社会人2年目の転職は難しい?5つの転職理由と成功に導く4つの準備

新卒1年目は気合いで頑張ったけど、2年目を乗り切れる気がしない…

実績ないのに2年目で転職ってやっぱり無理かな…

社会人2年目になると、給料や人間関係など職場の労働環境が色々気になってきますよね。

しかし、いざ転職を考えると「2年目で転職なんて、本当は難しいのでは?」と不安になってしまうと思います。

そこでこの記事では、社会人2年目で転職を考える5つの理由転職を成功に導く4つの準備についてご紹介します。

結論から言えば、この年齢層の人材は転職市場でも価値が高く転職しやすい状況だと言えます。

社会人2年目で転職を成功に導く4つの準備

  1. 業務内容・業界・事業内容などを調べて企業研究をする
  2. 自己分析をして自分の強み・弱みを明確にする
  3. 転職理由を明確化する
  4. 転職エージェントを活用する

もし、一人で転職活動するのが不安な場合、4番目に紹介した転職エージェントの利用をおすすめします。

あなたに合った会社を見つけ出し、対策を一緒に考えてくれるプロ集団が転職を成功へと導いてくれますよ。

社会人2年目はエージェントで「自分に合う会社」を見つけよう

転職サイト
年代と特長
登録
dodadodaロゴ03 【初めての転職◎】
  • 求人数は、非公開含めて10万件以上
  • 企業を「惹きつける」応募書類を一緒に作成
  • 人気企業への内定可能性を「合格診断」で確認
詳細
マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's
    【20代に特化した転職エージェント】
  • 全求人が20代対象でミスマッチが少ない
  • 応募手続き、面接日程調整はスタッフが代行
  • 20代の転職を熟知したアドバイザーが個別にカウンセリング
詳細
type転職エージェントtype転職エージェント 【20代で年収UP】
  • 首都圏のIT/営業系の職種に強い業界最大級!
  • 徹底的なサポートで、利用者満足度87%の実績
  • 転職者の年収UP率71%
詳細

社会人2年目での転職は第二新卒扱い|転職成功と失敗の分かれ道とは?

社会人2年目で転職するのは早いよ。最低でも3年経ってからじゃない?

という声を耳にすることがあるのではないでしょうか。

確かに、以前の転職市場では、新卒入社の会社に3年はいなくてはならないという固定観念がありました。

しかし、現在の日本は空前の人手不足。 固定観念はもう昔の話であり、2年目以下でも転職することは難しくない時代です。

厚生労働省の発表(【最新】2019年6月厚生労働省資料)によると令和元年6月の有効求人倍率は1.61倍にものぼります。

単純に考えただけでも、労働者1人につき1~2件の求人がある状態です。

また、「精神的・肉体的にパワーのある若い労働者」を求める企業は多いため、社会人2年目の人でも雇ってくれる可能性は大いにあります。

転職経験者が語った「失敗パターン」

しかし、いまだに「転職は難しい」と言われているのは、実際に転職に失敗する人も多く存在するためです。

dodaの失敗に学ぶ転職成功術では、転職経験者の中で「失敗だった」と語る方を各パターンごとにまとめています。

そして、「失敗だった」と語る転職者のほとんどが「自分に合わなかった」と後悔している状態です。

少しでも社会人経験ある2年目であるからこそ転職は慎重に行っていきましょう。

では、転職に失敗する人と成功する人にはどのような違いがあるのでしょう。

失敗する人と成功する人の違いはたったの4つ

失敗者
成功者
(1)企業研究
(2)自己分析
(3)転職理由
曖昧&
ネガティブ
明確&
ポジティブ
(4)エージェント活用
0~1社
2社以上

この表を見て、あなた自身にどう当てはまるのか照らし合わせて考えてみましょう。

社会人2年目を踏まえて、どう取り組むべきか悩む場合は、この転職エージェントが適役です

社会人2年目におすすめの転職エージェント
doda
第二新卒 求人件数 転職支援 適性診断

応募条件

  • 就業経験にある20代
  • 東京・横浜・札幌・静岡・仙台・大阪・名古屋・岡山・広島・福岡に在住

社会人2年目(=第二新卒)の転職市場における採用状況

以前は入社後3年目まで同じ職場にいた方が、キャリアも積めて忍耐力など評価されやすいと言われていました。

しかし2年目でも、第二新卒として企業から以下の3つの理由で期待され始めています

企業側が第二新卒に期待する3つのポイント

  • 基本的なビジネスマナーを知っている
  • 年齢的にも若いので仕事に早く慣れる
  • 職場に馴染みやすい
  • 社会人2年目に対して、採用する企業は、社会人経験やビジネスマンとしての基礎的なスキルを習得している点を期待します。

