仕事辞めたい辛い...よくある理由と1週間以内に相談すべき相手とは

仕事 辞めたい

1年我慢したけどもう限界...ひょっとしてうつかな。

人間関係複雑すぎる...上司にも家族にも相談しづらいしなぁ。

この記事を読まれている人はとても辛い状況にいて、辞めたいと思っても様々な要因が原因で自分の力だけでは対処しきれないのではないでしょうか。

できる限りの改善努力を行ってもどうにもならないときには、新しいキャリアを考えたり冷静に客観視してくれる第三者に頼るのも選択肢です。

ですので、あまり考えすぎずできるだけリラックスして読んでくださいね。

この記事では仕事を辞めたいよくある理由誰でもできる1週間以内に相談すべき相手を紹介します。

この記事のまとめ

【よくある理由】

  • 上司と合わない・人間関係が複雑
  • 仕事ができない・ミスを連発してしまう
  • 現場への無茶ぶりが多い

【1週間以内に相談すべき相手とは】
思い悩みストレスを抱えるようなら、転職エージェントに相談して、客観的な意見をもらうのも選択肢の1つです。「仕事を辞めたい」と悩むことは、おかしいことではありません。

まずは辛い気持ちを解消するために第三者に相談し、現状を俯瞰する広い視野を手に入れて今の状況を打開しましょう。

リクナビNEXT
  • 質問に答えるだけで客観的な強みがわかる!診断結果はそのまま企業へ送信
  • 現職が忙しい人も安心。待ってるだけでスカウトが届く
  • 常時5,000件以上の求人を掲載
詳細
doda
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 人事担当者を「惹きつける」応募書類を一緒に作成してくれる
  • 人気企業への内定可能性がわかる「合格診断」を受検可能
詳細
リクルートエージェント
  • 土日も面談可!遠方者は電話でも可
  • 満足度80%超の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
  • 超優秀なエージェントが年収UPの交渉をしてくれる
詳細

仕事を辞めたい辛い…よくある理由3つ

今の会社に出社する時間がものすごく勿体なく思えてきた…辛い…。

「仕事を辞めたい」と考え始めるきっかけは、人それぞれ異なります。 自分の気持ちに正直になり、なぜ退職を考えているのかを考えてみましょう。

ただ中には「辞めたいと思う理由がわからない」人もいるでしょう。 参考までに以下のような悩みを持っている人が多いです。

よくある悩み

  • 上司と合わない・人間関係が複雑
  • 仕事ができない・ミスを連発してしまう
  • 現場への無茶ぶりが多い

1つずつ詳しく説明していきます。

(1)上司と合わない・人間関係が複雑

会社では、10歳も20歳も年が離れた人たちとの付き合いが出てきます。 学生時代と比較にならないくらい複雑な人間関係に悩み、ストレスを抱える人は多いものです。

仕事を始めて間もないタイミングでは、先輩や上司に質問しないとできない仕事も多いため、コミュニケーションが上手にとれないと辛くなります。

また中途入社の人でも、入社して1ヶ月程度経つとさまざまな実態が見えてくるものです。

上司の考えが古く表層的な対処のみで抜本的な改善をしない、飲み会ではきまって会社の愚痴や誰かの噂話など。辛いと思うのも当然です。

特に業績が伸びていない会社は、組織的に人間関係が複雑である可能性が高いです。上司と合わない場合は、その上司の上司を見てみてください。

もし言動が似ている場合は、危険かもしれません。早めに職場を変えることをおすすめします。

(2)仕事ができない・ミスが多い

真面目な人ほどミスを多発する自分に苛立ち、ストレスを抱えがちです。 学生時代に優秀だった人はなおさら仕事ができない現状を許せず、辞めたい気持ちが募るのかもしれません。

ですが最初は仕事ができなくて当たり前です。むしろ仕事をできる人のほうが少ないのが現状です。

大事なのは、仕事ができない現状にどう立ち向かいどう対処していくかです。

いつも同じ間違いをしてしまうのであれば、その真因を探りミスが起きにくい仕組み作りをしたり、苦手な業務があるのであれば克服できるよう学習や実践の時間を作ったり、現状の打開策を考えてみてください。

最初は苦しいですが、理想の「仕事ができる」状態になれば仕事を辞めたい状況から抜け出せるかもしれません。

(3)現場への無茶ぶりが多い

覚えたての仕事なのにノルマが厳しい、あきらかに多すぎる仕事を「明日までによろしく」と丸投げされる…こんな無茶ぶりが続く職場は、辛くなってしまいます。

無茶ぶりが横行する職場は働きやすい環境とは言えず、なんとか踏ん張るのが望ましくはありません。

そもそもこういった会社は社員を大事にしていません。上層部や上司は仕事が全てだと思っているかもしれませんが、仕事はあくまでも生きるうえでの手段であり、近年では不労所得で生活している人もいるくらいです。

