第二新卒はいつまで?第二新卒の定義と転職に成功するコツ

第二新卒 いつまで

そろそろ転職したいけど、第二新卒っていつまでだろう?」「私当てはまるかな?

期間を理解しておかないと、第二新卒枠での転職活動を逃す結果となりかねません。

この記事では、新卒で入った会社を退職しようと考えている方へ、第二新卒の定義と転職活動の進め方をおさらいします。

この記事のまとめ

第二新卒はいつまでかという解釈は会社によって異なりますが、一般的には「卒業~3年以内の25歳以下の人」を指します。

1回も就職していない人は含まれず、社会人経験があることが条件です。

そのほか第二新卒の転職には、以下のようなことが求められます。

  • 基本的なビジネスマナーは「できて当たり前」
  • 経験から学んだことと今後の意欲を明確に示す
  • 採用担当者の不安を払拭する自己PRや退職理由

転職市場が好転していることは第二新卒にも追い風ですが、ポイントをふまえた活動ができないと、負け組になってしまいます。

理想のキャリアを実現して転職活動の勝ち組に入りたいなら、転職エージェントを活用しましょう。

マイナビjob20's

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上
  • マイナビグループの豊富なノウハウを活用

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施
  • 相談拠点数 業界No1

第二新卒はいつまで?入社何年目?

結論からお話すると、第二新卒はいつまでかを示す明確な定義はありません。 一般的な解釈として、年齢や勤続年数基準を見ておきましょう。

第二新卒の定義

第二新卒の一般的な解釈は、新卒で就職したものの退職、転職活動を行っている層とされます。 新卒採用されてから1~3年以内であること・25歳以下であることを満たせば、第二新卒と考えてください。

学校の種類に明確なルールはなく、高卒・大卒・専門学校卒など、幅広い層が含まれます。

積極的に採用している企業は多い

雇用情勢が好転しつつある今、第二新卒にとってもチャンスです。

第二新卒者は社会人経験を経ていることから、基本的なビジネスマナーを教える必要がなく、企業にとっては魅力的な人材と考えられます。

1社目で長く働いたわけではないため、偏った価値観が形成されていないところも特徴です。

新卒者に準じるほど適応力は高く、ポテンシャル採用しやすい人材と判断されます。

第二新卒のうちに就活しておかないと勿体ない

基本のマナーは備わっており、かつ柔軟性に長けた第二新卒を採用したがる企業は多いと上述しました。

しかし、第二新卒の一般的な解釈である卒業から3年目以降、つまり中途採用となると状況は厳しくなります。

中途採用の場合、第二新卒以上に前職での経験やスキルを求められるケースは珍しくありません。

また「教育がしづらい」「採用コストが高くなる」といった理由から、業種によっては中途採用というだけで書類選考を突破できる可能性が低くなることもあります。

こうしたリスクを考えると、第二新卒という立場を活かせるうちに就活しておくのがベターといえるでしょう。

第二新卒で転職に成功するには

市場全体が追い風とはいえ、新卒者と比較すれば厳しい立場になってしまいます。 転職を成功させるため、押さえておきたいポイントは4つです。

基本的なビジネスマナーを完璧に身に付ける

会社訪問や書類の書き方、事務処理能力など、基本的なマナーがなっていないと良い印象にはつながりません。 第二新卒を採用する以上は、「ビジネスマナーができるのは当たり前」というのが採用担当者の心の内です。

ブランクが長くて社会人としての基礎スキルに不安を感じている人は、1社目の新入社員研修の内容をおさらいしておきましょう。

前職での経験と新しい職での展望

前職と関係する業界を希望する場合は、実務経験をアピールできます。

未経験可能職種を希望する場合は新しい職での展望が重視され、面接結果を左右するポイントです。

納得できる志望動機・職務経歴書を用意

第二新卒枠の採用でも、履歴書や職務経歴書の書き方は大切になります。

履歴書の志望動機は、「なぜ、求人企業でないとダメなのか?」という観点に沿い、自分の言葉でまとめましょう。

職務経歴書では、求人企業で活かせるスキルや経験に焦点をあて、自分を採用することにより、どのようなメリットがあるのか?を伝えます。

すぐに転職しないかという担当者の不安を払拭

どんな理由があっても1社目をすぐに辞めた事実は変わらず、採用担当者としては不安を感じるポイントです。

退職理由を聞かれたときには、自分を正当化することなく、経験から学んだ反省点と今後の抱負を伝えます。

資格取得を目指して学習を始めた、業界研究を兼ねて専門誌を購読しているなど、長く安定して働く意向を裏付けるエピソードを添えるのも効果的です。

第二新卒の転職活動にはエージェントが不可欠

第二新卒の転職活動は事前の準備や情報収集で勝敗が分かれやすく、勝ち組・負け組がくっきり分かれる傾向にあります。 内定を勝ち取って新しいキャリアを踏み出すべく、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントの活用法