    また、若いため新しい職場でも素直に吸収できて馴染みやすい点でも、企業は2年目の転職を歓迎します。

    以上の3つの理由から第二新卒の市場価値は高いと言えるでしょう。

    さて、ここからは社会人2年目で転職したい人のよくある転職理由を見ていきましょう。転職理由は転職の成功・失敗に直結します。

    2年目を経て、自分がよくある転職理由に当てはまるのか確認していきましょう。

    社会人2年目でよくある転職を考える5つの理由

    せっかく頑張って就職活動して内定した会社でも、3年以内に退職する人は3割程度います。

    以下は厚生労働省の調査をもとに、平成27年卒の社会人で3年以内の退職者がどれだけいるのか、パーセンテージで表にしたものです。

    〇年目 退職率
    1年目 11.8%
    2年目 22.3%
    3年目 31.8%
    参考:厚生労働省による調査(新規学卒者の事業所規模別・産業別離職状況)

    さらに、この3割という割合はここ20年ほど変わっていないのです。

    社会人2年目で転職願望が湧くことは、決して珍しいことではありません。

    よくある転職理由として以下の5つが挙げられます。

    • 希望する仕事内容と実際の仕事が違った
    • プライベートの時間が取れない
    • 職場の人間関係でつまずいた
    • ルーチンな仕事に飽きを感じた
    • 新卒で入社したが、労働環境最悪のブラック企業だった

    上から順に見ていきましょう。

    (1)希望する仕事内容と実際の仕事が違った

    希望していた仕事と違い、全然やりがいを持てず楽しくない…

    このまま仕事を続けても将来性が全く見えてこない…

    必ずしも最初から、やりがいを持って仕事ができるとは限りません。

    しかし2年目を過ぎても、期待していた仕事と実際の仕事内容にギャップがあると、やりがいを持てず楽しく仕事ができなくなります

    この会社ではなく、他の職場であれば、自分の思っていた通りの仕事ができるのではないか、と期待して転職をしたくなるのです。

    (2)プライベートの時間が取れない

    大手企業で給与高くても、残業が多すぎて休む暇がないな。友人や彼氏と予定が合わなくて辛い…

    SNSとかで皆が集まってるのを見て時々悲しくなります。最近では旅行にも全然行けてない…

    仕事のせいでプライベートの時間がとれない人は、どうしてもストレスを抱えがちです。

    1日や2日であれば我慢できても、さすがに毎月同じような状況が続くと、いつかは心身のバランスを崩してしまうでしょう。

    2年目から転職して、もう少しワークライフバランスを大切にした生活を送りたくなるのも当然の考えであると言えます。

    (3)職場の人間関係でつまずいた

    女性だらけの職場ですが、毎日ランチの時間がくるのが憂鬱…

    理不尽な上司に怒鳴られる日々。自分、そんなに仕事できないですかね…?

