第二新卒とは|高卒でも該当する? 年齢や転職状況を徹底解説

第二新卒とは、何歳までが対象なのかな」「高卒の私は第二新卒とは言わないの?」といったことから悩んでいるうちに、就職活動が進みまず第二新卒の時期を逃しかねません。

ここでは、第二新卒の明確な定義と年齢の目安、就職活動の傾向やメリット・デメリットなど、最低限理解しておくべき基礎知識をまとめて理解していきます。

この記事のまとめ

第二新卒の定義は求人企業によって異なるものの、おおむねは以下のように解釈できます。 募集要項内に企業独自の解釈が書かれていたら、記載内容が優先です。

  • 高卒・大卒を問わず入社してから3年以内
  • 年齢基準は20~29歳が目安
  • 入社1年未満での転職者も含まれる

新卒者とは違って採用してすぐ労働力を確保でき、基本的なビジネスマナーをふまえている第二新卒は、企業にとっても魅力的な人材です。

転職活動を一人で行っていく際に書類選考や面接の準備で壁にぶつかることが多くあると思います。、ですので下記の転職エージェントに登録するとプロのサービスが受けられより内定へ一直線で進めます。

マイナビジョブ20's
  • 当サイトお申込件数1位!
  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 既卒・第二新卒を徹底サポート!
詳細
ウズキャリ
  • 就活中の悩み・焦りに親身に寄り添う密着サポート
  • 「個別サポート」or「集団サポート」を選択可能
詳細
ハタラクティブ
  • 正社員成功率「80.4%
  • 既卒専門の就活アドバイザーによるカウンセリング
詳細

そもそも第二新卒とは

まずは、第二新卒の定義から紹介します。 第二新卒を取り巻く採用市場の状況も合わせて確認しておきましょう。

第二新卒の定義・年齢

第二新卒の定義は、学校を卒業してすぐ就職したものの、1~3年くらいで離職した人と理解しましょう。 学校の種類に関して明確に定めた基準はなく、高卒・専門学校卒・大卒の全てを含めた呼び名です。

それぞれを区別するため、高卒の第二新卒・大卒の第二新卒などと呼ぶこともあります。

年齢に関しては、おおむね25歳くらいまでが目安です。

募集要項に年齢や学歴の基準が書かれていることもありますから、隅々まで目を通してみてください。

求人における第二新卒採用の市場規模・採用状況

厚生労働省の公表している資料によると、平成28年卒の就職者のうち3年以内に辞めた人の割合と人数は、以下のようになっています。

属性 離職率 人数
高卒 17.2% 30,753人
短大等卒 17.4% 25,952人
大卒 11.3% 50,627人

厚生労働省調べ

3つの合計から計算される第二新卒の市場規模は約10.7万人と、少なくはない水準です。

これだけの人数を受け入れる求人があるのか不安に感じる人もいるかもしれませんが、足下の新卒採用マーケットは求職者が有利になりつつあります。

予定している人数の新卒者を採用できない会社が、第二新卒者の受け入れを検討するのはいたって自然な流れです。

新卒者に対する需要に準じる形で、第二新卒者の受け入れも広がっています。

第二新卒が注目される背景3つ

第二新卒が注目される背景は主に3つあると言われています。

注目される背景3つ

  1. 厚生労働省から企業へ助成金が出る
  2. ビジネスマナーやビジネス文書の書き方、身だしなみなど社会人の基礎が身についているため、教育コストが安い
  3. 1社目で働いていた期間が短いため、凝り固まった価値観が形成されていない

第二新卒は、これからの教育次第でどんな形にも活用できる都合が良い人材と考えられます。

第二新卒採用に対する企業の思惑を知っておくと、転職活動がスムーズです。

ではメリットとデメリットに分けて、採用担当者の頭の中を覗いてみましょう。

第二新卒のメリット

第二新卒者を採用するメリットとして、採用から働き始めるまでの期間が短いことがあげられます。 新卒者に内定を出しても、翌年の4月までは働けません。

今すぐにでも労働力を確保したい会社にとっては第二新卒の方が扱いやすく、早期離職者が出たことで不足した労働力を補うための調整弁にも活用されます。

第二新卒のデメリット

何らかの事情があったにしても、1社目をすぐに辞めてしまった事実は変わりません

「うちの会社も同じように辞めてしまうのでは」という不安がどうしてもつきまといます。

企業側のリスクヘッジとして、1社目を辞めた理由や志望動機を質問することにより、人間性をチェックするのは当然です。

一部の企業では、職場見学を受け入れるなど入社前に社風を伝える機会を持ち、ミスマッチを防止する試みもなされています。

また、「基本的なビジネスマナーができて当たり前」という考えから、学生気分が抜けない人材への評価はネガティブな傾向にあります。

第二新卒枠で選考を受けるなら、社会人として恥ずかしくない対応が不可欠でしょう。

企業がミスマッチを防ぐための対策を行っているように、応募者自身も自分に合う会社を探すことが条件です。 そこで活用したいのが、第二新卒支援に強い転職エージェントのサポートです。

