社会人2年目で転職って失敗する?転職が早いと採用されない理由

2年目 転職

転職をしたいけれど2年目では早いかもしれない

そう考えがちですが、就職後2年目でも、新卒入社前にはわからなかった仕事の実際目の当たりにして転職をしたくなる人は少なくありません。

もちろん早々に転職を考えても、次の職場がいいとも限りません。 特に経験を積むには日が浅く、転職先が見つかるかも不安です。

この記事では、社会人2年目の転職が失敗しやすい理由と、失敗しないためにすべきことについて解説します。

この記事のまとめ

社会人2年目の転職を成功させるには、以下の点がポイントです。

社会人が転職を成功させるポイント

  • 転職理由を明確にし、それに基づいた企業研究をする
  • 自分を分析する
  • 第二新卒に適した転職エージェントを活用する

転職を成功させるには、転職理由を明確にするとともに、自分の個性や強みを把握することが大切です。

企業をよく知る転職エージェントを活用し、自分に適した転職先を見つけ、生き生きと仕事をしましょう。

社会人2年目で転職する理由

よくある理由として以下のことが考えられます。

  • 希望する職種ではあったが、実際に業務に就いてもやりがいを感じられない
  • 残業や休日出勤が多く精神面でも体力面でもつらい
  • プライベートの時間が取れない
  • 社内での人間関係がうまくいかない
  • 現在の仕事に向いていない
  • 入職した会社がブラック企業だった

転職を失敗しないためには、自分がどういった理由で転職をするのかを明確にすることが必要です。

社会人2年目の転職は、採用する企業も、経験やビジネスマンとしての基礎的なことを習得していることを期待しています。

また、企業の色に染まりきっていないという点も、企業が2年目の転職を歓迎する理由の一つです。

そういった企業のニーズを含め、何を求められているのか、企業のニーズを認識することが大事です。

社会人2年目で転職する人にありがちな傾向

社会人2年目で転職する人には次のような傾向があります。

新卒で入社したがブラックだった

労働時間が長く、毎日遅くまで残業をさせられた、残業手当がほとんど出なかった、など労働条件が悪く、また無理なノルマがあったりするなど、ブラックと呼ばれる企業に入社してしまった場合、転職を考えたくなります。

ブラック企業に勤務していると、体の健康だけでなく、うつになるなど精神的にも病気になってしまいます。 そのままその職場にいたら、体や心を壊してしまう危険性がありそうなる前に辞めたいと思うのです。

職場の人間関係でつまずいた

社会人として初めて仕事をする中で、今までとは違った生活環境や仕事に慣れないなど、精神的につらくなることがあります。 仕事に対する悩みもあるかもしれません。

同期との実力の差を感じ、自分に劣等感を持つこともあります。

同期に悩みを打ち明けられなかったり、そういった不安や悩みを相談できる先輩や上司がいなかったりすると、周りとのコミュニケーションが取れなくなり、結果、人間関係をうまく構築できず転職したくなることがあります。

希望する仕事内容と実際の仕事が違った

必ずしも最初から、やりがいを持って仕事ができるとは限りません。

期待していた仕事と自分の思っていた仕事内容が異なると、やりがいを持てず楽しく仕事ができなくなります

この職場ではなく、他の職場であれば、自分の思っていた通りの仕事ができるのではないか、と期待して転職をしたくなるのです。

仕事に飽きを感じた

毎日同じ業務やルーチンの仕事だと、日々に変化がなく、自分の成長も期待できないと感じ仕事に飽きてしまいます。 仕事が面白くないとやりがいも感じられず、転職したくなってしまいます。

社会人2年目での転職事情

社会人2年目で転職を考えるなら、社会における転職事情についても知っておきましょう。

第二新卒の採用状況

入社後、3年目まで同じ職場にいた方が、キャリアも積めて忍耐力もあるとみられるため、3年間辛抱するのがいいと言われています。 しかし2年目でも、第二新卒として企業から期待されている面も多いです。

基本的なビジネスマナーを知っているし、年齢的にも若いので仕事にも早く慣れる、職場にも馴染みやすいといったメリットがある第二新卒の市場価値は高いと言えるでしょう。

転職の成功例

現在の職場がブラック企業だった場合、辞める理由にも困りませんし、転職先企業の理解も得られやすいため、転職は成功しやすいでしょう。

もちろん同じ過ちを犯さないためにも、転職先の実情はしっかり調べることが必要です。

また、入社してすぐ、自分に仕事内容が合っていないと気づいた場合や、何年勤続していても希望の仕事ができないと認識した場合は、自分に適した職場を見つけることで転職は成功します。

