第二新卒はいつまで?定義と転職未経験でも成功するポイント5つ

そろそろ転職したいけど、第二新卒っていつまでだろう?

第二新卒で転職に成功してる人の特徴って何?

第二新卒の定義は企業によって異なりますが、基本的に新卒で入社してから1~3年以内に転職活動を行っている層のことです。

第二新卒の期間で転職活動の準備をしておかなければ失敗する可能性があります。

この時期を逃すと即戦力を求められる中途採用になるため高い能力を求められたり、実績のある人とライバルになり転職活動が厳しくなる可能性が高いです。

この記事では、新卒入社の会社から転職をしようと考えている方へ、第二新卒の定義と転職未経験でも転職活動に成功する人の特徴を紹介します

この記事のまとめ

第二新卒の転職に成功している人はこんな人です。

  • 基本的なビジネスマナーが完璧に備わっている
  • 経験から学んだことや今後の意欲を示せる人
  • 早期離職の不安を払拭できる理由を明確に話せる人
  • 前向きで成長意欲があり転職先になじむ柔軟性がある人

雇用情勢が好転しつつある今、第二新卒にとってもチャンスです。

ですが、初めての転職は新卒の就活と方法が違うため戸惑う人が多いと思います。

理想のキャリアを実現して転職活動の勝ち組に入りたいなら、転職エージェントに登録しプロのアドバイザーを活用しましょう。

doda
  • 適正年収査定や企業の合格診断で
    自分に合う企業を発見
  • キャリアカウンセリングなどのサービスで
    安心して転職活動を!
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!
    求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談でキャリアの相談も可能
詳細
ウズキャリ
  • 第二新卒に特化した転職エージェント
  • 他社の
    10倍の時間をかけた手厚いサポート
詳細

第二新卒はいつまで?入社何年目?

結論からお話すると、第二新卒はいつまでかを示す明確な定義はありません。 一般的な解釈として、年齢や勤続年数基準を確認しましょう。

第二新卒の定義

第二新卒の一般的な解釈は、新卒で就職したものの退職、転職活動を行っている層とされます。 新卒採用されてから1~3年以内であることを満たせば、第二新卒と言います。

経験ではなくポテンシャルを期待されている方のことです。

第二新卒 転職時期

第二新卒とは?

学校の種類に明確なルールはなく、高卒・大卒・専門学校卒など、幅広い層が含まれます。

企業によって第二新卒の定義は異なります

  • 第二新卒として多い年齢は20~29歳
  •  
  • 第二新卒=新卒と社会人の中間

新卒1年未満でも第二新卒に含まれる?

第二新卒のしっかりとした定義がないので就職して1年未満で転職をしても第二新卒に含まれます。

ただし、この場合は、「短期離職」や「早期離職」として、第二新卒とは区別した呼び方をされることがあります。

またスキルが何も身についていないことが多いため、職歴1年以上の第二新卒よりも不利ですが転職は可能です。

新卒1年未満の方は特に転職エージェントを利用しなければ失敗になる可能性が高いんです。そのためエージェントと一緒に転職活動することを強くおすすめします。

新卒1年未満の方は特に転職エージェントを利用したほうがベストでしょう。

  • 衝動的な早期離職は避けた方がよいが転職は可能

第二新卒に当てはまらない人は「中途採用枠」を狙うとよい

第二新卒に当てはまらずに転職活動をあきらめている人もいると思います。ですが、中途採用をしている企業も多くありますので、諦めるのは早いです。

中途採用で求められるものとしては、即戦力になるスキルや能力、さらに自社にはない知識を取り入れることができることです。

そのため、中途採用で転職活動をする際は今働いている会社で多くの経験を積み、スキルや資格を取得して転職を優位に進められるように準備をしましょう。

第二新卒で転職に成功するポイント5つ

市場全体が追い風とはいえ、新卒者と比較すれば厳しい立場になってしまいます。    転職を成功させるためのポイントは5つです。

転職成功のポイント

  1. 基本的なビジネスマナーを完璧に身に付ける
  2. 前職での経験と未経験の職種への挑戦
  3. すぐに転職しないかという担当者の不安を払拭
  4. 納得できる志望動機・職務経歴書を用意
  5. 転職エージェント等の第三者からの支援や意見を取り入れている

