3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

3年目 転職

あと半年で社会人も丸3年か~
そろそろ転職活動を始めたいけど、時期はいつが良いんだろう。年収上げたいな。

転職することは決心しているものの、企業が必要とする時期や、年収・キャリアなど気になることはたくさんですよね。

この記事では、26歳崖っぷち女性が丸々3年経過して転職した経験を元に、3年目の賢い就活法をお伝えします。

3年目転職の賢い就活法

  • 転職時期は1~3月を狙え
  • 3年経過したら経験・スキルを重視されるためポテンシャル重視の第二新卒枠が良い
  • 今後のキャリアを考えて大きく挑戦すると◎

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

3年目転職|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

結論からお伝えすると、3年目転職の賢い就活法は以下の3つです。

  • 転職時期は1~3月を狙え
  • 3年経過したら経験・スキルを重視されるためポテンシャル重視の第二新卒枠が良い
  • 今後のキャリアを考えて大きく挑戦すると◎

なぜこう言い切れるのか気になりますよね…!

それでは、その理由をお伝えします。

(1)転職時期は1~3月を狙え

1~3月をおススメする理由は、企業と転職者どちらにも都合が良いためです。

孫氏の名言でこんな言葉があります。
「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

これは孫氏が兵法で言ったとされる有名な言葉で「敵と味方の実情を熟知しておかば、負ける心配はない」という意味です。

就活において例えると

  • 敵=企業の採用時期
  • 味方=今いる会社&自分
ということです。 ではまず、企業の採用時期について把握しましょう。

企業の採用時期

一般的に、企業には入社のタイミングが年2回あります。

入社のタイミング

  1. 春入社(3~5月)
  2. 秋入社(9~11月)
ですので、この入社時期の前に内定を勝ち取る必要があるのです。

転職者の退社時期

では、転職者の退社のタイミングはいつが良いのでしょうか。

3年目前半に転職すると、企業は2年と少しで辞めたのか、、、と期間を気にして、応募者のことを「根気がない、諦め癖がある」と判断しがちです。

ですが、3年目の後半だと「あ、だいたい3年ね」と変に納得する傾向があるんです。

なので、おススメは春入社(3~5月)に合わせて就職すること。

つまり、1~3月に内定を獲得すると一番ベストです。

3年目の秋頃から転職サイトやエージェントに登録し、求人にアンテナを張りましょう。

この時期に内定を獲得できれば、今勤めている会社で冬のボーナスを貰って退職ができます。

また、今の企業も1~3月に退社だと、4月に入社する新卒であなたのポジションをカバーできる可能性が高いです。 ですので、企業側の退職の受け入れも比較的スムーズに行われるでしょう。

(2)ポテンシャル重視の第二新卒枠が良い

この中にもしかしたら「石の上にも三年という言葉もあるし、丸3年続けたほうがいいのかな」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

ですが、丸3年には決してこだわらなくていいです。

というのも、丸3年経過するとライバルが20代後半~30代前半の高スペックな人材になるからです。

3年経過していない第二新卒と、丸3年経過した中途採用の違いを比較しました。

採用目的 ポテンシャル スキル
第二新卒 若年層の確保
中途採用 欠員の穴埋め
新規事業立ち上げ

3年以内だと、第二新卒枠での就職が可能で、企業側から、即戦力のスキルや経験よりも、ビジネススタンス・人柄を求められます。

なので、丸3年経過すると採用の難易度がグっとあがるんですよね。

(3)今後のキャリアを考えて大きく挑戦すると◎

新卒の就活時から「〇〇業界に行きたい!」と憧れて飛び込んだけど、現実は業界の将来性が見えなかった…

これまで営業だったけど、専門性の高いシステムエンジニアに興味がある

このように、転職を機に業界や職種を変えたい!と思う方がいるでしょう。 ズバリ、挑戦しましょう。

その理由は、未経験での採用には年齢の限界があるからです。

一般的に30歳が目安で、年齢が高ければ高いほど、採用のハードルはあがります。

社会人3年目で転職する人の状況ってどうなの?

3年目となると、業務に慣れると同時に自分の適性を認識できるようになります。

その時に「現在の仕事が合っていない」「このままでは将来が不安」と感じた場合、今動かないと転職が難しくなると認識する時期でもあります。

社会人3年目で転職する人は、どういった理由で転職を考えるのでしょうか?転職した人の体験談などから、自分の転職について考えてみましょう。

3年目で辞めたくなる人は多い

入社したばかりの時期は、社会人として会社に慣れることや仕事の基礎的なことを覚えることで時間が過ぎていきます。 最初はどういった会社に入っても大きな違いはない、と言ってもいいでしょう。

3年目は、仕事の内容や将来なども見えてくるので、自分にはその仕事が合っているかどうかを認識できる時期です。

自分に合っていないと感じると、転職を考える人が多く、傾向として3年目に多いのです。

また、企業は3年目で部署異動をするケースも多く、それをきっかけに転職を考える人も少なくありません。

なぜ3年は働いた方がいいのか

多くの人が「3年は同じ場所で働いた方がいい」と言います。 理由は、3年程度は同じ会社で仕事をしてみないと、メリットもデメリットも分からないからです。

最初は厳しくてつらい仕事と感じても、数年が過ぎるとやりがいを感じることがあるのです。

会社をすぐに辞めてしまう人は、転職の際には長続きしない人、と思われてしまいます。

忍耐力がない人といった印象も与えてしまい、デメリットとなるのです。 3年間同じ会社で仕事をしていれば、そのような悪い印象を与えずにすむでしょう。

転職した人の体験談

3年目になると、将来のことも実感します。 結婚についても考えることになり、結婚後の生活を考えたときに、現在の会社の給与や賞与を考えると不安になって転職を考えた、という体験談もあります。

男性 女性
結婚費用や子供の養育費 家庭に支障が出ない、長く働ける仕事に就きたい

もちろん、仕事におけるやりがいは重要ですが、給与などの待遇や福利厚生面においても検討することが大事だと感じるのです。

3年目の転職で成功するために重要なこと

3年目の転職活動で重要なこと、やっておきたいことはどのようなことでしょうか?

