第二新卒とは?高卒も含まれる?高卒×第二新卒の完全マニュアル

第二新卒って一体なに?定義とかあるの?

高卒の私は第二新卒とは言わないの?

といったことから悩んでいるうちに、就職活動が進みまず第二新卒の時期を逃しかねません。

ここでは、第二新卒の明確な定義と年齢の目安、就職活動の傾向やメリット・デメリットなど、最低限理解しておくべき基礎知識をまとめ、紹介していきます。

この記事のまとめ

第二新卒の定義は求人企業によって異なりますですが一般的な解釈は以下のものです。募集要項内に企業独自の解釈が書かれていたら、記載内容が優先です。

  • 新卒で就職したが1~3年未満で退職している人
  • 経験よりもポテンシャルを期待されている人

リクルートエージェント 「第二新卒とは?」

ただし入社1年未満での転職者も含まれます。

新卒者とは違って採用してすぐ労働力を確保でき、基本的なビジネスマナーをふまえている第二新卒は、企業にとっても魅力的な人材です。

転職活動を一人で行っていく際に書類選考や面接の準備で壁にぶつかることが多くあると思います。ですので下記の転職エージェントに登録するとプロのサービスが受けられより内定へ一直線で進めます。

ウズキャリ

  • 求人数
  • 添削
  • サポート
  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
  • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

そもそも第二新卒とは

まずは、第二新卒の定義から紹介します。 第二新卒を取り巻く採用市場の状況も合わせて確認しておきましょう。

第二新卒の定義・年齢

第二新卒の定義は、企業によって異なります

一般的な解釈は以下の通りです。

第二新卒とは
学校を卒業して新卒として就職したものの、1~3年くらいで離職・転職活動を行っている人
経験よりもポテンシャルを期待されている人

リクルートエージェント 「第二新卒とは?」

学校の種類に関して明確に定めた基準はなく、高卒・専門学校卒・大卒の全てを含めた呼び名です。

第二新卒 転職時期

年齢に関しては、18歳~29歳くらいが目安です。

志望する企業の募集要項に年齢や学歴の基準が書かれていることもありますから、隅々まで目を通してみてください。

新卒で入社して1年未満でも第二新卒に含まれます。第二新卒の時期について詳しく知りたい人はこちら!第二新卒はいつまで?

今や当たり前?第二新卒の転職状況

厚生労働省の公表している資料によると、平成27年卒の就職者のうち3年以内に辞めた人の割合は、以下のようになっています。

属性 離職率
高卒 39.3%
短大等卒 41.5%
大卒 31.8%

厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況

このように、3人に1人が3年以内に転職している事実

これだけの人数を受け入れる求人があるのか不安に感じる人もいるかもしれませんが、第二新卒の採用マーケットは求職者が有利になりつつあります。

日本の生産労働人口は減少の一途を辿り、若手の人材を採用することは今後の企業を成長させていく上で不可欠といえます。

そのため、新卒採用でも足りない人材は第二新卒で補う企業が多くあります。

第二新卒が注目される背景2つ

第二新卒を企業が積極的に採用している理由は以下のものが考えられます。

第二新卒 採用理由

このような理由もあり第二新卒を採用する企業は増えてきています。

多くの企業が第二新卒に注目している理由は何なのか紹介していきます。

注目される背景2つ

  1. ビジネスマナーやビジネス文書の書き方、身だしなみなど社会人の基礎が身についているため、教育コストが安い
  2. 1社目で働いていた期間が短いため、柔軟な価値観を持っている

第二新卒採用に対する企業の思惑を知っておくと、転職活動がスムーズです。

ではメリットとデメリットに分けて、採用担当者の頭の中を覗いてみましょう。

高卒×第二新卒のメリット・デメリット

第二新卒は企業にとってメリットもありますが当然デメリットもあります。

メリットはこのまま伸ばし、デメリットは改善できるように確認しましょう。

メリット

  • ミスマッチをしないように自己分析や企業研究などの努力をしている
  • 凝り固まった価値観がないため自社の社風による教育ができる
  • ビジネスマナーが備わっているため教育コストがかからない
  • 採用から働くまでの期間が短い

第二新卒者を採用するメリットは多くありますが大きなものを2つあげるとすると、採用から働き始めるまでの期間が短いこと・ビジネスマナーが備わっているため教育コストがかからないです。

採用から働き始めるまでの期間が短いことに関しては、 新卒者に内定を出しても、翌年の4月までは働けませんが第二新卒は内定後すぐに働くことができます。

さらに、ビジネスマナーが備わっているため教育コストがかからないことに関しては、1社目でほとんどのビジネスマナーを学んできているためすぐに即戦力として働くことができるため、企業にとってはとても助かる存在になってます。

今すぐにでも労働力を確保したい会社にとっては第二新卒の方が即戦力として働いてくれるため助かります。

デメリット

  • 大卒と比較して学歴が高卒だと生涯年収が低くなる
  • 新卒の人が多い会社であればなじめない可能性あり

学歴が大卒と高卒によって下記のような生涯年収になります。(2016年度)

男性 女性
高卒 2億5470万円 2億8980万円
大卒 1億8590万円 2億4110万円

男性では大卒のほうが+3510万円、女性では大卒のほうが+5520万円の差があることになります。

参考:生涯賃金など生涯に関する指標(ユースフル労働統計)

