね。 では具体的に、3年経過していない第二新卒と、丸3年経過した中途採用の違いを比較してみましょう。

採用目的 ポテンシャル スキル
第二新卒 若年層の確保
中途採用 欠員の穴埋め
新規事業立ち上げ

3年以内だと、第二新卒枠での就職が可能で、企業側から、即戦力のスキルや経験よりも、ビジネススタンス・人柄を求められます。

なので、丸3年経過すると採用の難易度がグっとあがるんですよね。

(3)今後のキャリアを考えて大きく挑戦すると◎

新卒の就活時から「〇〇業界に行きたい!」と憧れて飛び込んだけど、現実は業界の将来性が見えなかった…

これまで営業だったけど、専門性の高いシステムエンジニアに興味がある

このように、転職を機に業界や職種を変えたい!と思う方がいるでしょう。 ズバリ、挑戦しましょう。

その理由は、未経験での採用には年齢の限界があるからです。

一般的に30歳が目安で、年齢が高ければ高いほど、採用のハードルはあがります。

社会人3年目に転職したい女性の悩み&諸事情

3年目の女性だと対したキャリアもないし、転職に不利とかあるのかな?

今後結婚や出産を考えています。家庭と両立できる会社に転職したいです。

女性の場合、結婚や出産などのライフイベントが、どうしても仕事に影響してしまいますよね。

今後の将来を見据えて、転職を考える方も多いでしょう。

ここからは、3年目の女性の転職事情と、就活のコツをお教えします。

社会人3年目の女性の転職理由

25~26歳という年齢は、キャリアを築くうえで重要な時期の一つです。

入社して右も左もわからない中コツコツ続け、社会人マナーも習得し、さらに仕事のやりがいや責任を伴う時期です。

1社目でここからさらに飛躍したいところですが、今の会社を続けていく中で「本当にこの企業でよいのか」と将来を再考する時期でもありますよね。

転職したいと思う理由は以下の例があります。

入社3年目の女性が転職を考える理由

  • 営業職で、毎日毎月売上を気にしなければならないので精神的にしんどい。この先続けるのは無理かも
  • 総合職だと裁量ややり甲斐は大きくても、このまま働けば管理職コース。別に出世したいわけではないから事務職でもっとゆっくり働きたい。
  • 同じ部署の女性の先輩が月々と辞めていく。憧れるロールモデルもいなし、この会社で続ける時間が勿体なさそう
  •  
  • 結婚や出産を考えているので、定時退社で家事や育児と両立できる仕事内容がいい

女性の中でも事情がさまざまなことがわかりますよね。

では、これらの事情をふまえて女性におすすめの転職エージェントをご紹介します。

女性におすすめの転職エージェント3選

女性の転職エージェントの選び方で大事なのは以下の3つです。

女性の転職エージェントの選び方

  1. 結婚・出産・育児等ライフスタイルの変化に理解がある
  2. 働く女性を支援する企業の求人が多い
  3. アドバイザーに女性が多い

ではこれらの条件を満たした転職エージェント3つを紹介します。

(1)営業職の転職に強い!マイナビエージェント

マイナビエージェント(女性用)

  • 求人数
  • 添削
  • サポート
  • 内定率%
  • 求人票だけではわからない情報を網羅しているのでミスマッチが少ない
  • 業界/職種別に専任性のチームを編成しているため、アドバイスが具体的
  • 女性特有の悩みに丁寧に対応

マイナビエージェントはワークライフバランスの実現とキャリアの両立を支援するエージェントです。

そのため、求人票以外の人事担当者や現場責任者の声を把握したうえで、適切な企業を紹介してくれます。

(2)パソナキャリア

パソナキャリア(女性用)

  • 求人数約25,000
  • 添削
  • サポート
  • 内定率%
  • 女性の転職に精通したアドバイザーと一緒に理想の働き方を探す!
  • 利用満足度96%
  • WEBサイトや求人誌には掲載されることのない、非公開求人あり

パソナキャリアはパソナグループという国内・海外約50社で人材ビジネスを展開する大手会社です。業界売上高でいうと、日本で3位の実績です。

そのため、各業界のコネクションが強く求人の種類が豊富なんです。

またパソナグループは「仕事=人を活かすこと」と考えています。ですので転職先が見つかれば終わりではなく、転職したその後の人生や活躍に焦点をあて、サポートしてくれますよ。

社会人3年目の転職で成功するために重要なこと

3年目の転職活動で重要なこと、やっておきたいことはどのようなことでしょうか?