ノルマが現実に見合っていない、平日の帰社後や休日に突然連絡がくるのであれば、今の会社に留まる必要は一切ないでしょう

これまでは、仕事を辞めたいと思うよくある理由を紹介しました。読んでみて「納得した」「少し前向きになれた」と思う人は、今の会社に固執しすぎず今後の生き方や目標を考え視野を広げてみましょう。

では、仕事を辞めることは決断したけど、上司に相談できず退社まで至っていない人はどうしたらよいでしょうか。

上司に相談できない…1週間以内にできる対処法は「転職エージェント」に相談すること

仕事辞めたいな…と思いながら日々業務にあたることって、本当につらいですよね。また上司や家族にも相談しにくい場合、一人で悶々と悩んでしまうのではないでしょうか。

こんな時は一人で抱え込まず、転職やキャリアのプロに相談することをおすすめします

これから紹介する転職エージェントは、無料で電話相談や面談を行ってくれるため、客観的なアドバイスがもらえますよ。

転職エージェントの活用法

転職エージェントは、仕事選びや転職をサポートする専門家です。 面談日程の調整や条件交渉、アフターフォローまで、きめ細やかなサポートを期待できます。

登録したからといって、必ず転職しなくてはならないわけではありません。 人生相談やカウンセリングを受けるくらいの軽い気持ちで面談に行ってみましょう。

利用の流れ

おおまかな流れは以下のとおりです。

転職エージェントの利用の流れ

  1. キャリア相談(電話・対面)
  2. 求人紹介
  3. 応募

まずはじめに、インターネットから基本的な情報を登録し、初回面談を受けます。そこで現状のキャリアや利用の流れの相談ができます。

エージェントによって時間にバラつきはありますが、おおよそ1~2時間程度です。

そしてアドバイザーと話をしながら合いそうな求人をピックアップしていきます。

必ずしも応募しなければいけないというわけではなく、あくまでも他企業のデータを見ながら現状と比較するという感じです。

また、応募書類の添削や面接のロールプレイングなど、転職成功率を高めるためのサポートも期待できます。 転職日交渉や条件の明確化など、内定が決まった後の仲介をお願いすることも可能です。

【属性別】おすすめの転職エージェント

利用の流れがわかったところで、実際におすすめの転職エージェントを紹介します。

選ぶポイントは、自身の属性や今の状況、希望する業界を考えたうえで選択することです。

またエージェントによりサービスの質が異なったり、自身に合う合わないもありますので複数利用してみましょう。

属性
例えばこんな人
サービス
  • 1年目
    (新卒)
  • 2年目
  • 3年目
・新卒で今の会社を辞めることが甘えなのかわからない
・上司が辞めさせてくれそうにない
1.doda
2.ウズキャリ
3.マイナビジョブ20s
  • 4年目
  • 5年目
・専門的なスキルを身に着けたい
・今の年収が業務内容と見合わず、不満を持っている
1.リクルートエージェント
2.パソナキャリア
3.type転職エージェント

上の表を参考に、自身に合いそうなエージェントを複数活用することをおすすめします。

ストレスで限界...こんな人はうつ病の一歩手前の可能性あり

ストレスがひどくなってしまうと、心の風邪ともいわれる、うつ病になってしまうおそれもあります。

厚生労働省の公表データによると、国内の気分障害患者数は2008年時点で104.1万人。 20代でも、他人ごとではありません。

ココロが以下のようになったらうつ病を疑いましょう。うつ病が疑われるココロのサインをチェックリストにしてみました。

以下のうち、当てはまるものは何個あるかを考えてみましょう。

うつ病チェックリスト

  • 会社のことを考えると憂うつで気分が重い
  • 気分が落ち込みがちで悲しくなる
  • 理由も分からず、いつも不安
  • イライラがひどい
  • 細かいことが気になって、怒りっぽい
  • 好きなことに関心が持てなくなった
  • 些細なことが気になり、クヨクヨと思い悩んでしまう
  • マイナス思考に偏っている

また身体がこんな風になったらうつ病を疑いましょう うつ病は、身体にも変化が出てきます。

心と身体はつながっていて、メンタルの不調が健康状態を左右するケースもあるためです。 代表的な症状として、以下のようなことがあげられます。

うつ病を疑う症状

  • 胃の不快感(だるい・ムカムカする・キリキリするなど)
  • 食欲が出ない
  • 身体がだるくて起きたくない
  • めまいが続く
  • 口が乾燥する
  • 頭痛や肩凝りがひどくなった