転職の失敗例

「今の職場が嫌だから」といった漠然とした理由だけで辞めてしまうと、転職しても同じ状況になりやすいです。

転職した理由を明確にしなければ、失敗しやすいでしょう。

自分の希望していた仕事ができなかったから、という理由で転職活動をしても、失敗しやすいです。 新卒で希望通りの仕事ができる職場はほとんどないといっていいでしょう。

経験を積む前に辞めてしまうと、次の職場でも同じ理由で辞めることになる可能性があります。

社会人2年目での転職活動で成功するには

社会人2年目で転職活動をするにあたり、成功するポイントを挙げてみました。

企業研究をしっかりやる

転職したい企業がどういった仕事をしているのか、どういった経験があればいいのか、などを知ると同時に、労働時間や残業、社内の雰囲気などについても調べておくことが必要です。

社員のための業務改善や現在の業績、今後の展望などについても把握しておきましょう。

現在力を入れていることなどについても調べるといいでしょう。

自分の強みを明確にする

社会人2年目では積み上げてきたキャリアはそれほどないかもしれませんが、仕事に対する姿勢や熱意、理想など何かしらの強みがあるはずです。

それは次の仕事にも活かせることであり、担当した仕事の内容や自身の創意工夫、成功体験などをうまくアピールすれば認めてもらえるでしょう。 何が自分の強みなのか、転職先において活かせる経験や資質がないか、改めて考えてみるといいでしょう。

将来の目標を明確化する

自分の強みを見つけることは、将来の目標を明確にすることにもつながります。

将来の目標が明確であれば、就職後どのような仕事がしたいか、自分はどのように役立つことができるか、など具体的にアピールできるでしょう。

行動力を大切にする

転職活動が面倒と思っていると、失敗してしまいます。 企業研究をしたり、気になる転職先に知り合いがいれば内情を聞いてみたり、また転職に有利になるような勉強が必要であれば、知識をつけたりするのもおすすめです。

第二新卒の転職には転職エージェントがおすすめ

自分だけで転職活動をするよりも、転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントの活用法

転職エージェントはさまざまですが、中でも第二新卒に対する成果が高い転職エージェントを選ぶことが重要です。

第二新卒に対する案件数が多く、第二新卒の悩みをよく理解してくれているため、希望に合った転職先を見つけやすいでしょう。 企業に関するさまざまな情報を持っているので、正しい情報を把握できます。

利用する流れ

インターネットなどで調べると、多数の転職エージェントが出てきます。

その中でも第二新卒向け案件を多く扱っている転職エージェントを選び、申込みをします。

面談などであらゆる希望を伝え、それに適した案件を紹介してもらいます。

第二新卒転職時に相談できるエージェント

厳しい審査基準を設け、それをクリアした企業を厳選して紹介するJAIC(ジェイック)、カウンセリング実績を積んだ担当者がきめ細やかなサポートをしてくれるハタラクティブがおすすめです。

この記事のまとめ

ここでは、社会人2年目の転職についてご紹介しました。 社会人2年目の転職を成功させるには、以下の点がポイントです。

社会人が転職を成功させるポイント

  • 転職理由を明確にし、それに基づいた企業研究をする
  • 自分を分析する
  • 第二新卒に適した転職エージェントを活用する

転職を成功させるには、転職理由を明確にするとともに、自分の個性や強みを把握することが大切です。

将来の目標を明確にすることで、面接でも具体的な説明ができ、仕事に対する意欲を伝えることができるでしょう。

企業をよく知る転職エージェントを活用し、自分に適した転職先を見つけ、生き生きと仕事をしましょう。

関連記事

仕事が決まらない不安や焦りはどう解決する?採用されない人の共通点

「就職活動の先が見えない」「どうして仕事が決ま…

【営業職から転職したい女性へ】おすすめ職種と転職成功のコツ4つ

「営業職を辞めたい」と考えている女性もいるでしょう。 自分の…

20代なのに仕事が見つからない!4つの原因とタイプ別対処法

「全然良い会社見つからない…」 「まだ20代だしもっと…

3年目転職は1~3月を狙え|崖っぷち女性が経験し学んだ賢い就活法

「あと半年で社会人も丸3年か~」 「そろそろ転…

新卒1年目の女性で転職は甘え? よくある転職理由3つと成功可能性

「私がやりたい仕事はこんなのじゃない…」 「