    社会人として初めて仕事をすると、今までとは違った生活環境や仕事に慣れず、精神的に苦しく感じることがあります。

    そして、2年目になると同期との実力の差も出てくるため、自分への劣等感を抱く人は少なくありません。

    悩みや不安を相談できる同期・先輩・上司がいない場合、たとえ本人のせいではなくとも周囲とのコミュニケーションに苦労し、人間関係が辛くなってしまいます。

    (4)ルーチンな仕事に飽きを感じた

    トラブルが起きない限り、基本暇…。このままこの会社にいて大丈夫なんだろうか。

    毎日同じ業務やルーチンの仕事だと、日々に変化がなく感じられますよね。

    しかし、ちょっと仕事ができると思われると、給料が増えるわけでもないのに仕事が大量に降ってきてしんどくなってしまいます。

    2年目で早くも頑張っても報われない職場・自己成長できず自分の時間を無駄にしている感のあると感じると不安になるものです。

    (5)新卒で入社したが、労働環境最悪のブラック企業だった

    残業が100時間超えたにも関わらず、裁量労働制だったために残業が出ず給料が変わらない…

    「労働時間が長く、毎日遅くまで残業をさせられた」「残業手当がほとんど出なかった」など労働条件が悪く、無理なノルマがある……。

    このようなブラック企業に勤務していると、体の健康だけでなく、うつなど精神的な病気を抱える可能性もあります。

    2年目以降もその職場にいたら、体や心を壊してしまう危険性があると考え、そうなる前に辞めたいと考えるのも当然です。

    以上5つが社会人2年目で抱えがちな悩み、転職理由になります。

    ここからは、2年目の転職で失敗したくない人のために転職成功に導く4つの準備についてまとめました。

    社会人2年目、後悔せず転職したい。転職成功に導く4つの準備【完全版】

    社会人2年目で転職活動をするにあたり、成功に導くポイントを4つ挙げます。

    2年目の転職成功に導く4つの準備

    1. 業務内容・業界・事業内容などを調べて企業研究をする
    2. 自己分析をして自分の強み・弱み・スキルを明確にする
    3. 転職理由を明確化する
    4. 転職エージェントを活用する

    (1)業務内容・業界・事業内容などを調べて企業研究をする

    第一に、転職活動の成功には企業研究が必須です。

    企業研究といっても具体的には何を調べればよいのでしょうか。

    巷でよく言われることとしては以下です。

    • 転職したい企業がどのような仕事内容か
    • どういった経験があればいいのか
    • 労働時間・残業・福利厚生などは希望の条件に合うか
    • 社内の雰囲気・人間関係はどうなのか
    • 社員のための業務改善はしているか
    • 現在の業績と今後の展望はどのようか
    • 同じ業界内でも、志望企業が現在注力している事業は何か
    • どのような人物像を求めているか

    調べることが多くてちょっと気が引けてきますが、求人企業側にとっては知っておいて当然だろうという事項ばかりです。

    企業の公式サイトや求人情報、OpenWorkなどに記載してあるので、隙間時間に調べることは可能です。

    企業研究で確認するポイントについて以下の表を作成しました。

    確認するサイト
    項目
    仕事内容
    公式HP
    業務内容
    必要な経験
    公式HP
    採用HPの
    応募要項
    業績・展望
    公式HP
    IR情報・
    ニュース

    面接で面接官に質問する際の質問のレベルを上げるためにも、ぜひ把握しておきましょう。

    (2)自己分析をして自分の強み・弱みを明確にする

    社会人2年目では積み上げてきたキャリアはそれほどないかもしれませんが、仕事に対する姿勢・熱意・理想など何かしらの強みがあるはずです。

    それは次の仕事にも活かせることであり、担当した仕事の内容や自身の創意工夫、成功体験などをうまくアピールすれば認めてもらえます。

    2年目を踏まえて、「何が自分の強みなのか、転職先において活かせる経験や資質がないか」を改めて整理しましょう。

    また、強みと同時に、自分の弱みを把握することも重要です。

    弱みとは、例えば「自分が失敗するときにありがちな状況や苦手なこと」等です。

    弱みを把握しておくことは失敗を事前に防ぐことができるかどうかに直結するので、ビジネスパーソンにとって非常に重要となります。

    (3)転職理由を明確化する

    2年目を踏まえて転職理由を明確化することで、自分が将来何をして生きていきたいのかや、求人企業への志望動機を深掘りに繋がります。

    実際に転職理由を明確化するにあたって、以下の4つの問いについて考える方法が有効です。

    転職理由を明確化できる4つの問い

    • なぜ転職したいと思ったのか
    • 現職(または前職)に不足しているものは何だったのか
    • 就職後どのような仕事がしたいか
    • 自分は転職希望先でどのように役立つことができるか