仕事を辞めたい意向の相談や退職を切り出すタイミング

ネガティブ思考になったまま自分だけで悩んでも、解決策は見えてきません。 信頼できる相手に今の気持ちを聞いてもらい、客観的な意見をもらいましょう

まずは同僚や上司、家族・友人などに相談

まずは身近な人と話しをしましょう。 職場の雰囲気を知っている同僚に話せば共感を得やすく、上司に相談すれば的確なアドバイスをもらえるかもしれません。

しかし、身の振り方が固まっていないタイミングでの上司への相談は避けましょう。 ただのグチだと捉えられ、マイナスイメージになる可能性があります。

仕事を辞めるか思い悩んでいる段階では、会社以外の知り合いに話しをするのがよいでしょう。 家族や友人など、第三者に悩みを相談するだけでも気持ちの整理がつき、自分が本当はどうしたいかが分かってくることがあります。

切り出す時期・時間帯

退職の意思が固まったら、具体的な行動に移します。 切り出す時期は、会社の規則によっても変わってきますが、退職希望時期の1〜3ヶ月前にするのが一般的です。

繁忙シーズンはできる限り避けて、会社に迷惑がかからないように配慮します。 昼休憩や業務時間終了後に上司にアポイントをとり、退職を切り出しましょう。

退職意向の切り出し方・理由の具体例

退職意向の切り出し方は、バランスが大切です。 上司や部署への不満を直接伝えるのは、マナー違反にあたります。

その反面、あまりにもオブラートに包んだ表現にするのもリスクがあります。 「預からせてほしい」などその場をやりすごす対応を受け、話しが進まない事態になりかねません。角が立たない理由と、明確な退職意向のバランスがとれた言い回しの例を、参考までに紹介します。

「右も左も分からない段階からご指導いただき、本当に感謝しています。しかし、○○に特化した経験を積みたい気持ちに気付きました。どうしてもこの会社では難しく、○月○日を持てって退職させて頂きたく思います」

このとき、希望するキャリアプランが今の会社で実現可能なものだと部署異動を打診されるケースがあります。

そのキャリアプランが今の会社では実現できない内容なのかをきちんと整理し、かつ前向きな姿勢で伝えることが、円満退社のコツです。

仕事を辞める意向を伝えるときの注意事項

仕事を辞める意向を伝えるときに注意したいポイントは、大きく分けて3つあります。

(1)メールはNG

メールを使ってもよいのは、忙しい上司とのアポイントを取るためだけです。 仕事を辞める意思は口頭ではっきりと伝えるのが誠意を持てった対応と考えてください。

(2)最初の話しかけ方

上司に対して話しかけるタイミングでは、まだ辞めたい気持ちを伝えるべきではありません。 「今後についてお話ししたいことがありまして、お時間をいただけますか?」など、ややぼやかした表現を選びましょう。

(3)転職先を聞かれたら

上司の性格にもよりますが、転職先に不安を感じる情報を聞かされたり圧力をかけられたりするおそれがあります。

今後のキャリアが明確になったところで改めて報告するにしても、退職交渉をしている段階で転職を考えている会社の情報を伝えることは避けたほうがよいでしょう。

この記事のまとめ

仕事ができない」と感じるときは職場環境とのミスマッチも疑われます。 心のバランスを崩して取り返しがつかないことになる前に身近な人に相談し、環境を変える発想を持つことが大事です。

退職を切り出すタイミングや上司への伝え方、質問に対する答え方にはコツがあります。 円満退社をするためにも慎重に行いましょう。

退職の準備と並行して、転職エージェントなどから適切なサポートを受けると新しいキャリアの一歩を踏み出しやすくなります。

関連記事

仕事が原因で吐き気、頭痛、めまい... ストレスで起きる症状と対処法

通勤…

転職を決断できないときの理由4つと対処法|判断基準になる失敗例

今の…

仕事をしたくない心理とは? 今すぐにできる対策を紹介【20代向け】

希望を持って就職したはずでも、 「仕事したくない。

仕事疲れによるイライラやモヤモヤを解消!おすすめのリフレッシュ…

仕事で疲れたときのイライラ・モヤモヤ、何とかしたいですよね。 ストレスがたまり続け「

仕事が苦痛なのはなぜ?人間関係や職場に対するストレス対処法を紹介

「仕事が苦痛で辞めたい」と悩んでいる20代の男女は多いもの。 …