3年目の転職活動で重要なこと

  • 企業研究を綿密に行う
  • 自分の長所を明確にする
  • 行動力を大切にする

難しく考える方も多いですが、実は3つだけ考えればいいんです。

では1つずつ説明していきます。

企業研究を綿密に行う

転職先の研究はしっかり行うことが重要です。

どういった仕事をしているのかを具体的に調べるとともに、自分のキャリアが役立つかといった点は、転職を成功させるためにも確認しておくようにしましょう。

残業があるのか、有給休暇は取りやすいか、新人でも意見が通りやすい雰囲気かなど、働きやすさについても情報を入手することが必要です。

また安定した企業に転職するためにも、有価証券報告書などをチェックして近年の業績について調べておくこともおすすめします。

自分の長所を明確にする

面接の際には自分の長所をアピールすることが必要です。 自慢をするのではなく、仕事に役立つ長所を理解してもらうことが合格につながります。

そのためにも、自分の性格や仕事への姿勢などを振り返ってみましょう。 自分のどういった性格が仕事に役立っているかを、的確に面接官に伝えられることが大事です。

自分の長所を明確にするのは、面接に合格するためだけではなく、自分に適した仕事を見つけるためにも重要です。 周りの人に聞いてみると、自分では気づかなかった長所を認識できるかもしれません。

将来の目標を明確にする

企業では「このように仕事がしたい」「こういった仕事がしたい」というビジョンを持っている人を求めます。

目標を持っている人の方が、会社に合っているかどうかを見極められ、仕事への意欲を感じられるからです。

将来の目標を明確にすることで、自分のやりたいことを実現できる会社を探すことができ、自分に合った転職ができます。

行動力を大切にする

3年目までは第二新卒と呼ばれ、企業は第二新卒を優先して採用する傾向にあります。

新卒のように社会人としてのマナーなどの研修も必要ありませんし、中途でも年齢的に職場に溶け込みやすい第二新卒は、企業にとってもメリットがあるのです。

未経験でも採用してもらえるチャンスも多く、決断する行動力が大切です。

3年目の転職者に求められるスキルとは

3年目の転職者は、社会人としての基礎的なマナーを学んでいることが多く、そのための教育が必要ありません。 仕事を経験しているので、実績もあり、職種などによっては即戦力になれるでしょう。

前職での実績を転職活動で活かすには

前職でどのような仕事をしてきたか具体的にアピールすることが必要です。 どのような仕事を任せられた、どのように成果を挙げてきたかを伝えるとともに、周りからの評価などを踏まえ、アピールしましょう。

そのためにも、自分のやりたい仕事や職種を明確にし、それを活かせる職場を見つけることです。

3年目の転職で注意すべきポイント

企業は3年目ということで、ビジネスマンとしての基本的なルールやマナーを学んでいるもの、と見ています。 それが不十分であれば、自分で勉強するようにしましょう。

経験があるからといって、すぐにやりがいのある仕事ができるとは限りません。 もし未経験の職種に挑戦するのであれば、給与は下がる可能性もあるということを認識しておきましょう。

3年目で転職を思い立ったら転職エージェントに相談

3年目に転職する方は、おそらくはじめての転職の方が多いのではないでしょうか。転職エージェントは知見のあるエージェントがサポートしてくれます。

サポートは完全無料のため、活用しない手はないですよ。

3年目の方の転職エージェント活用法

転職エージェントは企業のことをよく知っています。 職場の雰囲気なども把握していることが多く、その職場がその人に適しているかどうかも、見極めてくれるでしょう。

自分一人では調べきれない企業についての情報を持っているので、企業研究に役立ちます。

今までの経験を活かせる職場を見つけやすく、またキャリアをアピールする方法などについてもアドバイスをしてくれます。

利用の流れ

インターネットなどから申込みができます。 申し込み後に面談があり、転職エージェントの利用方法をはじめ、転職に関するさまざまな希望をヒアリングしてくれます。

ヒアリングをもとに、その人に適した企業を提案してくれるので、希望に合えば応募します。

3年目の転職のポイント

  • 転職時期は1~3月を狙え
  • 3年経過したら経験・スキルを重視されるためポテンシャル重視の「第二新卒枠」が良い
  • 今後のキャリアを考えて大きく挑戦するとよい

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

社会人2年目の転職は難しい…失敗する人に共通する3つの理由

今の仕…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「就活当時に憧れてた仕事と全然違う…」 「

転職活動を辞めてから行うと?焦るし不安になるし悲惨なことに

目次転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは転職活動を辞めてから行うと?危険&面倒なリスク転職活動は在職中に並行して行うのがおすすめ 転職活動を辞めてから行うと?企業から見た印象とは ...

20代の転職活動の平均は3ヶ月|在職中・離職中の状況別に解説

目次20代の転職活動の平均は3ヶ月在職中・離職中・アルバイトの場合かかる期間は?状況別に解説第二新卒の場合かかる期間は?書類選考~面接~内定までの流れキャリアの浅い20代の転職にはサポートが必要 20 ...

在職中の転職活動のやり方|毎日残業続きの人がやるべき効率的な方法

目次在職中の転職活動はとても大変転職活動する暇ない!毎日残業続きの人にオススメする効率的な方法知るようで知らない転職活動のちょっとしたコツ 在職中の転職活動はとても大変 在職中の転職活動はとても大変で ...