第二新卒の転職エージェント活用法は、非常に多岐に渡ります。

目標とするキャリアプランの明確化

転職エージェントとの面談を通して、目標とする業界や職種をはっきりさせます。

1社目の経験やブランク期間に行ったことなど、これまでの経歴や考え方の傾向から適職を明確化、転職活動がスムーズに進むように事前準備を行いましょう。

求人の紹介を受ける

転職エージェントのもとには、求人サイトに掲載されない非公開の求人が集まります。 持っている案件の中から厳選した求人の紹介を受け、検討していく流れです。

環境や待遇に問題があるブラック企業は、紹介される前段階ではじかれます。 自分だけで求人の絞り込みをするより質が高い情報を集めやすく、内定までがスムーズです。

利用の流れ

転職エージェントを利用するには、カウンセリングの予約や情報登録からスタートします。 利用したいエージェントのサイトにアクセスし、必要事項を送信しましょう。

すぐにエージェントから返事が来て、顔合わせの日程調整を行います。 顔合わせの際に希望するサービスや転職活動の進め方を話し合い、この後の流れを決めるスタイルが一般的です。

転職時に相談できるエージェント

第二新卒のサポートに強い転職エージェントなら、以下の2社をおすすめします。

JAIC

営業カレッジ、女子力カレッジと細かくカテゴリー分けされた無料研修を受講した後、書類選考を経ることなく、募集企業との面接会に参加できます。

業界内トップシェア・独自技術を持っているなど優良企業を中心に紹介してくれるため、第二新卒からの巻き返しキャリアを目指す人にはぴったりです。

内定・入社した後のアフターフォローもていねいで、手厚いサポートには定評があります。

ハタラクティブ

第二新卒・フリーター・中退者のサポートに重点を置いた、若年層の就職支援に強い会社です。

常に1,000件以上の求人を抱えているので、いつ相談しても適職が見つかりやすく、思い立ったときから転職活動をスタートできます。

一連のサポートはすべて無料で活用でき、費用を請求される心配はありません。

この記事のまとめ

第二新卒がいつまでか知りたい人のため、言葉の定義や年齢の目安、転職を成功させるためのポイントを紹介しました。 第二新卒には、以下2つの条件を満たす人が該当します。

  • 学校の種類を問わず、卒業してから1~3年
  • およそ25歳以下の社会人経験者

新卒時代とは勝手が異なる転職活動を成功させるためには、転職エージェントのサポートを受けましょう。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

既卒の就活は厳しい。内定獲得のために必ずおさえる3つのポイント

納得…

第二新卒が大手に転職は無理?企業が求める人材は素直な人

目次第二新卒が大手に転職は「無理」ではなく「厳しい」理由しかし第二新卒でも大手に転職できる可能性はある人事が語る!企業が求める人材は素直な人大手に就職したい人は転職エージェントを利用しよう 第二新卒が ...

第二新卒は基本研修はない|不安なら転職エージェントの無料講座を

目次第二新卒で転職したら基本研修はない|企業側の意向とは社会人歴浅いし研修ないと不安...そんな人はの評判を確認せよ基礎的なビジネスマナーはエージェントが無料で実施 第二新卒で転職したら基本研修はない ...

第二新卒でホワイト企業に転職したい!ブラック求人を見極めるポイ…

目次前職がブラックだった…第二新卒でホワイト企業への転職は可能ブラック求人を見極めるポイントと完全にアウトな特徴第二新卒でホワイト企業に転職するには?必要なこと2つホワイト企業に強いおすすめエージェン ...

第二新卒の求人ってブラックしかない気が…ホワイトを見つける5つの…

目次「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い第二新卒の求人がブラックが多い理由第二新卒の求人でホワイトを見つける4つのコツ 「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い 第二新卒の求人にブラックし ...