    ご紹介した4つの問いは、実際に深く考えてみると意外にも時間がかかるのですが、面接でも頻出で問われるのでしっかり固めましょう。

    企業の求める人物像と、自分の強みや転職理由をしっかりとリンクできれば、企業側の採用担当者の心に刺さる志望動機に繋がります。

    そして、社会人2年目までを振り返り、自分がどのような企業を求めているのか整理しましょう。

    (4)転職エージェントを活用する

    転職成功のためには企業研究、自己分析と転職理由の深掘りが重要ということはお分かりいただけたと思います。

    ただ、大学時代の就職活動を思い返すと、自己分析や企業研究、自分のやりたいことの深掘りはとても負担の大きいものでしたよね。

    そして、社会人2年目で転職を始めるとすると、以下のような面倒な作業が降りかかります

    • 面接対策
    • 転職用書類の準備
    • 選考の日程調整
    • 求人情報のチェック等

    退職していない人にとっては、現職の仕事もあるのに、忙しくて対応できないのではないかと不安に感じると思います。

    でも大丈夫です。転職エージェントは上に挙げたような諸々の必要事項をすべて手配してくれます。

    また、自分だけで転職活動をするよりも、第三者である転職エージェントの視点を取り入れることも出来るため、客観的かつ焦らず冷静に転職活動を進めていけるのです。

    社会人2年目の転職は転職エージェントの活用が肝心|活用方法と3社の比較

    社会人2年目で転職したい気持ちはやまやまだけど、時間がなくて自己分析などが中途半端になり、失敗するケースはよくあります。

    客観的・専門的な立場からアドバイスしてくれる転職エージェントに頼るほうが効率的で、成功可能性が高まるので、ぜひ活用を検討しましょう。

    社会人2年目の人が転職時に相談できるエージェント

    ここからは、社会人2年目で転職したいあなたに、転職エージェントの情報をお伝えします。

    社会人2年目で経験を積み、初めて転職を考える方は転職エージェントを選ぶ際に3つの項目をよく確認して活用しましょう。

    • 求人件数:幅広い求人が掲載されている
    • 対象地域:地元でサービスを受けやすい
    • 適性診断:自分の特性を分析してくれる

    転職エージェントは世の中にあふれていますが、中でも評価の高い3社の転職エージェントで「社会人2年目の転職に適しているか」比較しました。

    ちなみに、転職エージェントは、拠点や事業所が位置する地域の関係で、対応地域がそれぞれ微妙に異なり、お住まいの地域によっては利用できるエージェントが限られますのでご注意ください。

    エージェント 求人件数 対象地域 適性診断
    doda 100,00 全国 あり
    マイナビジョブ20's 2,500 3大都市 あり
    type転職エージェント 15,000 首都圏 なし

    2年目で転職を考えている方には、総合的に優れている【DODA】をおすすめします。

    初めての転職ならdodaがおすすめ

    doda

    • 求人数100,000
    • 添削
    • サポート
    • 求人数は、非公開含めて10万件以上
    • 直接オファーが届くスカウトサービスあり
    • 職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用できる

    dodaは大手・優良企業の総合案件数が非公開求人を含む10万件以上と多いため、転職者が視野を広げて様々な業界や職種から仕事探しを行えます。

    エージェントは転職者満足度No.1と実績の高い転職サポートを受けられるため、初めて転職を考える方は安心して相談することができます。

    転職サポートについては以下の3つです。

    • 応募書類の添削・面接対策
    • 応募書類の提出、面接日程の調整など手続きを代行
    • 年収・入社日などの交渉

    他のエージェントと比べるとて対象地域エリアが幅広いため、転職にかかわる悩みを相談しやすく、あなたに合った転職先を見つけることが出来ます。

    また、dodaに登録すると、186万人の転職者データから算出する「年収査定」や自分に適切な企業紹介を受けられる「キャリアタイプ診断」など、信頼性の高い適性診断を受検できます。

    社会人2年目で初めて転職を考え始めた人は、活用のしやすさで評判の高いdodaを活用しながら、キャリアに向き合っていきましょう。

    この記事では「社会人2年目で転職に挑戦したいが、不安な人」にとっては、dodaが最適だとおすすめしています。

    しかし、「他のエージェントもちょっと気になる…」そんなあなたのために、ここからは「マイナビジョブ20's」と「type転職エージェント」についてもご紹介していきます。

    まずはマイナビジョブ20'sから。

    他のエージェントもちょっと気になる…【マイナビジョブ20's編】

    マイナビジョブ20's

    • 求人数2500
    • 添削
    • サポート
    • 応募年齢は24~29歳!若年層に特化
    • アドバイザーは全員「転職経験あり
    • 一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住の方の対象