3年目の転職活動で重要なこと

  • 企業研究を綿密に行う
  • 自分の長所を明確にする
  • 行動力を大切にする

難しく考える方も多いですが、実は3つだけ考えればいいんです。

では1つずつ説明していきます。

企業研究を綿密に行う

転職先の研究はしっかり行うことが重要です。

どういった仕事をしているのかを具体的に調べるとともに、自分のキャリアが役立つかといった点は、転職を成功させるためにも確認しておくようにしましょう。

残業があるのか、有給休暇は取りやすいか、新人でも意見が通りやすい雰囲気かなど、働きやすさについても情報を入手することが必要です。

また安定した企業に転職するためにも、有価証券報告書などをチェックして近年の業績について調べておくこともおすすめします。

自分の長所を明確にする

面接の際には自分の長所をアピールすることが必要です。 自慢をするのではなく、仕事に役立つ長所を理解してもらうことが合格につながります。

そのためにも、自分の性格や仕事への姿勢などを振り返ってみましょう。 自分のどういった性格が仕事に役立っているかを、的確に面接官に伝えられることが大事です。

自分の長所を明確にするのは、面接に合格するためだけではなく、自分に適した仕事を見つけるためにも重要です。 周りの人に聞いてみると、自分では気づかなかった長所を認識できるかもしれません。

将来の目標を明確にする

企業では「このように仕事がしたい」「こういった仕事がしたい」というビジョンを持っている人を求めます。

目標を持っている人の方が、会社に合っているかどうかを見極められ、仕事への意欲を感じられるからです。

将来の目標を明確にすることで、自分のやりたいことを実現できる会社を探すことができ、自分に合った転職ができます。

行動力を大切にする

3年目までは第二新卒と呼ばれ、企業は第二新卒を優先して採用する傾向にあります。

新卒のように社会人としてのマナーなどの研修も必要ありませんし、中途でも年齢的に職場に溶け込みやすい第二新卒は、企業にとってもメリットがあるのです。

未経験でも採用してもらえるチャンスも多く、決断する行動力が大切です。

3年目の転職者に求められるスキルとは

3年目の転職者は、社会人としての基礎的なマナーを学んでいることが多く、そのための教育が必要ありません。 仕事を経験しているので、実績もあり、職種などによっては即戦力になれるでしょう。

前職での実績を転職活動で活かすには

前職でどのような仕事をしてきたか具体的にアピールすることが必要です。 どのような仕事を任せられた、どのように成果を挙げてきたかを伝えるとともに、周りからの評価などを踏まえ、アピールしましょう。

そのためにも、自分のやりたい仕事や職種を明確にし、それを活かせる職場を見つけることです。

3年目の転職で注意すべきポイント

企業は3年目ということで、ビジネスマンとしての基本的なルールやマナーを学んでいるもの、と見ています。 それが不十分であれば、自分で勉強するようにしましょう。

経験があるからといって、すぐにやりがいのある仕事ができるとは限りません。 もし未経験の職種に挑戦するのであれば、給与は下がる可能性もあるということを認識しておきましょう。

社会人3年目で転職を思い立ったら転職エージェントに相談

3年目に転職する方は、おそらくはじめての転職の方が多いのではないでしょうか。転職エージェントは知見のあるエージェントがサポートしてくれます。

サポートは完全無料のため、活用しない手はないですよ。

3年目の方の転職エージェント活用法

転職エージェントは企業のことをよく知っています。 職場の雰囲気なども把握していることが多く、その職場がその人に適しているかどうかも、見極めてくれるでしょう。

自分一人では調べきれない企業についての情報を持っているので、企業研究に役立ちます。

今までの経験を活かせる職場を見つけやすく、またキャリアをアピールする方法などについてもアドバイスをしてくれます。

利用の流れ

インターネットなどから申込みができます。 申し込み後に面談があり、転職エージェントの利用方法をはじめ、転職に関するさまざまな希望をヒアリングしてくれます。

ヒアリングをもとに、その人に適した企業を提案してくれるので、希望に合えば応募します。

【補足】社会人3年目と2年目&4年目の違い

3年目で転職したいけど、2年目や4年目との違いって何だろう?

そう思う方も多いと思います。そこで3年目を軸にそれぞれ比較してみました。

2年目
3年目
4年目
ビジネススキル
基礎
中級
転職先の
職種に関するスキル
未経験でもOK
転職先で活きるスキルがあると〇
同じor関連するスキルが必須なことが多い
ライバル
社会人1~3年目の
第二新卒
20代後半

30代前半
競争率

2年目と3年目にそう大差ないのはおわかりでしょうか。その一方で、4年目になると一段要求レベルが上がります

4年目からの採用だと、3年勤めているので専門的なスキルを求められがちで、ライバルは自分よりも年上の人が多いのため、実質不利になります。

社会人2~3年目というのは、4年目以降の社員と比べて、変な固定概念や社風に染まっておらず、柔軟性が高い時期です。

「転職したい」と思うのであれば、3年目の内に転職活動を終えましょう。

この記事のまとめ

  • 転職理由は職場への不満があるからではなくスキルアップが多い
  • 3年経過したら経験・スキルを重視されるため、ポテンシャル重視の3年未満(第二新卒枠)が良い
  • 今後のキャリアを考えて大きく挑戦すると◎

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する4つの理由

今の仕…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...

在職中の転職活動のやり方|毎日残業続きの人がやるべき効率的な方法

目次在職中の転職活動はとても大変転職活動する暇ない!毎日残業続きの人にオススメする効率的な方法知るようで知らない転職活動のちょっとしたコツ 在職中の転職活動はとても大変 在職中の転職活動はとても大変で ...