(1)基本的なビジネスマナーを完璧に身に付ける

会社訪問や書類の書き方、事務処理能力など、基本的なマナーがなっていないと評価が下がる可能性があります。

第二新卒を採用する以上は、「ビジネスマナーはできて当たり前」というのが採用担当者の心の内です。

ビジネスマナーの基本

  • 会社訪問時の対応
  • 応募書類の書き方
  • 電話対応
  • 書類作成などの事務処理能力
  • パソコンスキル
  • 名刺交換

第二新卒であれば、習得したのは1年以内だと思いますが、社会人としての基礎スキルに不安を感じている人は、おさらいをしておきましょう。

(2)前職での経験と未経験職種への挑戦

経験ある人と未経験の人のポイント

画像のように前職と同じ業界や職種を希望する場合は、実務経験をアピールできスキルアップや年収アップが考えられます。

未経験可能職種を希望する場合はポテンシャルや新しい仕事への意欲、目的意識が重視されます。

そのためゼロからでも未経験業界や職種に飛び込むことのハードルが低く、挑戦しやすいのでおススメです。

(3)すぐに転職しないかという担当者の不安を払拭

どんな理由があっても1社目をすぐに辞めた事実は変わらず、採用担当者としては不安を感じます。

退職理由を聞かれたときには、自分を正当化せずになぜこの短期間で辞めたのかという理由をしっかりと伝えられるようにしておきましょう。

(4)納得できる志望動機・職務経歴書を用意

第二新卒枠の採用でも、履歴書や職務経歴書の書き方は大切です

履歴書の志望動機は、「なぜ、志望する企業でないとダメなのか?」という観点に沿い、自分の言葉でまとめましょう。

さらに転職理由と志望動機の一貫性も重要になっています。

志望動機の内容が薄いと「すぐに辞めそう」「企業分析が足りておらず熱意が足りない」と思われます。

職務経歴書では、前職で経験したことや求人企業で活かせるスキルや経験に焦点をあて、自分を採用することによりどのようなメリットがあるのか?を伝えられる最大の武器です。

しかし初めての転職活動では書き方もわからず、希望する企業によっては書きかたも変える必要があり難しいと思います。

転職エージェントを利用すると細やかな指導が受けられ、高い割合で内定率アップにつながります。

(5)転職エージェント等の第三者からの支援や意見を取り入れている

転職エージェントを利用することで第三者から自分では気づいていない強みや弱みを教えてくれます。

さらに今後のキャリアについて面談を通して一緒に考えてくれるため進むべき道が明確になります。

多くの非公開の求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書や面接においても細やかに対策してくれるため自身をもって転職活動を進めることができます。

第二新卒って本当に需要が高い?

雇用情勢が好転しつつある今、第二新卒にとってもチャンスです。

マイナビジョブ20’s のサイトによると6割強の企業が第二新卒の採用に『積極的』であると回答しています。第二新卒の採用に企業は積極的

第二新卒者は社会人経験を経ていることから、基本的なビジネスマナーを教える必要がなく、企業にとっては魅力的な人材と考えられています。

魅力的な人物である一方で、採用担当者はまたすぐに辞めてしまうかもしれないという不安も抱えています。

今から第二新卒で転職することの企業側から見たマイナスイメージを紹介していきます。

企業側から見た第二新卒のマイナスイメージ

  • また転職する人だと思われる
  • 忍耐力が足りない人だと思われる
  • 辛いことがあるとすぐに逃げ出す自分に甘い人だと思われる

このように企業側から見ると第二新卒は良いイメージもありますが悪いイメージも少なからずあるというのが事実です。

このマイナスなイメージを払拭するためには自己分析を知り自分の弱みを克服しようとすることが大切です。

ですが、自分一人では弱みを見つけることは難しいと思います。

そこで転職のプロである転職エージェントとの面談で自己分析を細かく行って転職活動を進めましょう。

doda
  • 適正年収査定や企業の合格診断で
    自分に合う企業を発見
  • キャリアカウンセリングなどのサービスで
    安心して転職活動を!
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!
    求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談でキャリアの相談も可能
詳細
ウズキャリ
  • 第二新卒に特化した転職エージェント
  • 他社の
    10倍の時間をかけた手厚いサポート
詳細