    マイナビジョブ20'sは、「20代に特化した求人を探している人」におすすめです。

    名前にある通り、人材業界大手である株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

    求人数は2,500件と一見少なく思えるかもしれませんが、その内全てが20代を対象としたものであり、職種業種未経験OKの求人が50%以上を占めています。

    そのため、「キャリアプランのチェンジをしたい!」と考える2年目の方におすすめできます。

    また、カウンセリングを行うアドバイザーが20代の転職を熟知していることもマイナビジョブ20'sの強みになります。

    もちろん、書類添削や面接対策、面接の日程調整といった基本的なサービスも取りそろえていますよ。

    社会人2年目で前職と全く違ったキャリアステップを歩みたいという方は、マイナビジョブ20'sで話を聞いてみてましょう。

    【無料登録】マイナビジョブ20'sの公式サイトはこちら

    他のエージェントもちょっと気になる…【type転職エージェント編】

    type転職エージェント

    • 求人数15,000
    • 添削
    • サポート
    • 利用者満足度87%
    • 年収UPにこだわりがある方におすすめ
    • 首都圏の転職に強い

    type転職エージェントは、「転職による年収アップが目的の人」におすすめです。

    実績として転職者の約71%が年収アップに成功しています。

    マイナビやリクナビに比べると知名度は劣りますが、都内で転職成功した人が多く、あなたに合った好条件の仕事を探す際に信頼できる転職エージェントだと言えます。

    このように転職者の年収アップ率を公開している転職エージェントは、type転職エージェント以外に有名企業はパソナキャリアのみ(当サイト調べ)と、非常に少ないです。

    逆に言えば、年収アップに自信があるからこそ、わざわざデータを公開しているわけです。

    社会人2年目で転職したい主な理由として「現職で貰っている給料が労働に見合っていない」等の年収アップに強いこだわりがあるならば、type転職エージェントはあなたに適した転職エージェントです。

    【1分で無料登録完了】type転職エージェントの公式サイトはこちら

    ※type転職エージェントは首都圏の転職希望の方のみの対応です

    この記事のまとめ

    社会人2年目の転職を成功に導くには以下の4つの準備が必要です。

    • 業務内容・業界・事業内容などを調べて企業研究をする
    • 自己分析をして自分の強み・弱みを明確にする
    • 転職理由を明確化する
    • 転職エージェントを活用する

    社会人2年目で転職を成功させるには、自分の個性や強みを把握することや、転職理由を明確にすることが大切です。

    売り手市場だからと言って、社会人2年目から誰でも転職できるわけではないのです。自分一人だけで転職しようとすれば、自己分析・企業研究などがどうしても主観的になってしまいます。

    社会人2年目までの情報を踏まえ、自己分析の方法・企業の事情をよく知る転職エージェントを上手に活用することで、客観的な立場からの意見を取り入れましょう。

    ぜひ、自分に適した転職先を見つけ、2年目以降は生き生きと仕事する社会人の未来を掴み取ってくださいね。

    関連記事

    第二新卒の退職理由は未来志向で|面接でのNG例と考え方3ステップ

    来週面接だけど、退職理由何ていったらいい? 上司のパワハラがひどくて雰囲気が最悪だった…

    入社3年目の転職理由は?タイミングを迷う人におすすめしたい思考法

    入社して3年経つけど、そろそろ転職したいな…… 3年目の転職って難しいのかな?どうやって進…

    第二新卒の就活は厳しい? 3ヶ月以内に転職が成功するコツと狙う時期

    第二新卒の就活って厳しいのかな、内定を取るための具体的な対策を知りたいな…… そもそも第…

    "仕事辞めたい…"上司に相談するとこうなる!悩み別管理職の回答5例

    仕事を辞めたい、辞められないの堂々巡り。 誰にも相談できないから、1人で抱え込んでしまって苦しい…

    今の仕事が辛いときに知っておきたい!よくある原因と解決策

    仕事が思うようにできず、人間付き合いもうまくいかない自分に悲しくなって、辛い気持ちになったことはあ…

    仕事で人生を変えたい!最適な転職方法や理想の会社の見つけ方

    「転職で人生を変えるにはどうしたらよいのか」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 転職をすれ…