活用法や大まかな流れについては、次の項で触れていきます。

第二新卒の転職はエージェントの活用がおすすめ

第二新卒の転職活動は、転職エージェントの活用をおすすめします。

1社目の仕事選びで失敗しているにも関わらず同じ方法で活動しても、良い結果にはつながりません。

求人サイトから探す方法ではなく、転職エージェントのサポートを受けましょう。

初心者必見|転職エージェントの活用法

転職エージェントの活用法は、非常に多岐にわたります。

企業研究では、職場の人間関係や待遇、評価制度など、ミスマッチを防ぐために必要な情報を得られます。

求人情報からは見えてこなかった「実際のところ」をふまえて情報収集することにより、理想と現実のギャップが少なく、働き始めた後の「こんなはずでは」と感じるリスクを軽減できるところはメリットです。

1社目でネックに感じたポイントについては、とくにきちんと情報収集をしたいところ。

給料が低くて辞めた人なら待遇面、パワハラによるストレスなら人間関係など、自分なりの基準を決めて、転職エージェントを活用しましょう。

マイナビjob20's
  • 全1,500件以上の求人が
    20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!
    職種・業種未経験OK求人が50%以上
詳細
リクルートエージェント
  • 業界最大級!
    求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」
    もしくは「電話」で実施
詳細
DODA
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 職種・年齢・経験を問わずさまざまな方が利用可能
詳細

利用の流れ

転職エージェントを利用するには、サポートを受けたい会社の募集フォームから連絡します。

初回の面談を受けた後に転職活動の進め方を話し合い、オーダーメイド型のサポートを受ける流れが一般的です。

ビジネスマナーに不安を感じる第二新卒者に対しては、無料の研修を受講した後に次のステップに進むよう、アドバイスを受けることもあります。

転職のプロと一緒に転職活動を進めることが、最短経路での内定を得るためのポイントと言えるでしょう。

第二新卒が転職時に相談できるエージェント

転職エージェントには、ハイキャリアの求人を扱う会社・中高年のサポートに強い会社・20代の若手社員に強い会社など、いろいろな個性があります。

その個性を見極めて登録しなければ自分に合う企業が見つからずミスマッチが起こり転職活動が失敗になりかねません。

また合わないエージェントで転職活動を行うと第二新卒という貴重な時間が無駄になってしまいます。

転職を現段階で視野に入れてない人でも転職エージェントに登録してみて自分の市場価値を知り求人をチェックしてみましょう。

チェックすることで以下のようなメリットがあります。

・年収アップの可能性

・ワークライフバランスの獲得

・自己成長(スキルアップ)

・新しいことへの挑戦

・働きやすい環境の獲得  など

ここでは第二新卒が相談するなら、以下3社がオススメです。

転職エージェントに登録し自分のキャリアを考えてみましょう。

(1)マイナビjob20's

全1500件以上の求人案件が20代のみ(特に24~29歳)対象!

20代の転職のみを行う転職エージェントのため若年層の転職マーケットに詳しいアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

応募の手続きから面接日程の調整までをマイナビjob20'sのアドバイザーが代行してくれるため安心して転職活動を進めることが出来ます。

マイナビjob20’s

  • 全1,500件以上の求人が20代対象
  • 第二新卒に嬉しい!職種・業種未経験OK求人が50%以上

(2)リクルートエージェント

転職業界で支援実績No.1!業界最大級の非公開求人数!実績は40万人越え

実績が豊富なアドバイザーが土日対応、また遠方の方には電話での面談を行っており充実したサポートを受けることができます。

また、様々なサービスがあり充実したサポートを受けながら転職活動を進めることが出来ます。

リクルートエージェント

  • 業界最大級!求人数の約90%が非公開求人
  • 初回面談は「対面」もしくは「電話」で実施

(3)doda

転職活動に不安があり、細かく丁寧に内定までの転職のプロにサポートを受けたい方におススメの会社です。

応募書類の他にも転職者の特徴・人柄・志向を企業に伝えたり、優れた特性を推薦状をメールにまとめて企業に送ったりなど手厚いサポートには定評があります。

取り扱っている求人の内80%が非公開でありdodaに登録すれば自分では見つけられなかった求人が見つかります

doda

  • 細かいサポートで本来の自分を最大限にアピールできる!
  • 適正な年収査定や企業の合格診断で自分に合う企業を発見

この記事のまとめ

第二新卒の定義と企業側からの印象、内定を得るための転職活動の進め方を紹介しました。以下の条件を満たしていれば、第二新卒に該当します。

  • 高校や大学を入社してから3年以内
  • 年齢基準は20~29歳である
  • 入社1年未満での転職者も含む

第二新卒の転職にも追い風が吹いている今こそ、やり直しキャリアに挑戦するチャンスです。 エージェントを活用することで、二度と後悔することのない転職を目指しましょう。

関連記事

既卒の就活は50%以上が失敗…内定をもらうための3つのポイント

納得…

第二新卒の就活は厳しい? 3ヶ月以内に転職が成功するコツと狙う時期

第二…

第二新卒でホワイト企業に転職。ブラック求人を見極めるポイント7つ

今の…

第二新卒の求人ってブラックしかない気が…ホワイトを見つける5つの…

第二…

第二新卒は基本研修はない|不安なら転職エージェントの無料講座を

目次第二新卒で転職したら基本研修はない|企業側の意向とは社会人歴浅いし研修ないと不安...そんな人は評判を確認せよ基礎的なビジネスマナーはエージェントが無料で実施 第二新卒で転職したら基本研修はない| ...