第二新卒の就活は厳しい? 転職すべき時期と成功方法まとめ

第二新卒 就活

第二新卒で就職したいけど、なかなか決まらない」そう感じているのはあなただけではありません。

転職市場における第二新卒の就職活動は厳しく、失敗して次の仕事が決まらないことも珍しいことではないのです。

この記事では、第二新卒の就職活動の厳しさと、その対策についてまとめました。

この記事のまとめ

第二新卒が転職活動を成功させるには、以下のポイントがあげられます。

  • 自分と業界を知る
  • 社会人経験を活かす

第二新卒の転職活動は、新卒の就職活動とは異なります。 転職活動を成功させるためには、日程調整や勤務条件の交渉などのやり取りをおこなってくれる転職エージェントも活用しましょう。

マイナビjob20's
  • 全1,500件以上の求人が
    20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!
    職種・業種未経験OK求人が50%以上
詳細を見る
リクルートエージェント
  • 業界最大級!
    求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」
    もしくは「電話」で実施
詳細を見る
パソナキャリア
  • 取引実績企業16,000社以上
  • IT・インターネット・メーカー・
    医療・営業が得意!
詳細を見る

第二新卒の就職の厳しさについて

第二新卒という立場で就職活動を始めてから、新卒の就活時とは異なる難しさを思い知った方もいるのではないでしょうか。まずは、その難しさを知るためにも、第二新卒の就職環境の実際をみていきましょう。

第二新卒の採用状況

第二新卒とは、一度就職をしたものの、数年で離職して転職活動をする求職者を指します。 近年、新卒者の離職率は高まる傾向があり、自分が望んだ仕事につけずに再チャレンジを目指す人が増加していることがわかります。

企業も第二新卒枠での採用を増やしているため、転職市場は拡大していると言えるでしょう。

第二新卒の転職成功率

転職市場は拡大しているもものの、第二新卒者の転職成功率はそこまで高くはありません。 調査では、およそ半分は転職に成功しているが、転職を繰り返すたびにその成功率は下がるということもわかっています。

これは年齢的な理由に加え、短い期間で転職を繰り返すことで、ネガティブなイメージを企業に与えている可能性もあるでしょう。

第二新卒の転職成功率は決して低くはないものの、転職を繰り返すことがないよう、しっかりと情報収集することが重要だといえます。

第二新卒の人材価値とは

第二新卒が重視される理由は、基本的なスキルやビジネスマナーは身につけつつも、前の会社に染まり切っていない人材だからです。 営業職や技術職でもノウハウを買われて転職につながることもあるでしょう。

基本的な能力は確保しつつ、企業が求める社員に育てられる人材として第二新卒は重宝されているのです。

企業側の採用担当者の第二新卒に対する本音

企業側は、第二新卒の応募者に対して、成長性や能力をはかります。 また、「なぜ転職を希望するのか」という質問は必ず聞かれると考えていいでしょう。

人間関係が上手くいかなかった、勤務条件に納得いかなかったなどの理由では、同じ理由で再度転職するのではないかと勘繰られてしまうこともあります。

また1社目でどのようなスキルを得られたのかも、第二新卒の転職ではポイントになるでしょう。

第二新卒の成功方法まとめ

では実際に第二新卒の転職活動を成功するためにはどうすればいいのでしょう。上でみたように、第二新卒の市場自体は少なくはないですし、拡大傾向にもありますが、決して広き門ではありません。

したがって、第二新卒の転職活動で成功する人に共通する成功法を知ることは決して無駄にはならないでしょう。

では実際に、どのような方法があるのでしょうか。以下にみていきましょう。

企業研究を重点的に行う

企業研究であれば、就職活動の時に力を入れたという人もいるかもしれません。 しかし、新卒に必要な企業研究と、第二新卒で求められる企業研究は違います。

第二新卒では、基本情報のほかに独自の視点が必要です。

同業他社に応募するのであれば、その視点も求められるでしょう。 応募する企業がどのような事業をおこなっていて、将来性や事業内容のどこに魅力を感じているのか、独自の視点で説明できるまで企業研究を徹底しましょう。

自分のアピールポイントを明確にする

自分のアピールポイントも、新卒の就職活動とは違います。 大学のサークル活動の経験などは、新卒の自己PRであれば定番です。

しかし、第二新卒の自己PRであれば、それを踏まえたよりレベルが高いものを目指しましょう。

学生時代の経験を就職後どのように活かしたか、今後どんな活動によって利益を生み出すかを明確にしてください。

将来の目標を明確にする

将来のビジョンは、より明確な回答が求められます。

仕事での気づきや経験を踏まえたうえで、5年後10年後、どのような自分になりたいかを説明します。

仕事は人生の多くの時間を費やします。 キャリアアップを目指す手段としてなぜこの企業なのかを絡めてアピールしましょう。

社会人経験をどう活かすか考える

第二新卒を採用する企業は、今までの社会人経験で何を得たかという点も重視しています。 実務性や専門性が高い仕事経験は特に高く評価されることでしょう。

さらに今までの仕事を通じてどのように感じたか、その経験をどう活かしたいと考えているのかを、自分の言葉で語れるように準備しておきましょう。

服装・スーツなど身だしなみのポイント

第二新卒の就職活動は服装面でも違いがあります

新卒の就職活動はリクルートスーツが基本ですが、第二新卒であればビジネススーツでも問題になりません。

リクルートスーツとビジネススーツの違い

  • 生地:リクルートスーツのほうが耐久性が低い。ビジネススーツは長期間使用が前提なので丈夫
  • デザイン:リクルートスーツは画一的
  • 価格:リクルートスーツは高くても3万円くらいまで。ビジネススーツはそれ以上が主流