転職エージェントの活用法5つとおすすめのエージェント3選

第二新卒の転職活動は事前の準備や情報収集で勝敗が分かれやすい傾向にあります。

なぜなら転職理由の準備、業界分析、企業研究を行うことが大切だからです。

企業のことをすべて知っているのが転職エージェントであり、企業ごとの面接対策などを教えてくれるエージェントもあります。

ハローワークや転職サイトよりもマッチングの精度が上がり転職活動が成功につながりやすくメリットしかありません。

第二新卒の転職エージェント活用法は、非常に多くあります。

自分で合う企業を探すだけではなく、転職エージェントが紹介してくれるため、スムーズに転職活動を行うことができます。

転職エージェントの活用法5つ

(1)目標とするキャリアプランの明確化

転職エージェントとの面談を通して、将来のビジョンをはっきりさせます。

今後の目標によってどのような職種・業界に行くべきかというのも変わってきます。

1社目の経験やブランク期間に行ったことを整理するなど、これまでの経歴や考え方の傾向から適職を明確化、転職活動がスムーズに進むように事前準備をプロフェッショナルと一緒に行いましょう

(2)求人の紹介を受ける

転職エージェントのもとには、求人サイトに掲載されない非公開の求人が多く集まります。 エージェントが持っている案件の中から厳選した求人の紹介を受け、検討していく流れです。

環境や待遇に問題があるブラック企業は、紹介される前段階で除外されます。 自分だけで求人の絞り込みをするより質が高い情報が集まり、内定までがスムーズです。

(3)履歴書の添削

採用担当者が1枚の履歴書を判断して落とすまでにかかる時間は平均6秒と言われています。

ですので履歴書は転職活動においてとても重要な役割を持っていますが、志望する企業に合わせて履歴書を書き換えるのはとても難しいといわれています。

転職エージェントは独自のノウハウを持っているため人事担当者がどこを見るかを知っています。

手厚く内定に向けたサポートを利用し内定への第一歩をスタートしましょう。

(4)面接対策

面接では自分の経歴やスキルを具体的に話す必要があります。       ですが自分自身で理解しているものはごくわずかで具体的で、かつ企業に内定されやすい話し方を理解している人は少ないです。

そこで転職エージェントを利用するとまずヒアリングを行い自分でも気づいてないような強みやスキルを見いだすことができます。

次に市場全体を理解したプロのアドバイザーによる面接のアドバイスや、模擬面接を行うことで自信をもって面接に臨めます

(5)企業に対して給与などの条件面の交渉

希望年収や勤務希望地や雇用条件などについては転職エージェントの人が確認・交渉し、自らは聞きにくいことや希望することを転職エージェントを使って聞きだすことができます。

転職エージェントに間に入ってもらうことで成功確度は確実に高まります。

利用のスタイル

転職エージェント 使用の流れ

利用のスタイルは上記の画像のようになります。

第二新卒は今後のキャリアなど、考える時間を多く取ることが必要なため早めに転職エージェントに相談しましょう。

ただしエージェントによって利用のスタイルは異なるので確認してみましょう。

第二新卒の転職時におすすめのエージェント3選

「転職エージェントってどれも同じじゃないの?」「おすすめされてもどれが良いか選べない…」 そこで、これからご紹介する転職エージェントを一覧にしました。

下記の転職エージェントも特徴や取り扱っている企業がさまざまのため ここで紹介する3つ全てのエージェントに登録し、試してみることをおススメします。

(1)ウズキャリ

ウズキャリは20代の転職をサポートに特化した転職エージェントです。

自社独自の基準を持っているため、ブラック企業を徹底的に排除し、就職内定率は86%入社後定着率は95%になっています。

キャリアカウンセリングや面接対策など他社の10倍の時間をかけて転職をサポートしてくれるため初めての方でも安心して使っていただけます。

自社で独自の企業選定基準があるため徹底的にブラック企業を排除しています。

就職して3か月でも転職成功

  • 24歳
  • 接客業(飲食)