何らかの事情があったにしても、1社目をすぐに辞めてしまった事実は変わりません

「うちの会社も同じように辞めてしまうのでは」という不安がどうしてもつきまといます。

企業側のリスクヘッジとして、1社目を辞めた理由や志望動機を質問することにより、人間性をチェックするのは当然です。

第二新卒枠で選考を受けるなら、社会人として恥ずかしくない対応が必要不可欠。

志望動機や1社目を辞めた理由などをしっかりと準備して、面接を突破することができれば企業側にとってのデメリットは無くなります。

企業がミスマッチを防ぐための対策を行っているように、応募者自身も自分に合う会社を探すことが条件です。 そこで活用したいのが、第二新卒支援に強い転職エージェントのサポートです。

さらに転職エージェントでは履歴書の添削や面接の練習やなどを一緒に行ってくれるため、全く知識がない人でも安心して転職への一歩を踏み出すことができます。

活用法や大まかな流れについては、今から説明していきます。

高卒×第二新卒の転職はエージェントの活用がおすすめ

第二新卒の転職活動は、転職エージェントの活用が一番のおすすめ方法です。

1社目の仕事選びで失敗しているにも関わらず同じ方法で活動しても、良い結果にはつながりません。

求人サイトやハローワークから探す方法ではなく、転職エージェントのサポートを受けて転職活動を進めましょう。

初心者必見!転職エージェントの活用法

転職エージェントの活用法は、非常に多岐にわたります。

まずエージェントには転職サイトには載っていない非公開の求人が多くあります。

企業研究では、職場の人間関係や待遇、評価制度など、ミスマッチを防ぐために必要な情報を得られます。

さらに、1社目でネックに感じたポイントについては、とくにきちんと情報収集をしたいところ。

給料が低くて辞めた人なら待遇面、パワハラによるストレスなら人間関係など、自分なりの基準を決めて転職エージェントに相談するとエージェント側が企業に聞いてくれるため安心です。

1社目を辞めた事実は変わらず辞めた理由や自己分析は新卒の時よりも細かくする必要があります。

自分だけではなく他者からの他己分析で自分の新しい一面に気づくことができれば職業の幅も広がります。

転職エージェントではほとんどが最初に面談を行っているため他己分析を必ず行ってくれます。

ウズキャリ

  • 求人数
  • 添削
  • サポート
  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
  • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

利用の流れ

転職エージェント 使用の流れ

利用の大まかな流れは上の図のようになります。

初回の面談を受けた後に転職活動の進め方を話し合い、オーダーメイド型のサポートを受ける流れが一般的です。

ビジネスマナーに不安を感じる第二新卒者に対しては、無料の研修を受講した後に次のステップに進むよう、アドバイスを受けることもあります。

転職のプロであるエージェントと一緒に転職活動を進めることが、最短経路での内定を得るためのポイントと言えるでしょう。

ビジネスマナーに不安を感じる第二新卒者に対しては、無料の研修を受講した後に次のステップに進むよう、アドバイスを受けることもあります。

転職のプロと一緒に転職活動を進めることが、転職を成功させるための第一歩でしょう。

高卒×第二新卒が転職時に相談できるエージェント

転職エージェントには、ハイキャリアの求人を扱う会社・第二新卒のサポートに強い会社・20代の若手社員に強い会社など、いろいろな個性があります。

その個性を見極めて登録しなければ自分に合う企業が見つからずミスマッチが起こり転職活動が失敗になりかねません。

また合わないエージェントで転職活動を行うと第二新卒という貴重な時間が無駄になってしまいます。

転職を現段階で視野に入れてない人でも転職エージェントに登録してみて自分の市場価値を知り求人をチェックしてみましょう。

チェックすることで以下のようなメリットがあります。

  • 年収アップの可能性
  • ワークライフバランスの獲得
  • 自己成長(スキルアップ)
  • 新しいことへの挑戦
  • 働きやすい環境の獲得 など

ここでは第二新卒が相談するなら、特化したウズキャリをオススメします。

転職エージェントに登録し自分のキャリアを考えてみましょう。

ウズキャリ

第二新卒専門で徹底したサポートのため内定率86%

厳選した判定基準によりブラック企業を除外しているため定着率も93%超え

キャリアカウンセリングや面接対策など他社の10倍の時間をかけて転職をサポートしてくれるため、初めての方でも安心して利用していただけます

ウズキャリ

  • 求人数
  • 添削
  • サポート
  • ニートやアルバイトの方にも丁寧にサポート
  • 職歴やスキルがない方には無料の学校を提供
  • 「就職先の決定」より「就職して1年後も働きつづけられる」ことを目標している

この記事のまとめ

第二新卒の定義と企業側からの印象、内定を得るための転職活動の進め方を紹介しました。以下の条件を満たしていれば、第二新卒に該当します。

  • 新卒で就職したが1~3年未満で退職している人
  • 経験よりもポテンシャルを期待されている人

リクルートエージェント 「第二新卒とは?」

第二新卒の転職にも追い風が吹いている今、もう一度キャリアに挑戦するチャンスです。 エージェントを活用することで、新しいキャリアへの切符を勝ち取りましょう。

関連記事

第二新卒でホワイト企業に転職。ブラック求人を見極めるポイント7つ

今の…

第二新卒に基本研修はない。不安なら転職エージェントの無料講座を

目次第二新卒で転職したら基本研修はない|企業側の意向とは社会人歴浅いし研修ないと不安...そんな人は評判を確認せよ基礎的なビジネスマナーはエージェントが無料で実施 第二新卒で転職したら基本研修はない| ...

第二新卒で大手に転職は無理?大手企業に求められる人材の特徴3つ

やっぱ…

第二新卒向けおすすめの転職サイトや転職エージェントとは?

第二新卒の転職を考え始めた…

第二新卒がおすすめの転職時期で就活すべき理由と成功への4つの方法

新卒…