ただし、基本的にはベーシックなカラーをおすすめします。

白か細めのストライプのワイシャツにダークカラーのスーツであれば問題はないでしょう。

清潔感は必須なので、首元や手元が汚れていないか、ひじやひざが擦れていないか事前に確認してください。

第二新卒の面接のコツ

第二新卒の面接は、正直な今の自分を見てもらうつもりで、落ち着いた態度で挑みましょう。 美辞麗句で飾っても採用担当者の目はごまかせません。

曖昧な言葉でぼかすのではなく、自分が言える範囲のことを具体的に話しましょう。

また転職理由や仕事を変える理由は必ず聞かれることなので、事前に対策しておいてください。

とにかく場数を増やす

第二新卒の転職活動であっても面接は場数が必要です。 応募先の企業に対する返答の仕方やそれに対する反応を見ておきましょう。

何度も面接を繰り返すことで、受け答えにも落ち着きや自信が生まれるはずです。

少しでも転職を考えたらまずエージェントに登録

第二新卒の転職活動は面倒なことも少なくありません。 そこで登録を検討していただきたいのが転職エージェントです。

転職エージェントの効果的な活用法を紹介します。

転職エージェントの活用法

仕事を続けながらの転職活動は困難もつきまといます。 その一つがスケジューリングです。

応募先企業との交渉は神経も使うでしょう。

転職エージェントは、企業との面接日程の調整から、勤務条件の交渉、さらに退職する会社との交渉まで請け負います。 転職エージェントのサポートがあるからこそ、面倒なことに余計な力を割くことなく、転職活動に集中できるのです。

利用の流れ

転職エージェントはインターネット上で、スマホからも簡単に登録できます。 そのため、日中は仕事で忙しくても、いつでも登録ができるでしょう。

その後の面談では、希望する仕事や条件、職務経歴についてのヒアリングがあることが多いです。面談に先立って、自分でまとめておくとスムーズです。 また応募の際の日程調整などは、転職エージェントに任せましょう。

転職時に相談できるエージェント

転職エージェントといっても、得意分野もさまざまです。 今回は、特に第二新卒の転職活動を得意とする2社を紹介します。

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の就職活動に強い転職エージェントです。 チャットツールを利用して連絡を取るため、気軽に相談したい、日中は仕事で連絡できないという人にもおすすめです。

また転職エージェントが一人につき一人が対応するため、安心して転職活動に専念できます。

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)は就職支援のほかに企業向けの研修などをおこなっている会社です。

そのため企業とのコネクションも豊富で、これから転職活動をする人のための研修も得意としています。

適性診断の結果を元に就職支援を受けることができるので、自分にとっての適職を探したいという人にもぴったりの転職エージェントです。

この記事のまとめ

第二新卒の転職活動は必ずしも厳しい道のりではありませんが、自分にとっての適職を見つけるにはコツがあります。

まずは自己分析をして、仕事に対するイメージを固めてから転職活動に挑むようにしましょう。

また、転職エージェントのサポートを活用することも、転職活動を成功に導く秘訣です。

20代対象求人1,500件以上!24~29歳に特化

マイナビジョブス

約17,000件の求人|将来を見据えたサポートに定評

関連記事

既卒の就活は厳しい。内定獲得のために必ずおさえる3つのポイント

納得…

第二新卒が大手に転職は無理?企業が求める人材は素直な人

目次第二新卒が大手に転職は「無理」ではなく「厳しい」理由しかし第二新卒でも大手に転職できる可能性はある人事が語る!企業が求める人材は素直な人大手に就職したい人は転職エージェントを利用しよう 第二新卒が ...

第二新卒は基本研修はない|不安なら転職エージェントの無料講座を

目次第二新卒で転職したら基本研修はない|企業側の意向とは社会人歴浅いし研修ないと不安...そんな人はの評判を確認せよ基礎的なビジネスマナーはエージェントが無料で実施 第二新卒で転職したら基本研修はない ...

第二新卒でホワイト企業に転職したい!ブラック求人を見極めるポイ…

目次前職がブラックだった…第二新卒でホワイト企業への転職は可能ブラック求人を見極めるポイントと完全にアウトな特徴第二新卒でホワイト企業に転職するには?必要なこと2つホワイト企業に強いおすすめエージェン ...

第二新卒の求人ってブラックしかない気が…ホワイトを見つける5つの…

目次「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い第二新卒の求人がブラックが多い理由第二新卒の求人でホワイトを見つける4つのコツ 「第二新卒の求人=ブラックしかない」は間違い 第二新卒の求人にブラックし ...