自分は新卒として就職したものの、たった3ヶ月で辞めてしまい、そこから第2新卒就職活動を始めるもなかなか内定を獲得することができませんでした。もう就職できないんじゃないかと勝手に思っていた時に見つけたのがUZUZでした。 この会社にいる社員たちは既卒や第2新卒の方々がほとんどで、自分の就職活動のおいての悩みなどとても熱心に話を聞いてくれます。また、気軽に話しやすい環境が整っています。 UZUZでは、UZUZカレッジというところで自分と同じような状況で就職活動している人たちと一緒に就職を目指すので、一緒に勉強したり、企業の情報交換もでき、面接練習もできます。 YouTubeではYouTubeライブ配信で直接カウンセラーの方と質問できるので魅力です。

  • 就活期間2ヶ月
  • 応募社数5
  • エージェント

ウズキャリ

  • 第二新卒に特化した転職エージェント
  • 他社の
    10倍の時間をかけた手厚いサポート

(2)リクルートエージェント

転職業界で支援実績No.1!業界最大級の非公開求人数!実績は40万人越え

実績が豊富なアドバイザーが土日対応、また遠方の方には電話での面談を行っており充実したサポートを受けることができます。

また、独自のサービスで求人のチェックや選考の進捗管理など難しいスケジュール管理が登録するだけで使用できます。

一緒に問題解決をしてくれて心強かった

  • 28歳
  • 工場作業員

兄がリクルートエージェントを使い転職していたので安心感もあり利用しました。定期的に開かれる講座や転職活動における問題点の解決を一緒に行ってくれてとても心強かったです。最初から期待して利用しましたが期待以上で今は楽しく仕事が出来ています。

  • 就活期間3ヶ月
  • 応募社数10
  • エージェント1

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施

(3)doda

転職活動に不安があり、細かく内定までの転職のプロにサポートを受けたい方におススメの会社です。

応募書類の他にも転職者の特徴・人柄・志向を企業に伝えたり、優れた特性を推薦状をメールにまとめて企業に送ったりなど手厚いサポートには定評があります。

適正年収査定や企業への合格診断などのサービスもあり自分なりの転職活動を行えます。

細やかなサポートで安心して取り組めた

  • 28歳
  • 事務

転職活動を始める際に多くの転職エージェントに登録しましたがdodaはすごく丁寧で細かくサポートをしてくれました。不安なことは過去の事例やデータから解消してくれました。履歴書の書き方や面接対策も新卒の時とは少し違うので対策をしっかりしていただけて安心して転職活動が出来ました。

  • 就活期間12ヶ月
  • 応募社数10
  • エージェント6

doda

  • 細かいサポートで本来の自分を最大限にアピールできる!
  • 適正な年収査定や企業の合格診断で自分に合う企業を発見

この記事のまとめ

第二新卒がいつまでか知りたい人のため、言葉の定義や年齢の目安、転職を成功する人のポイントを紹介しました。 第二新卒は、条件を満たす人が該当します。

  • 学校の種類を問わず、入社してから1~3年
  • 第二新卒がいつまでかという解釈は会社によって異なる

第二新卒という転職活動が優位な時期を理解して動かなければ失敗に終わるかもしれません。

新卒時代とは勝手が異なる転職活動を成功させるためには、転職エージェントに登録しうまく活用しましょう。

関連記事

第二新卒がおすすめの転職時期で就活すべき理由と成功への4つの方法

新卒…

第二新卒で大手に転職は無理?大手企業に求められる人材の特徴3つ

やっぱ…

第二新卒の就活は厳しい? 3ヶ月以内に転職が成功するコツと狙う時期

第二…

第二新卒でホワイト企業に転職。ブラック求人を見極めるポイント7つ

今の…

第二新卒とは?6割の企業が積極的採用! 第二新卒の完全マニュアル

第二新…